読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

嫌われるきっかけになるNGメール・NGラインの特徴

好きな人とのLINE 女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160620185757j:plain

好きな人へのアプローチにメールやLINEを使うのは超基本的なことで、恋愛を意識すればその「使い方」に悩むことは多いと思う。

 

恋愛のアプローチと言っても何をどうしていけばいいか迷うものだし、とにかくコミュニケーションを増やして好きな人と仲良くなりたいと思うとき、間接的な手段で連絡ができるメール・LINEの活用は、直接話しかけたり電話したりするよりも簡単だ。

 

では、好きな人とメールやLINEのやりとりをする場合、どんなメールやLINEがNGになってしまうのだろうか。

 

この記事では、「嫌われるきっかけになるNGメール・NGライン」についてまとめていく。気付かずに繰り返しNG行動を取ってしまうと、好きな人に嫌われてしまうきっかけになるから、チェックしておこう。

返信が欲しいから毎回「?マーク」を付けてしまう

好きな人とメールやLINEをする時は何通もやりとりを続けたいから、つい「?」で終わるメッセージを送ってしまう人が多い。

 

知りたいことがたくさんあったり、相手からの返信がほしかったりして、自分から相手への興味が強いからこそこんなことがよく起こるのだけれど、頻度には注意をしよう。

 

意識してか無意識かを問わず、「毎回?マークのLINEを送ってしまう」のはNGである。

 

毎回「?マーク」をつけてしまうと、相手は返信を強制されているような印象を持つことがあり、それが続けばどんな人も「めんどくさい」と感じる原因になる。質問攻めにうんざりする人がいても当然だ。

 

好きな人とのLINEは返信でニュアンスを掴むしかないが、質問ばかりをするLINEを嫌われるまで続けてはいけない。NGメール・NGラインの特徴の一つだから気を付けよう。

 

また、「やりとりが始まると毎回長くなる人」とも、日常的な連絡を取りたくない。相手には相手の事情があるから、メッセージのニュアンスで切るべきところはしっかり切っておこう。

 

好きな人とのLINEは「ただやりとりを続ければ良いのではない」から、相手への思いやりを持つようにするのがポイントだ。決して自分勝手になってはいけない。

 

察することができずにしつこく誘う

メールやLINEでは、「口で言いにくいことをメッセージに変えて送れる」のがメリットの一つだ。恋愛ではここをうまく使えると、好きな人と良い関係性に進めることもできるけど、NG行動になってしまう人は伝えやすいツールだからこそ間違えてしまう。

 

「遠回しな言い方や探りを入れるような誘い方をしたのに話が発展していかない時」と言うのは、相手がその誘いに乗り気ではない時だ。

 

なかなかはっきりしたことが言えない人がいるのも事実ではあるが、興味のある人から案に誘っているような話を振られた場合はそれなりに話を進めるもの。逆なら、現状は「脈なし」だから、引くところを間違えてしつこくなると嫌われる。

 

「忙しい」とか「いつか」とか、話を流しそうな感じであなたの誘いにリアクションをしたなら一度引くべきだろう。

 

こんな時は、相手が「察してほしい」と考えていることが多く、そのまま話を進めようとしたり、時間を置かずに再度誘うような行動を取ると嫌われる原因になる。メールやLINEでよくあるNG行動だ。対面してないから勢いで誘い続ける。

 

二人で会いたいと思う関係は「出会いの段階」で全てが決まるわけではなく、何かのきっかけでそうなったりすることもあるから、「しつこい誘い」はデート成立の可能性すら排除してしまう行動になることがある。要は、しっかり誘いに乗ってくれる関係作りをしようということ。

 

恋愛は友達になるリスクとか、関係が落ち着いてしまうリスクを考慮すると、ある程度短期決戦をイメージするべきだけど、「誘うタイミング」はお互いの距離を考慮して決めるべき。

 

メールやLINEなら誘いやすさがあるけれど、相手のリアクションをしっかりニュアンスで感じて、押すべき時は押し、引くべき時は引いておこう。

 

またチャンスは訪れるはずだから、「しつこい」とは思わせないことが基本となる。好きな人から嫌われないアプローチをしよう。

 

 

自分をディスったりネガティブな内容が多い

好きな人と仲良くなってきた人は、メールやLINEの内容が深くなったり、グチを言って甘えたりするようなこともある。

 

メールやLINEでは、基本的に言いたいことを言えばいいし、いつもポジティブな内容ばかりでも疲れてしまうところがあると思うが、「自分をディスったり、ネガティブな内容が多い」と思われるような状態になってしまうのは避けよう。NGメール・NGラインの特徴の一つだ。

 

仲良くなってきた段階では自分の性格がメールやLINEにも出てくるようになるけど、やっぱりネガティブな人は好かれないし、相手にし続けるのが辛い。基本的にモテる人の性格が「ポジティブ」であるのは、「一緒に居て楽しい」と思える人が好かれるからだ。

 

メールやLINEで自分までテンションが下げられてしまうと、あなたの印象はやっぱり悪くなる。グチや不満が増えると、好きな人があなたのフォローをしたり、励ましたりしないといけないからだ。

 

傾向として「ネガティブな内容のメール・LINEをする人」だと思われたなら、嫌われるきっかけになるだろう。

 

愚痴をこぼせるだけ距離が近づいたことは本来恋愛に取って良いこと。せっかくメールやLINEでそう言える関係になれたのなら、言いたいこと言って、深いコミュニケーションを取るべきだとも思う。

 

しかし、やっぱりせっかくなら楽しい会話の比重は増やすべきだ。何でも話せる相手になるということも重要だろうけど、「一緒にいて楽しい相手になること」はもっと重要。

 

グチをいったりネガティブな発言をした時は自分でフォローの言葉を添えたり、そこからポジティブな話にもっていったり、コミュニケーション全体を良いものにしていこうとする姿勢は大事だと思う。

 

好きな人とこれからどんどん仲良くなっていきたいと思うなら、会話が盛り上がる内容でコミュニケーションが取れるようになろう。最初は笑い話がたくさんできるといい。

 

知り合ったばかりであまり知らないはずなのに好意を伝えてしまう

恋愛は、好きな人に自分を意識してもらってからが勝負なので、「好意」についてはある程度伝えていく方向で問題はない。それがいわゆる「恋愛のアプローチ」に繋がる。

 

でも、出会ったばかりでまだあまり知らない内から「好意を前面に出してしまうメールやLINE」はNGだ。好きな人から嫌われる原因になるから、「距離感」を適切にするべきだ。

 

その理由は、自分のことをあまり知らないはずなのに好きになられると「外見しか見ていない」と思われたり、「誰にでもそんなことを言うチャラい人」だと思われる原因となるから。

 

要は好きな人からすれば、自分を知らないくせに好きになる理由が分からなくて、ネガティブな印象を持つ場合があるのだ。

 

また、相手に好意を確信されてしまうと、好きな人に引かれてしまう原因になることもある点にも重ねて注意する必要がある。

 

もともと興味を持ってもらっていたなら問題にはならないけれど、そうではない場合、知り合って間もない状態で好意を伝えてしまうと、仲良くなるのを避ける人も出てくる。想いに応えられないと思うからであり、仲良くすることが「好意を受け入れている」と相手に思われてしまうためだ。

 

好意を伝えながらアプローチする際は伝え方や時期に気を付けて、その時々に応じたアピール方法を取ろう。段々と自然に伝わっていくなら、それを止めようとまではしなくて良い。

 

女性の褒め方~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方とは

 

医師が推奨した「男性の褒め方」2つのポイント~男性が喜ぶ褒め方をしたいなら意識してみよう

 

まとめ

今回は「嫌われるきっかけになるNGメール・NGライン」の特徴を紹介した。

 

メールやLINEなどの間接的なコミュニケーションは、お互いで時間のある時に対応でき、二人きりで話のできるものなのだから恋愛では重要な意味を持つツールだ。これだけで距離を縮めていくのには限界があるから他のアプローチ方法と連動させていくべきだけど、日々のコミュニケーションの中心になる場合は少なくない。

 

色々と考えてメッセージを決定しているとは思うけど、メールやLINEで一番問題になるのは「しつこさ」であり、次に「察することができない」こと。返信のスピードやメッセージ量なども考慮して、良いコミュニケーションを取ろう。

 

以下に、LINE関係の記事を貼っておくので、気になる人は合わせて読んでみよう。

 

 

もしあなたが好きな人から嫌われてしまった後なら、少し時間を置くことでほとぼりが冷める場合がある。余裕がないと恋愛はうまくいかないし、一度嫌われてからの恋愛はしんどいので、しつこくなってしまうのには注意をしよう。

 

一途な片思いは叶う?叶わない?好きな人に執着する人の恋愛が上手く行かない理由 

 

 

好きな人に嫌われたかもしれない時に関係を修復して挽回する方法