読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

好きな人ができない8個の理由~好きな人ができない原因を知ろう

女性向け恋愛コンテンツ集 私の恋愛観 彼氏を作る

f:id:Brightfuture:20160706184513j:plain

「恋愛をしたいけど好きな人ができない…」

 

恋愛はまず相手がいないと成立しないものだから、好きな人ができないとしたらその理由を知りたくなるものだ。

 

何が原因であなたに好きな人ができないのだろう?

 

この記事では「好きな人ができない理由」を8つのポイントで紹介するので、「素敵な恋愛がしたいのに、好きな人すらできない」という人は詳しく読んでみよう。

 

これから書いていくことは、どれか一つが飛び抜けて理由になっていたり、少しづつ要素が重なり合っていることが理由になっていたりするので、自分の性格とは全く違うこともあると思うが、好きな人ができない原因を知るために、一度客観的に自分を振り返ってみてほしいと思う。

 

好きな人ができない人は「自分の理想が高いこと」を疑ってみよう

好きな人ができない理由として、理想の高さはよく挙げられることだ。

 

「自分は普通だ」と、直感的に思った好きな人ができないあなた。その感覚が一番危険だ。

 

好きな人できない人は、理想が高すぎるのかどうかを一度はしっかり考えてみよう。雰囲気を含めた第一印象でアリナシを決めて、ナシなら恋愛対象からはずし、そもそも恋愛対象から圧倒的に少ないタイプもよくいる。

 

よくあるパターンとして、自分から理想は高くないと言っている人ほど理想が高いという経験則もある。「理想は高くないのに、全然素敵な人が現れないんだよね~」なんて口癖をある人に好みを聞くと、思ったより条件が多く、恋愛対象になることすら難しいとよく感じる。

 

低いという主張であったとしても、「理想の高さ」を話題に出す人は、相手の水準を気にしていることの証左であり、理想と現実のギャップを感じている人が話題に出したがる傾向がある。一度振り返ってみよう。

 

ちなみに、恋愛において理想が高いことは悪いことではない

好きな人ができない理由にはなりやすいが、そこからどう持っていくかで結果は変わっていく。きちんと自分の理想の人を探す努力ができる人はちゃんと恋愛している人も多い。

 

「理想を下げて恋愛しよう」とか、「妥協して好きな人を作ろう」という意味ではないので、注意をしよう。

 

警戒心が強い

f:id:Brightfuture:20141115092019j:plain

恋愛というものは不思議なもので、気になる人ができても、届きそうだと思わないと好きにまでならないってことも多い。脈なしの恋愛を長く続けられないということもある。

 

美形でスキのない異性に臆した経験は誰にでもあるだろう。恋愛は傷付くこともあるモノだと知っているので、警戒心が強く自分を受け入れてくれない雰囲気を感じると、誰だって臆することがあるのである。

 

八方美人でもよくないが、警戒心が強い人は好きな人ができない傾向がある。

 

自分が心を開かなければ、相手も心を開かない確率が増してしまう。そうなると、たとえ意識しても表面的な付き合いになりがちで、好きになるまでのコアなコミュニケーションが取れず、好きな人ができない理由となる。

 

信用するまでの期間が長い人は恋愛をしにくいところがあるので、警戒心が強いタイプは異性との接し方を工夫しよう。自分の心理は何となく雰囲気に表れて相手に伝わってしまうので、自分を客観的に見ることも大切だ。

 

過去の恋愛を引きずっている(トラウマ)

過去の恋愛を引きずることで、好きな人ができないことはよくある話である。いわゆる恋愛のトラウマまで行ってしまうと、解決が難しい上に今後の恋愛にも影響を与えるタチの悪いものとなってしまうことが珍しくない。

 

浮気が原因で警戒心が強くなったり、付き合ったけど上手くいかずに恋愛に臆病になって無意識に避けてみたり。過去の恋愛が理由で好きな人ができないのは、元カレや元カノのことを忘れられないことだけでなく、そのことで起こった全てが理由になる

 

トラウマとまで言ってしまえば、その本人は強く自覚するところだろうが、そこまでいかなくても、自分の認識より深く傷ついていることで好きな人ができない理由になっていることは少なくない。

 

過去の恋愛がきっかけで今の恋愛傾向に影響を与えているケースも多いから、自分が狭い視野になっていないかも考えてみよう。

 

「イイ感じの雰囲気」から拒否反応が出る

f:id:Brightfuture:20141115092159j:plain

人を好きになるスピードは、実は個人差がとても大きい。恋愛関係になるには相手とタイミングが合わないといけないのだが、雰囲気とともに気持ちが盛り上がっていかない人は、異性からのアプローチで好きな人ができないため、恋愛のチャンス自体が減っている面がある。

 

ちなみに私の場合は、どちらかというと人を好きになるのに時間がかかるタイプだ。付き合った人の中には、出会ってから1年以上経ってから好きになった女性もいるほど。一目ぼれするタイプの人には信じられないだろう。

 

このように、人を好きになるまでの工程みたいなものは、人に寄って違っているし、相手に寄っても変わってくるナイーブなもの。好きな人になるまでに、所謂「イイ感じ」の関係が長く続いてしまうこともある。

 

警戒心とも関係するのかもしれないが、好きになるか分からないような人とイイ感じになってしまうことを、無意識でも拒否してしまうと、好きな人ができない原因となってしまうことがある。距離感が合わないことも関係しているだろう。

 

これは誰にでもあることだが、好きになっていない人とイイ感じになった場合、拒否反応が強く出てしまうのは、恋愛向きの感覚ではないと言わざるを得ない。確かに期待させてもしょうがないし、他に良い人が現れるとするならその相手は邪魔な存在かもしれない。

 

しかし、恋愛関係がどのように発展していくかと言うのは、その恋愛毎に違っていて、「101回目のプロポーズ」みたいなこともあるわけだ。(例が古過ぎ!!)

 

これも好きな人ができない原因の一つである。

 

仕事やプライベートが充実していて恋愛への欲求が小さい

仕事やプライベートが充実している人の一部は、恋愛に対して潜在的な欲求が小さくなる傾向があり、好きな人ができない理由となる

 

普段の生活が楽しくて充実感を覚えていることはとても素晴らしいことであるが、時々恋人がいない寂しさは感じるところだろう。でも、そういう人は時間がないことから、恋愛する時間と気持ちの余裕がなく、一瞬のさみしさが長続きしないで、好きな人ができにくい。

 

恋愛で寂しさを取り除こうとする人がいる一方で、その逆である忙しさや充実感を強く持っている人は、好きな人ができない傾向がある。

 

出会いが少ない

同性しかいない場所が生活の拠点であると、どうしたって出会いは少なくなる。恋愛はあなたのいる環境も大事で、特別な努力ができない人は、実際恋愛環境に左右されて好きな人ができるかできないか決まっているところもある。

 

合コンなどに参加して恋活をしていれば影響を限定化できるが、そもそも合コンがきらいだったりそういう機会すらなかったりすると、当たり前のように好きな人ができない原因になる。

 

世の中には「ビビっときた」という言葉があるように、出会いは恋愛でとても大切なこと

 

自分の環境によっては、具体的な対策が必要だと言わなければならず、出会いそのものが無い状態で好きな人ができないのであれば、それは当然だと言えよう。

 

自分の性格と他者との関わり

恋愛の基本要素は、

  • 出会い
  • コミュニケーション
  • セルフイメージ

の3つである。

 

一つ前の見出しの内容と合わせて下の記事で具体的に書いているので、この部分に問題があれば読んでみよう。

モテない男が彼女を作るために必要なこと~恋愛に必要な3つの要素を改善・対処する方法

 

 

異性とうまくコミュニケーションが取れない人は、人付き合いが発展し辛く、好きな人ができないし、人に恋されることも少なくなってしまう。

 

仲良くなっていけばその人の良さに気付くこともあるし、あなたの魅力が伝わって相手からのアプローチであなたの恋心が刺激されることもあるのだが、そうなれないとしたら好きな人ができない理由となるだろう。

 

恋愛は、究極のコミュニケーションであり、その相手が頭の構造が違う異性だから難しい面がある。コミュニケーション能力が低いとするなら、それは好きな人ができない理由となってしまうため、苦手だと思う人は練習感覚で異性とのコミュニケーションが必要になっている人も多いという現実がある。

 

セルフイメージが低い

先程挙げたリンク記事で触れているが、自分に自信が無い場合も好きな人ができない理由となる。自信がないから、無意識に嫌われるのが怖くて、恋愛を避けてしまうわけだ。

 

恋愛は上手くいかなければ、自分が傷つく繊細なもの。

 

セルフイメージが低いと、異性との関係性を発展させていくことに臆病になり、異性の人の内面を深く知れないことから、好きになるという機会が乏しくなる

 

モテないことでさらに自分を卑下してしまい、恋愛に必要な行動が取れないことは多く、悪循環の典型例となってしまう。恋愛は縁やタイミングも絡むものなので、自分に魅力がないとは思わなくて良い。気持ちをうまくコントロールする力も大切な恋愛力だ。

 

まとめ

今回は、8つの「好きな人ができない理由」をまとめた。

あなたにも引っかかるところがあっただろうか?

 

好きな人ができない理由を明確にすれば、改善のための具体的な努力の方向がみえる

もし好きな人ができないことが悩みであるとすれば、改善へ向けた努力をしてみよう。

 

すぐに好きな人ができるわけではないかもしれないが、きっとその先の将来は大きく変わるのではないだろうか

 

好きな人ができない理由と原因の改善と対処については下の記事を合わせて読んでみよう。

好きな人ができない理由の改善と対処の方法

 

今回のテーマは今多くの人が潜在的に抱えやすい問題だ。婚活を利用する人が増えたのも恋愛が苦手な人が増えたからだといわれている。下の記事もぜひ読んでみてほしい。

 

最近、なぜ婚活する人が増えたのか~自然な出会いから恋愛できない人は必見!婚活利用者が増えた「今」を解説

 

 

関連記事: