読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

初めての彼女・彼氏と上手く付き合うコツ~特別好きだから不安になる人へ

付き合いはじめのテクニック カップルあるある 女性向け恋愛コンテンツ集 大学生の恋愛

f:id:Brightfuture:20160629210043j:plain

初めての彼女ができた時(初めての彼氏ができた時)、相手も初めての彼氏・彼女なら不安もまだ少ないように思うが、そうではない場合は特に「初めての彼女と上手く付き合うコツ」みたいなものが気になるかもしれない。

 

ここは男性ならプライドも絡むところだろうし、女性は今の幸せがずっと続くように、不安に対処したい人はきっと多いはず。

 

付き合うのが初めてだからこそ単純に自分の「特別好き」って感情を持て余すこともあるのではないだろうか。

 

今回は初めて彼女・彼氏が出来た人へ、上手く付き合うコツを5つのトピックで説明する。誰でも「初めて」は不安になるもの。少しでも上手く付き合っていくにはどうしたらいいか、一緒に考えてみよう。

関係作りは「これから作っていく意識」が大事

「付き合う」ってことにどんなイメージを持っているかは案外人それぞれだ。

 

しかも恋人の価値観にもバラ付きがあるし、そもそも人間関係の一部なのだから、「恋人だったら」「友達だったら」ってことは、一元化して定義付けることは難しい。

もっと言えば不可能だろう。

 

従って、初めての彼女・彼氏と上手く付き合うには、「これからカップルとしての関係作りがはじまる」ってことを理解することが一番大切だ。

 

長く彼女・彼氏ができなかった人はお付き合いに何となく理想みたいなものを抱きがちで、初めての恋人ができた瞬間から友人に聞いた「ラブラブ期のカップルの形」をイメージしているかもしれないが、そういった関係になれるかどうかは、これから作っていく関係に寄る。

 

今はまだそのスタートラインに立っていることを認識しよう。今、仲の良い友人と初めから仲が良かったわけではないことを思い出すとイメージし易いはず。

 

友達から恋人になった人は、特に「これからどう進んでいこう」と悩むことが多いと思うが、焦る必要はないし、それは「初めての彼女」「初めての彼氏」だから特別に考えることでもない。

 

告白がOKされて付き合うことになった場合、友達から恋人になる工程が1ヶ月前後くらい続くこともあるから、まずは1ヶ月間を「カップルとして仲良くなるための期間」と思うくらいで丁度いいと思う。

 

自分らしくいるようにするには

初めての彼女・初めての彼氏と付き合う時、なかなか自分らしくいられないことに悩むかもしれない。

 

好きな人の前ではカッコ付けたい(可愛くいたい)と思うだろうし、弱みを見せたくないとも思うだろう。

 

上の記事では、

  • 好きな人を特別視してしまうこと
  • 過ごした時間の少なさ

が自分らしくいられない原因として大きいと考え、その解決方法を紹介している。

 

初めての恋人が出来た時、それまで考えていた理想のカップルと現実の関係の中でギャップを感じてしまうこともあると思うが、好きな人の前で自分らしく振舞うためにはある程度の時間が必要だ。

 

当然、ただ時間を送るだけではなくて、色々なコミュニケーションを取りながら発展させていく。答えを言ってしまえば、「その内自分の素が出てくるし、彼女や彼氏も一緒だよ」ってことなんだけど、焦るとギクシャクする点には注意をしてほしい。

 

しかしながら、いつまでも壁を感じる関係は、お互いで不満や不安に繋がり易い。上手く付き合うコツとしては背伸びしないで付き合っていくことを心掛けると良いだろう。

これは逆の発想をすることで腹に落ちるかと思う。

 

あなたが付き合い始めた初めての恋人に対し、あなたはどんな風に振る舞って欲しいだろう?

飾らないで素のままに一緒に居て欲しいと考えてはいないだろうか?

その上で自分と話している時、一緒にいる時に楽しい気分になってほしいと。

 

付き合うまでにどんな関係を築いてきたかは分からないが、共通しているだろうことは「既にお互いで好き」だということ。

 

これを信じ合うことがとても大事なのだが、好きな人にはその人らしく自分と一緒に居て欲しいと考えるものなので、「段々と」そうなれるように努めると良い。

相手に求めることを自分に当てはめて考えることは、付き合うことの基本になるし、上手く付き合うコツにもなる。

 

両想いだから二人は付き合う。そのことをどんな時も忘れず、好きな人が望む自分の姿も意識しながら、二人で関係作りをしていこう。

 

「自分らしくいる」という状態は相手を信じ切っていないとできないタイプがいるから、二人で思い出を作っていき、カップルとしての距離を縮めていくことが大切になる。

 

気持ちは目に見えないものだから、言葉はとても大事

男女はカラダの構造も違えば、ココロの構造も違う。

だからこそ「言葉」はとても重要なものになる。あなたがどんなに分かりやすい人であったとしても、「気持ちは見えない」ってことを絶対に忘れちゃいけない。

 

「分かっているだろう」「伝わっているだろう」との考えを前提にすると、同性でも同じだが、男女では特に誤解が生じやすい。

 

そもそも考え方が違うのである。

 

自分が思うことは「なるべく言葉にしよう」として付き合っていくのはお付き合いの基本になるので、特にまだ深くまで知り合っていない「付き合いはじめ」に意識したい。

 

誤解を恐れて無難な言葉を選ぶのではなく、誤解されないように言葉を尽くす。伝える言葉は、相手に伝わるように伝えよう。恥ずかしいし、もどかしいけど、「コミュニケーション」を疎かにすると、男女は必ずすれ違う。

 

まだ関係作りをしていく段階においては、考えていていることが相手に伝わっていないし、不安が強ければ現実的に「誤解しようと努めるような考え方をする人」もいるので、しっかり言葉にするのは大切なことだ。

 

コミュニケーションは鏡だ。

あなたが素直な言葉で語りかければ、相手もそれを返すだろう。

 

最初から理想のコミュニケーションが取れるとは思わず、努めることが重要なので、「自分から」言葉を尽くそう。うまくいかない時に頑張っても積み重ねがないと伝わらない。普段から向き合っていることを伝えることが長続きのコツになる。

 

気遣いと遠慮の違い

付き合い始めに上手くいくカップルは、「気遣い」が良い方向へ作用している面がある。壁を感じるような「遠慮」をしてしまうのは違うのだが、気遣いはとても大切だ。

 

何かと好きな人のために頑張ることは良いことで、それはある意味で自分らしい行動ではないだろうか。

 

カップルは長く付き合うことで、どうしてもなれ合ってしまい、この「気遣い」が欠損し易い。長続きしたカップルの副作用みたいなものだから仕方のない問題なのだが、付き合いはじめの頃は、素直にいようと努めながらも「気遣い」ができる良い時期である。遠慮せず、気遣いをしよう。

 

それは「作っている自分」ではなくて、「優しさ」である。

 

相手を想って気遣いすることは、一緒に良い関係を作っていこうと努力する気持ちがカタチになったものだから、そうなれることへ作用することは言うまでもないだろう。

 

二人で想い合うことができれば、上手く付き合っていくことができるはず。

遠慮のし過ぎはNGとしながらも、優しさ・気遣いは多い方が良い。

 

下の記事を読むと「恋人を思いやる」というのがどんなことか理解できるから参考にしてみよう。

 

好特別好きだから不安なのは「初めての彼女」「初めての彼氏」だからではない

「付き合うのが初めてだから」と、不安の原因を「初体験」のためだと思い過ぎるのは良くない。

 

多くの恋愛を重ねた人でも、好きな人の前では緊張する人も多いし、恋愛感情とはそんなものである。「慣れていればこうできるのに」って考えを持つこともあるかもしれないが、恐らく二人目の恋人だとしても同じことを思うと思う。私はもう何度こんなことを思ったか分からない。

 

これまで友達から色々な話を聞いてきた人が多いと思うので恐らく納得できると思うのだが、カップルは本当に色々な付き合い方をしている。

 

私は彼女が違っても同じような付き合い方をするタイプだが、それでも形は変わることがあったし、人によっては彼女・彼氏が変わる度に付き合い方が変わっている人もいるくらいだ。

 

要は、恋愛において「経験」は役立つこともあれば、役立たないこともあるということ。特別好きで不安なのは、それが初めての恋人だからではないだろう。

 

結婚する前に付き合った人の数は平均して4~5人程度だと言われている。

決して世の中の男性・女性が恋愛に慣れているとは言い難い。

 

悩みを人と比べて意味があるのかは、正直微妙と言わざるを得ないが、好きな人と付き合えるようになれば、始めは誰でも不安を覚えながら付き合うのだということは分かっておこう。

それを良い方向へ活かせるようにすれば良いだけだ。

これまでの人付き合いと同じように、ゆっくり関係を深めていけば良い。

 

何度も繰り返すけど、両想いの男女は「気持ちを確認したらラブラブカップルになれる」のではなく、「二人で一緒の時間を過ごし、色々な体験や経験を一緒にしていく内に、二人が理想とする付き合い方に近づいていく」のであり、付き合い始めはどうしてもお互いに意識し合ってギクシャクしたり、しっくりこないことで不安になる。

 

「まだまだこれから」って気持ちを持って、友達関係でうまくいった好きな人との関係を、今度はカップルとしてうまくいかせよう。

 

まとめ

今回は初めての彼女・初めての彼氏と上手く付き合うコツとして、5つのトピックでポイントになることへ触れた。

 

初めて恋人ができた人は不安も多いと思うが、ある意味その不安と上手く付き合うことが付き合い始めのポイントになることも多い。不安が原因で拗らせると、それがカップルの別れる原因になってしまう。

 

各ポイントでどのように振る舞うべきか、又考えるべきかについては当ブログの多くの記事で紹介しているので、過去記事も合わせて読んでもらえたらと思う。(⇒付き合いはじめのテクニック カテゴリーの記事一覧

 

人と人の関係は時間が経つうちに変わっていく。

それが全て良い意味ではないし、悪い意味ばかりでもない。

初めての彼女・初めての彼氏との恋愛は、嬉しいことや楽しいことがたくさんあると思うので、多くの時間を共にしながら時間をかけて幸せなカップルを目指そう。

 

自分の性格を知っていると付き合い方がうまくなる。下の記事も読んでみてほしい。

 

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際にやってみた体験談~無料でできるのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!【画像あり】

 

関連記事: