読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために カップルあるある 付き合いはじめのテクニック 私の恋愛観

f:id:Brightfuture:20161105182833j:plain

大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。

 

「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」

この問いにNOと言う人はやっぱり少数派だから、もしあなたが恋人を大切にできる人であれば、幸せなお付き合いが長続きする理由にもなるだろう。

 

そこで今回は、「恋人を大切にするとはどんなことか」をまとめるので、今好きな人と付き合っている人も、これから好きな人と付き合うことになった時のことを不安に思う人も、是非参考にしてみてほしい。

 「大切にされているなぁ」と感じるのは、それだけ気にしてくれる人

恋人を大切にしたいなら、まず彼氏や彼女に関心を持とう。そして、その気持ちを伝わるように、言葉や行動や態度に出せるようになっていこう。

 

好きな人のことは気になっちゃうものだし、離れていても頻繁に思い出しちゃうと思うのだが、その気持ちは本来恋人に取って「嬉しい」と感じる気持ちだ。まだ壁がある内は恥ずかしかったり強がったりして、気にしていることが好きだという気持ちを表現するようで嫌だとも思うのだけど、付き合っているならなるべく伝わるように伝えたい。それが愛情というものだからだ。

 

付き合いが長くなると、二人が付き合っていることに慣れてしまって段々気にしなくなっていくかのような態度になることがある点に注意が必要だ。「あれ?昔と変わった…」なんて疑心暗鬼がゆっくり二人の関係を冷ますことがあるため、「気にしているよ」「つい思い出して考えちゃうんだよ」って気持ちを伝えあう関係が理想である。恋人を大切にするということは、ある瞬間だけでなく、積み重ねるような感覚が大事だ。

 

重いと思われるのが嫌な人は、伝え方や伝わり方を考えればいい。間違っても隠そうとたり、真逆の態度でカモフラージュして、気持ちがすれ違うことがないようにしよう。大切になれていない!って思われたら、あなたが目指していた「幸せ」から遠ざかってしまう。

 

理解しようとしてくれて、話を聞こうとしてくれるのは「大切にしてくれる人」だ

好きな人と付き合うなら、コミュニケーションを大事にしてほしい。恋愛感情というものは自分にストレスを与えるものにもなるから、「二人で」上手くやっていこうろする気持ちと行動がとても重要だ。

 

その前提を踏まえて「恋人を大切にしたい」と考える人に伝えたいのは、「恋人の話をよく聞き、理解しようとする姿勢を大事にしてほしい」と言うこと。

 

自分の話を一生懸命聞こうとする人、それを何とか理解しようとしてくれる人に、人は「大切にされている」と感じる。恋人を大切にするということは、相手を理解しようとすることであり、固定概念を捨てて、恋人が話すことを聞くことから始まるのである。

 

あなたには彼氏や彼女に間違ったイメージを必ず持っている。みんな、自分の感覚と気持ちがあって、それは十人十色だからだ。

 

そのギャップは付き合い始めにドキドキ・キュンキュンする理由にもなっているのだけど、時間が経っても理解し合えないカップルは、しっくりこない感覚や恋人同士の距離感がない寂しさを感じるようになる。二人が一人と一人の集合体のように感じて、恋人として大切にされているとは思えないのである。

 

カップルがする会話には、相手を理解するための情報がふんだんに織り込まれている。好きな人には自分のことを理解してほしいという心理を持つため、会話の内容が深まった時などは「彼氏を理解しよう」「彼女を理解しよう」という感覚が大事になる。

 

どんな価値観を持っていて、どんな考え方をして、どんな夢や目標があるのか。

 

言葉にすると何だか大それたことをやろうとしているような感じに映る人がいるかもしれないが、前述しているように、恋人を気にしていれば自然と理解が進み、相手の話を聞く重要性にも気づく。それをもう少し主体的にするだけで恋人を大切にできるということである。

 

次で今回のテーマの核心に迫る。

 

「恋人の大切にしていることを大切にすること」が一番大事なこと

今回のテーマ「恋人を大切にするということはどんなことか」を一言で説明するなら、「恋人の大切にしていることを、あなたが大切にすることだ」と私は答える。

 

ここまで、「恋人に関心を持って話を聞き、理解し合って付き合っていくことが大切である」と言ってきたのは、それによって彼氏や彼女が「大切にしていること」が分かるからだ。

 

あなたの恋人が「大切にしてくれている」と感じるのは、それだけ自分の望む恋人像に近づこうとする意思を感じるからでもある。それに加え、自分が喜ぶであろうことに一生懸命な姿が思いやりの気持ちを感じさせて、大切にしようとする気持ちが伝わっていくのだ。

 

よく友達から聞く恋人へのグチとして「私のことが分かってない」という意見があるが、これは、かみ砕くと「私が大切だと思っていることを大切にしてくれない」と要約することでほとんど説明できてしまう。

 

多くの人の関心は、自分が気にすることへ向かう。言葉を大切にする人は言葉を大切にしない彼氏や彼女に強い不満を感じ、向き合うことを大切にする人は向き合ってくれない彼氏や彼女に強い不満を感じるのである。

 

こんな状態になったとしたら、もちろん「大切にしてくれない」と思うだろう。

 

言葉で「私はこれを大切にしています」と伝えられると対策・対処は簡単になるけれど、恋愛ではこういったことが言いにくいと感じる人が多いため、なかなか言葉にされず、「察してほしい」と思いがちだ。ここはお付き合いの難しさの理由になっている。

 

だからこそ、日々のコミュニケーションで相手を理解していくという工程が大切で、彼氏や彼女への理解が深まるほど、相手の大切にしていることが具体的に分かってきて、恋人を大切にすることができるようになる。

 

あなたが好きな人が大切にしていることってなんだろう?

 

これを考えることが恋人を大切にするうえでとても重要なことなのである。付き合いが深まると、恋人同士はお互いに理解が深まるから仲良く付き合っていけるのだ。

 

ケンカはお互いを理解するために大切なもの、恋人を大切にしたいなら問題解決型の思考で放置しないようにしよう

当ブログは「恋愛」を現実的に考えることが一つのコンセプトなので、今回のテーマをもう少し掘り下げる。

 

恋人を理解して、恋人が大切にしていることを大切にしようと言ったが、現実的にそれが一番叶うのが「喧嘩の仲直り」である。ケンカでしかできないことではないが、ケンカで「大切にしていること」がよく分かるのは事実である。

 

カップルがケンカした時は、お互いに感情的になり、考えていたことや素直な言葉が普段より出やすくなる。理性で我慢していたり、敢えて言わなかったことが喧嘩の時は過剰なほど伝えてしまうものだ。

 

それでたとえケンカ中に冷静になれないとしても、その場で伝えられることは、相手が大切にしているものが多く含まれている。特に注意してほしいのが「何度も言われること」だ。

 

カップルは、育った環境から現在の状況はもちろん、性別すら違う。お互いの歩み寄りが必要不可欠だが、かと言って自分の意見を言いすぎれば「わがまま」に思われてしまい、案外バランスは難しいところ。恋愛の複雑さから、前述したように、隠そうとしたりごまかしたりも多いのである。相手を理解することは、言葉でいうほど簡単じゃない。

 

しかし、カップルはとても近い距離で付き合う以上、何かをきっかけに本音をもらすことがあって、溜めてた気持ちや普段言いたくても言えなかったことが言える瞬間がある。その代表例が「ケンカした時」なのである。

 

彼氏や彼女と喧嘩したとき、それが些細なものでも、相手をより深く理解するためにはしっかり内容を受け止めるようにしよう。たくさん喧嘩すれば、それだけ相手への理解が深まるが、それでは消耗が激しいので、できれば1つの喧嘩からなるべく多くのことを理解したい。仲直りする際は、「時間が解決する」という考え方を捨てて、問題解決型の思考ができるようにすれば、恋人を大切にすることも可能だ。

 

相手の気持ちと考えを受け止め、あなたもそれに言葉で応える。仲直りする時に問題が解決できるように話し合えれば、喧嘩するたびに仲が良くなるカップルになることも可能である。彼氏や彼女への理解が進み、相手が大切にしていることが自然と大切にできるのが、ちゃんと問題を解決しながら付き合うカップルだ。「もう、同じ内容で喧嘩しないようにしたい」という気持ちがそうさせる。

 

人は自分が伝えたことが相手に伝わったかどうかを気にする。ケンカしてもテキトーに仲直りするカップルは結局その喧嘩に意味を与えることができないから、「分かってくれない」となるのだ。何度もそうしていけば、これまた自然と、カップルはすれ違う。

 

恋人を大切にしたいなら「ケンカした時の対応」を大切にするのもコツだ。彼氏や彼女が我慢できないほどストレスを感じたことがどんなことだったのか、思い込みを捨てて話を聞いて見ると、誤解もあるだろうし自分の感覚とは違うことも出てくる。

 

そんな時に二人で話し合い、二人の間を取るなり譲り合うなり自分が折れるなりして解決してけば、相手は「大切にしてくれる人だ」と感じるだろう。何を大切にしてほしかったのかが分かる。

 

「人を理解したければ、何に対してその人が怒りを感じるのか知りなさい」

こんな言葉を最後にあなたに伝え、記事を終わろうと思う。

 

まとめ

今回は、「恋人を大切にするとはどんなことか」をまとめた。彼氏を大切にしたい人、彼女を大切にしたい人に参考にしてもらえたらと思う。

 

恋人を大切にするということは、相手を理解し、相手が大切にしていることを大切にすることが大事。しっかり受け止めることができるように、常にコミュニケーションを大切にできる人になろう。

 

ケンカした時は、雰囲気が悪くなって言い争いみたいになることを嫌い、冷静になれるように時間を置くことも多いのだけど、そのまま解決することなく問題を放置すれば不満は溜まることになる。全てではなくても良いので、二度目や三度目に問題になることが出てきたらその問題を解決できるように向き合うことが重要だ。

 

大きな不満にきちんと対処することで「大切にしてくれる」と思ってもらうこともできるので、すれ違うことがないように頑張ってほしい。

 

人は自分のことも良く理解できていないと言われるから、もし恋愛経験が少なくて上手く付き合っていく方法に自信がないなら、まずは自分自身を知ることが大事となる。下の記事を参考にしてみてほしい。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際にやってみた体験談~無料でできるのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!【画像あり】

 

関連記事: