読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【男性の意見】デリケートゾーンの匂い対策は彼氏や好きな人のために必要か?臭いと振られることはあるの?

カップルあるある 女性向け恋愛コンテンツ集 Adb

f:id:Brightfuture:20160603140638j:plain

恋愛とも関連深い「女性のデリケートゾーンの悩み」が気になる女子は、「男性の意見が聞きたい!」とか「男はどう思っているの?」と思うことも多

 

いのではないだろうか?

直接聞きにくいことだから、彼氏や好きな人がいる人は男性目線の本音を知りたいはず。

 

そこで今回は、「デリケートゾーンの匂い対策は彼氏や好きな人のために必要か?」をテーマに、男性の意見をまとめてみる。

 

恋愛中の女性は「くさいと振られることもあるのか」なども気になる人がいると思うので、男性を対象にしたアンケート結果や男同士の会話なども紹介しながら、男から見たデリケートゾーンのにおいについて総合的に考えていこう。

 

デリケートゾーンの匂い対策で悩む女子は是非参考にしてみてほしい。最後は人気になっている匂い対策石鹸も紹介するので、じっくり読んでみよう。

 

 世間一般の男性は、デリケートゾーンの匂いを気にしているのか

恋愛を踏まえて「女性はデリケートゾーンの匂い対策が必要か」を考えていこう。まずはアンケート結果から客観点に男の意見をまとめる。世間一般の男性は女性の匂いを気にしているのだろうか。私の経験則だけではなく、一般男性の意見も参考にする。

 

 

恋する通販【ジャムウソープ】 が行った男性向けアンケートによれば、

「女性のデリケートゾーンのニオイ、気になったことがありますか?」との問いに、

「気になったことがある」と答えた男性が84%に上った。気になったことがない男性は16%と、大半の男性が女性のデリケートゾーンのニオイに敏感であることが分かる。

 

加えて、「気になったことをその女性に伝えましたか?」との問いには92%の男性が「いいえ」と答えており、「デリケートゾーンの匂いが気になっても相手の女性には何も言わない」という対処をしていることが分かった。

 

また、LCラブコスメティック公式では上の二つを掛け合わせたアンケートを取っている。

「デリケートゾーンの臭い、彼女に言えずに我慢したことがありますか?」と男性に質問したところ、70名の男性が「はい」と答え、「いいえ」と答えた55名を上回った。割合に直すと56%の男性が「デリケートゾーンの匂いが気になり、何も言わないで我慢した」計算だ。

 

二つのアンケート結果で多少違いが出たものの、男性の多数派意見をまとめると、こうなる。

  • 男性の多くがデリケートゾーンの匂いが気になった経験をしている
  • 気になっても言えない男性がほとんどである

 

世間一般の男性意見では上のようになっており、私の経験則とも一致する結果となった。私だけの意見ではなく「男子トーク」も交えて、もう少し男の意見をまとめていこう。

 

彼氏とのことや好きな人のことで悩む女性も多いので、当ブログらしく「恋愛の視点」を中心にしていく。

 

デリケートゾーンの匂いを気になっても言えない男性心理

あなたがズバズバ言える系の女子であったなら「男なのにはっきり言えないの?」と思う人もいると思うが、私がここではっきり言おう「言えない、絶対」。

 

お互いが遊びの恋愛ならサラッと言えるかもしれないけれど、本命の彼女に言える話ではない。付き合って長いならまたちょっと話は変わるが、付き合い始めに言える男性はほぼいないはずだ。どれくらい傷つくか想像できない。

 

デリケートな話題は親密になったから言えるというほど単純でないのが「恋愛」している時だ。彼女や好きな人だからこそ言えないことは少なくない。

 

「言う」と「言わない」のどちらがやさしさになるのかは難しい問題だけど、愛情があるから言えない心理はすごく一般的な男性の感覚である。

 

男子トークでデリケートゾーンの匂いは話題は出るの?

さきほどのアンケートでも気になった男性が多かったように、においを感じた経験者が多いため、男子トークでもしばしば「デリケートゾーンのニオイ」が話題になっている。不快な気持ちになるという意味での「気になる」なので、話題に出すタイプの男子は、少ないとは言えない。

 

特徴的なのは話題に出すタイミングだ。

 

大抵の場合は「元カノ」や「遊んだ女」として「過去になった女」に対して話題に出す。今カノについて話す男子は少なかった。いなかったわけではないが、本命彼女ではなかった印象だ。本当に好きな人のことを話題に出して笑うタイプの男性は少ない。

 

誰かが話題に出すことで、男子特有の悪ノリでそこそここういう話題は盛り上がる場合も多い。飲んでいる席で鉄板ネタにする男子もいるにはいる。

 

女子会の方が更にヤバイ話をしているのだろうが、男子はもう少しお子ちゃま的に盛り上がる感じだ。

 

デリケートゾーンの匂い、恋愛に影響する?

どのタイミングで匂いが気になるかで少し変わるが、大抵の場合で恋愛への影響は避けられないと思う。無理ということはないがレベルが高いなら難しいとは伝えないといけないだろう。

 

キスをテーマにした上の記事でも「基本のキ」として紹介しているのが「匂い対策」だ。キスが不快に感じる原因の圧倒的第1位は「口臭」になってる。

 

口臭にしても体臭にしても、「匂い系の悩み」は相手の不快感がやっぱり大きい。デリケートゾーンが臭いと言っても終日においを嗅いでいるわけではないと思うけれど、ずっと我慢して付き合い続けていくのも辛いと言えば辛いし、やっぱり男性から見る女性へのイメージが悪くなる原因にはなってしまう。片思い中であれば、恋が冷める理由になる場合も出てきてしまうこともあるだろう。

 

そうなると、いま付き合っている彼氏に振られるのかという問題が気になる女性もいるかもしれない。意見をまとめよう。

 

臭いと振られることはあるの?

基本的に、好きになって愛しているなら、乗り越えられない問題ではないと思う。もう付き合っているなら、匂いレベルが低くてただ自分だけが気にしてしまっているような感じなら「気にしすぎ」という問題もある。

 

私の経験では、デリケートゾーンのにおいを理由に振った男性を一人だけ知っている。こういうことは「どうしても無理だった」となってしまうタイプの人がいるのも事実である。

 

ただ、割合に直せばかなりの少数派である。どの程度かといった「レベル」がやっぱり大事で、そうそう「臭い!」というにおいもないため、「気になるといえば気になる」程度の場合が多い。それならそんな理由で彼女を振ることは珍しい。

 

 

何かと複合して別れる原因の一つになってしまう場合も人によってはあるかもしれないが、気にしすぎも良くない。20人付き合った男性でも「くさい!」とまで思う女性と出会った経験がない人も多数知っている。併せて伝えておこう。

 

においを気にせず彼氏に甘えるために、思い切り恋愛するために

結論に移っていこう。

 

今回のテーマは、書き始めから結論を伝えるためにいろいろな疑問に答えてきた。

 

私の意見をまとめると、「デリケートゾーンのにおい対策は、女性であるあなたが好きな人のために必要だと思ったらやっておこう」ということ。なぜなら思い切り彼氏に甘えることができないのはカップルのお互いに取ってさみしいことだからだ。

 

こういった悩みは気にしだしたらずっと気になる。

しかも、彼氏や好きな人はたとえ気になっていたとしても言えないし、あなたが直接聞くこともできない問題だ。対策が必要だと思うのならやっておけば安心できるし、心配が減る。実際に匂ってしまっているなら彼氏は内心喜ぶだろう。対策が必要なレベルであったならそのことだって言わないと思うけれど、効果はきちんとあるはずだ。

 

今回のテーマを恋愛に落とし込んで考えると、「好きな人のために努力すること」は素晴らしいことだということを一番伝えたい。気にし過ぎなだけかもしれないけれど、対策をすることであなたが安心できて思い切り恋愛できるのならそれも素晴らしいこと。彼氏に伝わらない気持ちだけど、そういう彼女はきっとうまく付き合っていける人だ。

 

「どれだけ自分が気になっているか」という視点で考えてみると、「デリケート部分のにおい対策は必要か」という問いに対しては答えがはっきりすると思う。

 

  • 彼氏が気になるかもしれないと心配なら、彼氏のため、自分のために対策すると思いきり恋愛できる
  • そんなに強い匂いがするわけでないなら気にし過ぎかも、絶対に対策が必要という女性はそうそういない

 

LC‘S ジャムウ・ハーバルソープ

ここからは「デリケートゾーンの匂い対策をしたい」と思う女性向けのスペースなので、対策の必要がない女性は下に進んで関連記事なども合わせて読んでみてほしい。

 

 

デリケートゾーンのにおい対策をしたい女性に支持されているのは、女性特有のデリケートゾーンの悩み解決のために開発された「LC‘S ジャムウ・ハーバルソープ」だ。

f:id:Brightfuture:20160603140714p:plain

詳しくは販売会社公式サイト(⇒LCラブコスメティック公式)を見てみてほしいのだが、ラブコスメは女性の恋愛サポートを主眼に運営されている会社で、様々な女性への配慮が好感されて人気商品を多く作っている。

 

公式サイトによればこちらの商品は約100万個売れているヒット商品。多くの女性が同じ悩みを持っていることもよくわかる。

 

配送時にも気を使っていて女性評価が高いので、こういったナイーブな悩みを解決するのに女性に寄り添った会社だと思う。テレビや女性雑誌でも多く紹介されているので見たことがある人もいるだろう。

 

「ジャムウ」とは、インドネシアの家庭で受け継がれ来たハーブなどの天然素材を調合したもの。それを日本人の女性の肌質に合わせてできる限り優しい石鹸として開発したのが上の商品だ。におい対策をメインにし、黒ずみ対策もできる「総合ケア石鹸」として開発された。

 

デリケート部分だからこそ自然派成分を使用しているので、多くの女性が悩みを解決したのも頷ける。におい対策だけでなく、他に期待できる効果もあるから詳しくは公式サイトで確認してみよう。恋愛中の女性の味方となることが目標の会社なので役立つ情報も多いサイトだ。

 

LCラブコスメティック公式

 

まとめ

今回は「デリケートゾーンの匂い対策は、彼氏や好きな人のために必要か?」という疑問を総合的に考え、男性の意見としてまとめた。アンケートの結果も参考になったのではないだろうか。くさいと振られるのかといえばほぼその可能性はないと思うけれど、匂いレベルやカレの好みの問題もあるので、対策しておくほうが安心なのは間違いないところだろう。

 

恋愛を主題にして今回のテーマを考えたが、一番の検討ポイントは「どれくらい今回の問題が気になっているか」だ。「匂う」と彼氏に言われた人や、気になっている様子の彼氏がいるなら、対策してあげることがやさしさになるかもしれない。

 

あなたにせっかく甘えることができる人がいるなら思い切り甘えたいのが女心だと思う。気にしすぎもよくないし、対策が必要なのに放置するのもよくない。思い切り恋いたいなら、すっきりするためににおい対策をするのもおすすめの方法だ。

 

関連記事: