読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと

付き合う前の時期 女性向け恋愛コンテンツ集 告白

f:id:Brightfuture:20160712192442j:plain

好きな人に告白できない人って、実はかなり多いことがデータ上で分かっている。

上の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別で算出している部分があるのだが、告白できない人は彼女ができない傾向が強い。

「付き合う」ことが両想いの確認をした後なのだから当然なのかもしれないが、「好き」だと伝えることの重要性は理解しつつも、行動に移せない人が多い結果、後悔することになる人は多い状態だ。

 

今回は、好きな人に告白できない人へ、後悔する前に考えたいことをまとめてみたい。

 

アプローチがあってこその告白

告白できない人は、そもそもアプローチができないって人が多い。

「付き合いたい」から告白するのだとすれば、現実的に告白の意味は合否判定にも似ていて、アプローチあってこそ成立する部分がある。

 

告白するモチベージョンや自信は、それまでの好きな人へのアプローチが前提になっているし、「遠くからずっと見ていました。好きです」って告白の成功率があまりに低いのは想像に難くない。

 

告白できない人が後悔する前に考えたいこととして、一番には「アプローチをしっかり行えているのか」を挙げておきたい。

 

好きな人ができたら口説き文句を並べるだけがアプローチではないから、間接的にでもいいだろうし、何かできることを自分がやったのかどうかで告白への道が拓ける部分がある。

アプローチをしないでいれば、片思いも告白するまでには発展していかないだろうし、「好きだ」と伝えるまでの関係性も作れないと思う。

その状態では好きな人に告白できないのは当たり前ではないだろうか。

 

これから述べていくことはアプローチを行った人を前提にするので、好きな人ができてもアプローチすることができない人は下の記事を読んでみよう。

 

絶対に成功する告白なんてない

告白する人は、自信があるから告白するのだろうと考えるのは基本的に間違いではないが、絶対に成功する告白なんてほぼ存在しない。

正確に表現すれば、存在自体はあり得るのだが、本気で片思いしていれば自信を裏付けする材料と共に、どうしても懸念材料が同時に想起されて、「絶対に成功する」とはなかなか思えず、告白しようとする人が「この告白は絶対に成功する」と思えないのだ。

 

好きな人に告白できない人は、「告白の成功確率」を気にしていることは多いと思うが、告白の成功確率を高めるための努力がとても重要である一方で、「絶対に成功する告白」なんてないと言うところは出発点になることを伝えておこう。

 

自分のものにしたいよりも、他の人に取られたくない想い

純粋な恋愛をした場合、「自分のものにしたい」って感覚はあまり強くならないような気がする。

話しているだけで楽しかったり、何気ないことで幸せを感じたり、好きな人との時間がそれなりにあれば、友達でもいいと考えることも多いことだろう。

告白することで友達関係を壊すと、その時間さえも失うのだから告白を躊躇する気持ちを強くする。

 

しかし、好きな人に好きな人ができて、もし付き合うようなことになった場合、今の自分達の関係は、継続していくだろうか。

又は、好きな人が彼氏や彼女ののろけ話をしてきたら、どうだろう。

 

「別に付き合えなくてもいい」って恋愛もあるにはあるのだが、「他の人」の存在を考えた場合、「丁度いい関係」は長続きしないのが男女間ではないだろうか。

もし好きな人に好きな人ができたら、仲の良い異性であるあなたとの関係は誤解を与えるから控えたいと思っても不思議ではなく、協力を頼まれたりしてしんどい思いをする可能性もゼロではない。

 

「自分のものにしたい」と思わなくても、実は「今の関係」を維持するために告白が必要であったと、後から思うことは少なくなかったりするものだ。

 

適当な人なの?

告白は、誠意を示す方法としても用いられる。

もしあなたが好きな人にアプローチをしていた場合、相手はその行動の意味を少しは考えるだろう。

もちろん、アプローチの強弱によるのだが、しっかり頑張った場合、良い意味か悪い意味かは置いておいたとしても「気になる人」にはなっているだろう。

 

しかし、何かのきっかけでアプローチを止めた時、相手はどう思うだろう。

「思わせぶりだ」とか「からかったのかな」とか「適当な人」だと思うかもしれない。

上手くいかない告白は、相手に迷惑になるのも事実だが、自分のアプローチが適当な気持ちから生まれたものではないことを伝えたい気持ちは大切かなと思う。

頑張った結果が、自分の評価を下げることになるのを許容するのは、あくまで異性としてだけでいいし、人間性まで否定されてしまうのはちょっと辛すぎるかなと思うのである。

 

アプローチされていると好きな人が感じるくらい頑張ったなら、「好きだったから」だと伝えることは大切なんじゃないだろうか。

色々悩んで、考えてから取った行動を自分から否定してしまうのは、ちょっと悲しいかなと思う。

 

結果よりも伝えたい想い

告白の原動力として一番大きいのではないかなと思う理由。

自分のアプローチによって好きな人との距離が縮まると、自分の気持ちもアプローチ開始直後よりも大分強くなっていく。

 

好きな人のことを知れば知るほど好きになるのが、告白までいく恋愛パターンだとも表現できるが、最後の一押しは「伝えたい想い」ではないだろうか。

 

関係性が進むにつれて、一緒にいたい気持ちも自分のことを好きになってほしい気持ちも増していくのが恋愛であり、「もっと」って想いが段々しんどくなっていく。

 

色々な角度から「告白するタイミング」を考えるのが重要なのだが、自分にだけ視点を向けた場合、「今の関係」がしんどくなった時は告白しようかどうか迷うタイミングになるだろう。

もう結果がどうかと考える以前に、「伝えちゃって楽になりたい」とか「諦めるきっかけが欲しい」と思って告白するパターンもある。

 

言葉ほどネガティブな意味での告白ではないのだが、想いが煮詰まった時に告白を考えることは多いと思う。

いざ行動に移すには何かのきっかけが必要だったり、煮詰まったと思うまでにきっかけがあったりもするが、最後は「えい、やー」の世界でもあるのが告白だ。

 

完全に友達になってしまった場合は、告白できないと考え易いが、本当に告白できない関係ってほとんどないだろうし、言い訳にしているなら後悔することにもなるはずだ。

告白しないといけない局面は実際には少ないが、(関係性から)告白してはいけない局面も実際には少ない。

伝えたい想いになるまで人を好きになれば告白しようとするだろうし、そこまで想えないないならそのくらいの恋愛だったかもしれない。

言い訳をしないで考えてみることが後悔しないためには大切なことではないだろうか。

 

まとめ

今回は好きな人に告白できない人へ後悔する前に考えたいことをまとめてみた。

告白することで壊れる関係の価値を考えると、告白できない人の気持ちはよく分かるが、気持ちにブレーキをかけて、上辺の恋をしていてもなかなか幸せな恋愛はできないだろう。

 

当たって砕けるような告白は推奨できないが、最後に書いた「結果よりも伝えたい想い」は多くの意味で恋愛に大切な要素かなと思う。

それだけ好きになる人と出会うことが大切だが、絶対に告白できない人の恋愛が成就する可能性は極めて低くなるのは、リンク記事からもデータに出ているだろう(特に積極性が求められる男性においては)。

 

好きな人との関係が進んだ時には特に、告白できないことで後悔することが増えるので、今回の記事を参考に後悔しない恋愛をしてほしい。

 

 関連記事: