読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

年下の女性を好きになったら付き合うまでに気をつけるべき4つのこと

年下の女性との恋愛 モテる男になるために 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20141107083937j:plain

年下の女性を好きなったら、年上の男性として魅力をアピールしていかないとならない。

年の差があれば、それを無視して恋愛を進めていくことはできないので、年下の女性を好きになったら気を付けるべきことがある。

 

今回は年下の女性を好きになったらどこに気を付けるべきかにフォーカスして説明していこう。

 

年下の女性を好きになり、付き合うまでにアプローチをする際、役に立つことを書いていきたい。

 

 

からかうのは良い 馬鹿にしてはいけない

年下の女性には精神的に優位に立ち易い年上の男性は、年下の女性を好きになったら、仲良くなるためにからかって話をしたりすることは多いだろう。

 

後輩として可愛がっている感じを出せるし、会話が明るい雰囲気になるので、より多くの接点を持つ方法として使うことは問題ない。

 

しかし、それが行き過ぎて馬鹿にしたような話し方になるのはよそう。

それでも仲良くなっていくことはできるのだが、その年下の女性の恋愛対象から外れる可能性を高めてしまう。

 

やはり女性は女性らしく扱ってあげないといけない

馬鹿にしてしまうような態度では、女性として扱ってもらえないことに不満を持つし、後輩の一人としてあなたが接しているのだと誤解する。

 

年下の女性を好きになったら、からかうことと馬韓にすることの差には敏感にならないといけない。

 

好きな人だと意識してドギマギしない

f:id:Brightfuture:20141107085005j:plain

年下の女性と言えども好きな人には変わりないのだから、話す時に緊張はするだろう。

しかし、包容力や年上としての余裕を魅力的に伝えたい年上男性として、相手の前でドギマギしてしまうことは避けよう。

 

感情の問題なので難しいかもしれないが、話しをする時は後輩に対する態度を意識して先輩らしく振舞うことを意識すると少し良くなる。

 

年下であることを強く意識して、一生懸命さや真面目さを出すよりは余裕を見せ、話を聞いてあげる立場になっていくことが望ましい。

 

付き合うまでには、年上の男性として魅力を如何に見せていくかが大事になるので、基本スタンスは、落ち着いた大人の男性を意識していよう。

 

プレゼントやデートはワンランク上をスマートに

上で挙げたリンク記事にも載せているが、年上の男性の魅力で経済力は大きい分野。

いつもワンランク上のものを用意しようとすると、お金がかかり過ぎてしまうが、メリハリをつけてプレゼントやデートには年上の男性らしい用意を整えてあげよう。

 

年下の女性として年上の男性からアプローチを受ける最大のメリットはここにあると言っても良い。

主人公の女性が、素敵なお店につれていってくれる年上の男性に魅かれていくドラマは星の数ほどある。

 

食事につれて行ってあげて、お金を払おうとする年下の女性も少なくないが、全く受け取らないのも余裕がないので、もし一度断ってそれでも払いたいと主張する時は、いくらかでも受け取るようにした方がスマート

 

女性の行動が礼儀を重んじた形だけの場合もあるので、一度断るのはポイント。

2度目の食事とかで気を使うパターンは多いから、彼女の反応次第で受け取るのも優しさになることがある。

驕ってやるという感覚が強いと、傲慢な断り方になって品位を落とすので、大きな差を付けて受け取ってあげるはちょっとしたテクニック。

 

また、お金はかければかけるほど良いのではない

見返りを求めるのが人であるとの認識は女性側が持っている感覚である。

 

ワンランクだけ上を目指してお店選びやプレゼント選びをしよう。

重くなっては面倒な印象になってしまうから、金にモノを言わせたアプローチに映ることが無いように気をつけること。

また、付き合う前のプレゼントとしてもお勧めしているのがお花のプレゼント。

この記事で、生花の見た目なのに枯れない花として女性へのプレゼントに流行っているプリザーブドフラワーについて説明しているので、付き合う前の気の利いたプレゼントにも活用してもらいたい。

 

 

プラスして年下の女性が食事代等のワリカンを求めても、それは断った方が良い。

食事に付き合ってくれたお礼だとでも言って、しっかり払うものは払おう。

強引にそうするよりは、当たり前のことだと言って、ここでもスマートにチェックを行いたい。

 

腰の据わったアプローチと受け止めてくれることに繋がる。

 

嫉妬はやめよう

f:id:Brightfuture:20141107085209j:plain

年上の男性として余裕を魅力として伝えるべきなので、嫉妬深いイメージを年下の女性に持たせないように気をつけよう

 

年下の女性は、社内やサークルなどでもチヤホヤされる存在であることが多いが、せっかく魅力的な年上の男性をアピールするために頑張っていても、嫉妬深くなっては台無しである。

 

また、同い年くらいの男性との会話を見て、自分との会話では見せない面を見つけることもあるかもしれないが、そういう時こそ余裕を大事にしたい。

 

そもそも戦っている土俵が違うわけで、年上の男性には年上ゆえの魅力がある。

 

無い物ねだりより、手にしている魅力を最大限相手にアピールできるように、付き合う前の嫉妬は我慢した方が良い。

 

付き合ってからは、あなたらしいルールを彼女に求めても良いだろう。

段々年の差を越える時期がくるので、そこがポイントになる

 

 

以上、今回は4つのポイントに絞って年下の女性を好きになったら付き合うまでに気を付けるべきことを説明した。

 

ポイントは如何に余裕を持って年下の女性に接することができるかと言う点だろう。

それを忘れると、年上の男性としてせっかくもっている魅力が上手く伝わらなくなる。

いかなる状況においても、包容力のある男性でいて、年下の女性が甘えることができる彼氏になっていこう。

 

こちらも参考に: