読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

長続きするカップルのLINEの特徴と方法~長く続くカップルは普段どんなLINEをしてるの?

好きな人とのLINE カップルあるある モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20160528193912j:plain

長続きするカップルにあなたはどんなイメージがあるだろう。

すぐに別れてしまうカップルのイメージはし易くても、長く続くカップルがどんなカップルかわからないという人は多い。せっかく付き合うなら長くラブラブでいたいものだが、参考になるようなカップルが周りにいないと、どんなところで差がついているのかが分からない。

今回は、長続きするカップルの特徴の中で「LINE(ライン)」に焦点を当てて解説してみよう。

 

カップルのコミュニケーションで、頻度が一番多いものと言ったらLINEだ。何気ない連絡から大事なデートの約束まで、普段の連絡のメインになっているのがLINEだというカップルは多いと思う。

しかし、気軽にできるものだからこそ頻度に悩む人がいたり、メッセージの長さやスタンプの使い方など、気になりだすといろいろなことを考えてしまうこともあるから、わかりやすくまとめてみたい。

今回は「長続きするカップルのLINEの特徴と方法」について紹介するので、長く続くカップルが普段どんなラインをしているのか、気になる人は参考にしてみよう。

 

LINEが段々と淡白になるのが長続きカップル

LINEはチャット感覚で長くやりとりすることも多いコミュニケーションツールだ。言葉遊びのようになってしまうことも多く、場合によってはメッセージのやり取りなのに長い時間がかかってしまうこともよくある。

 

そんな特徴を持ったLINEでは、仲が良いカップルが会話をし始めると、終わりを迎えにくくなるため、歯止めなく続いてしまうことがある。自分から会話を終了させてしまうのにも気が引けて、何となく続いているLINEでも状況によっては楽しく感じるので、友達よりも長くなってしまうカップルも多い。

 

しかし、これではお互いの負担になってしまうのが問題だ。昼間はダラダラとLINEをし、夜は電話で話すというサイクルではどうしても現実的に二人とも負担になってしまうこととなる。

 

長く続くカップルのラインは、付き合い始めこそラインでロングトークすることもしばしばあるのだが、付き合いが落ち着いてくる頃にかけてどんどん淡白なものとなっていくのが特徴。要件のみを伝え、短い返事を返すようなやりとりが増えていく。

 

なぜこれが起きるかといえば、LINEよりも電話、電話よりも会って話す方が大事な時間だと思えるからである。もちろんLINEやメールも大事なコミュニケーションに違いないが、長くダラダラ続けても忙しい日常をさらに忙しくしてしまう副作用が強いし、お互いめんどうに感じる機会も出てくることに気づく。

信頼関係ができてくると、淡白なLINEでも失礼な態度に映らなくなっていき、相手の状況も考慮したやりとりができてくるため、LINEは一見そっけない態度に見えるくらい淡白になっていくのが特徴。付き合いはじめなら長いLINEのやり取りも正解となる場合が多いが、長続きするカップルに学ぶとしたら、段々と連絡のみのLINEもできるようになっていくと、面倒臭さや煩わしさを感じずに連絡が取れるカップルになれる。

 

LINEで喧嘩しないのが長続きカップル

短いメッセージのやりとりが多いLINEでは、誤解とかすれ違いを原因に喧嘩が起きやすいのが特徴だ。「もう少し説明していれば誤解されなかったのに…」と、LINEをきっかけに喧嘩が起きた後、読み返して後悔することもこれまであったのではないだろうか。LINEの喧嘩は、履歴に残ってしまうのも大きなデメリットで、悪い意味でも何度も読み返す機会を作る。

 

長続きするカップルは、基本的にLINEで喧嘩をしない。

不満や不安は、会ったときや会えないなら電話を通して伝え、些細なつっかかりをLINEではしないように努める。コミュニケーションでは相手の声や表情で伝わることが多いため、LINEでは限界がある。もしLINEのやりとりでイラッとするようなことがあっても電話に切り替えたり、会うことにしたり、いたずらにLINE上で会話をヒートアップさせないのが長続きするカップルの特徴。

 

LINEで喧嘩をしても、誤解が誤解を生み、向き合おうとしても相手は既読を付けないという簡単な方法(又は既読スルー)で逃げ、自分の気持ちを伝えようとしても言葉にできないから、「無視ですか?」など煽られたりして、喧嘩が仲直りしにくいものになりがち。相手と会った状態での喧嘩では表情や声などでも気持ちを伝えることができ、誤解を与え辛く、逃げる人も少ない。二つを比べると、いかにLINEで喧嘩しないのが大切なことかわかるだろう。長続きするカップルはLINEであまり喧嘩をしないで、面と向かって伝えることを大事にする。

 

長文で感謝や愛情を伝え、基本は短文でやりとりするのが長続きのカップル

LINEは文章の長さについても悩む人が多い。長続きするカップルの特徴を紹介しておこう。

 

長続きするカップルは、さきほども触れているようにLINEは段々と淡白なものとなっていくから「短文」がメイン。一行でまとまる言葉を送る機会が多いので友達とのやり取りよりも変な気遣いはないのが特徴。これも段々とそうなっていく形でよいので、付き合いはじめはむしろ長いくらいからスタートする場合が多い。二人の関係が落ち着いてくるとメリハリがつく感じ。

 

長文を送るのがすぐに終わってしまう理由になるのではなく、長文で送るべきことは短文にしないのもポイントであり、長続きカップルの特徴となる。

喧嘩の仲直り後のLINEや記念日の感謝LINEなど、そっけなさを感じる短文だけのやりとりでは不安に思うタイプの人もいるし、気持ちのすれ違いの可能性を残しているのだが、こういった機会でバランスをとれているのが長続きするカップルだ。決して毎日ではなく、ポイントにおいて愛情や感謝を長文LINEで伝えている機会もある。だからこそ、それがより伝わってラブラブになる面があるだろう。重いLINEばかりでは当然ながら早く別れるカップルとなりやすい。

 

短い文章で気持ちを読み取れるようになっていくのが長続きカップル

短いLINEに慣れていない人は受け取った印象が思ったよりも寂しく感じるかもしれないが、長続きするカップルは普段のその人への理解を深めて信頼し始めるから、短文のLINEでも気持ちをくみ取れるようになっていくのが特徴。変なところで相手の気持ちに不安を覚えることが少ない。

 

気持ちの全部を表現しようをすればLINEは長くなりがち。伝わらない場合もそうだし、読み取ってくれなさそうだと思ってもそうだ。だから、信頼関係ともつながりのある部分。

でも、これがカップルの二人に感覚的な開きができると、片方があるLINEを長くてめんどくさいと感じ、片方は短くて意味が分からないと感じるから、すれ違いが段々と深まってしまうので別れも早まる。

長続きするカップルは、会っている時にしっかりとしたコミュニケーションが取れているから、相手への理解を深めていき、離れている時間をうまく過ごしている。LINEを通してつながりを感じることで満足し、言葉の意味以外も大事にしているのは特徴と言っていいだろう。

 

素で連絡できるからめんどくさくないのが長続きするカップル

日常のやりとりであるLINEを短い簡単なものにしたいなら、自分の素で話せる関係にならないといけない。カップルなのに社交辞令のような言い回しをしていれば、自ずとめんどくさいLINEとなってしまうだろう。

長続きするカップルは付き合いはじめから時間が経つうちにどんどん自分の素を見せていき、それと同時にLINEでも素で接するようになるのが特徴だ。そうなれば、メッセージがストレートに文字化できるため、考える時間も短くなってめんどくささが減る。気軽に連絡が取れるようになるのである。

LINEは特有の言い回しがあったり、短くまとめるのに多少疲れてしまうところがあるけれど、素を見せることができるカップルなら演じるようにLINEをしなくて良いので、気持ちの良いコミュニケーションができる。スタンプを使う場合も暗黙の了解的なものが増えていき、誤解なく気持ちを伝えることができる簡単なツールとして使いこなすカップルが長続きする。

彼氏や彼女の前で、相手の印象が良い自分を演じるカップルは、悪い意味でギャップを感じることがあったり、自分の素を見せられない息苦しさみたいなのがあって、短命カップルになりやすいのが特徴だろう。

 

笑えるLINEができるカップルは長続きする

LINEでは毎日「好きだよ♡」「俺も大好き♡」なんて会話をするべきではないと多くの媒体が伝えているところだけど、それよりもカップルが長続きするのに大切なのは「笑えるLINE」ができるかどうかの違いだ。ベタベタすることもできて、ゲラゲラ笑うこともできるのがカップルとして理想。当然、長く続くカップルの特徴となる。

 

付き合いが長くなると、いずれにしてもカップルのLINEは事務的なものになりやすい。彼氏側(男性)が特にそうなる傾向がある。そうする方が楽だし、言葉一つ一つにこだわりがなくなっていくからだ。

 

しかし、交際3ヶ月を過ぎたあたりから長く続くカップルは、つい吹き出してしまうようなLINEがあるかどうかでその後の運命が変わってくるところがある。事務的な報告LINEにボケて返すような関係だと、少し面倒な報告でも楽しくできるので、連絡を取ることそのものが楽しく感じられる。LINEやメールのような「連絡」は、無いと無いで寂しいし、あればあったでめんどくさい厄介なものとなる場合がある。少なくてもそう思う機会は長い付き合いの中で必ずあるはず。カップルは二人の感性でその価値観をすり合わせてうまくつきあっていく方法を模索するのだが、そこに面白さが一つ加わると、長く飽きずに一緒にいられる関係を築ける面がある。

早く別れるカップルは、ラブラブトークがいずれ片方でもめんどくさく感じ、事務的になりすぎてlineが詰まんなくなってしまう特徴がある。楽しい会話にも繋がるところだが、コミュニケーションにおいてユーモアも大切な要素である。

 

まとめ

今回は「長続きするカップルのLINEの特徴と方法」についてまとめた。長く続くカップルは普段どんなLINEをしているのか、参考になっただろうか。

 

今回は「カップルのLINE」にフォーカスしたが、もちろんこれだけで長続きするカップルになれるのか、早く別れるカップルになるのかが、全部決まるわけではない。

最も大切なことは、二人で向き合って、心地よく一緒にいられる関係を作っていけるかだ。その点にヒントになればと思い、一般的なLINEにまつわる話を展開した。

 

今回紹介した内容を参考にしつつ、彼氏や彼女と自分の感性をうまくすり合わせて、そのカップルごとの「長続きするLINEの方法」を作っていこう。

時にはぶつかり合ったりしながらでも、お互いの気持ちが分かりあえてくる付き合い方をしよう。

 

関連記事: