読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

男性が「また誘いたい」と思う女性の特徴~デート1回で終わってしまう女性は2回目のデートに誘われるために意識してみよう

付き合う前の時期 デート 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20170213080104j:plain

せっかく男性と仲良くなっても、デート1回で終わってしまう女性は、恋愛が「消耗戦」のように感じているのではないだろうか?

 

「男性がまた誘いたいと思う女性ってどんな女性だろう?」と気になったことがあるなら、いくつか押さえておいてほしいポイントがある。

 

今回は、男性がまた誘いたい思う女性の特徴についてまとめるので、デート1回で終わる女性は2回目のデートに誘われるために参考にしてみよう。

脈ありの女性

あなたが「いいな」と思う男性とデートに行くなら、「私は脈ありです」と伝わるようにデートする方が圧倒的に2回目のデートに誘われる確率が高くなる。女性からのサインなのであまり直接的なものは下品になってしまうから、遠回しに何となく伝わるように脈ありサインが送れるとベストだ。

 

男性が女性をデートに誘う際、一番気になるのが「受け入れてくれるかどうか」であり、「迷惑にならないかどうか」である。1回目はお試し的に誘いやすいが、2回目のデートは脈がないと感じ他場合特に誘いにくい。

 

忙しい男性なら自分の予定に合わせてもらう必要があるし、社会人同士の恋愛などは予定を聞くのも距離感が難しいため、結局のところ「脈ありかどうか」が次のデートに誘いたいか誘いたくないかを決める要素になりやすい。

 

誘っても断られる可能性が高いと思えば誘いたくないのが本音であり、特に最近はストレートに女性を押せる男性が減ったので、相手の男性が感じているあなたからの脈は非常に大事になっている。

 

好き避けするタイプがよく恋愛を苦手にしているのは、男性にどうしても脈なしサインを送ってしまうから。男性が男らしくリードできない場合、好き避けであっても真意が伝わりにくく、デートするしか二人きりになれない状況ならまず恋愛が進まない。

 

男性がまた誘いたいと思う女性の特徴は、次のデートにつながるように、相手へ好意を伝えることができる女性だ。

 

デートを楽しんでくれる女性

男性がデートに誘う女性に、次に求めているのは「純粋に二人でいる時間を楽しんでほしい」という願望。デート慣れしていない男性は自分がするデートに自信がないため、楽しんでくれている様子がないと2回目のデートに誘えない。

 

男性がまだあなたのことを好きになっていない場合も、1回目のデートはとにかく「盛り上がること」が大事だ。人は一緒にいて楽しい人と長い時間を過ごしたいと思うため、1回目のデートが盛り上がらないと2回目は誘わない。

 

いずれにしても、男性がまた誘いたいと思う女性の特徴は「自分とのデートを楽しんでくれた女性」ということになるから、やはり表現力の低い女性は恋愛を進めていくことができない。

 

もし直接伝えられない場合は、LINEやメールで1回目のデートが終わった直後に、社交辞令に感じさせないよう「楽しかった」という気持ちを伝えるようにしよう。そのために大事なことは「なるべく具体的に楽しかった理由」を織り込むことだ。

 

しかし、最も大事なことは1回目のデートを楽しく過ごすこと。自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうと、変な緊張感がずっと続いて次がないから、盛り上げようとする気持ちが大事になる。

 

積極的に会話しようとする女性

盛り上がるデートに「会話」は欠かせない。おそらくこれが「デート」そのものを決めるだろう。無言になってしまう瞬間があっても全然良いのだけど、変な間ができると失敗デートになり、また誘いたいとは思わない。

 

デートの会話を盛り上げるために一番大事なことは、積極的に話題を提供することだ。デートは二人しかいないから、どちらかが「任せる」という態度になると相手への負担が大きい。特に「会話」は一人じゃどうしようもない問題だから、お互いがノリ良く軽快にキャッチボールがしたい。

 

せっかく1回目のデートに行ったのに受け身過ぎて自分ばかりが頑張るデートになったとき、男性はまず2回目のデートに誘わない。

 

「どんな話題が良いか」という視点を持つとなんだか難しい問題に感じると思うから、とにかく積極的に会話しようとする姿勢がほしい。ここは不器用でも構わない。話題を振っていればお互いに興味の一致する話題が見つかるはずだから、受け身タイプの女性も「デートを盛り上げたい」という気持ちを表現するように頑張ろう。

 

積極的に会話しようとしない女性は、たとえ1回目のデートが無難に終わったとしても男性はヘトヘト。好きになっていたら「また誘いたい」と思うかもしれないが、それだって微妙となる。「合わないのかな?」と思われても仕方がないから、「男性とどんな話をしたらいいんだろう?」と難しく考えずに、まず友達のように話すことを考えてみよう。慣れも必要になると思う。

 

男性がまた誘いたいと思う女性の特徴は、積極的に会話しようとしてくれる女性だ。

 

軽すぎない「空気を読める女性」

ランチデートやディナーデートではなく、どこかデートスポットに出かけるようなデートはもろに二人の相性が出ることも多い。ノリ良くしようとして軽すぎたり、しゃべりすぎてマシンガントークになってしまっては、これも失敗デートとなり、2回目のデートに誘われない。ここは恋愛の難しいところかもしれない。

 

一言で表現するなら「空気が読める女性」はまた誘いたいと思う女性だ。これが「合う」と思う要因にもなっていて、二人の感覚が一致すると心地良いデートができ、2回目のデートも良いイメージが持てるから誘いやすい。

 

自分のことを暗い女性だと思っているタイプはここをあまり意識しなくて良いが、明るいところが自分の良いところだと思っている女性はテンションが上がりすぎて逆に男性を疲れさせないこと。

 

恋愛は究極のコミュニケーションだから、好きな人の空気が読めないと恋愛を進めていくことはできない。ただ盛り上げようとすれば良いわけじゃないから注意をしよう。

 

デートすると雰囲気の変わる女性

ある程度連絡を取り合った後にせっかく好きな人とデートできるなら、なるべく自分の新たな一面を見せるようにしよう。恋愛の基本は「興味」なので、ギャップが作れると雰囲気も良くなっていく。もっと知りたいと思うきっかけになるからだ。

 

二人きりになると雰囲気が変わるタイプがいるけれど、捉え方を変えると「心を開いてくれた」とか、男性だと「俺にしか見せない姿」なんて思って、案外悪い意味ばかりではない。

 

二人でデートしてもいつも通りで距離も縮まらないなら、また誘いたいと思わない。2回目のデートも結果が知れているから、1回デートして終わる。友達からの噂を気にして普段好きな人に遠慮がちな女性は、ちょっと雰囲気を変えてみると「また二人きりになりたい」と思ってもらえるかもしれない。

 

素直に喜んでくれる女性

f:id:Brightfuture:20170213080306j:plain

男性が「素直な女性が好き」という理由は、変に駆け引きしないで相手の心理をつかみやすいから。どこかミステリアスな雰囲気があるのは良いことだと思うが、素直さがないと「考えていることが分からない」なんて思われて距離は遠くなる。

 

そうなれば、めんどくさくて2回もデートに行かない男性は多くなるはずだ。

 

男性が1回目のデートが終わった後にまた誘いたいと思う女性は、男性が女性のためを思ってした行動や態度を「素直に喜んでくれる女性」だ。デート中にはお互いに気遣いですることも多いと思うが、リアクションがかわいい女性は男性が「やりがい」を感じるからまた優しくしてあげたくなる。それがデートの雰囲気を良くし、次のデートが成立する大きな要因になっていく。

 

恋愛テクニックでは、女性に「鈍感な男性も気づくようにおおげさに喜ぶこと」とアドバイスされることもあり、ここでも表現力が女性に求められていることが分かる。モテない女性はとにかく表現することに頑張ると変わるはずだ。素直さがないとめんどくさがりの男性は何度もデートしない。

 

自分の話に興味を持ってくれる女性

男性が自分に合う女性だと思えば2回目のデートに誘いたい女性となるわけだが、2回目のデートが食事や飲みに行くケースも多いため、会話が合うと思ってもらえれば誘われる可能性は非常に高くなる。

 

この「会話が合う」と思う状態を紐解くと、先ほどは「共感」が大事だと言ったが、もう一つ大きな要因は「自分の話に興味を持ってくれた」ということである。

 

恋愛は何だかんだとお互いが超主観的に相手を捉えているため、実は二人で感じ方が違っていることが少なくない。

 

例えば女性は盛り上がったと思ったのに男性は盛り上がらなかったと感じた場合。なぜこんなことが起きるかといえば、それは「二人の発言量」に差がついた場合である。

 

つまり、どちらか一方が話し、どちらか一方が聞き役になった場合、それが意図的であれば良いのだが、なんとなく役割分担になってしまったり強制されてしまった場合は、「聞いている方」の立場の満足度が下がる傾向がある。

 

男性も話したいことはあるし、それを興味を持って聞いてほしいと思っている。聞き上手がモテるのはこういった心理をうまく引き出して満足させることができるから。

 

男性が2回目のデートに誘いたいと思う女性は、1回目のデートに「自分の話を興味を持って聞いてくれた」と感じさせてくれた女性。デート中に好きな人がテンションを上げるような話題を見つけたら、うまく質問を織り交ぜて話題を膨らませてあげよう。あなたとの時間が楽しくなるし自信が持てる。デートそのものの満足度も上がるから「また誘いたいと思う女性」になれるはずだ。

 

まとめ

今回は男性が「また誘いたい」と思う女性の特徴をまとめた。デート1回で終わってしまう女性は今回取り上げたことを意識してみて、2回目のデートに誘われる女性になろう。

 

女性の恋愛はリアクションがすごく大事で、特に受け身の恋愛をするタイプは誘われるのを待つことになるから、好意の伝え方が大事となる。アプローチしないし、リアクションにも気持ちを隠すなら恋愛が進むはずもない。

 

今回紹介したのは一つ一つすべてができないといけないものではないため、今の自分にプラスワンするイメージで意識してみよう。男性も色々考えながら女性をデートに誘う。何度も1回目のデートで終わるなら原因があると思うから、冷静に振り返って「自分の原因」に気づくことも大事だ。

 

関連記事: