読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

デート中にドキドキさせる方法~デートのどんな行動や態度が相手をドキドキさせるの?

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 デート 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160531191402j:plain

誰かとデートに行くとき、あなたは相手のためにどんなことを頑張っているだろう?

 

デート中は、会話を盛り上げるために頑張ったり、気遣いでやさしさをアピールしたり、一緒にいて落ち着ける雰囲気を作るために頑張っていたり、たくさんのことを気にしていると思う。

 

しかし、実際に具体的な行動や態度まで落とし込んで相手に想いを伝えることができているかと言えば、結構疑問に思ってしまうもの。恋愛を進めるデートの仕方ができていない人は多いはず。

 

デート中はどんなことが相手をドキドキさせたり、キュンとさせるのかは、漠然としてしまっている人がいるのではないだろうか。

 

この記事では、あなたの恋愛を進めるために、「デート中にドキドキさせる方法」をまとめる。せっかくこぎつけた好きな人とのデートでは今回紹介するような方法を意識してみよう。ドキドキ、キュンキュンするその瞬間に恋は進む。

デート前日からドキドキさせる

「デート中」と言いながら、最初に紹介したいのは「デート前日」の行動から。やっぱり何事も準備は大切だ。

 

少し構えさせてしまう可能性があるのでそこは注意が必要だけど、せっかくなら前日から自分のことを思い切り意識させてしまおう。

 

具体的に紹介したいデート前日の行動は、メールやLINEなどを使って、「デートを楽しみにしていることを伝えておくこと」だ。

 

「明日、楽しみにしてるね!」

なんでもいいけれど、暇だから遊ぶのではなく、「あなたとの時間を意識している」ということを前日に伝えよう。

 

変に構えさせてしまうことが心配になるかもしれないが、男女が恋仲になるためにはある程度の緊張がスパイス。普段の会話が良好なら意識させた状態でデートがしたい。

 

ニュアンスで相手の捉え方を変えることもできるので、ぜひ一言メールやLINEをしておこう。もし前日に会っている関係なら、さらっと一言伝えておくといい。せっかくのデートなのだから、意味のあるデートにするためにも大切だ。

 

笑顔で待ち合わせをしよう

もし、今回のデートがその人との初デートで、照れくさかったとしても、笑顔で待ち合わせをしよう。それだけで相手も安心するし、どんなデートでも多少の緊張があるので、会った瞬間の雰囲気がよくなる。

 

逆なら不安がより大きくなってしまうので「笑顔」はとても重要だ。

 

待ち合わせから出会う瞬間はそのデートの序盤の雰囲気を決める。女性は、待ち合わせに小走りで駆けつけると可愛いからやってみよう。すごくベタなことだけど、こういう女の子らしい行動や態度は、ストレートに相手男性が「かわいい」と思うものなので、最後の数歩だけでも積極的に会おうとしていることを伝えられるといい。

 

「楽しみにしてくれてたんだな」

って、相手の男性は嬉しくてドキドキするはず。

 

一方、男性はシャイでただ笑顔で会うのも苦手だ。ちゃんと笑顔を見せて、できればファッションとか髪型とかから、「今日、ちょっと雰囲気違くない?可愛いんだけど!」ってくらい言えると雰囲気が良くなる。女性はデートに色々と気を遣って外出するので、そこを褒めると安心してくれるし、喜んでくれる。「えー、そんなことないよ!」って言っててもきっと笑顔になるはずだ。その笑顔が大切。

 

デートに対するモチベーションを遠回しに伝えよう

付き合う前なら、二人でどこかにでかけるデートは、不安と期待が入り混じる。「自分と一緒にいて相手は楽しいのかな?」と初デートで思ったことがない人は恐らくいないだろう。

 

まだしっくりこないのが付き合う前だ。仲が良くても、いざ一緒に出掛けるとなれば雰囲気が変わることもよくある。

 

そこで重視したいのが、前日から伝えている「デートへのモチベーションを表現する」こと。楽しもうとしている態度が伝われば、それだけで雰囲気がよくなるので、デート前に調べておいたことをちょっと話題にしてみたり、その日の過ごし方の提案をしてみたりが雰囲気をあげるための話題になる。

 

ちゃんとデートのことを考えてくれていたことが伝わるからドキドキするのである。

 

そこまでしていないと言う人は、前の日に早めに寝ておいたとか、天気が晴れならその話題とかで「楽しいデートがしたいと思っている意志」を伝えよう。

 

もし具体的なアクションが起こせているなら、言葉をストレートにしないことで相手にあなたの心理を考えさせてもいい。疑問になるなら確かめたくなるのが人なので、カップルらしい会話になることもよくあるから、細かいことだけど行動と言葉のバランスが取れるとベストだ。

 

気遣いはデート中にドキドキするきっかけになる

デート中は何でもいいから相手を気遣った行動・態度・言葉を心がけよう。とにかく表現することが大事だ。気持ちは見えないものだから、伝えようとしないと伝わらない。

 

気を遣いすぎていると伝われば雰囲気を硬化させるデメリットの方がまずいのだが、時々は気遣いの言葉や行動を挟めるといい。ご機嫌取りをしているようなおよび腰になってしまわないように注意をすれば、良い感じで挟めると思う。

 

それだけ人は相手に対し、思っていることをアクションにまで落とし込めていない。一度自分をふりかえっておくとわかり易いだろう。デートなんだし、恥ずかしがらずに表現してみよう。

 

気遣いを表現するためには相手をよく気にしておくことが大事だ。それが伝わるからドキドキさせる方法となっている。

 

寒そうにしているなら上着やマフラーや手袋を貸してあげようとしてみたり、暖かい飲み物を提案してみたり、休憩のタイミングも「やさしさ」を前提にして提案できると気持ちが伝わる。

 

「気にしてくれているんだな」

と思ってもらえたら、良い雰囲気の中でデートができるだろう。それがキュンキュンさせるきっかけにもなる。

 

気遣いがデート中にドキドキさせる方法となるのは、どんな行動や態度も、相手に取ってとてもストレートに伝わるからだ。

 

デートは二人きりでするものなので、相手のアクションの対象は自分しかいない。だから、普段なかなか言葉にできないことが相手に伝わるので、些細なことも具体的な行動に起こそう。

 

一言だけでも変わるので、探り合いになってしまうようなイメージではなく、素直に優しさを意識してやってみるといい。重ねて伝えておくが、やりすぎは距離を感じさせる原因となるのであくまで「挟む」程度にするのがコツとなる。

 

デート中は携帯をあまり触らないように!

デートは二人きりでするものなのに、よく邪魔をするのが携帯だ。上の記事でも述べていることだが、最近は何かと携帯を触る人がふえているので、携帯を一切見ないという行動で相手を大事にしていることが伝わりやすくなっている。

 

特に普段の付き合いがあるなら、携帯をチェックしている姿もよく見ていると思うので、二人きりになった時のギャップと受け取る可能性もあるだろう。

 

デートでは相手のことが気になるので、細かなことも伝わるもの。一緒にいる時間をどう思っているのかはこんなところにも表れるし、もし軽視しているように思われてしまうと途端にそのデートがくだらないものとなってしまうから、気を遣いたいポイントだ。

 

デート終了の時間は「延長」がドキドキのポイント

少しテクニックぽさがある方法なのだが、ポイントをおさえてみてほしい。

 

アーティストのライブにはほぼ必ず「アンコール」がある。色々な意味がこれにはあると思うけど、ファンはもっとライブを楽しみたいという気持ちを伝えているし、アーティストも同様。本当は終わる時間だけど、「もう少しだけ」という行動がお互いの満足感をより高めているのが「アンコール」だ。

 

それを踏まえて、デート終了の時間は少しだけでもいいから「延長」を意識してみよう。そのために少し早めに終わる予定を立てて置いてもいいし、「もう少しだけ」とその場で言葉で伝えてもいいので「もう少しこのデートを続けたい」という意思を伝えると、その日のデートに満足していることが伝えられて、相手をドキドキさせることができる。

 

デート後のメールやLINEでも伝えられることだが、やはり一緒にいる時の行動や態度の方がストレート。ぜひ組み合わせてみたいことだし、もし「そろそろ帰ろうか?」と聞かれたら、相手のことばかり気遣わずに「もう少しだけ一緒にいたい」という気持ちを遠回しでもいいから伝えよう。

 

また、門限があったり、終電の場合も、余裕を持って行動する人が多いから、少し前に時間を伝えておいて、それをほんの少し延長するだけでもここのポイントが相手に伝わる。

 

せっかくだから真剣な顔も見てもらおう

デートはそれまで知らなかった相手の新たな一面を発見するのも醍醐味だ。知らない一面を知ることでドキドキすることも多い。

 

二人になったら良い意味で変わる人もいるし、また新たな雰囲気になることもあるから、デート中の雰囲気はずっと明るい雰囲気でなくてもいい。真剣な話もせっかく二人きりなので挟めるといい。

 

特に男性に言いたいことだが、デートはアハハ・オホホだけでなく「真剣な顔」でする話や事も挟んでみよう。男らしさを感じさせることができるのでドキドキさせる方法となる。

 

もちろん女性も色々な表情でデートできるといい。感情を態度で表現するのが女性の方が得意なので、女らしさを感じさせるから男性がドキドキする。

 

例えば少しだけ自分の仕事の話をしてみたり、笑い話だけでデートを終えるのはもったいない。明るい雰囲気で一日を終えることは重要だが、色々な話しができると距離は縮まりやすい。是非色々な表情も見せておきたい。

 

デートで相手への「理解」を示そう

人は自分のことを理解されたい心理を持つ。分かってくれているという感覚を異性に覚えた時はドキドキするものだ。

 

この方法を簡単に実践するなら「好きな人の好きなもの」を基本に考えよう。「食べ物」でも「色」でも「すること」でもなんでもいい。会話も明るくなるだろうし、自分のことを理解してくれていると思ってもらえたならうれしい気分にもさせることができる。

 

そう考えると、それまで得ている情報の活用は大事になってくるのだろう。食べ物は比較的話題にあがりやすいかと思うし、リサーチも簡単だと思うので実践してみよう。もちろん「好きなもの」以外でも相手への理解を示せるなら応用した考え方はできるはず。その際の注意点はあまりネガティブな話題になってしまわないようにすることだ。

 

ふとした瞬間に目で意志を伝えよう

良い雰囲気で一緒に居られるデートなら、敢えて言葉ではなく、目で意志を伝えてみよう。阿吽の呼吸はアイコンタクトによってなされるけれど、カップルに取っては「見つめ合う時間」にもなっているところがポイントだ。

 

彼氏や彼女がいない人に取って、「見つめ合うこと」は普段なかなかないことだ。ただのアイコンタクトでも内心でドキドキしてしまうことは本当に多いので、実践してみてほしい。

 

言葉がなくてもわかり合える関係に拘ることはないから「返事」をアイコンタクトにしてみたり、ふとした瞬間に短い時間でいいから言葉がない状態で相手を見つめたい。

 

見つめ合うことに慣れていなければ、何となく空気が緊張してしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれない。確かに急に黙って見つめられると、相手のドキドキは緊張が主な理由となる可能性がある。そんな人はきっかけを意識しておくと空気が凍り付かない。だから、アイコンタクトはお勧めなのだ。5秒も10秒も見つめ合うわけではないから、内心でドキドキしてしあっても相手は普段通りを装おうと思うから、二人きりだからこそ相手を見つけてみたい。

 

顔を近づけ合う瞬間もドキドキする

デート中にドキドキする瞬間を作りたい人は、顔を近づけ合うきっかけを考えてみよう。デート中盤から後半の、緊張がほぐれているタイミングで行えばデート全体の雰囲気も良くなる。

 

たとえば、一つの携帯を二人で見ようとしてみたり、二人で同じものを見る瞬間は顔を近づけ合うことが多い。じゃれあえるならさり気ない瞬間でも可能だろう。

 

デート中は二人きりだから空気が作れるなら軽くいちゃつくことも可能だ、いつもと違った雰囲気になるためにもこのドキドキする瞬間・キュンキュンする瞬間は意識的に作ってもいいと思う。

 

あえて距離感を意識しないで、デートが盛り上がったところでもう一歩進んでみよう。そういった少しの勇気が恋愛を進める。

 

デートが盛り上がったら「手を繋いで」ドキドキさせる

デート中に手を繋ぐのは王道的な「ドキドキさせる方法」だ。2回目のデートや3回目のデートなら具体的に検討したいし、初デートでもお互いの気持ち次第だろう。

 

あくまでも相手の気持ちがある程度見えた時点で考えたいのが手つなぎデートだが、友達になってしまわないようにするためにも「カップルっぽい雰囲気」を作る上ではどさくさに紛れてみるのも時に有効な方法。

 

「私たちってどんな関係なの?」と思ってしまうのが付き合う前の状態なので、「好きだよ」って気持ちは態度や仕草で伝えるとデート相手をドキドキさせることができる。

 

恋愛が進んできたと思えるなら雰囲気をみてチャレンジしてみよう。下の記事が役立つはずだ。

 

まとめ

今回は「デート中にドキドキさせる方法」をまとめた。

敢えてテクニック色を抑えめにしたのは、あくまでも雰囲気を重視してほしいからだ。デートそのものが成功することを前提にしてドキドキさせるから効果がある。

 

ボディタッチを付き合う前にやれば、当然ながら相手はドキドキすると思うが、これを表面的な文章で勉強してやろうとしてもなかなかうまくいかない。

 

緊張が空気を作ってしまうと、最も重要な会話がうまく行かなくなることが多くなるのである。

 

付き合う前のデートは、内心でドキドキするポイントがたくさんあるものなので、あまり思い切った行動や態度を意識する必要はない。「え?こんなことにドキドキしていたの?」と付き合ってから思うことは多いはずなので、そんな視点からデート中を考えてみよう。

 

☆恋を進める魅力的は女性になりたいなら「唇」がキーワード!

恋する女性は下の記事も読んでみよう。

関連記事: