読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

記念日やイベントにいつもと違うちょっといいレストランに行く意味~カップルは思い出に残る過ごし方をするべき日がある

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために デート

f:id:Brightfuture:20170108154315j:plain

記念日やイベントの日は、いつもと違うちょっといいレストランで食事をするのがおすすめだ。そこにはきちんと払ったお金の分の意味がある。せっかくだから思い出に残るデートをしよう。

 

そこで、今回は「記念日やイベントにいつもと違うちょっといいレストランに行く意味」について解説する。カップルは思い出に残る過ごし方をするべき日があるから、ずっと仲良く一緒に居られるカップルになれるよう、参考にしてみよう。

 特別な日を特別にするものとは?

彼女や彼氏の誕生日、付き合った記念日、クリスマスなどのイベントは、カップルに取って「特別な日」である。楽しみにしている人は多いし、彼女や彼氏がいるなら祝う方の立場でもちょっとウキウキ気分になるはずだ。

 

しかし、特別な日を特別にするものって何だろう?

少なくても、それはカレンダーではない。

 

記念日やイベントにいつもと違ったちょっといいレストランに行く意味の最初に紹介したいポイントは、「それで特別な日になるから」である。あなたがその日を特別な日へと変えることができる。

 

男性はこういったことに疎いタイプも多いが、女性はイベント事を本当に楽しみにしているタイプが多い。いつも通りに過ごすことで特別感がなくなれば、期待していた分の気持ちが裏がって寂しくなるし、カレンダーだけが特別なのはカップルとして嫌な方向へ色々考えてしまうきっかけとなってしまうかもしれない。虚しさまで感じてしまうとしたら冷める原因にすらなるだろう。

 

特別な日を特別にするために、いつもと違うデートで思い出を作る。メリハリある付き合い方をするためにも、特別な日は特別な過ごし方をしよう。

 

雰囲気の良いレストランはいつも言えない言葉が言える

カップルはお互いで気持ちを語り合うことが大事だけど、付き合い始めは恥ずかしさや緊張を理由に、慣れてきた後は「分かっているでしょ」って、結局上手く行かないカップルは「愛情表現」が不足しがちである。

 

記念日やイベントデーは、カップルに取って「節目」の意味もある日だ。本当はこんな日に「好きだよ」って、「いつもありがとう」って、いつもは言えない愛情と感謝の気持ちを伝えるのが理想。カップルは、相手が好きで、ずっと一緒にいたいから付き合っている。

 

いつもと違うちょっといいレストランに行く意味は、いつもじゃない雰囲気にするため。少し多めにかかるお金は「雰囲気に払っている」と私は思う。もちろんレストランんのグレードを上げれば食事もお酒もおいしいのだけど、カップルに取って価値がより高いのは、その雰囲気である。

 

落ち着いていてオシャレな雰囲気は、特別な日をさらに特別な日にし、その雰囲気の良さからいつも言えない言葉が言える雰囲気がある。誕生日やクリスマスなら恋人にプレゼントを渡すけれど、そこで一言、普段言えない言葉が言えるのはそんなレストランである。そうでないと、ついついスルーしてしまう人も多いはずだ。

 

素敵な雰囲気のお店に連れて行ってもらえたら、お互い想い合って一緒にいるカップルだったら必ずお礼を言われたり、感謝の気持ちが伝えられるから、そのリアクションとして伝えるべき言葉が自然に出る部分もあるだろう。

 

こういうことは、お付き合いが長くなってきたカップルも、付き合いはじめのカップルも、すごく大事なことだから、特別な日は特別な想いを伝えよう。

 

思い出に残ることって何だろう?

恋愛経験が多い私が過去の恋人を思い出すとき、頭に浮かぶのは「特別なことがあったときのこと」だ。確かに別れた時は「何もない普段の時間がどれくらい大事だったか」を考えるけれど、思い出に残ることはやっぱり感情が動いた時で、それは特別感を感じた時が該当する。

 

記念日やイベントの日に、いつもと違うレストランで食事する意味は、二人で思い出を作るためだ。思い出に残るのはカレンダーじゃないから、強い記憶にするためには特別なことがあった方がいい。

 

では、なぜカップルに「良い思い出」が必要かと言えば、お付き合いには「波」があって、良い時ばかりではなく悪い時があるから。カップルに取って悪い時期となってしまった場合、それでもその時期を乗り越えていくためには、良い思い出を積み重ねておくことが重要なのだ。何も良い思い出が浮かばないなら、簡単に別れを選ぶことができる。

 

「別れた方がいいのかな…」

こんなことを思ってしまう時期やエピソードがあった時、「嫌だ、別れたくない」と思うに至る理由は「幸せだったから」である。それには普段仲良く付き合っていくのが条件となるわけだが、本当に煮詰まった瞬間に思い出すことは「特別な日」のこと。それがどうだったかは、案外気持ちに与える影響が大きい。

 

なぜなら、特別な日さえ悪い思い出がよみがえる場合、「もう別れるべきだ」と思いやすいから。「信じたい」「また仲良くなりたい」と思うためには良い思い出がよみがえることが条件で、それは普段の生活も当然含まれるのだけど、それよりもパっと頭に浮かぶことが強く影響するのである。

 

特に波もなく穏やかな日々はカップルに取って理想に違いないが、長く付き合うほど「刺激」を求めてしまうのが恋愛であって、それは意図して作り出すことで長続きする秘訣へと変わる。

 

二人で「こんなことがあったよね」と思い出を振り返る時、分かりやすいのがお互いの誕生日やバレンタインやホワイトデーだったりするので、その日を特別な日にするために、良い思い出に残る日にするために、カップルはいつもと違う過ごし方をしたい。

 

はじめての経験を二人でする意味

これを読んでいるあなたは、もしかしたら「コース料理を出すようなフレンチレストランには憧れるけど、行ったことがないから不安…」なんて思うかもしれないが、そんな人ほど高級レストランに行ってみよう。

 

記念日やレストランにいつもと違うちょっといいレストランに行く意味は、「二人のはじめてを一緒に経験できる」という点も魅力だ。その料理を食べるのが初めてだったり、普段食べない食材も使われていたりする。コース料理なら綺麗な料理が出てきたり、感動も多い。

 

特にカップルは慣れてきたときこそ最初の頃にあった「緊張感」を共有することが大事だ。オシャレなレストランでかっこ良くなんてできなくていい。スマートにできなくていいから、ちょっとドキドキするようなお店でデートするべきなのが誕生日や記念日などのイベントデー。

 

そういった二人の体験は長く思い出になる。いつもと違ったことをやると二人でドキドキが共有できたりもするから、「あのとき、背伸びして行ったあの店で色々大変だったよね」って話で盛り上がるのも良いと思う。チャレンジしてみようと思う日が特別な日だとも言えるから、苦手意識を持たないで頑張ってみよう。

 

行った場所、やった事に加え、食事が記憶のセットに

記憶に残る条件は「どれだけ感情が動いたか」だ。カップルの記念日やイベントの日は二人で長く残る記憶にしたいわけだけど、いつもと違うちょっといいレストランで食事をすることで「デートに行った場所・した事」に加え、「食事」が記憶のセットとなり、より深く記憶に残る日となる。

 

記憶は、いくつかのことを関連付けられた方が長く残る。しかも、おいしいものを食べれたり珍しいものを食べれば非日常感が出て、なおさら別の意味も付与されて記憶に残るのである。

 

「せっかくだったらずっと覚えていてほしい」

カップルで素敵な日にしたいと思ったときはこんなことを思うはずだから、すべてを豪華にする必要はないし、やり過ぎることもないと思うけれど、「思い出を作るためにはどうしたら良いだろう?」と考えてみることは大切。

 

私は痩せ型で食べ物が特別好きってわけじゃないのだけど、実はデートで食べた物をよく覚えているという経験則がある。「あそこであの子とアレ食べたなぁ」って。特別なデートも同じ感覚が無いわけじゃないのだが、それでも食べた物は記憶に残っているのだ。はじめて食べるものなら、なおさらである。

 

従って、特別なデートにお金をかけるなら、もう少し頑張って食べるものにもお金を使う方が期待した効果があると確信している。特別な日にしたいと思うデートは、ディナーにちょっといいレストランを選んでみよう。雰囲気が良いデートになることはもちろん、後から思い出話になるようなデートになると思う。

 

まとめ

今回は「記念日やイベントにいつもと違うちょっといいレストラランに行く意味」についてまとめた。カップルは思い出に残る過ごし方をするべき日があるから、ぜひ素敵なデートにするヒントにしてもらえたらと思う。

 

その日を思い出に残そうと思って色々と考えることは実は少ないんじゃないかと思うけど、せっかく頑張るならずっと忘れないデートになれば嬉しいはず。いつもと違うちょっといいレストランでの食事は払うお金以上に価値があると思うから、デートのアクセントに積極的に利用してみよう。

 

女性は下の記事もぜひ参考に。

 

関連記事: