読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

社内恋愛が嫌?同じ職場で恋愛したくない人の理由や心理とは

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20170111192139j:plain

最近、同じ職場同士で恋愛したくないと考える人が昔に比べて増えてきている。あなたも、「社内恋愛は嫌だ」って思っているタイプだろうか?

 

記事の後半で紹介するアンケートによれば、職場で出会ったカップルの割合は30%を切ってきている。その理由や心理とはどんなものだろう。

 

この記事では「同じ職場で恋愛したくない人の理由や心理」について解説するので、参考にしてみよう。

 

あなた自身のことはもちろん、同じ職場に気になる人や意識する人がいる人にも詳しく読んでもらえればと思う。

会社の中ではうまくやっていきたい

会社内の人間関係は社会人に取って土台となるものだ。適度な距離感で、「親しき仲にも礼儀あり」の精神で付き合うべきなのが会社内の人間関係である。

 

しかし、そこへ「恋愛感情を持ち込む」という行為は、そんな無難に行きたい職場の人間関係を壊す行為に相当し、自分だけでなく周囲に迷惑をかけてしまう可能性がある。

 

社内恋愛が嫌だと考える人は、会社内では上手くやっていきたいという心理が強く、同じ職場で恋愛したくないのは、会社内の人間関係で苦労するのが嫌だから。

 

確かに社内恋愛はいくつかの超えるべきハードルがあって、それは恋愛相手と一緒に乗り越えていかないといけないことも含まれるため、会社の人は恋愛対象外と考える人がいても頷ける。

 

恋愛が苦手な人と得意な人で、同じ職場で恋愛したくない理由は違っている

同じ職場で恋愛したくない人は、恋愛が苦手な人と得意な人で理由が違っている。それぞれについて解説しよう。

 

恋愛が苦手な人が同じ職場の恋愛を嫌がる理由

恋愛が苦手な人が同じ職場の人と恋愛したくない理由は以下の5つが特徴となっている。

  • 上手く行かないと考え、リスクの方が高いと考えるから
  • 職場ではなおさら思い切ったアプローチができないから
  • 会社でモテないと感じているから
  • 恋愛を進めていけないから、恋愛対象から除外して割り切りたい
  • 失敗したときのフォローの仕方が分からない、自信がないから

 

同じ職場の人と恋愛する場合、他の出会い方と比べてお互いがよく知り合う恋愛となるから、本当は恋愛が苦手な人ほどゆっくり進めていける恋愛になる可能性もあるのだが、実際は上の5つの理由を主に、同じ職場で恋愛したくないと考える。

 

恋愛が得意な人が同じ職場で恋愛したくない理由

では逆に、恋愛が得意な人が同じ職場で恋愛したくない理由ではどんな特徴があるだろう。下の4つはよくある理由である。

 

  • 交際関係が広いため、わざわざ同じ職場で相手を探す必要がない
  • イメージダウンになるため、社内で動きたくない
  • 会社の人とは割り切って付き合う方が楽だから
  • 別れた後のめんどくささを知っているから

 

恋愛が得意な人と苦手な人で共通項が少ないわけではないが、上の理由や心理で職場の恋愛を避ける人がいる。

 

本当にモテるタイプだとしっかり割り切っていない限りいくつかの恋愛エピソードができてしまうのだが、自分から動こうとしない人は少なくない印象だ。

 

恋愛が得意か苦手かで理由や心理が分かれることを確認した上で、多くの人が「同じ職場で恋愛したくないと考える理由や心理」を紹介していこう。

 

仕事に支障をきたすから

職場は仕事をするものだという考えは至極常識的な考えであり、職場で恋愛したくない理由としても一般的だ。

 

恋愛にのめり込むタイプはそれこそ仕事が手に付かなくなる人がいるし、そうじゃなくても個人的な関係が進めばいずれにしても仕事はやりにくくなる。

 

付き合うにしても振られるにしても、結局仕事と恋愛の相性はそう良くない。頑張れる理由になるとは思うのだけど、必然的なコミュニケーションが発生する仕事ではやはり邪魔をするものだとの価値観には納得できるところだ。

 

転勤で離ればなれになるから

上場企業に勤めている人は、職場の恋愛に「転勤リスク」が現実的だ。「どうせ2~3年で転勤するから、恋愛してもしょうがない」と考えれば、同じ職場で恋愛したくない理由になる。

 

転勤が多い金融系や商社系、メーカー系に勤めている人などは、頻繁な転勤を理由に婚期を逃すなんて話が結構ザラで、恋愛したくないと言うより恋愛できない理由に近いかもしれない。

 

実際2~3年あるなら恋愛する期間として十分だとも思えるが、地域を決めて働く女性などは転勤する男性と恋愛するより、将来の結婚まで意識するなら近くて転勤しない男性を選びたくなる。

 

転勤が多い職業に就く人は恋愛しにくい環境にあるかもしれない。

 

ケンカした時、感情的になってしまって平静でいられないから

同じ場所に居る人と恋愛する場合、その人の恋愛の仕方次第では生活そのものに恋愛が影響するから、慎重に考えるのは当然だ。

 

感情的になりやすいと自分の性格を分析した場合、同じ職場で恋愛したくない理由になることがある。なぜなら、恋愛が人の感情を一番動かすものだからだ。

 

上手く行っている時はまだ良いのだけど、たとえ上手くいく恋愛でも相手がいる人間関係では波があって距離がなくなっていくときほど喧嘩してしまう面もある。

 

恋愛力の中には「自己コントロール」も大事な力とされている。職場に恋愛を持ち込むことで苦労する人間関係の難易度がさらに上がった場合、自分がうまく感情コントロールできないと思えば職場恋愛を避けがちだ。

 

恋愛経験が少ないと「職場は職場」と分けて考えることも難しい人が多いため、考えれば考えるほど踏み切りにくくなるのが「同じ職場で働く人との恋愛」なのかもしれない。

 

職場では恋愛するべきではないとの価値観

恋愛観は人それぞれであるため、会社で恋愛するべきではないとの価値観を持った人も当然存在する。様々な理由もあるだろうが、結局そういう人は「恋愛するべき場所じゃない」という気持ちの部分が引っかかっている。感覚的な理由だ。

 

良い人と出会い、関わることで変わるタイプもいるのだけど、人の社内恋愛を否定しない人ほど自分の価値観が固いタイプ。人さまの恋愛は肯定しつつ、「自分は無理!」ってなっているタイプは口説くだけ無駄に終わるケースが目立っている。

 

意思の強さに関しては恋愛観だけじゃなく性格や言い方でも変わってくると思うので、もし好きな人が職場にできた際は社内恋愛カップルを話題に出してみたりして、価値観を確認しておくといい。最近社内恋愛否定派は増えてきているので、その恋愛の難易度が分かる場合がある。

 

同じ職場で恋愛したくない人は「どこで出会うのか」を考えよう

ここまで社内恋愛が嫌だと思っている人の理由や心理をまとめた。恋愛が苦手か得意かに関係なく色々な理由があったけれど、もしあなたがそう考える場合は「どこで出会うか」を考えないと恋愛できなくなってしまう点には触れておこう。

 

「Woman Insight」がカップル7000人に行ったアンケートによると、23歳以上のカップルの「出会いの場所」は以下の結果となった。

 

1位:職場 26%

2位:SNS・インターネット 17%

3位:学校 15%

4位:友人の紹介 12%

5位:アルバイト先 8%

6位:合コン 5%

その他 17%

http://www.womaninsight.jp/archives/118755/2

 

 最近になって社内恋愛の否定派が増えたといっても「職場で出会った」というカップルは、割合として第1位だ。かなり分散が進んでいるのだけど、やはり恋愛の機会として職場を恋愛対象外にするということは彼氏を作る・彼女を作るという点において恋愛環境の悪化を直接意味する。

 

アンケートを見ても明らかなように、今「同じ会社で恋愛したくない人」はネットをきっかけに出会って恋愛しているカップルが2位につけているため、友達の紹介が期待できない・上手く行かない人は「どこで出会うか」を考える際のヒントにしてみよう。

 

下の記事では恋愛に必要な力の内、「出会い力」について解説し、いくつかおすすめの方法についても触れているので興味があれば読んでみてほしい。

 

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説

 

社内恋愛は色々とデメリットもあるから否定派の人がいて当然。でも、それで恋愛できない理由にしてしまっては恋愛したい人に取っては不幸となる。ぜひ自分の恋愛環境についても考えてほしいので、あなたが「同じ職場で恋愛したくない」と考える人なら、「じゃあ、どこで出会うか」を考えるようにしよう。

 

1位の出会い方を捨てているため、特別な努力が必要になっている人が多いはずだ。

 

まとめ

今回は「同じ職場で恋愛したくない人の理由や心理」について解説した。色々な理由があったと思うけど、最後に紹介したアンケ―トは昔と大きく変わってきたため、参考にしてもらえればと思う。

 

恋愛は平穏な人間関係を引っ掻き回すことになる場合もあって、自分の身の回りでゴタゴタが起きればめんどくさいって思う人がいて当然。恋愛対象から除外する人が一定の割合で存在している。そこには出会い方が多様化した面も関係していそうだ。

 

しかし、それ以上に問題となっているのはそれだけ恋愛が苦手になってしまっている人が増え、恋愛をめんどくさいものだと思う人が増えたからかもしれない。

 

これを読んだ人の中には気になる人や好きな人の心理が知りたいと思って読み進めた人もいると思うから、相手の意思がはっきりしていると感じるときほど「これから」のことを考えてみよう。

 

きちんと出会い力を強化すれば素敵な人は世の中に星の数ほどいるのは事実。どう恋愛していくかを考えることも実際大切なことである。

 

ただし、今回は職場恋愛を否定する考えを紹介した記事であり、私自身は個人的に社内恋愛を否定する立場ではない。恋愛する上でデメリットだけでなくメリットもある関係性なので、誤解はないようにしてもらえたらと思う。あくまでも世の中のカップルの一番多い出会い方は「職場」となっている点は十分に理解してもらいたい。

 

関連記事: