読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】褒めようと思うから褒められない!素敵だなと思ったことを言葉にするのが「好きな人を褒める」基本

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20160521181921j:plain

気になる人や好きな人が褒められないという相談を受けた。どうやったら意識した人を褒めることができるか、よく「好きになったら相手を褒めよう」なんて言われるから悩むことがある。

 

今回は、恋愛をテーマに「相手をどうやって褒めるか」という基本について、まとめてみよう。褒めようと思うから褒められない、どんな考え方をすれば良いかを紹介したい。

 

褒められたら嬉しいという基本は絶対に意識する

気になる人や意識する人を褒めようと思うとき、その行為が相手に取って嬉しいことだということは絶対に意識しておこう。「良いことをする」と思えばできないことではなくなる。

 

誰かをあなたが褒めた時、確かに「不快なのかな?」と疑いたくなるリアクションをする人がいる。照れたり恥ずかしいときに攻撃的な態度を見せる人がいるし、社交辞令だと思われてめんどくさがられたり、からかわれていると思うことがあるためだ。

 

しかし、純粋に素敵だなと思ったことを褒められたら、基本的に人は嬉しいし、好意として受け取るのは基本的なこと。その場のリアクションとは裏腹に内心でどう思っているかも案外微妙だとさえ思う。褒めることは素敵なことで、相手に取って喜ばしいことであることはここで改めて押さえよう。

 

褒めようと思ったら褒められない

恋愛の意味で興味を持った相手をテクニックの意味で褒めようとしたら、きっと褒められない人は余計に褒めることができない。わざとらしくなってしまうし、言葉を発するまで余計なハードルを作ってしまう。

 

改善するため、対処するために重要なことは、褒めることが良いことだと改めて認識するとともに、思ったことを素直に言葉にすることを大事にすることだ。仕草や行動が可愛いと思ったら「可愛いね」って、カッコイイと思えば「カッコイイね」と言葉にする。伝えることに自信がなければ聞こえる範囲で「かわいい…」って一人ごとのように呟いても良い。褒めることができない人は思ったことを口にすることに意識をしよう。

 

不快な言い方をすれば不快になるのは当たり前

褒めようと思って何かを言うとき、ついからかった感じになってしまうタイプの人がいる。

「何それ、ぶりっ子?可愛いよ笑」

もしかしたら自分はストレートに褒めているつもりでも、相手がそう取れない表現になってしまっている人もいるだろう。

 

このような人は自分が同じ言い方をされてどう感じるかを考えてみよう。相手の立場になり切って「あなた」という人物からそういわれた時、どのように感じるかを考えて、もし嫌な感じでいじっているだけになっているように振り返るとしたら、褒め方が間違っていたということだ。

 

相手の気持ちを知りたいときは、完全にその人になり切って考えてみよう。あなたから見たその人ではなく、その人の性格なども加味してなり切ってみる。そこにあなたが現れて冗談半分に褒められて嬉しいと感じるのか、それともからかっているのか、照れさせていじめてるように感じるのか、なるべく客観的に考えてみると、普段の褒め方が変わるかもしれない。

 

不快な言い方をすれば、好きな人が不快な思いをするのも当たり前の話で、あなたにもネガティブなイメージを持つのも仕方のないことになる。褒めてもリアクションが悪いことで褒められないという人はここをちゃんと考えることで対処が見えるはずだ。

 

どうせ気持ちは伝わらない、ストレートに褒めよう

何か言ったら相手は気にするかな?と奥手になってしまう人は、どうせ気持ちは伝わらないと腹をくくってしまおう。このブログは月間で100万ページ以上読まれるのだが、「相手の気持ちが分からなくて来る読者」が圧倒的に多い。自分以外の他人の気持ちって分からないものなのだ。褒めたからと言って好きバレするわけじゃない。

 

褒めようと思うなら、自分が好きな人のある部分や行動や仕草など、素敵だと思っていることを伝えないと誤解を生む。皮肉でも言ってんの?ってなってしまえば逆効果だってあり得るのだから、ストレートに褒めたい。どうせ気持ちなんて相手は分からない。そこまで意識されている状況ならまたちょっと違う話になってくるものの、これから意識してもらいたい相手なら、思ったことを思ったまま伝えるように褒めることを目指してみよう。

 

どこを褒められたらうれしいかを知ると褒めやすい

人は外見よりも中身を褒めてもらった方がうれしい、特に可愛い女の子、かっこいいい男の子を褒めようと思う時は敢えて外見を避ける方が響く。

 

人が褒められて嬉しいのはその人らしさだ。性格だと置き換えてもいい。外見を褒めることで期待できる効果もあるにはあるが、中身を知って具体的に褒められると心に残る。どこを褒められたらうれしいかを知ると褒めやすくなるのではないだろうか。

 

また、持ち物や変化に対して褒めることも人が喜ぶ褒め方になる。自分のセンスを褒められて嫌な気持ちになることはほとんどないので、素敵だなと思うなら、その気持ちを言葉にして伝えてみよう。褒められることで「いい人」だと思うきっかけになったりもするから、自信を持って伝えたい。

 

相手が褒められて嬉しいポイントを、素敵だと思った瞬間に、ストレートに言葉にする。

これが好きな人を褒める基本になるので是非好意を伝える一つの方法としてやってみてほしい。

 

まとめ

今回は褒める基本をまとめた。褒めようと思うから褒められない!ということでどうやったら好きな人を褒めることができるか、ヒントがあったなら嬉しい。

 

恋愛では褒めることが大事であると言われる所以は「好意が好意を生むきっかけ」になるからだというのも大きい。意識するきっかけになったり、好かれることで好きになる人の心を表現している。ここは男女問わずなところもあって処世術の一つだ。

 

今回の記事は本気で素敵だなと思ったことを褒められて嬉しくない人はいない!という私の考え方が大本にある。世界平和を願ってというわけじゃないけど、人が喜ぶことには積極的になってほしいなと思うところだ。

 

関連記事: