読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

出会いがない人が恋愛するために「おすすめの出会い方」~社会人は恋人を作る場所がないと悩むなら

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 彼氏を作る 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160519170041j:plain

恋人がいない人に「なぜ彼女や彼氏ができないか」を聞くと、最も多い声が「出会いがないから」という理由だ。特に社会人になった後で恋愛に発展するような出会いが減ったという人が多い。学生のころとは恋愛環境が変わったと感じている人はたくさんいることだろう。

 

しかし、社会人になっても恋人を作れる人はちゃんと付き合う人を見つけているし、社会人になってから出会った人と付き合った経験をしている人だって少ないわけじゃない。

 

そこで今回は、出会いがない人が恋愛するために「おすすめの出会いの場所」を7つ紹介してみよう。社会人は恋人を作る場所がないと悩む人へ、原因を解決するヒントになればと思う。素敵な彼氏や彼女を作るために何かはじめてみよう。

 

社会人の出会い、基本は職場

職場恋愛に否定的な人もいるのだけど、やはり社会人の出会いは「職場」が基本。恋愛関係になるといざこざもあったりして面倒なことも出てくるが、職場を除外して出会い方を考えるなら「自分からどんどん行動していくこと」が大事になる。難しいと感じる人はもう一度身の回りの人と関係を深める努力をしてみてもいいのではないだろうか。

 

社会人の出会い方で、結婚したカップルが一番多い項目が「職場」なので、自分が最も多くの時間を費やしている場所でもあるし、恋愛できる可能性を排除しないように振舞おう。ちゃんとコミュニケーションを取ると、きっかけも生まれやすいのが「会社の同僚」だ。可能性の意味で意識しておくといい。同性しかいない職場で働く人はそうではない人に比べて恋愛環境が悪いと言わざるを得ない。

 

 ⇒社内恋愛 カテゴリーの記事一覧 

 

趣味や興味のあることを外へ広げる

社会人になると仕事で忙しくなってしまうのが恋人ができない主な理由。とにかく余裕がないので、忙しい毎日につい流されてしまう。

それを踏まえると、恋人を作るために何か始めようと思うときはモチベーションが確保しやすい「自分に興味があること」に絞ると現実的な方法となる。

 

自分の趣味にしていることや興味のある分野で社会人サークルを探してみたり、習い事や集まりに出かけたり、会社以外の新しいコミュニティーへの参加を考えてみよう。すぐに異性と仲良くなれない人はゆっくり関係作りをしないといけないので、「異性がいる集まりに所属すること」を考えてみるのがおすすめの出会い方。

 

 ⇒ケイコとマナブ.net

色々と出会いがあるコミュニティー多数。とりあえず資料請求してみては?

 

SNSも含めてネットの出会いは現在増えつつある

社会人の出会い方は昔と比べて「ネット」を介していることも増えてきた。今は街のカップルの10%以上がネットをきっかけに出会っており、SNSの広がりも影響していると言われている。恋愛もネットとリアルの垣根がなくなりつつある。

 

また、職場恋愛に否定的な考え方をしている人が比較的簡単に出会える方法として、マッチングサイトの利用も増えているのもその理由の一つ。以前は身の回りの人との恋愛が当たり前だったが、ネットが生活に入り込むことで外の世界に目を向ける人が増えている。無料で始められるサービスが人気なので、職場に出会いの無い人は社会人同士の真面目な出会いをサポートしているサイトに利用価値があるかもしれない。

 

素敵な人が集まるボランティア活動

出会いのない社会人のために、自分が興味を持てる何かの集まりに出かけてみることをおすすめしたが、「ボランティア活動」での出会いもおすすめ。意外と男女の出会いの場になっている。

 

環境を守るためのボランティアが最もメジャーなボランティアの形なのだが、おすすめは社会福祉のボランティア。老人や幼児に関わるボランティアはコミュニケーションを取りながら活動することが多いので、男女の出会いの場にもなりうる。研修が必要だったり、始めるために準備がいる場合も多いけど、ボランティアに興味がある人同士のカップルは気が合いやすい。人のために何かをしたいと思う優しい性格の持ち主が多いので、出会いの無い社会人は興味の持てるボランティア活動への参加も検討してみよう。

 

 ⇒あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか? (ボランティア募集サイト)

地域を愛する人が集まる「地域おこし隊」は考え方や価値観が同じ人と出会いやすい。

 

行きつけのお店は出会いの場にも

お酒を飲む社会人は、バーや居酒屋、普段よく利用するお店での出会いも恋愛につなげてみたい出会い方。スポーツバーなどは盛り上がった試合でお客さん同士のふれあいがよくあるものだが、それ以外にも積極的に声をかけることができれば、社会人の出会いの場ともなりうる場所だ。通っている内に店員さんと仲良くなるパターンも社会人の出会い方で一般的なものの一つだ。

 

外に出て、誰かのいる場所へ行けば何かしらのきっかけで知り合いが増える可能性がある。行きつけのお店がない人もたまたま飲んだお店で誰かと出会う可能性もないわけではないし、家と会社の往復だけの生活が最も出会いの可能性がない生活形態。お酒の関係以外でも行きつけのお店を作ってみたり、ある人を狙って通ってみるのも恋愛に発展する可能性があるかもしれない。

 

 

友達の紹介は薄い繋がりの方が恋愛に発展するかも

出会いの無い社会人が出会う方法をイメージすると、一番多くイメージするのが「友達の紹介」ではないだろうか。人から人へ知り合いが増えていくことは日常に多いので、正式な紹介ではなくても何かの会で同席したことが出会いのきっかけになったりもする。友達の紹介がきっかけでお付き合いに発展することも少なくないだろう。社会人の出会い方を考えるなら、今いる友達から発展させることも要検討だ。

 

しかし、もし身の回りの人とは恋愛したくないと考える場合は、あまりおすすめできない出会い方となってしまう。一般的な合コンでも同じことがいえるのだけど、友達の友達は結局つながりのある人なので、積極的に関係を深めることができない人がいる。自分がアクションを起こすと友達にも伝わる可能性があるためだ。それが恋愛に悪影響を与えてしまうパターンがある。

上の記事で「友達の紹介」がなぜ恋愛に発展しない出会い方なのかを説明しているので、合わせて読んでみてほしい。

 

仲の良い友達の紹介ほど案件自体の数は多いと思うのだが、気にする人へのおすすめは、むしろつながりの薄い人からの紹介。そう考えると、次の行動も大事だ。

 

どんな飲み会や集まりでもとりあえず参加する

付き合いの悪い人は出会いのない社会人の特徴。自分の参加する飲み会や集まりは厳選せずになるべく参加してみよう。よく言われることだけど、やっぱり王子様が白馬に乗ってあなたのところに来ることは現実世界にそうはない。男女を逆転させて考え見ても同じだから、行動範囲を広げることが出会いがないと感じる社会人がまず取り組むべき行動だ。

 

誰かに一目ぼれされるほど容姿が良かったとしても、社会人の恋愛は学生の恋愛に比べて中身を重視する傾向が高くなっている。つまりはいかに異性とのコミュニケーションを増やすかが課題であるため、可能性を模索することが大切。挨拶するだけでは恋愛において「出会い」ではないため、色々なところに出かけるのが基本となるだろう。彼氏を作りたい、彼女を作りたい人は、どんな集まりや飲み会でも参加してみた方がいい。

 

まとめ

今回は出会いがない人が恋愛するために「おすすめの出会い方」を7つ紹介した。社会人は恋人を作る場所がないと悩むなら、何か自分に合う方法を試してみよう。

 

社会人の出会いとは、待っているだけで自然と自分に起こる現象ではない。特に社会人になって公的な付き合いが増えると恋愛関係を否定して関係が落ち着くので、学生のころと比べれば恋愛に発展させにくい状況がよくありがち。

日常の生活に変化を起こすのは大変だけど、どんな出会いも声掛けからすべては始まるので、特別なことをするよりもコミュニケーションを増やす努力をしてみても良いだろう。

 

関連記事: