読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

男性にモテる「女性の性格」を7つのポイントで解説!「どんな性格の女性がモテるの?」男性目線の答え

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20170217193430j:plain

 

「どんな性格の女子がモテるんだろ…」

恋愛すれば、誰でもこんなことを考える瞬間がある。

 

自分に自信が持てないのは、たった一人の好きな人に自分を好きになってもらうことの難しさをこれまで何度も経験してきたから。

 

 

今回は、そんな女性に向け、「男性ウケする女性の性格」をまとめる。どんな女子がモテるの?の答えを解説するので、自分の魅力にプラスワンしてみよう。

決して網羅できていないといけないとか、これがないとダメってことではないから、男性が好む女性の性格を知って、あなたの「恋愛に活かす」という視点で読んでみてほしい。

素直さを感じる女性

素直な女性が男性にモテるのはそこそこ有名な話なので、「私、素直な性格なのにモテません」という女性意見を多く聞いてきた。そんなとき、私が返す言葉は「その素直な性格は、好きな人に伝わるように表現できいる?」という質問。

 

実は「真逆かもしれません」って答えが多いのである。

 

あなたが本当は素直な性格であっても、表現が逆になっているなら好きな人には「素直じゃない」と認識され、仲良くなりたいと思う気持ちが減ってしまう。

 

女性が男性を「理解できているとは言えない」と考えている中、逆に男性は女性をそんな風に見ていて、お互いによくわからない存在だからこそ恋愛では「素直さ」がすごく重要だ。真剣に恋愛したことがあるなら、あなたも感じたことがあるだろう。

 

素直な女性がモテる理由は、距離が縮まるまでに人間性が理解しやすいから。感情が分かりやすくなるから男性は安心するし、親しみを持つ。

 

逆に素直じゃない女性は、男性が「何を考えているかわからない」と感じ、「察して!」という女性をめんどくさいと感じてしまう。好きな人に素直になるのはなかなか難しいことだと思うが、めんどくさい女にならない努力は間違いなく恋愛を成功へと導く。

 

受け入れてくれる女性

優しい男性がモテるように、女性も優しい性格の持ち主がモテる。好きな人に甘くなってしまう女性は多いと思うので、「優しい人」との認識くらいは好きな人に印象付けられていると思うけど、恋を叶える性格を目指すなら、もう少し先にある「受け入れていることを表現できる女性」になろう。

 

あなたが友達を作るときもそうだと思うのだけど、「自分のことを受け入れてくれるかどうか」は、誰かと仲良くなる過程でいつも人の不安になるものだ。

 

恋愛になるとなおさらそうで、二人で話をするときや何かしらの絡みがあった際、受け入れていることを伝えられる女性は男性ウケがよく、実際モテている。ここも男性が安心感を抱き、アプローチがしやすくなるという理由がメインだ。

 

よく「男の方からアプローチしてほしい」という女性の意見があるけれど、それを目指すなら男性がアプローチできる状況を作ることが案外大事なことで、最初のハードルを取り除くために必要なことが「受け入れていること」を伝えること。

 

「拒否しているのに追ってほしい」ではいくら何でもツンデレすぎるので、好きな人に追ってほしいならきちんと脈ありサインを出そう。

 

 

自分の弱さを受け止めて「健気さ」を持った女性

女性の「強がり」は可愛いところでもあるが、やはり女心を完璧に理解することが難しい男性としては、「健気さ」の方がウケる性格だ。

 

健気な女性は「自分の弱さ」を強がらずに受け止めいて、男性の「守ってあげたい」という心理を女性らしく刺激する。素直さにも通じるものがありそうだが、健気さを感じる女性は恋愛関係に進むときも変に空気を壊さないので、実際「彼氏を作る」という点でも性格的に優位だろう。

 

強がる女性は、つい恥ずかしさに反発してしまったり時々甘い雰囲気を壊してしまうことがある。「こんなつもりじゃなかったのに…」なんて思うことは女子なら誰にでもあることだが、回数や頻度が多いなら「自分を真正面から受け止める」ということが必要になっているかもしれない。

 

強がる女性は男性から見て「ほんとはどんなことを考えているのか分からない」と思われてしまうため、近づきにくさを感じさせる。

 

男性目線で考えることができる女性

あまりに「男ウケ」を狙う女性は男女両方から嫌われるが、自分目線で考える女性より、男性目線で考える女性の方が現実的にモテるのは明らかだ。これは男女逆転させて考えても然りである。

 

特に恋愛経験が無い女性に顕著な傾向が「自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう」という状況。「私は!」ってなってしまうことが多く、恋愛に重要な「相手の気持ち」を考えることができていない。

 

誰でも本当に誰かを好きになれば余裕なんて持てないものだが、自分視点に固執して男性目線で考えることができないと、せっかく恋愛を叶えるために頑張っていても逆効果すらあり得る。

 

いっぱいいっぱいになってしまうと分かっているからこそ、冷静になろうと努め、「相手目線で自分はどう見えるだろう?」と考えることが癖になっている女性は男性にモテる女性だろう。

 

男性心理がわからないと感じている女性は下の記事で気になった恋愛本を読んでみよう。

 

悪口を言わない女性

好きな人と仲良くなっていくと、「悪口や噂話」は盛り上がる会話の内容になることも多いのだけど、そんな話が多いと感じれば彼女候補からは落選していくことになる。「友達でいいや」と思う典型的な女性だ。

 

また、好きな人にはネガティブな話をしないとしても、友達伝いにそんな話をよくすることが漏れたり、とにかく悪い噂が広まれば異性として「モテる女性の性格」ではない。

 

なぜなら、男性は女性ほど人の噂話が好きではないし、悪口を言い合うようなことも少ない。特に仲良くしている連中のことはなおさらで、女子のグループにありがちな影口は少ない傾向があるからだ。

 

ついグチっぽくなる性格の女性より、何事もポジティブに捉える女性が男性からモテる性格だ。真面目すぎるのも会話が盛り上がらないけど、ネガティブな話で会話をもりあげようとすることが多い女性は気を付けよう。

 

世話焼きの女性もモテる傾向がある

男性は女性にどこか「母性」を求めるところがあり、世話焼きの女性がいれば誰かが好きになっていることが多い。

 

世話焼きの女性が本当にモテる性格を手にするためには「空気が読める」ことが大切で、出しゃばりになってしまうとまたアレなのだが、それでも世話焼きの女性は男性とのコミュニケーションが自然に増えることで関係が進む場合が多くなっている。

 

例外は「お母さん的になってしまう女性」だろう。

 

好きな人ができたときに急に世話焼きになるのは難しいと思うし、やらなくていいので、「特別感を伝える」という意味でも好きな人に女性らしい気遣いをしてみよう。印象が変わることもきっとあるはずだ。

 

男性に甘えることができる女性

女を使う女性に同性の評判は悪い一方、男性から見ると実は「可愛い」とみられているパターンは結構あるあるだ。「男性に甘える性格の女性」は確実にモテている。

 

男性には頼られたい心理があるから甘えてくる女性が可愛く見える。それを知ってあえて甘える小悪魔女子も実際モテるところをあなたも感じたことがあるんじゃないだろうか。

 

 

小悪魔女子よりもストレートに素直な女性が甘える方が男性ウケは良いのだが、より大切なのが「男性を頼ることができるかどうか」の方で、できない女子は「可愛くない性格」だと思われやすくなる。

 

ここでもやはり強がる女性はモテないってことになるから、何か困ったとき、助けてほしいと思うときは、好きな人との距離感を考慮しつつ、声をかけることが時に大切だ。

 

本音のところでも話ができるようになれば、それはそれで距離が縮まっているといえるだろう。

 

自分にないものに落ち込むより、「今あるもの」を大切にしてプラスワンを!

 今回は「男性にモテる女性の性格」を7つの視点で解説したが、あなたの性格と比較してどんな感想を持っただろう。

 

恋愛しているときはついネガティブに自分のことを見てしまうことが多くなると思うので、もしかしたら今回の記事が落ち込むような内容に感じた人もいたと思うが、自分にないものに落ち込むよりも、「今あるもの」を大切にして、今回紹介した「モテる女性の性格」をプラスワンするように考えよう。

 

個性は人それぞれで、魅力も一人一人違っているため、自分の悪いところを見ようとすればいくらでも出てくる。それは当然モテる女性でも同じことで、恋愛では「自分を知っている人」が好きな人との恋愛に成功する。

 

要は悪いところを補おうとして好きな人に接し、自分の魅力を伝わるように表現して一緒の時間を増やしていくことが恋愛では大切だ。

 

自分に当てはまる個数で今回の記事を参考にするのではなく、好きな人から見た自分の性格をきちんと把握して、より良く自分を見てもらえるように振る舞いを変えていこう。

 

長所も短所も紙一重だから、「自分の見せ方」を考えるきっかけになればいいなと思う。

 

関連記事: