読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】失敗経験を増やす「腰の引けたアプローチ」は、セルフイメージをどんどん下げる効果しかない

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160912191524j:plain

多くの人が、恋愛で悪循環になってしまっているところをよく目の当たりにする。どちらが先かをとりあえず置いておいて、腰の引けたアプローチが恋愛の失敗経験を増やし、どんどんセルフイメージを下げている人が少なくないのである。異性としての自分に自信を失い続けていれば、どうしても「ここぞ!」の勇気が出ないため、恋人ができないまま長期間過ごすことになってしまうのはやっぱり避けがたいと思うところだ。

 

今回は「失敗経験を増やす腰の引けたアプローチはセルフイメージを下げる効果しかない」という主張を恋愛コラムとしてお届けするので、恋人がいない人は過去の恋愛を振り返りながら読んでもらえたらと思う。

腰の引けたアプローチは最初から好かれていることを期待しているから上手く行かない

腰の引けたアプローチが恋愛の失敗経験を増やす理由は、最初から好かれていることを期待したアプローチだからだ。ちょっかいを出している間に脈ありだったら頑張るけれど、脈なしだったら引くので、最初から惹かれあう恋愛でしか上手く行かない。美人やイケメンが好む恋愛スタイルなのだ。「オレが声かければだいたいの女は振り向くよ」というならこれでも良いということになる。

 

恋愛には色々な好きになるきっかけが存在し、関係性へのアプローチも有効なことから、仲良くなる前から好かれていることを実質的に期待してしまっている人は恋人作りが難しい。加えて、腰の引けたアプローチは、相手の異性からすると気持ちが入っていない分チャラく見えるため、好きな人の気持ちに響かないから恋愛成就が非常に難しいのである。要は「からかっていること」と同義なのである。

 

恋愛は猛烈に押していかないと上手く行かないものではないが、腰が引けている恋愛は好きになってもらうためのアプローチにはならないことから、脈の確認やちょっかいだけ出して気を引いているに過ぎないため、あなた自身が仲良くなる前に分かりやすい魅力を持ってい無い限り、恋愛の失敗経験を増やす結果となりやすい。

 

分かりやすい魅力とは「顔」「スタイル」「お金」「地位・肩書き」などである。

 

腰の引けたアプローチはあなたの真意が伝わらないから信頼関係が築けない

あなたが好きな人と仲良くなりたいなら「信頼関係」が不可欠だ。自分の中身を見てほしいと思う時は、普通の女友達や男友達よりも深い関係になっていかないといけないが、あなたが腰を引いたアプローチをしている以上は、好きな人から見ると「ちょっかいを出しているだけ」とか「からかわれている」と思われ、むしろ関係が深まらない。

 

だったら、友達としての関係を極める方がよほど付き合える可能性を高めるだろう。異性の扱いも上手くなる。

 

本気で恋愛する気が無い時期は、腰の引けたアプローチをやめて、恋愛感情抜きに友達としてだけ仲良くなる。むしろ、恋愛を否定しながら仲良くなる方が信頼関係を作れて関係が深まる可能性を高めるところがあるくらいだ。

 

完全に友達になってしまった人との恋愛は、恋愛が苦手な人からするとハードルの高いステップアップが必要だが、腰が引けたアプローチによって関係作りのはじめから微妙な空気感を作り出して一歩も恋愛が進まないよりは、何かのきっかけ待ちにできる「仲の良い友達関係」に恋愛成就の可能性を感じる。

 

腰が引けたアプローチの弊害にまったく意識がないとすれば、恋愛の失敗が増える理由となっているはずだ。

 

恋愛は、いずれ微妙なタイミングが来るから腰の引けたアプローチは失敗経験を増やすだけ

恋愛の失敗とは多くの場合で「振られた」という事実の前段階に認定される。脈なしだと思った時点でアプローチをやめる人をこれまで本当にたくさん見てきた。諦めるための材料探しをするように恋愛をするのが、腰が引けたアプローチだけしかしない人の特徴だ。

 

ある意味で告白まで行く恋愛はきちんとアプローチできた結果だ。微妙な空気になるとき、何かあったわけじゃないのになぜか気まずい思いをする時、腰の引けたアプローチはそこで脈なしサインを読み取り、気持ちを打ち明けることなくそっと一つの恋愛を終わらせている。

 

脈ありの恋愛が脈なしサインを一つも見ることなく恋愛成就していると思っている人がいるなら、それは今すぐに改めるべき間違った考え方だ。そんな恋愛があることは否定しないが、そんな恋愛ばかりではないことはいくらでも私の経験談で証明できる。

 

恋愛がとても微妙な「感情」をメインにした営みなので、どんな二人にも微妙な空気が漂うことがある。付き合うまでにもそんなタイミングがいずれくる。

 

そんな瞬間に、腰が引けたアプローチだけしかしない人は、体全体を引いて感情にそのままふたをする。これは、言い換えれば自ら勝手に失恋してセルフイメージをどんどん下げていっているのである。

 

具体的に振られたわけじゃないから、心は守りきれているような感覚も持つけれど、恋愛におけるセルフイメージへのダメージは、それこそボディブローのように確実に効いていっているだろう。

 

恋愛が苦手な人に話を聞くと、「告白はしたことない」なんて話をよく聞く。これはアプローチそのものに腰を引いて臨んでいるため、告白まで進んでいかないことを意味しているが、微妙な空気が漂ったときに相手の自分に対する気持ちだけを考えてアプローチをやめているからジャッジまで行かない恋となっているのである。好きな人が好きになってくれている途中かもしれないとは思えない。

 

微妙な空気が漂う理由は、好きな人の脈なしサインに怖気づいた自分の感情が原因になっているかもしれない。しかも、好きな人が自分を意識したからこそ微妙な空気が漂ったかもしれないと言ったことに思いを馳せないのはやはり違っている。自らセルフイメージを下げるように下げるように考えれば、確実に自信を失っていくのは当たり前の話となってしまう。

 

気持ちは消耗する、セルフイメージを下げ続けると恋愛が上手く行かない理由になっていく

振られたわけじゃなくても、腰の引けたアプローチによって早期に脈なしを確定させ、恋が実らない経験からセルフイメージを下げ続ければ、次の恋愛がうまくいかない原因となっていく。冒頭に「どちらが先かを置いておいて」と表現したのは、恋愛の失敗経験をしたからセルフイメージが下がったのか、セルフイメージが下がったから恋愛の失敗経験が増えたのかは曖昧だからだ。腰の引けたアプローチが癖になっている人は、悪循環に陥りやすい。

 

とても繊細な感情が相手の「恋愛」というものは、浮き沈みを繰り返しながら、絶えず変わっていく好きな人との関係も受け入れつつ、正解が分からない中で時に逃げながらも自分の中のベターな選択をしていく精神修行のような面がある。両想いは最高の至福を感じさせる一方、どちらかというと片思いは辛いことの方が多い。恋愛すると、気持ちは本当に消耗しやすい。

 

腰の引けたアプローチが恋愛成就に作用しにくいことを述べてきたのは、気持ちの消耗によって悪循環から抜け出しにくくなるからだ。セルフイメージを下げるくらいなら思いきって一度恋愛をお休みするくらいの方が結果幸せになれるとさえ思うことがある。あなたを変えてくれる人との出会いに期待する方が、勝手に期待して勝手に落ち込むことを繰り返すよりはやっぱり生産的だろう。コントロールできない気持ちが相手になるが、それくらい腰が引けたアプローチしかできないことはしんどい。

 

良い結果を得るためには確かに頑張らねばならない。

 

でも、全然気持ちの入らないアプローチを繰り返しても、目に見えない副作用がむしろ幸せを遠ざける面に目を瞑ると、結果腰が入ったアプローチをどんどんできなくさせていくように私は感じる。

 

どうせ人はきっと誰かを好きになる。その相手を探すようなこれまでから変わり、自然に魅かれるのを待ってみても良いのだろう。そんな時期があっても良いと思う。闇雲に探して見つからないのが恋愛の幸せかもしれない。

 

まとめ 

今回は「失敗経験を増やす腰の引けたアプローチ」についてまとめた。腰が入らないアプローチによって勝手に失恋するような経験を増やすと、どうしてもセルフイメージをどんどん下げる効果しかないため、少し考えたいところを恋愛コラムとして綴った。

 

余程恋愛に慣れた人でない限り、好きな人へのアプローチはどちらにしても中途半端になってしまう機会の方が多いのだけど、全体として腰の引けたアプローチのみに終始する人は「ちょっかいを出しているだけ」となってしまうことから恋愛関係を温めることができないかなと思うところだ。

 

これを読んで頑張りたいと思った人もいると思うし、少し休んでみようと思った人もいると思うので、あなたの恋愛事情に即して考えてみてほしい。

 

関連記事: