読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【片思いのバレンタイン】好きな人にチョコは渡すべきか渡さないべきかの男性意見

女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20160526180125j:plain

好きな人がいる女性は、今年のバレンタインにどんな予定を立てているだろうか。

 

バレンタインチョコを渡す人も渡さない人もいると思うけど、片思いのバレンタインについてはこれまで女性から相談を受けることが本当に多くて、女性から動くしかないイベントであるバレンタインデーは、普段そんなことをしない女性が悩んでしまっていると思う。

 

そこで今回は、「片思いのバレンタイン」をテーマに、「好きな人にバレンタインチョコは渡すべきか、渡さないべきか」の問題について、男性の意見を述べてみたい。

 

付き合っていない男性へのバレンタインデーチョコに対する考え方で悩む女性は参考にしてみよう。

バレンタインチョコをもらいたい男性心理

どんなアンケートを見てみても(参考:バレンタインチョコは手作りと市販どっちが正解?男性が貰ってうれしいバレンタインチョコとは)、男性は何らかの好意があればバレンタインデーに女性からチョコレートがほしいと思っていることが常識的にほぼ確定的だ。

 

男性である私も、バレンタインデーにはチョコがほしいと毎年思うから、ほとんどの男性がバレンタインデーにチョコがほしいと思っている状況に納得できる。

 

参考記事で紹介しているアンケートでは、女性からバレンタインデーにもらえるチョコをポジティブに考える男性が、実に9割近くになっている。

 

バレンタインデーにもらうチョコを無条件で肯定的に考える男性心理は以下の理由が考えられる。

  • 女性からモテたい男性特有のプライド
  • 好きかどうかは別でも、好意を受け取る嬉しさ
  • 男性同士チョコの数を競う競争心から
  • 女性主導のイベントはバレンタインだけ、男として受け取りたい
  • 当日はチョコをもらうことに期待があるから!ないとさみしくなる
  • 貰った女の子との、その後を想像して

 

9割もの男性がバレンタインチョコをもらうことにポジティブなのは、このような理由が男性心理としてあるからだ。

 

もちろん、意識している女性なら嬉しさも倍増だし、好きな人からならさらに嬉しいのは言うまでもないこと。

 

しかし、バレンタインチョコは「無条件に嬉しい気持ち」もあるから、女性には勇気を出して、好きな人にチョコを渡してほしいなと思うのだ。

 

好きな人への本命チョコでも、告白する意味で渡すか他の意味と曖昧にして渡すかは選べる

今回の記事は「ぜひ、好きな人にバレンタインチョコを渡してほしい!」という趣旨でお送りすることをここで伝えておこう。私の主張は「好きな人にはバレンタインデーにチョコを渡すべき」との考え。

 

あなたの背中を押したいと思って書いている。まず初めに「男性はバレンタインにチョコをもらえるとうれしいよ」との説明をしたのはそれが理由。

 

公的な付き合い=会社などの義務的な義理チョコには、基本反対の立場だけど*1、本命チョコ以外で恋愛感情抜きでも女性から「男性」としてもらえるチョコは他の意味でもらったときでも嬉しかった。

 

好きな人にチョコを渡すべきか渡さないべきかで悩む女性は、きっと相手は喜んでもらえると思うから、渡してあげてほしいのである。

 

と言うのも、バレンタインチョコは、たとえそれが本命であっても、渡すときに「告白」をしないといけないものではない。

 

当たり前の話だけど、本命のチョコと一緒に「好きです!」のような告白の言葉を付けないのであれば、義理チョコとの境目は非常に曖昧。

 

かけた予算とか、手作りチョコかどうかなどの「本命か義理か」を類推する材料はあったとしても、それで確信まではもてないのである。妄想・想像にとどまるのはある意味恋愛には良いエッセンスになりそうだとさえ思う。

 

 

特に、「いつもありがとう」とか、「今日はバレンタインだからね!」などのように、意味を曖昧にしたときは恋愛感情よりも「あなたからの好意だけ」を受け取ることになり、基本的に恋愛の意味があるかどうかはまた別の話になる。

 

男性はバレンタインにもらうチョコを肯定的に捉えるわけだから、バレンタインに告白の予定がなくても、渡してあげたらきっと喜んでくれる。

 

やっぱり恋愛中の女性は、渡した方が良いと思うのだ。もちろん、告白しない本命チョコを渡すことにメリットもある。

 

片思いの時に、「告白しない本命チョコを渡す」メリット

恋愛にきっかけは重要だ。あなたと好きな人がバレンタインをきっかけにどうなるか分からないけど、何かが起きる可能性を作れる点は、間違いなく片思いしている時にメリットとなる。

 

完全に義理チョコだと思われないような少しだけ高価なチョコを渡し、「感謝」や「イベントだから」などの意味を匂わせて渡せば、相手は「嬉しい」と思ってくれる可能性が圧倒的に高いわけだし、恋愛成就を意識しても、あげたほうが良い。

 

また、バレンタインデーと対になる「ホワイトデー」の存在もあなたの片思いを応援してくれる。

 

好きな人があなたのために選ぶ贈り物が貰えるチャンスになるし、「お返しにご飯ごちそうして!」みたいな形で、デートの約束に発展させることもできる。バレンタインをきっかけに恋愛を進める方法は実際たくさんあるだろう。

 

さらに、さきほどの「チョコがうれしい理由」でも紹介したように、バレンタインにチョコをもらうと、好きな人はあなたからの「好意」を受け取ることに変わりがないから、何となく意識してしまうことが多くなるのもメリットだろう。

 

友達から恋人になるにはどこかで何かしらのエピソードがほしいところだけど、気まずくならずに軽やかにチョコを渡す「告白しない本命チョコ」なら、良い方向に作用することが期待できる。

 

当然、そのようにしていく努力をあなたができるかどうかが大事なのだが、ちょっとでも女性として意識させることができるなら、片思いしている時のメリットに違いない。

 

片思いの相手へのチョコは手作りチョコがいい?市販の買ったチョコがいい?

片思いのバレンタインにチョコを渡すメリットの部分を読んで、「好きな人にチョコを渡してみたい」と思った女性は、次に「渡すなら手作りチョコと市販の買ったチョコ、どっちがいいの?」と疑問に思う人もいると思う。

 

これについては、断然「市販のチョコ」を推したい。

 

付き合っていない女性からもらうチョコは、買ったものの方が何かと無難であり、手作りじゃないからと言って想いを感じないということはない。

 

料理に自信がある女性は良いアピールの場になったりするから反対をするつもりはないが、迷うなら市販のチョコを片思いの相手に渡してみよう。

 

その主な理由は以下の通りだ。

  • 彼女じゃないなら手作りはちょっと重い
  • 作ったってことは本命?と、好きな人がリアクションに困る
  • 料理のイメージがない女性からだと何かと心配
  • お返しに困る
  • 甘いものが苦手だと買ったもの方が口に合う

 

すでにいい感じになっている男性へは手作りチョコでもいいし、告白するつもりなら同じく手作りチョコを否定しない。

 

だが、「バレンタインチョコは手作りと市販どっちが正解?男性が貰ってうれしいバレンタインチョコとは」でもまとめているように、アンケートを見ても、私の経験でも、付き合っていない関係なら市販のチョコのほうが受け取る方の立場としては素直に喜べると思う。

 

特に今回の記事を読んでくれている女性は告白しないバレンタインを考えている人が多いと思うので、その場合は「買うチョコ」のほうが良い。

 

「バレンタインにチョコを渡す」

それだけで十分伝わるものがあり、恋愛に有効だ。

 

好きな人にチョコを渡したほうが良いのか、渡さないほうがいいのかの結論

これまで説明してきた通り、今回の答えは「バレンタインデーは片思いの男性にチョコを渡したほうがいい」ということ。イイ感じ前後であれば、あげないことでがっかりさせてしまうこともあるし、軽い雰囲気で渡すならチョコの意味を直接的なものにしないこともできるため、バレンタインチョコの渡し方を考える方向に悩むべきだと思う。

 

男性は女性から感謝を伝えるチョコでも、貰ったらうれしいし、本命か義理かは大きな問題と捉えつつも、チョコをもらう行為自体にロマンを感じる。

 

好きな人との関係が薄い人ほど悩むことかもしれないが、渡すチャンスがあるなら頑張ってみよう。お返しでまた好きな人との時間が生まれるはずだから、きっと良い方向に作用すると思う。

 

関連記事:

*1:付き合いだけの義理チョコはお返しが本当に面倒。異性としてもらえるチョコでもないし、予算も上乗せで考えるからお互いに出費がかさむので、何の意味もない義理チョコははっきり言っていらない。