読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

自然な出会いを恋愛につなげるためには~本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができない?

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 彼氏を作る 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160527190632j:plain

彼氏や彼女がいないシングルの人は、偶然やってくる「自然な出会い」に心のどこかで期待している。運命の出会いや引き寄せ合うような出会い方は、確かに素敵な出会いであり、憧れの恋愛かもしれない。

 

しかし、「自然な出会い」は恋愛につなげるチカラがないと、たとえ運命の人との出会いであったとしても付き合うような関係に発展していかない。もし今のあなたに彼氏や彼女がいないのだったら、本当に出会いがないのが原因で恋人ができないのだろうか。

今回は「自然に出会う方法」を場所以外の「必要なチカラ」で説明したい。社会人になると出会いがないことを原因として恋人ができない状態に陥る人が多いので、参考にしてみてほしい。

 

出会いを出会いにすることの大切さ

出会いを出会いにするというのは何だか変な言葉だけど、知り合いと友達の違いをイメージすると少し言いたいことが分かるかもしれない。

 

日常にあるふとしたきっかけから知り合うことを「自然な出会い」にまで昇華して、さらに恋愛につなげるためには、「積極性」がとても大切なチカラになる。

 

私たちは普段の生活で色々な人と出会う。

たとえば、飲み物を買う店員さんとのかかわりも広義な意味で「出会い」であり、毎日通えば「知り合い」になるけど、そこから自然に恋愛関係になることは本当に稀なことで、「友達」にすらならないことが普通。これだけしか日常に「出会い」がないなら、「自然な出会いをしたい」と考えてもおかしくない。

 

でもこれって、自然な出会いの一つであると考えることもできる出会い方ではないだろうか。世の中にはかわいい店員さんへ積極的にアプローチして付き合ってしまう人もいる(参考:女性の店員の口説き方~お店にいる可愛いあの子と付き合う方法)のだから、出会いが無いと言うのは少し違っている。

 

少し乱暴な主張をしてしまったが、つまりは、自然な出会いを出会いにできるかどうかで差がついてしまっている現状が世の中には存在し、知り合いから友達、知り合いから恋人にするチカラがないと、「出会いがない」との認識になっていくのである。

 

積極性がないと出会える場所に行っても本当の意味で出会いを得るのがとても難しく、待っているだけの状態で誰かと接触したとしても、知り合いになれるかどうかのところで止まってしまう。

 

自然な出会いとは、恋愛したい気持ちを前面には出さずに出会うことだが、ある程度恋人を作る目的がある状態で出会いを求めた場合(恋活や合コンなど)と違って、相手の積極性をあまり期待できないため、あなたの積極性がとても大事になる。恋愛関係を前提に出会う場所とそうではない出会いの場所は決定的に違っていることを知ろう。自然に出会う方法はあなたがそうしていく努力を前提条件にしている。

 

素敵な人は白馬に乗って現れない

「積極性」についてもう少し説明を加えよう。

 

出会いがないと思っている人のうち、「自然に出会いたい」と願う人は、出会いに対して「怠惰」である人が多いという特徴がある。「出会いがない」と言う人ほど、知り合いを増やす努力すらせずに、自然体で「待っているだけ」なのである。だから「自然さ」に拘る面がある。何もしないで素敵な人との出会いを望んでいる状況に陥っている。

もし自然に出会うことが何もしない自然さをイメージしているなら、素敵な人が白馬に乗って現れないことを知るべきだ。

 

学生のころと比べて、社会人以降はただでさえ出会いが減るのに、第一印象は別にして、外見から内面を見る恋愛に変わっていく人が多いという特徴がある。学生のころ付き合った彼氏や彼女から内面の大切さを知る人が多いためだ。恋愛の失敗を通して「学ぶ」と言い換えても良い。

 

また、一目ぼれをしたりフィーリングだけの恋愛も減っていくので、コミュニケーションがとても大事な要素となる。もし自然な出会いに夢を見ている部分があるなら、現実を客観的に把握して、できることやするべきことを再考しないといけないだろう。自然な出会いを恋愛につなげる努力が必要なのだ。

 

行動しよう、そして話しかけよう

素敵な人は白馬に乗って現れないとしたら、あなたが素敵な人に会いに行かないといけないことに気づける。解決したいなら行動しよう。

 

自然な出会いをしたいなら、ほかの誰があなたと出会える状態にならないといけない。そして、知り合いになるだけでなく、恋愛に発展するかもしれない関係を築くためにとにかく話しかけることが大切だ。次に会ったときに相手から話しかけてくれる状態にまで自分がもっていくことを意識してコミュニケーションを取ろう。そこまで行って「出会い」となる。

 

社会人になると自然な出会いほど、異性として意識しないで関係作りを行う面がある。普段の生活では仕事関係の出会いが主であり、性別を意識した常識的な態度を求められる時以外、相手を男性や女性で分けずに考えるからだ。そういった癖がつく。

 

自然な出会いを求める人は、「当初恋愛を抜きに出会う」人と恋をしようとしているので、社会人以降はより一層の努力が必要。恋愛において待ち主体の人で非モテの男性や女性は、自ら行動することが大切になる。

 

ありのままの自分を受け入れる人を待つのは間違い

恋愛において、結婚がゴールではないし、付き合うこともゴールではない。付き合う前も付き合った後も、好きな人との関係作りは続いていくわけで、接し方や関係性も含めてお互いが変化し続けるのが恋愛だ。譲れないところがあっても良いのだが、譲り合いの精神の方がよほど大事なもので、話し合いの成り立たない恋人関係は付き合ったとしてもすぐにうまくいかなくなる。結局は究極のコミュニケーションが恋愛。

 

従って、恋愛はありのままの自分を受け入れてくれるものと思うことが間違いで、自然な出会いにおいてもこれは言えることだ。受け入れ合うことは前提になっているが、我慢になるなら愛情の方を消耗する結果となる。要は嫌われるということ。

 

恋人ができない人は結局異性に対して怠惰だ。自分を磨こうとしたり、異性から見た自分を少しでもよく見せようとする努力もサボりがち。出会いを意識するなら「清潔感」は最低限必要になるし、恋愛感情を持ってもらうまで仲良くなるのに相手と呼吸を合わせた会話もできなくてはいけない。ありのままの自分を受け入れてくれて、気に入ってくれて、好きになってくれる人を「待っているだけ」では幸せな恋愛ができないだろう。経験によって学ばないといけなこともあるから、ずっとそのままでは年を追うごとに差が広がる。

 

自然な出会いをしたい人は、中身を表す外見にも気を遣おう。みだしなみは礼儀とも言われている。見た目が悪いと恋愛できないのではなく、見た目に気を遣わない性格がダサイのであって、可愛くないと捉えられるのが恋愛。

 

自分が興味を持った相手から興味を持ってもらっても、よく見るほどステキに見えない人は出会いを出会いにできずに彼氏や彼女ができない原因になる。恋活や婚活をしないと決めた人は、出会いの数が少なくなるので、より素敵な自分になることに頑張るべきだ。

 

まとめ

今回は「自然な出会いを恋愛につなげるためには」ということで、本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができないかを考えた。

 

実際に広義な意味で出会いは日常にあるものだが、ありふれた自然な出会いほど恋愛に発展するような出会いにできないのが現実だ。社会人以降は知り合いで止まった人とはメールやLINEの交換も難しい。偶然の流れで交換できたとしても連絡を取り合うことができない。

 

積極的に関係作りをすることが最も大切で、それを意識した上で行動を起こそう。待っているだけの恋愛をする傾向のある人は行動範囲も狭い傾向があるので、自然な出会いを得るために外へ出かけることも意識して、それと同時に素敵な自分になる努力ができると恋愛環境が変わっていくと思う。

 

関連記事: