読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【体験談】ミュゼのVライン脱毛って実際どんな感じ?「範囲はどこまでか」や「事前処理の方法」など、疑問を解決!

脱毛 女性向け恋愛コンテンツ集 Adb

f:id:Brightfuture:20170207115242j:plain

ミュゼプラチナムのキャンペーンを利用すると、たった数百円で両ワキとVラインの脱毛が通い放題で完了するまで通うことができる。ワキやVラインは毛が濃く太い部分なので、ミュゼ独自の「回数無制限」のキャンペーンは、すごく人気だ。

 

はじめて脱毛に挑戦する女性は色々な不安や疑問があると思うけれど、今月(2017年3月)のキャンペーンを使ってみたいと思った時に、一番気になるのが「Vライン脱毛」ではないだろうか?

 

「ミュゼのVライン脱毛はどんな感じで脱毛するの?」

「事前処理の方法は?」

「Vラインの範囲はどこまで何だろう?」

「Vライン脱毛はやっぱり痛いの?」

 

今回は、こんな疑問や不安を解決するために、実際に現在もミュゼに通っている女性にインタビューした内容で確認もしつつ、「ミュゼのVライン脱毛」について解説する。

 

キャンペーンを使ってみたいと思った女性は参考にしてみよう。(※枠の中はミュゼに通っている女性の体験談インタビュー)

ミュゼのVライン脱毛って事前処理が必要なの?

f:id:Brightfuture:20170311183049j:plain

脱毛は実際に施術を受ける前に「事前処理」が必須。脱毛する範囲を自己処理してから施術をするのだけど、そこで脱毛初心者が分かりにくいと感じるのが「Vラインってどこ?」と、Vラインの範囲についてである。

 

しかし、ミュゼでは下の画像のように、「Vラインプレート」というのが貰えるので、そのプレートからはみ出たところを「Vラインの範囲」と考えて事前処理していけば問題ない。

 

【体験談】Vラインの範囲と事前準備

f:id:Brightfuture:20170311121352j:plain

 

Vライン脱毛の前にする自己処理に私が使っているのは、いたって普通のT字カミソリと石鹸、それからミュゼでもらえる「Vラインプレート(※上の画像)」です。

クリアファイルのような薄いプラスチックで出来たシートで、これに書いてある通りに処理すれば良いように出来ています。ちょうど、眉を整えるための眉プレートのような感じです。

このプレートを合わせて、左右にはみ出した部分がVラインの範囲になります。真ん中に穴が開いているので、お風呂の壁タオル掛けの部分にS字フックをかけて、このプレートとカミソリを一緒に引っ掛けておくと失くさないし簡単です。

 

 ミュゼのVライン脱毛はこのプレートのおかげで、はじめての脱毛でも事前処理が簡単。プレートからはみ出た部分を「Vライン脱毛の範囲」と考えて事前処理すれば良い。

 

今回インタビューに答えている女性は「普通のカミソリで処理している」ということだったが、ミュゼのカウンセリングではシェーバーの使用が推奨されることもある。「脱毛前の自己処理ってどれくらいきちんと処理しなきゃいけないんだろ?」と不安に思う女性がいるかもしれないが、彼女のように現在ミュゼでVライン脱毛している女性の中にも普通のカミソリと石鹸で事前処理をしている女性がいるのは少しハードルが低く感じたかもしれない。

 

Vラインプレートは説明書付き

f:id:Brightfuture:20170311160307j:plain

 

上の画像のように、Vラインプレートはきちんと説明書が付く。中心にある台形にさきほどのVラインプレートを当てるので、シェービング範囲に迷うことはない。

 

当然、施術前にはVライン脱毛の範囲について確認してくれる。施術のレビューの前に、気になる「ミュゼの効果」について聞いてみた。

 

ミュゼのVライン脱毛、効果は?

ミュゼのVライン脱毛なら「事前準備」が難しくないと知ったところで、やっぱり気になるのが「効果」である。体験談では下のように話してくれた。

 

Vライン脱毛を初めてしたのは2年前でしたが、1回目ですぐに効果を感じることが出来ました。これ、本当です。全然嘘じゃありません。

まず、ミュゼに行く前は剃ったあとも次の日にすぐ生えてきてしまっていてうんざりしていたのですが、1度施術を受けただけで生えてくるのが遅くなりました。1週間以上はそのまま生えてこなかったように記憶しています。

それ以上に驚いたのは、生えてきた毛をつまんでひっぱるとするすると痛みを感じずに抜けていったのです。これにはちょっと感動しました。 2、3回目も同じような感じで、しばらく生えてこない→生えてきた毛はつまんで簡単に抜ける、というのが続きました。

また、明らかに脱毛前よりも生えてくる毛の量が減りました。それに加えて、脱毛をする際の痛みがどんどん小さくなっていきました。最初の痛みが少し強かったのでこれは本当にありがたかったです。 Vライン脱毛を始めて2年経った現在ではもうVラインにはほとんど毛が生えてこないので、普段は自己処理していません。ミュゼに行く前日だけ自己処理しています。

私はミュゼのリピーターになったくらいなので、キャンペーンのVライン脱毛の効果については大満足しています。

 

ミュゼのVライン脱毛は1回目で効果を感じる人が多いのだけど、1回目でつるスベ肌になれるわけではなくて段々と生えてくる周期が長くなって毛が細くヨワヨワしくなっていく感じ。

 

ただ、最初の1回でも「スルっと抜ける脱毛ならではの感覚」はほとんどの人が体験できる。インタビューに答えてくれた女性は少しオーバーに伝えているように感じる人もいると思うけど、彼女の場合はアンダーヘアにちょっとだけコンプレックスがあったから、その悩みが解消された嬉しさだろう。

 

少なくても、脱毛した女性はキレイになれたことでテンションは上がると思う。たかがムダ毛だけど、女性に取って体がキレイに変わるってすごいことだ。

 

彼女にVライン脱毛の「施術」についても聞いたので紹介しよう。

 

ミュゼVライン脱毛の「施術」ってどんな感じ?

何度もミュゼのVライン脱毛に通っている彼女にお店に訪れるところからレビューしてもらった。

 

ミュゼの自動ドアをくぐると、正面に受付(レセプション)があります。そこで会員証を提示して、予約時間と名前の確認をされると、一度ソファーに通されて脱毛に関する注意事項の確認を受けます。

注意事項の内容は、「お手入れ箇所を自己処理してきたかどうか」や「当日アルコールを飲む予定はないか」「挙式を1か月以内に控えていないか」などの項目がざっと10項目ほどあります。

きちんと注意事項の確認が済んだら、施術を受ける部屋に通されます。 部屋には、ベッド・光を当てる機械・ロッカーがあります。

施術の前にそのロッカーに用意されているガウンに着替えます。ガウンは、ちょうど水泳の時の巻きバスタオルのような感じです。Vライン脱毛をする場合は紙製の使い捨てショーツが用意されているので、それに履き替えます。わからない場合はスタッフの方から説明してもらえます。最初は私も聞きました。

着替えたあとは、自分の服や靴・荷物はすべてロッカーに入れて鍵をかけます。鍵にはシュシュがついているので手首につけて、ベッドに腰かけて待っているとスタッフの方が入室され、施術が行われます。

施術はスタッフの方と1対1で行われます。最初に施術範囲の確認を行います。先述のVラインプレートと同じものを使って、光を当てる範囲に印をつけます。それから光を当てていきますが、強い光が出るのでサングラスのようなものを使って目隠しがされます。

ここからが本番、Vラインに光を当てていきます。これがよく「輪ゴムを弾いたようなパチッとした痛み」と言われますが、私はどうやら痛みを感じやすい体質なようで、もう少し強めに痛みを感じました。

もしも痛ければスタッフの方が保冷剤のようなものでしっかり冷やして痛みを感じづらいようにしてくださいますし、毛が薄くなればなるほど痛みは和らぐので大丈夫です。

光の照射が終わると、濡れタオルでしばらく冷やします。そのあと、ミルクローションを塗ってくれます。その際に赤みや異常が出ていないかどうかを確認してくださいますので安心です。

施術がすべて終わるとアルコールはダメ、などの注意事項の再確認が行われ、スタッフさんが退出されます。あとは着替えてレセプションに戻って待っていると、スタッフさんが忘れ物の確認をしてくださって終了です。

長々と説明してしまいましたが、Vラインだけの施術ならばここまでたったの15分です。本当に予約時間のぴったり15分後にはミュゼの外に出ています。そのため時間には結構シビアで、遅刻してしまうと施術ができなくなる可能性があります。

時間に余裕を持って行った場合でもレセプションにて座って待っていることが出来るので、初めての方や不安な方は少し早めに行った方がいいかもしれません。

 

 ミュゼのVライン脱毛は丁寧なスタッフの対応が口コミでも評判がよく、脱毛範囲の確認はもちろん、最初は感じやすい「痛み」のケアにも配慮がある。時間は約15分くらいと言うことだからスピーディ―で負担がないのは嬉しいところ。

 

痛みに関しては個人差があって、彼女の場合は輪ゴムではじかれた感じよりももう少し強めに感じたとのこと。最初の2・3回目くらいまでは毛深い人ほど少し痛みを感じることがあるかもしれない。

 

脱毛は「黒」に反応する光を当てて毛根にダメージを与えるので、毛が濃く太いパーツの脱毛は少し痛みを感じる場合がある。

 

しかし、医療レーザー脱毛やニードル脱毛はさらに痛みの強い脱毛方法になっていてそれを選んで脱毛する女性も多いくらいだから、あくまでも「痛みを感じる」という程度だと思っておけば案外「ほとんど痛みは無かった」という口コミも多いのが特徴だ。個人差が大きいと理解しておこう。

 

Vライン脱毛のデメリット「恥ずかしさ」について

Vライン脱毛のデメリットは、プロに任せると言っても「デリケートな部分を他人に見られる恥ずかしさ」が挙げられる。ワキ脱毛は気兼ねなく行ける女性が多いけれど、デリケートゾーンは抵抗を覚える女性も少なくない。

 

彼女の場合はどうだったのだろう?

 

正直、私も脱毛を始める前は恥ずかしいのでためらう気持ちがありました。しかし、実際は想像していたほどではありませんでした。

Vライン脱毛の際には仰向けでガウンをめくったような状態になりますが、目隠しがされていますし、体には上半身にも足元にもきちんとバスタオルがかけられます。

私たちが恥ずかしくないよう、可能な限りの配慮がされていると思います。実際、「慣れ」の部分もあるかとは思いますので、最初だけ我慢が必要かもしれません。

 

 やはり彼女も最初はVライン脱毛に少し抵抗感があったみたいだけど、想像するのと実際とでは「恥ずかしさ」に違いがあったと答えてくれた。

 

確かに初体験のことは何となく不安で漠然とした悪いイメージが浮かびやすいので、相手はプロだし、気にしなければ普通に進んでいくのが「ミュゼのVライン脱毛」だと言えそうだ。

 

「みんな最初は恥ずかしいんだ」と思えるなら、特別嫌な思いをすることはないだろう。ここでもミュゼのスタッフについて信頼している話が聞けたので、あなたもそう感じる脱毛になるはずだ。

 

人気のミュゼ、予約は取れる?

激安キャンペーンが好評で人気になり過ぎたという口コミのある「ミュゼ」だが、実際の予約状況についても聞いてみた。

 

私は、主に前日の夜にミュゼに行くことを決めます。もっと早くに予約することもできますが、遠くの日にちの予定はなかなかとりづらいのが現状です。

一方で、予約のキャンセルは予約時間の24時間前に行わなければならないので、そこを逆手にとって、「24時間以内の予約」をするテクニックがあるのです。

ミュゼの公式アプリに「今日行く」や「明日行く」という機能があり、それを利用すれば簡単に予約ができます。

地域や店舗にも依るだろうとは思いますが、前日夜の予約であれば時間の選択肢も多く、かなり自由に予約をとることができています。 予約自体はとっても簡単な作業なので、特に気負う必要はありません。

 

ミュゼの予約は確かに先々の予定で取ろうとすると現状難しいとの口コミが多いが、彼女のようにミュゼ公式アプリを使うことでキャンセルが出た時間に予約することができる。

 

ミュゼの場合は施術を受ける店舗は毎回自由に選べるので、近隣の店舗まで確認すれば予約が取れないという状況にはなっていないようだ。

 

ミュゼの嬉しいメリットに「キャンセル料無料」があるので、直前の予約を確認して行きたい時間に予約を入れよう。通知を受け取る設定もあるので、アプリが便利に使える。

 

【初回カウンセリングの予約が取れるか確認する】

ミュゼ公式⇒ミュゼプラチナム

 

Vライン脱毛が終わった立場で、これからVライン脱毛をする女性へ

最初は勇気がいるかもしれませんが、すでに多くの女性が脱毛されていますし、心配することはないと思います。

Vライン脱毛をすると、ショーツから毛がはみ出してイライラすることもなくなりますし、ただでさえデリケートな部位にカミソリの刃を当ててカミソリ負けをしたりケガをしたりするリスクも抑えられます。

いずれ脱毛するつもりであれば、私は早めに行動したほうが得策だと思います。

私のこの体験談を通じてVライン脱毛を決心される方がいらっしゃれば幸いです。一人でも多くの方が早くストレスフリーな肌を手に入れることができますように!

 

脱毛女子の共通した意見は「早めに始めた方がいい」という口コミ。

 

脱毛は期間をかけてどんどんキレイになっていくので、興味があるなら早い時期にまず行ってみるのをみんなが勧める。

 

どこかの脱毛サロンに行ったことがあるなら気軽に行けると思うけれど、初心者の女性は不安に思うところが多くてなかなかVライン脱毛に踏み切れない人も多いと思う。

 

しかし、ミュゼなら顧客満足度No.1になっていることが証明しているように「接客態度」が良いのであなたの不安も要望もきちんと聞いてくれるところが安心だ。他のサロンではなくミュゼを推す理由は、まさにここ。

 

デリケートゾーンの脱毛だからなかなか聞きにくいこともあると思うけど、ミュゼのVライン脱毛はプレートを当てて事前処理が容易で、来店してからも色々な手続きが簡単。激安キャンペーンをやっていることから施術はスピーディーだし面倒な勧誘がないところが便利に使える。

 

もし下の5つに当てはまる人はお得なキャンペーンを使ってみよう。

  • いつか脱毛しようと思っている人
  • ノースリーブを着る予定の人
  • 海やプールで遊ぶつもりの人
  • 好きな人に引かれないムダ毛処理をしたい人
  • 女子力あげて自信を持ちたい人

 

今月のミュゼのキャンペーンは人気5か所の脱毛が500円(税込)。両ワキとVラインは通い放題で回数無制限のキャンペーンだから上記に当てはまる人はメリットが大きい。

 

3月はまだ早いと思っている人は逆に夏に間に合わない状況になってきているので早めに手続きしよう。ストレスフリーな自信のあるボディーで素敵な恋愛にもつなげてほしい。

 

【3月キャンペーン】

ミュゼ公式⇒3月限定!100円均一!人気の5部位が500円

 

まとめ

 今回はミュゼのVライン脱毛について体験談を交えて徹底解説した。安くなっているキャンペーンをきっかけに、はじめてミュゼに行こうとしている女性は参考になったのではないだろうか?

 

ミュゼのVライン脱毛なら事前処理も分かりやすくて、スタッフの対応が丁寧だから、特に「初めての脱毛」におすすめのサロン。数百円なら損はないと思う。

 

残念ながら痛みを小さくして脱毛するには一定の期間がいるため、ミュゼで脱毛したいと思った女性は早めに始めよう。「もっと早くやればよかった」と思うはずだ。

 

キャンペーンの詳細はこちらで解説している:

【ミュゼ500円キャンペーン】2017年3月は、人気5か所の脱毛がセットで500円!脱毛デビューの女性へ、利用方法のコツなど徹底解説

 

恋愛のムダ毛処理についてはこちらも読んでおこう:

男性の3人に1人は電気を消さない!毛深い女子へ「初エッチの無駄毛処理はどこまでする?」の答えを解説