読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

社内恋愛で好き避けが多い理由とごめん避けを押してはいけない理由

社内恋愛 女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160716182641j:plain

会社で恋愛している人は好き避けが多くなる特徴がある。

「もういい大人なんだから、好き避けとかおかしいでしょ?」と考える人がいるかもしれないが、実際には複雑な理由もあったりして、片思いなら十分あり得る。

 

社内恋愛している人はもちろんだが、最近いきなり避けられるようになった人がいるなんて人も、社内恋愛の好き避けが起きる理由を知って、参考にしてみよう。

 

社内と相手の反応

会社の中で恋愛することを否定する理由は、やはり周りにバレたり、好きになった人と気まずくなるのがイヤだということが大きい。

社内恋愛する人も当然ながら、その思いが小さいから会社の人と恋愛するのではない。

 

しかし、それでも好きになってしまったのなら、できる対策はそれをひたすら周りにバレないように隠しながら恋愛することである。

そうなると、普通にしていれば良いのだが、特別な感情を持ってしまった人に普通になるのは難しい。

普通とは、考えた時点で一番難しい態度になってしまうため、「隠す」という方を優先せざるを得なくなる。

それならば、好き避けをして、周りに悟られないようにしようとする人が増えるのである。

 

周りや好きな人に気持ちがバレることが、会社の中であるが故に重く捉える人が好き避けをし易くなる。

 

恋愛経験が少ない

あなたが会社員なら経験していると思うのだが、「社内恋愛なんてありえないですよ~」と言うOLがいる。

そんな女性の特徴は、アクティブで社外でも男の作れるタイプの女性。

所謂リア充タイプは、社内恋愛を否定しがちで、リスクをより意識している。

確かに、泥沼にはまる恋愛もあるし、ドラマのシチュエーションとしても社内恋愛の修羅場は描かれ易い。

 

それにも拘わらず、社内で好きな人を作ってしまう人の中には、恋愛があまり得意でなく、付き合った経験の少ない人が比率として多くなるのが特徴。

 

好き避けとは、元々好きな人の前で素直になれないことも影響しているものなので、それが社内恋愛で出ているという形。

奥手の人だったりした場合は、オーソドックスな好き避けをしている人は意外と少なくない。

 

社内恋愛しないようにブレーキ

好き避けをしている内は、なかなか好きな人との距離を縮めることが難しい。

仲良くなるためには、やはりコミュニケーションが必要になるが、好き避けをしていればそれが少なくなる。

 

好き避けをすることで好きな人との接触を少なくし、自分の型思いである恋愛感情を殺してしまおうとする人が社内恋愛では存在する。

 

彼女や彼氏がいる人を好きになれば更にその傾向は高まるが、特に問題のない恋愛相手であっても、会社の人を好きになることを止めたいという気持ちが働くことがある。

 

まだそこまで気持ちが乗り切っていなければ、意識して自分から諦めると言うか、気持ちを消してしまう恋愛もあるが、その理由として「会社だから」という理由が挙がる。

 

ある意味それは的を射ていて、成就しない恋愛なら、社内でわざわざ気まずくなる人を作ることは無いという合理的な判断はあり得よう。

まだブレーキが踏める恋なら、始める前に進むべきか止めるべきかの判断があっても良い。

この理由によって社内恋愛で好き避けすることがある。

 

誰かにツッコまれたことを契機に

明らかにバレることは少ないにしても、ハタから見ている人にはちょっとしたツッコミくらいはされたりするもの。

 

「なんかあの人の時だけ態度違わない?」

「あの人と話しているといつも笑顔だね」

なんて話は、日常的にある。

 

普通にしていようと決めていたのに、周りから見ると全然普通じゃないない人は、案外多いものだ。

 

もし、急に特定の人を避けるようになったとしたら、それは周りのツッコミを契機に好き避けをしているのかもしれない。

 

好き避けであっても、列記とした「避ける」行為なので、周りには「この人のことを好きではありません」とアピールできる。

 

一番最初に挙げた理由と最終的に一致するのだが、はじめまりが自発的なのか、止むに止まれず好き避けをしないといけなくなったのかでこの部分とは違っている。

急な態度の変わり方は、きっかけが特に浮かばないなら、嫌い避けではなくて好き避けである可能性がある。

周りを気にしないといけない社内恋愛は、こういった理由も十分考えられる。

 

ごめん避けを押してはいけない理由

f:id:Brightfuture:20160716182748j:plain

ごめん避けの特徴は、完全なる拒絶であること。

ただ単に避ける行為である好き避けとはまた違ったものだと思った方が良い。

 

このトピック自体は、社内恋愛のみを対象にするわけではないが、ごめん避けをされるような状態は、相手がその対象者に対して明確なメッセージを送っていることになるので、何等かの拒絶する理由があると認識するべき。

 

好き避けをしているなら、例えば二人で話し始めれば乗ってきたり、ちょっとした優しさくらい見せることがある。

対して、ごめん避けは一切の優しさがないし、むしろそればないことを強調する態度だ。

 

好き避けは強い押しで上手くいくことがあるが、ごめん避けを押すのはお勧めできない。

もし既にアプローチしている人がごめん避けをしているなら、それは嫌い避けのサイン。

もしくは、アプローチに対する「もうやめて下さい」という明確なサインだと解釈した方が良い。

 

ごめん避けをされた時は少なくても冷却期間を置かないと、燃え上がるあなたとは対照的に好きな人の気持ちは冷え切ってしまう。

しつこさは余計に関係をこじらせるので、控えよう。

またチャンスを待つために時間を置く方が良い。

 

まとめ

以上、社内恋愛で好き避けが多い理由とごめん避けを押してはいけない理由を説明してきた。

 

恋愛をどう捉えるかや、重要度などは人によって違ってくるところが、社内恋愛で好き避けが多くなる理由を複雑にしているところがある。

 

単純な好き避けだけの問題ではなく、もう少し現実的な意味が込められているところは特徴的だ。

 

今回の記事で好き避けする気持ちが少しでもわかったと思うので、上手く恋愛を進めていくためにそれを踏まえた方法を取ろう。

 

下の記事社内恋愛を対象に書いたものではないが、もし興味があったら一緒に読んでみよう。

好きな人の好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる5つのチェックポイント

 

関連記事: