読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

「友達でいよう」って振る人の心理~付き合う前の片思いと付き合っているカップルの場合をそれぞれ考える

付き合う前の時期 カップルあるある 女性向け恋愛コンテンツ集 告白

f:id:Brightfuture:20160624181447j:plain

告白の振られ方で時々ある「友達でいよう」って返事。

どれだけ告白の成功率を見積もっていたかを問わず、気持ちを伝えた上でその後も友達でいようと言われると、思うところが色々ある状態だろう。

特に「友達でいよう」と振る相手の心理は気になる。

 

カップルの別れ方でも度々使われる言葉なので、片想いの時だけ向き合う言葉ではない。

 

今回は、そんな「友達でいよう」と振る人の心理を、片思いの場合と付き合っていたカップルの場合で分けて考えてみたい。

 

 「友達でいよう」と振る人の心理(片思い編)

男女の友情問題は度々問題になるナイーブなもの。

男女の友情を壊すのは、本気・浮気を区別せずに「恋愛感情」が関係を変えることがある。

成立する局面があるとすれば、「恋愛感情」を排除したところにしか存在できない面があるだろう。

 

しかし一方で「恋愛感情」がどちらかにでもあった場合、男女の距離は急接近することがよくある。

どちらかの努力があれば、接触の機会は増えるし、想いがあるからこそ良好なコミュニケーションができて、結果的に仲良くなることに繋がる。

相手にも恋愛感情が芽生えるのかどうかはその時々で変わってくるけど、気持ちを隠しながら接触することで仲の良い状態にもっていくことは比較的簡単な場合も少なくない。

 

そこでなんやかんやありながら最終的に告白をしてフラれた場合、相手としては「友達だと思っていた」から仲良くしていたということになる。

どの程度「恋人」までの距離があったかは様々だけど、結局告白を受け入れるところまで行けなかったとしたら、相手は告白をきっかけに「友達」を失うリスクにさらされる。

どんな理由があって仲良くなったのかを考えさせられるのが「告白」だけど、相手は相手の都合で物事を考えるのだから「友達でいられなくなる」ことが寂しく思うことは多いはずだ。

 

最初に説明したように、男女の友情に「恋愛感情」が敵だとすれば、「友達でいよう」という言葉には「愛情がない」と単純に言葉の意味通り受け取るべきかと思う。

付け加えられる言葉があったならそこは吟味するべきだけど、「告白」は関係を変える行為(=成功すれば付き合うことになり、失敗すれば友達関係を壊す)なのだから、もし告白した好きな人に取ってあなたが友達であったなら、「友達でいたい

」から「友達でいよう」と伝えたのだと思う。

仲が良かったなら、失う寂しさは「恋愛感情の有無」とは関係なく抱く感情だ。

 

「友達でいよう」と振る人の心理(カップル編)

次に付き合っていた彼氏・彼女に「友達でいよう」と振られた場合を考えてみる。

一つ上で「片思いの場合」を考えてみたが、付き合っていたカップルなら大きく事情の違う場合もあるだろう。

 

付き合い当初

付き合ってまだ数ヶ月も経っていないカップルで「友達でいよう」と振られたなら、以下のような理由・心理が考えられる。

  • 付き合ってみたけどなんか違った(お試しで付き合った場合も含めて)
  • まだ付き合った期間が短いから友達に戻れると期待した

付き合ってからの時間が短いカップルは、「友達」でいた頃の感じがイメージし易く「友達でいよう」という言葉は若干使われ易い特徴がある。

各種のアンケートでも「好きな人以外からの告白を前向きに考える」という人は少なくなく、実質的に「お試しで付き合う」ケースは多いのだろう。

付き合ってみたらなんかしっくりこないというケースもある。

 

付き合い当初ではカップルとして進んでいないことも多くあって、「友達に戻る」ことが現実的に感じる場合もあり、先程の「片思い編」で説明したことも合わさる場合なども含めると、「友達に戻りたい」というフラれ方はままある話。

この場合は状況によってお互いが納得の上で元の友達関係に戻るカップルが一部で存在する。

 

「友達」が「恋愛感情」を持たない間柄だとしたら

付き合い当初の場合を含めて、「友達でいよう」と振る人の心理を考えていこう。

 

まずはじめに考えたいのが「友達の要件」、即ち「男女で友情が成立する条件」とは何だろうというところからの逆説だ。

「友達でいよう」という言葉が文字通りの意味であり、付き合った後にでも「友達として仲良くしたい」と思うなら「恋愛感情」が全くなくなったことは検討しないといけない考え方になってくるだろう。

 

冷めきった関係から「友達でいよう」と振られたなら、「恋愛感情が全くなくなった」というパターンは増える。

この記事で意外と多かったのが「翌日にスッキリする人の割合」だったのだが、そんな人ほど「友達でいよう」という言葉は使いやすいのが想像できる。

「友達」が「恋愛感情を持たない間柄」だとすれば、言葉の意味通り、完全に冷めてしまった人ほど使いやすい言葉であることは事実だ。

接触を保ちながら気持ちをなくしていくことは普通難しいと考えるから、別れる時点でどの程度愛情が残っていたかも関係する。

 

気まずい別れをしにくい関係

「友達でいよう」という言葉は、別れた後の状態に対する希望を訴える言葉でもある。

本人がそうできるかできないかを問わず、「そう言わないといけない関係」も少なくないだろう。

共通の友達に囲まれていれば、グループ全体・コミュニティー全体に自分達が別れたことで迷惑をかけてしまう可能性が出てきてしまう。

ある意味でコミュニティー内の恋愛では「綺麗に別れること」が暗黙の内に期待されるケースは少なくない。

周りとしては気遣いの必要な関係がグループ内にあるのは面倒と感じるだろう。

 

別れた後に普通に振る舞うことはなかなか難しいことだけど、事情があってそうしたいと思ったなら自分の気持ちを顧みずに使われる言葉でもある。

「友達でいよう=普通に接して欲しい」

その中の心理や理由についてはいくつかのケースが想定できるものの、「恋愛感情」の有無とは別のところで「将来の関係に希望を訴えている」ことは考えるべきことになってくる。

 

「友達でいよう」の真意を知るには

これまで説明してきたように、「友達でいよう」と振る人の心理は単純に言葉の意味通りであることが少ないとは言えないが、複雑な感情を持っている場合が少ないとも言えない。

相手の真意を理解しようとしないと誤解もあるだろう。

 

相手の心理を誤解しない方法として最も分かり易いのは、やはり「相手に直接聞くこと」である。

態度で察したいところだし、それが可能なこともあるけれど、人の行動は矛盾もはらむから誤解も起きやすい。

もし「友達でいよう」と言われた直後にその真意を聞けなかったとしても、納得がいかなかったり、ちゃんと真意を知りたいと思うなら、機会を作って言葉にしてもらうのが一番いいと思う。

 

添えられた言葉で考えることもできるから、客観的に意味を考えてみるのも一つではあるが、恋愛中に好きな人の言葉を客観視できる人は稀だと思うので、やはり相手に直接聞くこと以外に完璧な心理分析は不可能なはず。

相談しようとしても話し方などにあなたのバイアスがかかってしまって事実が上手く伝わらないことがある。

 

片思いのケースであれば恐らく「恋愛感情を持っていないから」仲が良くなった人とは友達でいたい心理がそう言わせるのだろうが、付き合っていたカップルならもう少し複雑な心理があった可能性を否定できない。

振られた後に向き合うことが辛く感じることも多いと思うけど、悩んでいるだけでは答えとは遠ざかるから、勇気が必要になることもあると思う。

 

まとめ

今回は「友達でいよう」って振る人の心理を考えてみた。

付き合う前の片思いと付き合っているカップルの場合でそれぞれ考えたが、どのような感想を持っただろうか。

 

「友達でいよう」と言う人の心理を完全に理解するにはやはり相手の言葉を聞くしかないと言わざるを得ないのだが、今回のテーマは「そもそも好きだった人と友達に戻れるのか」も考えさせられることになってくると思うので、記事を分けて次回のテーマにしてみようと思う。

⇒作成記事

関連記事: