読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

恋人がほしいと思う人の割合と枯れてる系男子や女子の割合~恋愛に苦手意識を持たないためには「コミュニケーション力」がカギ

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために

f:id:Brightfuture:20160521172759j:plain

内閣府が調査したところ、「恋人がほしい」と思う人の割合は全体で6割くらいに留まっており、約4割の人は恋人がほしいと思わないことが判明した。

あなたの印象だとどうこの数字が映るだろう。

 

今回は内閣府の実施した「結婚・家族形成に関する意識調査」を紹介しながら「恋人がほしい人」と「恋人がいらない人」の違いや、恋愛に苦手意識を持たないようにするためにはどうしたらいいかなどをまとめてみたい。

 

内閣府調査により「恋人がほしい」と思う人の割合が約6割と判明

今回は「平成27年版 少子化社会対策白書(全体版<HTML形式>) - 内閣府」よりデータを引用する。

上の調査によると、20代と30代の男女761人から寄せられた回答では、「恋人がほしいですか?」という問いに対し、「恋人がほしい」と答えた人の割合が全体で60.8%という結果になった。37.6%の男女は「恋人はいらない」と回答している。

 恋人がほしい恋人がほしくない無回答
全体 60.8% 37.6% 1.6%
男性 61.5% 36.2% 2.2%
20代 58.1% 39.7% 2.2%
30代 66.1% 31.6% 2.3%
女性 60.1% 39.1% 0.8%
20代 57.6% 41.1% 1.3%
30代 64.8% 35.2% 0.0%

恋人がほしいと思う人が最も少ないのが20代の女性。恋愛がしたくないと考える「枯れてる系」の人は確かに10代や20代の若い世代で増加傾向だと言われているが、男性と女性に大きな違いはなかった。

 

肌感覚では「枯れてる系男子」が話題を集めているが、実際の調査結果では、むしろ枯れてる系女子が多いとも言える結果に。全体との違いはわずかで突出した数字にはならなかったが、枯れてる系の人は男女に違いがなかった。男子の方が恋愛で積極性を求められているのでメディアの取り上げ方が違うのだろう。

 

最も恋人がほしいと答えた世代と性別は「30代の男性」で66%を超えた。全体に比べて10%ほどの上昇で、頭一つモチベーションが高い。

結婚を意識した人が多い30代は、その前段階である「恋人を作りたい」と思うモチベーションも比較的高く、世代の価値観もあるとは思うものの、恋愛結婚が中心の現在では「恋人がいないと結婚の可能性すらない」と思う人が増える。

 

私の周りでも30代で結婚していない人は恋人へのモチベーションが高いと感じるところ。

 

恋愛に苦手意識を持たないためには「コミュニケーション」がカギ

次に「コミュニケーション力別」に恋人がほしい人の割合を見てみよう。今回の調査では「社交性が高く、自己効力感の高い人」が恋愛に肯定的な見方をしていることが分かった。

なお、社交性と自己効力感については以下のように本文で説明されている。

調査票の「あなたご自身のことについて」の回答結果をもとに因子分析を行い、「社交性」(対人関係への積極性)と「自己効力感」(自分が必要とされる行動をとれるかどうかについての評価)の2因子(特性)を抽出し、点数化した。

 

その上で、各回答者における「社交性」と「自己効力感」の平均値を高・中・低の3群にレベル分けし(各群に属する人は約3分の1ずつ)、高・低の2群の結果を示している。

 

 それでは表にまとめたので見てみよう。

  恋人がほしい恋人がほしくない無回答
男性 社交性・高 69.2% 29.8% 1.0%
  社交性・低 52.6% 44.0% 3.4%
女性 社交性・高 77.1% 21.9% 1.0%
  社交性・低 51.5% 48.5% 0.0%
男性 自己効力感・高 74.3% 23.9% 1.8%
  自己効力感・低 52.1% 44.3% 3.6%
女性 自己効力感・高 67.2% 32.0% 0.8%
  自己効力感・低 51.3% 47.8% 0.9%

 単純に「恋人がほしいと思うのかそれとも恋人がほしくないと思うのか」という問いではわからなかった内容が今回の質問ではかなり明確になっている。

 

上の表を作成して一番に思うのは、結局「苦手だから恋愛したくない」と思う人が多い点。社交性が高く、自己効力感の高い人は「恋人がほしい」と思う人の割合がかなり上昇する。

つまり、コミュニケーション力の高い人は恋愛嫌いにならず枯れないのである。

 

恋愛は一重に「素晴らしいもの」というつもりはないが、下の記事で紹介しているように「恋愛から学べること」もあるから突き放すのは少し違うかなと思う。好きな人と一緒に居られて愛される喜びを知るのはやはり幸せを感じることのできる人の活動だろう。

 

無理に恋人がほしいと思うのではなく、好きになるような素敵な人と出会って、接していくうちに「ずっと一緒にいたい」と思えるのは素晴らしいことだと思う。

 

何度もこのブログで伝えているように「恋愛は究極のコミュニケーション」だ。コミュニケーションが苦手な人は恋愛を遠ざけてしまうことがデータ上でも証明されているので、異性と円滑にコミュニケーションをとれるように経験を積むことは大事なこと。はじめから得意である必要はないが、遠ざけて苦手意識を強めてしまうのはもったいない。

 

確かに苦手意識ができるとそれを遠ざけてしまうのが当たり前だが、恋愛は異性からモテないといけないのではなく、好きになった人から好きになってもらえればそれで良いもの。もっと深くまで知り合いたいと思える人とのコミュニケーションでは、「恋愛はしたくない」という気持ちで無条件に遠ざけてしまのが本当にもったいない。

 

結局、素晴らしい恋愛は素晴らしい出会いによって成立するところもあるから、自分から積極的に行けない人は待ち主体でも恋愛ができるように、自分の恋愛環境を変えていこう。

 

まとめ

今回は内閣府調査をもとに「恋人がほしいと思う人の割合」と「枯れてる系の男女の割合」についてまとめた。恋愛に苦手意識を持たないようにするためには「コミュニケーション力」がカギになっていることがデータ上で分かっているので、気の合う人との出会いは自分から求めてみよう。楽しく会話した先に恋愛があるなら、幸せも感じることができる恋愛になると思う。

 

経験できず苦手意識ができるとどんどん「恋愛」を遠ざけてしまう。悪循環になってしまうと自信も失いやすいので、「恋人を作る」というモチベーションは置いておいて、素敵な人とのコミュニケーションは日常で取れるように環境つくりも頑張ってみよう。

 

関連記事: