読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

振った相手を後悔する瞬間7選~何で振っちゃったんだろうって思う時

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 告白

f:id:Brightfuture:20160618184130j:plain

あなたは誰かから告白された時、好きな人でないなら無条件に振ってしまう人だろうか。

好きな人ではない人と付き合うのに抵抗のある人も多いので「いい人」でも振ってしまうことはあるのだと思う。

でも、恋愛にタイミングのずれはよく起こることだから、振った相手のその後の変化や態度とかで後悔する瞬間も訪れるのではないだろうか。

 

そこで今回は「振った相手を後悔する瞬間」を紹介しよう。

告白されたことがきっかけで気になり始めることもあるから、どんな時に後悔するのか7つ紹介してみよう。

 「何で振っちゃったんだろう」って思う時はどんな時?

髪型や服装を変えて雰囲気が変わった時

振った相手を後悔する瞬間のあるあるとしてよくある瞬間が「髪型や服装を変えて雰囲気が変わった時」。

髪型で雰囲気が変わることって多いから、案外重要なんだと実感する瞬間でもある。

 

告白されたことでどんな方向かは別にしても「気になる人」になることは多いので、振った直後に雰囲気が変わると気付きやすい。

全然好みではない感じに変わることもあるから、振った相手の変化が「やっぱり振って良かったな」と思う瞬間にもなることだって少なくないのだけど、髪型や服装の変化が自分の好みに変わると複雑な気分になる。

 

結局は中身の問題になるのが恋愛だから、どの程度の後悔に繋がるかは結構人それぞれだけど、「あれ?」って思う瞬間に「外見の変化」はあるあるだ。

印象が変わることで見直したい気持ちになることが「後悔」に近い感覚を引き起こす面もあるだろう。

 

振ったのに一途に想ってくれていることを知った時

告白されて誰かを振ると、多くの場合でそれまでとはお互いに態度が変わってしまい、気まずくなることも多い。

仲が良かったのに告白を機に関係が壊れることもあって、告白が一つの節目になるのが現実だ。

 

でも、中にはこれまで通り振る舞う人もいて、振った立場としては救われる思いになることがある。

やっぱりどんな理由があっても仲良くなった人と気まずくなるのは寂しいから、普通に振る舞ってくれて、こちらの緊張もなくしてくれるような態度でいてくれる人に人間的な魅力を感じることもあるだろう。

 

また、そんな態度を取る人は「振られても好きでいる」と一途に想ってくれることが理由であることもあって、しつこい人は嫌われるけど、相手の迷惑を考えられる人は一途さがとても健気に見える。

相手によってはそれが「嬉しい」とさえ思わせる態度に見えるものだ。

 

やはり感情は感情を動かすところがあって、告白されて振った相手のその後の態度で、より「気持ち」を感じれば、想いの強さを知って、振ったことを後悔する場合が出てくる。

振られても変わらない態度で一途にアプローチを続ける場合、相手が女性なら「付き合ったら幸せかも」と思わせることがあるだろう。

何度も告白して成功するのは相手が女性の場合に多い。

 

内面の良さに気付かされた時

そこまで仲が良いとは言えない相手に告白された時、「イケメン」なら付き合うという女性や「可愛い女性」なら付き合うと言う男性がいる。

結局大事なのは内面だと言いながらも、これは現実的なところで言えることだ。

恋愛では外見を重視する人もいるし、内面だけでは好きになれない人だって全く珍しくない。

 

しかし、微妙な相手だから告白を断った後、内面の良さに気付かされるようなことがあると振ったことを後悔する瞬間となる場合がある。

付き合えば色々なことがあって、結局大事なのは性格や相性の問題になり易く、外見は幸せなお付き合いにおいて与える影響が実は少ない。

 

「付き合ったら幸せだったかもなぁ」

こんな後悔に似た気持ちにさせる人は内面がいい人。

やさしさや思いやりのある人と付き合えば、恋人同士で過ごす時間が充実しやすいから、それを想像させる人には振ったことを後悔させられる。

どうしても外見がダメなら恋愛なんてできないと思うけど、そうではない場合は、内面が結局どうかと言う問題になるので、告白を断る場合は相手のことをどれだけ理解しているかも考えてみた方がいいかもしれない。

保留して「友達として仲良くしてみる」という選択もないわけではない。

 

 

仕事などで相手がその後に成功・活躍した時

振った相手を後悔する瞬間に「相手の成長」は大きいと思う。

まだ学生なら外見にも「成長」があったりして、見た目の変化にも影響する。

 

特に女性では「仕事のできる男」の評価が高いから、振った後に相手の男性が「仕事で成功・活躍した」場合、後悔する瞬間になりやすい。

振られたことで「見返してやりたい」と思う人はモチベーションが上がって成果に繋げる人もいるから、本来の意味で「見返すこと」が可能な場合も実際にあるだろう。

どんなことでも考え方次第であり、自分の成長に繋げることのできる人は「素敵な人」のようにも思う。

何よりも「結果」という形で自分の価値を示すことは振った相手にも自分の評価を変えさせるきっかけになるだろう。

周りの評価が上がることも多いから、その点も影響が大きい。

 

とにかく驚いて、理由もなく振った直後

告白を受ける時って、きちんとしたアプローチをされていなかった場合は、とにかく驚くものだ。

 

「え、何で?…え?」

なんて言いつつも、告白されたのだから返事をしなければいけない。

 

そうなると思考停止になってしまう人もいるから、「好きな人というわけではない=振る」ってことがすごく単純な思考回路で選択される。

深く考えることができない状態になれば、好きな人だったか否かくらいの思考しかできないこともあるだろう。

 

何も考えられず告白を断った後は、自分の行動を振り返った時に後悔しやすい。

自分の中でも納得して出した答えではないので、振った直後に後悔する人は「おとなしいタイプの人」に多かったりするものだ。

多少食い下がったり、考える間を与えることも、告白には大事になる場合があるだろう。

極端に驚かせる可能性の高い相手に告白するなら、少し考えたい「振ったことを後悔する瞬間」だ。

 

振った相手と付き合った人が幸せそうな姿を見た時

人の幸せを羨ましく思うタイプの人は、告白を断った後「振った人と付きった人が幸せそうな姿を見た時」に後悔することがある。

 

「横にいたのは自分だったかもしれない」

自分の好きな人と付き合って幸せでいることが一番いいけど、漠然と「幸せ」には憧れみたいなものがあって、自分よりも先に振った相手が誰かと付き合ったりすると、その様子を見て後悔する人が少なくない。

「追われる恋愛も悪くなかったかな」なんて思える人は後悔も強くなるのではないだろうか。

 

ある条件で振った相手がそれをクリアしてきた時

告白をされて振る時というのは具体的に理由がある場合もあるだろう。

想定するその理由は多岐に渡っているため具体例は省くけれど「〇〇な人とは付き合えない」などの言い回しは常套句の一つ。

 

しかし、その振った理由を完全にクリアされてしまうと、もしそれが社交辞令的に取って付けたような理由ではなかった場合、振ったことを後悔する瞬間になる。

アプローチの一環として努力していた人ならそこから付き合えるかもしれないけれど、自分磨きとして取り組んでいただけだったり、良い意味ではなく見返すためだったりすると、気持ちがすれ違うこともよくある。

 

ある一つの具体的な理由があって誰かを振るなら、その点は少し話ができるといいかなと思う。

やっぱり付き合う人で変わる部分というのはあるものなので、もし改善できるなら付き合いたいと思える人が相手だった場合は、ただ振るだけの返答はもったいないかもしれない。

 

好きになるのには実はあまり理由を必要としていないから、この部分はよく社交辞令的に扱われる。

理由を言わないと納得しなさそうに映る人もいるし、食い下がって理由を聞く人もいて、「好きじゃない」という理由が言いにくく感じる時などはよくあることだ。

でも、もしそうではなく引っかかるところがあってあと一歩を踏み出せない時は、相手と向き合ってみるのも一つの方法。

後悔しないためにはこんなポイントもあるだろう。

 

まとめ

今回は「振った相手を後悔する瞬間」について7つ紹介した。

「何で振ったんだろう」って思う時として、告白されて振ったことのある人は共感できることがあっただろうか。

 

恋愛はよくタイミングがずれるものだ。

特に「告白」という行為は、計画性をもって実行されない場合も多くあるから、どうしても勢いとかが影響する。

 

好きな人以外の告白は基本NOである人の数は、アンケートよりも実際はもう少し多いような気がするので、振った相手を後悔したことのある人は少なくないのではないかなと思うところ。

 

今回挙げたポイントは告白からどのくらい時間が経過しいているのかが様々だったけど、告白された相手のことが気になるようになることもあるので、案外色々な瞬間に「振ったことを後悔する」瞬間があるのだと思う。

 

もし自分の恋愛力に自信がないなら、下の記事で今のあなたに足りない力を診断してもらえる。参考になる無料診断だったので、あなたも受けてみてはどうだろう?

 

関連記事: