読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

医師が推奨した「男性の褒め方」2つのポイント~男性が喜ぶ褒め方をしたいなら意識してみよう

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期 付き合いはじめのテクニック

f:id:Brightfuture:20170226125043j:plain

あなたは、男性を褒めるとき、どんな褒め方をしているだろう?

 

「正しい褒め方である」とまでは言えないと思うのだけど、毎週金曜19時から放送の「その原因Xにあり」というテレビ番組で「名医が伝授!魔法の褒め方」というコーナーが放送され、医師という立場で「男性が喜ぶ褒め方」を紹介していた。

 

今回はそれを参考に、「医師が推奨した男性の褒め方」を2つ紹介する。男性が喜ぶ褒め方をしたいなら、この2つのポイントを意識してみよう。医者が言う「正しい男性の褒め方」とはどんな褒め方だろう?

 名医って誰?男性は褒めると本当に喜ぶの?

番組が用意した名医とは、メンズヘルスクリック東京に所属する小林一広先生。2つのポイントを挙げ、「男性が喜ぶ褒め方」を解説していた。(放送回のページ⇒おさらい|その原因、Xにあり! - フジテレビ引用元)

 

心理学の権威である立正大学名誉教授の齊藤勇先生も、「男性を喜ばせる方法は、褒めること」だと主張しており、褒めることで優越欲求が刺激されて、男性は強い喜びを感じるということが心理学的に分かっていると説明した。

 

特に男性はこの「優越欲求」が強いとのこと。当ブログ的に言えば、「片思いを叶える男性の褒め方」とか「カップルが長続きする男性の褒め方」と言い換えることができそうだ。

 

今回は2つにポイントが絞られているので、誰でも実践できるはず。

早速紹介しよう。

 

医師が推奨する「男性の褒め方」2つ

「褒める」という行為は、相手が喜ぶだけでなく、自分の好意を伝えることができたり、照れることで笑顔になったりもするから、会話の雰囲気を良くするのにも有効。

 

ほめ上手な人は、普通の人間関係もうまくいっているので、知っていると恋愛以外の得も多そうだ。当然、恋愛にも大切なことなので、たった2つのポイントだから押さえてみよう。

 

男女で「喜ぶ褒め方」が変わるから、女性は自分の感性よりも男性の感性を知るというつもりで読んでみてほしい。

 

「社会的比較効果」を意識した男性の褒め方

男性は論理的な思考を好むから「比較」が大好き。感情的に意思決定することが多い女性に比べ、男性は論理的に意思決定する傾向が強い。

 

心理学では「人は誰かと比較して褒められることで喜びが増す」と言われ、男性の思考回路を考えると、「社会的比較効果」を利用した男性の褒め方をすると、期待した以上に喜んでくれる。

 

番組で紹介していた例文を紹介しよう。番組では「奥さんが旦那さんを褒めるとき」を想定していた。

 

「いつもゴミ出ししてくれて偉いわね」

これでは不十分。

 

魔法の褒め方を使うと…

「隣の旦那さんはゴミ出しなんてしていないのに、あなたはいつもしてくれてエライわね!」

 

男性を褒めるときは、ただ褒めるだけじゃなくて「比較」を使ってみよう。彼氏を褒めるときは「友達の彼氏」を何となく引き合いに出したり、片思いの好きな人も「他の男性」を引き合いに出してみる。

 

実際はあまりやり過ぎると「比べられている」という感じが嫌な印象も与えそうなので、ニュアンスは柔らかめで十分だろう。会話の中で引きあいに出すのもアリである。

 

  • 比較して男性を褒めると喜ぶ褒め方になる

 

「ウインザー効果」を意識した男性の褒め方

褒める時というのはどうしても「お世辞」と思われてしまうことが多い。真に受けるのは勘違いヤローになりかねないという意識もあるため、案外褒め方って難しいものだ。

 

そこに対処できるのが「ウインザー効果」を意識した男性の褒め方。

 

ウインザー効果とは、「間接的な第三者から伝えられた方が信ぴょう性・信頼性が上がる」と言う心理的効果のこと。男性が喜ぶ褒め方となる。

 

さきほどと同じように例文を引用しよう。

 

「あなたはいつもゴミ出しをしていて優しいって隣の奥さんが褒めてたわよ!」

 

今回は直接的に恋愛へ活かしていきたいので、ただの情報提供的に褒めるよりも、もっとあなたの主観を入れて恋愛に効く男性の褒め方にしたい。

例文を少しいじってみる。

 

「後輩の〇〇がカッコイイって褒めてたよ。やっぱりモテるんだね。私もカッコイイって思っちゃうもん」

 

シチュエーションに合わせて自然なタイミングで言えればまず男性は喜ぶ褒め方だし、主観を入れて好意も伝えている。例はあくまで例だが、ニュアンスを調整して、「第三者の声」と「自分の気持ち」を上手く織り交ぜるとより恋愛的になる。

 

また、付き合っている彼氏を褒めるなら番組で紹介した例文が結構そのまま使える。

 

「友達に〇〇(彼氏)の話をしたらね、素敵な彼氏だねってすごく褒めてくれたの。やっぱりいい彼氏だよね。羨ましがられちゃった!」

 

彼女から彼氏を褒めるなら第三者として褒めても直接効果が期待できる。信頼性は高くんなるし、特に男性は多くの女性から褒められたいって本能を持っているので「優越欲求」は相当に満たされるはずだ。

 

彼氏が喜ぶ褒め方をしたいなら試してみよう。

 

  • 第三者として褒めると男性が喜ぶ褒め方になる
  • 片思いの好きな人を褒めるなら、加えて「自分の主観」も混ぜる

 

「褒める」というアクションは恋愛に大切なもの

今回は医師が推奨した男性の褒め方を紹介した。男性が喜ぶ褒め方をしたいなら、心理学的に証明されている2つの効果を意識した褒め方を紹介したので、参考にしてみよう。

 

男女関係なく、恋愛では「褒める」ってアクションがとても大切なものだ。甘い雰囲気を作るのにも、やんわり自分の好意を伝える時も、会話の雰囲気を良くするためにも、褒めることで得られる効果は実際大きい。

 

ただ、褒める時には「お世辞」の問題が付いて回り、人に寄っては受け取り方に違いがうまれ、「褒め方」がカギを握っている面があるだろう。正直、好きな人をイラッとさせる方法になってしまうことがある。

 

女性の場合はより本気で褒めていることを伝えて「口説く」のが恋愛に効果的かと言うとそうではないので、「追われる女」になるために紹介した方法で効果を期待しても良いのではないだろうか?

 

自分の主観で考えてしまうと、効果も伝わり方も違ってくるから、「男性心理」をより意識して褒めることができるようになると、好きな人との関係性も変わってきそうだ。

 

何度もこのブログで伝えているように、相手の気持ちはリアクションに表れるので、自分でいっぱいいっぱいにならず、相手を見た「コミュニケーション」に頑張ろう。褒め方に関しては今回2つのポイントだけを紹介したので、意識できるはずだ。

 

「褒める」というテーマについては過去に何度かまとめているので、参考にしてみよう。

 

恋愛で「褒める」場合の基本的な考え方:

【恋愛】褒めようと思うから褒められない!素敵だなと思ったことを言葉にするのが「好きな人を褒める」基本

 

男性が喜ぶモテ言葉:

女性から言われるとつい嬉しくなる言葉~男性が喜ぶモテ言葉とは

 

褒めることで恋愛の雰囲気を作る:

さりげなく褒めることはなぜ大事なのか~恋愛の雰囲気を作る要素「勘繰る」について