読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼氏・彼女へのプレゼントは想いを形に変えるもの~選び方に迷う時はどのように考えるべきか

彼女へのプレゼント 付き合いはじめのテクニック 女性向け恋愛コンテンツ集 彼氏へのプレゼント

f:id:Brightfuture:20160629114855j:plain

付き合いたてのカップルほどプレゼント選びが難しいと感じる場合が多い。

どんなものが好きか分からなかったり、金額についても重くならなくてがっかりさせないくらいを選びたいけど、具体的にそれが決まっているわけではない。

 

せっかくの誕生日・イベント・記念日だから恋人が喜ぶプレゼントを渡したいと思う人は多いと思うので、今回は彼氏・彼女へのプレゼントをどう選ぶと良いか、考え方を示してみたい。

彼氏・彼女へのプレゼントはあなたの想いを形に変えるもの。

友達と恋人の違いを意識することでプレゼントの選び方が分かってくるように思う。

 

最も満足してもらえるプレゼントの選び方

恋人へのプレゼント選びをする時、相手の彼氏・彼女が最も満足するプレゼントは欲しいと思っていたもの(そのものズバリ以外を含む。例えばネックレスとかジャンル等)をプレゼントすることだろう。

普段の会話の中で出てきたものや、一緒に立ち寄ったお店で気に入っていたものなど、直前にリサーチするとわざとらしくなってしまうのも懸念されるため、プレゼント選びとして具体的に考える以前の情報で、彼氏・彼女がほしいと思っているものが分かっていると、相手が満足するプレゼント選びができる。

 

プレゼントを渡す方の立場として望むことは、相手に喜んでほしいということだ。

プレゼントは多くの場合で「モノ」であるため、気に入ってほしいし、普段使いしてほしいと思うことも多いだろう。

 

プレゼントが意識されないタイミングで渡そうと思うジャンルのお店に一緒に立ち寄ったりしてリサーチできると、モノとしての満足度が高いプレゼント選びができる一方、この方法の一番のメリットは違うところにある。

 

そのポイントになることとは、「私(俺)のほしいものが分かってくれていた」という「気持ち」だ。

以前に立ち寄ったお店の商品だったりすると、ちょっとしたことなのに長く覚えてくれていたことが嬉しい。

「前に欲しいって言ってたでしょ?」って渡せるプレゼントは、そのモノの価値が相手に取って高い面も相当なメリットになるが、それ以上に気持ちが嬉しいと感じる。

この「気持ち」に今回の重要なポイントがある。

 

恋人からのプレゼントは想いを形で受け取るもの

せっかくプレゼントするのだから相手が喜ぶものを選びたいと思うのは当然だし、間違っているわけでもないが、一番大切なことは「気持ち」である。

特に恋人の場合、友達よりもその「気持ち」を受け取りたいという欲求が高い。

友達からもらうプレゼントでがっかりすることが稀であるのは恐らく、期待の違いが作用している面があるのだろう。

時に「気持ちを受け取ること」がカップルとして当然と感じる場合があり、プレゼントをもらうような誕生日やイベント・記念日だったら、一定の期待値が存在すると考える方が現実的。

 

想いを形に変えるものだからプレゼント選びが難しいと感じるかもしれないが、もう一歩だけ先へ進むと、軸足を自分に置いても良いのだという考えを持つこともできる。

もちろん、相手の趣味嗜好は踏まえるし、一生懸命選ぶわけだが、自分が彼氏や彼女に身につけて欲しいものを選んだり、持ってほしいものを選んだりと、恋人だからこそ自分の趣味嗜好も反映させたプレゼント選びでも良いことに気付く。

もし、そこにギャップが存在していたとしても好きな人が選んでくれたものを受け入れたい思う方が自然な感情ではないだろうか。

 

恋人からもらうプレゼントの付加価値

友達と恋人との違いはそこにある「特別な感情」だろう。

友達からプレゼントをもらっても嬉しいと感じるのだが、恋人がくれたプレゼントには「彼女からのプレゼント」「彼氏からのプレゼント」であることが「モノ」に付加価値を与えている。

自分の好きな人が気に入ったからこそ買ってくれたモノであるプレゼントは、他にはない付加価値があるはずだ。

趣味嗜好すら超越することも頻繁に起きる。

 

プレゼントをもらう時、「選んでほしい」と考える人がいる。

自分がほしいものをもらいたいと言わないところにポイントがあり、選んでくれることが嬉しかったり、好きな人が選ぶものがほしいという気持ちからこのような考えを持つ。

 

相手に軸足を置きすぎると、何を選んでも喜んでくれるか心配になるのは、異性だからこそであるし、好きな人だからこその不安であるが、自分が持っている付加価値に気付いた時、もっとプレゼント選びは楽しいものに変わるはずだ。

 

今回の趣旨はここにある。

 

好きな人へ好きなものを送る

これまで述べてきたことを振り返ると、相手を思った時の満足度を高めるプレゼントは相手が希望するものをあげることだった。

では、あなたの満足度、つまり渡す方の満足度を高めるにはどうしたら良いだろう。

それを考えた時にこれまで述べてきたことが全て繋がってくる。

 

恋人関係を考えた時、あなたが選ぶプレゼントにはあなたが選んだ付加価値が付く。

友達関係では自分の趣味の押し付けが必ずしも良い方向へは作用しないものの、恋人関係の場合はそれが良い方向へも作用するということだ。

その人の性格も考慮したいが、多くの場合で当てはまるものと考えている。

 

だからこそ、敢えて自分の好きなものを送ると言う選択肢を私は一番お勧めしたい。

もちろん、相手のことを想って選ぶことを前提として。

 

その時のメリットは以下の通り。

  • 自分が素敵だと思うものを好きな人が身に付けてくれる
  • 自分の趣味を好きな人に間接的に伝えられる
  • 自分の満足度が高いので相手のリアクションに過度な期待をしない

例えば、身につけるもの(アクセサリー、ファッション)を想定した時、このようなメリットがあるだろう。

 

相手の気持ちを考えることは人付き合いの基本であり、避けてはいけない。

しかし、それと同時に「分からないもの」として考えることも重要だ。

つまり、相手が喜んでくれるものを渡そうとする想いを出発点とし、最終的には自分があげたいものをプレゼントするという発想に変えていく。

 

相手ばかりに軸足を置いてしまうと、リアクションに不満を持ったり、喜びようによっては自分の労力とのギャップができて自分自身の満足度が急降下する可能性がある。

プレゼントの目的は相手を喜ばせることかもしれないが、私は「自分の気持ちを送ること」が一番の目的だと思っている。

本当の希望を叶えるプレゼントをしたいなら、一緒に買いに行く方が良いだろう。

それを選ばないのは、買ってあげることがプレゼントの本質ではなくて、気持ちを送ることが本質だと考えているから。

 

相手のことばかりを考えてしまうとプレゼント選びは本当に大変だ。

事前の情報が少ないほど迷い出したらきりがない。

そんな時ほど、自分が持っている価値を知り、あなたらしいプレゼント選びをしてほしいと私は思う。

 

当然、今回のエントリーは、私が送る場合だけでなく、送られる立場も同時に何パターンか経験から横に並べて考えていることを最後に付け加えておこう。

 

まとめ

今回は彼氏・彼女へのプレゼントの選び方について私の考えをまとめてみた。

恋人へのプレゼントは想いを形に変えるもの。

迷った時ほど、自分らしいプレゼントを送ってほしいと思うのだが、少しでも迷いが無くなればと思って書いた次第だ。

 

今回大事だと思っていることが分かった読者には伝わると思うが、プレゼントを渡す際は、その渡し方がとても大事。

どんな想いでそれをプレゼントするのか、どんな想いでそれを選んだのか、是非言葉にしてみよう。

あなたの持っている相手への付加価値が大きくなるはずだ。

きっと素敵なプレゼントになる。

 

☆キス専用美容液をプレゼントするのもあり?下の記事も参考に!

関連記事: