読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

女性の店員の口説き方~お店にいる可愛いあの子と付き合う方法

モテる男になるために 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160707091941j:plain

普段使っているコンビニやファーストフードなどの飲食店の可愛い店員さんが気になった時、どのようなアプローチを行っているだろうか。

 

あっちは仕事中だし、いきなり話しかけるのは引かれそうだし、なんやかんや考えると気になっただけで何もできない人は多いもではないだろうか。

 

私の友人に、実は女性の店員さんを口説くのがすごく上手い人がいるので、今回はその人の方法をシェアしよう。

口説くというより、お店にいる可愛い女の子と付き合う方法と題した方が良さそうだが、結果が出ている口説き方なので参考にしてみよう。

 

覚えてもらうために

お店の女の子を口説くなら、まず自分を覚えてもらうことが重要だ。

いきなり話しかけて「飲みにでも行かない?」なんて声をかければ、それはただのナンパであり、恋愛と言うより火遊びだから、成功の確立は恐ろしく低くなる。

そのお店が使えなくなってしまうのは避けたいところだろうし、下準備をしよう。

 

自分を覚えてもらうために私の友人が取る方法は以下の通り。

  1. なるべく同じ時間に同じものを買う
  2. できたら大量に買う
  3. 目当ての子のレジでしか買わない
  4. 頻繁に通う
  5. 時々友達を連れていく

以上の5点。

注意するべきは、最初の頃に警戒感を与えないように、話しかけたり目を合わしたりしないようにすること。

段々と惹かれていった感じでないと、お客さんだから引かれてしまうようだ。

コンビニ店員の子やファーストフード店員の女の子と付き合いたいなら、下準備は大切とのこと。

 

覚えてもらったら

私も経験上、友人の話を聞いて納得したのだが、お店の女の子は意外とお客さんを覚えるのが早い。

特に同年代の女性は、興味を持って見てくれるようになるのが早いのは読者のみんなも頷けるところだろう。

そういう目で見るかは別にしても、何となく気になるものだ。

 

上で挙げた5つの施策で自分の存在を覚えてもらったら、いよいよ口説き方に移る。

一番自然な方法は、トラブルを利用して友達になってしまうこと。

商品を間違えたり、落としてしまったり、何でも良いので相手の不手際で話をする機会を得るのが理想的。

相手から話かけてくる形になるので、ナンパ感が薄れる。

即ち、自分を覚えてもらう過程の中でも後半は話かけられる機会を大切にする。

 

特に何も起こらずにそのお店に通う日々となった場合は、話しかけるタイミングを探ろう。

そのサインになるのが、店員さん同士での話に自分が出てきていることを確認できた時。

 

覚えてもらう時の5つの施策をちゃんと行うと、意図している部分もあるから結構目立つ。

ファーストフード店などでは顕著だが、同年代の女の子と好きな子が自分の噂話をするような状況になるようだ。

「あの人、絶対〇〇ちゃんのこと好きなんだよ」って具合に。

 

そうなると、話しかけても良いサイン。

それをテレているような感じだったり、あからさまに拒否反応を示していない状態なら、友達くらいにはなってくれる。

通う度に一言、天気の話でも新商品の話でもお店の込み具合とかでも、とにかく何でも良いので、一言だけ会話をするようにしていく。

仕事中なので、邪魔にならないように一言づつ会話するくらいで抑えれば、印象は悪くならないので、友達になっていくイメージでアプローチしよう。

 

店員の口説き方のポイントは、如何に自然な流れで友達になるか。

自分が「言い寄ってくる客」の状態では、いくら良い口説き方をしても、モテ系の女子はなびかないので、注意をしよう。

 

店員さんとの恋愛は、連絡先を聞くより友達同士で遊んでみよう

友達になれたら、今度はどのように店の外で会うかが問題になる。

コンビ二にしろ、ファーストフードにしろ、普通の飲食店にしろ、店員の女の子と付き合うなら、外で合わないと始まらない。

 

友人がいつも取る方法は、連絡先をストレートに聞かずに、友人同士の飲み会に呼んでみる方法。

通う間に友達も連れて行くので、相手も警戒感が薄れて、同年代だから合コンみたいな感じで誘えるのだそう。

もちろん、合コンとは言わないが。

 

「他のお店の子も一緒にどう?」って誘うと、友達になれていれば、結構な確率でお店の外で会える。

普通の恋愛もそうだが、女性の警戒感を刺激しないような口説き方は非常に大事である。

それが、全く繋がりのない、店員と客なら尚更だ。

従って、友人の場合は、友達になるまでの時間に投資をするし、思い切った行動を取るまでの期間を長めにあけるのがポイントになるようだ。

何人かの友達を連れていくことで、後から誘う時の布石にするだけでなく、多くの友達に囲まれているリア充感を出すとさらに信用は深まると考えている。

 

確かに性格に難のある奴とは知り合いたくないし、周りの友人でその人の人となりが推し量れる部分はあるだろう。

 

お店の外で口説く時のポイント

基本的には普通の口説き方を重視する。

一度まとめているので、良ければ参考にしてみよう。

 

今回のテーマ「店員の口説き方」でポイントを挙げるなら、

  1. 長い時間話してみたかったことを伝える
  2. どこに魅かれたのかを伝える
  3. いつくらいから自分の存在を認めたのかを確認する

この3つは大事になる。

 

お店での自分の行動から、可愛い女性店員さんはこちらの気持ちに気付いている可能性が非常に高い。

目立つ行動を取るかどうかは別にしても、お店に通ってきて、自分に話しかけてきて、外で会えるように誘う男は、そういない。

その可愛い店員さんは、気持ちに気付いていると思って行動を取る方が合理的だ。

 

そうであるなら、最初にお店の外であった時に、しっかり口説くことが重要になる。

逆に考えると、外で会えただけで脈ありサインになるし、友達も一緒に来るなら信用もある程度勝ち取れている可能性がある。

会話を盛り上げて、次に会う約束までは最低限の目標にしよう。

 

友人の場合は、もう一度会う機会を作って、二人のデートで告白をする。

口説き方で説明したように、基本「やっと会えたから気持ちを伝えてしまう」ような

口説き方をしているので、デートが成立した時点で告白の成功確率はほぼ100%とのこと。

ちなみにその友人は、私から見て容姿のレベルは中の中。

決してイケメンとは言われないが、人懐っこく誰とでも仲良くできるタイプなのはこの方法に向いているのだろう。

自分で編み出したのだから当然だけど。

 

外で会えた場合に付き合う確率もかなり高いようだ。

友人の場合、目当ての子がいたら自分を認識してもらった段階でかなりアグレッシブに行動をするので、その店員さんの周りが盛り上げてくれるのが大きいと言っている。

自分はテレずに一途なアプローチをすると、店員さんと付き合うのは難しいことじゃないと彼は言い切る。

 

このような口説き方は、完全に自分の押し一辺倒なので、強靭なメンタリティーが要求されるだろう。

それでも軟派に映らないように配慮しないといけないので、やっていることは高度かもしれないが、単純に言えば「通う」「自分をアピールする」「誘う」という工程で恋愛を進めている。

アレコレ考えずに行動できるかがカギを握るだろう。

 

まとめ

今回は女性店員の口説き方をテーマに、お店にいる可愛いあの子と付き合う方法を、友人の話からまとめてみた。

 

彼の場合は、自分の友人にも協力してもらったりしているので、読者によっては利用できない方法だと感じた人がいるかもしれないが、アプローチの本質を考えれば応用して考えることで、自分なりの口説き方が見えるだろう。

 

要は、覚えてもらうまでに時間をかけて、ゆっくり仲良くなったら、連絡先を直接聞かずに何人かで会ってみることを私の友人の場合は実戦している。

 

最後にデートに誘って付き合うことになるので、そこに向けて具体的なアプローチを行おう。

積極性がないと女性の店員さんを口説くことは難しいので、押していく勇気を持つことが一番重要になる。

 

ダブルデートをするなら:

ダブルデートのメリットとデメリット~友達同士の場合 

 

デートで気を付けること:

デートでダメ男認定される男の行動~デートで気を付けるべきこと

 

恋愛経験が少ないなら:

男性におすすめする恋愛本7選~女性の心理が分からない、恋愛が分からない、恋愛経験がない人へ