読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【ホワイトデー】振った相手にお返しを渡すべきか問題~バレンタインで女性を振った場合、お返しはどうするの?

告白 モテる男になるために

f:id:Brightfuture:20170223182339j:plain

ホワイトデーのお返しで、悩んでしまうのが「バレンタインで振った女性にお返しは渡すべきか渡さないべきか」という問題だ。世の中には、先日のバレンタインに本命チョコをもらって告白され、振ってしまった人もいるだろう。

 

笑顔でお返しを渡すのも違うし、かと言ってスルーするのも更に申し訳ないと思って対応が難しい。

 

そこで今回は、「振ったバレンタイン」の、「ホワイトデーのお返し」について考え方を解説しよう。バレンタインで女性を振った場合、お返しはどうするのが正解だろう?

バレンタインの後、気まずくなった女性へのお返し

バレンタインで本命チョコをもらい、告白されて振った場合は、その後の態度で「相手の気持ち」を考えるのが基本になる。気まずくなって疎遠になってしまったなら、ホワイトデーのお返しはスルーするのが無難な選択だ。

 

もちろん、女性の態度はそのまま気持ちを表現していない可能性も十分にあって、まだ好きでいるのかもしれないし、もう忘れてしまったのかも分からない。全部が態度に出ているとは私も考えていない。

 

しかし、もし「忘れようと思って頑張っている最中」だとしたら、あなたのホワイトデーのアクションによって更に傷つく可能性を高めてしまう点は考慮しないといけないことだろう。

 

もし、バレンタイン後に距離を置かれたなら、彼女の希望は「そっとしておいて」ってことなんだろうし、「絡んでこないで」とも思っていると判断する方が、大きな間違いをしないで済むかと思う。

 

どうせ受け入れることができない気持ちは、中途半端な優しさが罪

ここで残念な話をしないといけないが、男性が女性を振った場合、あなたに何の落ち度もなく脈なしで告白に至ったとしても、振った男性は悪者になるしかないというのが私の経験による答えだ。

 

上で「気まずくなったならスルーするべき」と言ったのも、変なやさしさで余計に女性を傷つけない方が、大きな問題に発展しないから。当然、振った女性の態度がそのまま気持ちを表していると信じているわけじゃない。

 

そもそも女性はストレスを外に出すのが男性より得意で、振ったにせよ振られたにせよ、相手の女性が望まない結果をになってしまったら、大なり小なり文句は言われ、最悪な男性の一人に数えられることもしばしばだ。

 

特に「振った後に態度が変わった女性」は、そうなっている。

 

男性は振られたことを友達に言わないことも多いが、女性は慰め合うのもよくあるので、彼女の「忘れる努力」がどの方向に行ってもおかしくはない。好きな人の諦め方はそれぞれあるということ。

 

従って、振った相手にお返しを渡す場合というのは「その後に良好な関係ができている時」という条件が付く。関係が壊れたならホワイトデーにお返しを渡しても渡さなくても両方に正解がないから、だったらより大きなミスになりかねない「渡さない」という選択が私なりの答えになる。

 

もう答えは出ていると割り切ってしまってもいいだろう。どう考えてそうなるかを問わず、アクションをしない選択を私ならする。

 

どんな事情であれ、女性を振ったら悪者になってしまう可能性を受け入れ、余計に傷つける可能性のあることを排除していく方が良い。接触する方が立ち直りは遅くなるから、だったら振った方の立場で気軽にちょっかいを出すべきじゃない。

 

振った後に関係が戻った場合のお返しは

次に、「バレンタインで振った後、友達関係が戻った場合」について。これは、基本、何等かの形でお返しを渡すのが正解だと思っている。

 

その一番の理由は「清算」である。ホワイトデーにきちんとお返しを渡して、バレンタインを過去にする。その方がしこりが残らず、気まずい雰囲気になることもより少なくなるはずだ。

 

あるはずの物がない方が気にしてしまうことが多い。友達関係になっているなら、もらったものを返さない方が常識とズレるだろう。それなりの関係になっているなら、「気にし過ぎている」と思われる方が余計で、「せっかくあげたのにお返しがない」と思われる方が厄介だ。

 

前述しているように、「振った相手の態度」にはその後の関係に対する気持ちが表現されている。無理しているのか自然体なのかはこの際関係ない。友達関係を継続しようとしているのは彼女の方なので、だったら「もらったから返す」という至極常識的な発想でホワイトデーを捉えてOKだろう。

 

ただ、わざわざ会う約束をしてまでお返しをするべきかどうかは判断が分かれるところ。バレンタインからホワイトデーの間でお返しをしてしまったり、ホワイトデーの前後で会う予定のある時に渡すのでも良いと思う。

 

あくまでも「振った相手」だから、変な雰囲気を作らずに爽やかに渡す。それができずにまた期待させてしまうなら、動かない方がいいくらいである。

 

振った相手から良く思われたいのはズルい

恋愛のゴタゴタは、振ったにしろ振られたにしろ、両方が傷つく。より深い痛みは当然ながら「振られた方」に違いないが、振った場合だって辛いもの。

 

しかし、気持ち伝えられてそれを受け入れない選択をした場合、「それでも相手から良く思われたい」と思うのはズルい考え方である。

 

「受け入れない」という相手に取って一番辛い選択をしたのだから、理不尽な話であっても「嫌われること」「不満を持たれること」は、受け入れないといけない副作用なんだと思う。

 

一時楽になるために優しさを提供すれば、その気持ちはどんな風に受け取られるか分からない。振った後に振り向いてくれたと感じるかもしれないし、忘れようとしているのにキープされたと思う可能性もあって、やはり振った立場の人は行動や態度を「相手の気持ち」を優先して決定するべき。モテる男の噂は、いつだって悪いものになりがちだ。

 

結局どんな態度が良いのかすごく微妙な問題だけど、良く思われようとしない中でベストな選択を探すとあなたの答えも見つかるはず。その時は、見るべきものが「振った相手の気持ち」であると気づくだろう。

 

まとめ

今回は「振ったホワイトデー」をテーマに、バレンタインで女性を振った場合、お返しはどうするべきかを考えた。

 

断る告白はどうしても誰の幸せもなくて、告白まで至る関係はそこそこ仲良くなっていることも多いから複雑な問題を連れてきてしまうけれど、結局一番大事なことは「相手の気持ちを受け入れなかった」という事実の方だと思う。

 

振った場合、ある程度のことは振った側が許容しないといけないがことが出てくる。

 

最終的にホワイトデーのお返しは自分的に返す方が気持ちの上で楽になれる場合もあるから気持ちは分かるのだが、振られたことで忘れようとしているなら「余計なお世話」になってしまう。

 

あくまでも立場の違いを意識して、彼女の気持ちを考えて適切に対処しよう。

 

関連記事: