読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

ラブレターの書き方と例文【私の三行ラブレター】~愛を込めて花束を、今あなたに

モテる男になるために 付き合う前の時期 カップルあるある 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20160520194036j:plain

あなたはラブレターにどんなイメージがあるだろう。

 

貰ったら嬉しいけど、自分から書きたくない?

恥ずかしくて、書きたくても書けない?

恋人がいないから受け取ってみたいって漠然と憧れを持ってる?

 

好きな人がいるなら、時にはラブレターを書いてみてもいいと思う。手紙が嫌ならLINEだって、メールだっていいから、あなたの気持ちを伝えよう。

 

今回は「ラブレターの書き方と私の三行ラブレター」を紹介したい。

愛を込めて花束を、今あなたに贈りたい。そんな気持ちをラブレターに乗せよう。

 

 ラブレターの書き方

ラブレターを書いたことがない人はラブレターの書き方が分からないと思うので、ポイントになる部分をいくつか解説したい。

不安が減ればきっと気持ちが伝えられる。じっくり読んでみよう。

 

ラブレターのメリット

ラブレターを書きたいという気持ちをもっと高めるために、まずはラブレターのメリットを紹介しよう。ラブレターにはラブレターのいいところがある。

  • じっくり考えて、納得した気持ちを伝えられる
  • 何度も読み返すことができるから、好きな人・恋人があなたを気になる度に読んでもらえる(喧嘩したときなども含めて)
  • ラブレターで告白するなら、相手に考える時間ができる
  • 字が綺麗ならあなたの魅力に、字が汚くても丁寧に書けば愛情が伝わる
  • 普段言えないことも手紙なら伝えられる、離れてから読んでもらうようにすればそこまで恥ずかしくない

ラブレターの魅力は色々あると思うけれど、すぐに浮かぶメリットを5つに絞って挙げた。いいところもたくさんあるから、ラブレターを書きたい相手がいるなら、タイミングをみて書いてみては?

 

ラブレターを書くタイミング

ラブレターをいきなり書くのは引かれちゃうかも!なんて思うあなたは下に挙げる5つのタイミングを選んでみよう。気持ちを伝えるのは大切なこと。ラブレターを書くタイミングに悩んだら、こんな時がいいと思う。もちろん手紙にしないでメールやLINEだってOKだ。あなたらしく表現しよう。

  • なかなか告白できない人はラブレターで告白
  • 喧嘩したときはラブレターで仲直り
  • 記念日はラブレターでとことん甘く
  • 記念デートのお礼はラブレターで
  • 好き!好き!好き!気持ちが盛り上がって伝えたい時に

私がラブレターを受け取ったタイミングは、一番多いのが「記念日」、次いで「喧嘩」、少ないのが「告白」という感じ。何にもないときにいきなり受け取るラブレターもあって、受け取った感じでは違和感なく嬉しいと思えたのを覚えている。

 

元カレや元カノとの復縁は色々と伝えたいことがある中でなかなか会えない場合もあってラブレターは比較的選ばれやすいところはあるかなと思う。

 

ラブレターを書くコツ

ラブレターの書き方は決まりきった形がないから味があって気持ちが伝わる。ラブレターよりも普通の手紙っぽく書くなら便箋2~3枚になってもいいし、3行ラブレターも素敵だ。あなたが書きたい量の文章でいいので気持ちが伝わるように書こう。

 

告白するのにラブレターを書く際は短めを意識して、恋人同士カップルの間で渡すラブレターは少し長めでも問題ない。重くしたいラブレターもあると思うので、雰囲気もあなた次第だろう。ただ、手紙で渡すなら伝わる気持ちは大きくなるので、量は少し軽めにしてもいいかなと思う。せっかくだし内容はストレートに伝えよう。

 

字は綺麗に越したことはないが、字が汚いあなたも大丈夫。とにかく丁寧に書くことが大事だ。手紙は自分の手で書くから味がある。その味に真心と愛情がちゃんと乗っかるように、丁寧に書こう。

誤字脱字に気を付けるのは当然だが、もし間違えてしまって修正する場合はなるべく書き直すようにした方がいい。修正テープが似つかわしくない内容なら、避ける方がちゃんと伝わる。

 

レターセットに関しては自分が書く内容に合ったものを。

ラブレターの第一印象は「封筒」だ。ラブラブなカップルは華やかな封筒でいいと思うけど、付き合う前や喧嘩したときのラブレターは少し落ち着いたものの方がいい。雰囲気に合わせよう。

 

書く内容はせっかくのラブレターだし、ストレートに書こう。

感謝、反省、「好き」というストレートな気持ち、褒め言葉、これからのこと…。

片思いも両想いも、恋愛していると色々な感情を持つので、あなたがラブレターを書く動機次第でなるべくストレートにそれが伝わるように書こう。

 

「結局この手紙は何が言いたいのか分からない」では寂しい。一日置いて読んでみると少し客観的に自分のラブレターを読めると思うので、伝わるラブレターのコツはちょっと時間を置いて読んでみることだ。

 

私の三行ラブレター

具体的なラブレターの例文を示してみよう。長く書く例文はあまり参考にならないので、3行ラブレターを書いてみる。

 

三行ラブレターならLINEやメールでも送りやすいので、TPOに合わせて参考にしてみるのもありだと思う。

 

今日で三か月の記念日だね。

短い時間に色々なことがあって、すごく充実した時間だったなって思う。

〇〇が好きだよ、これからもずっとずーっと一緒に。

 

頑張っているのが素敵って、すごく嬉しかった。

でもさ、俺が頑張れるのは〇〇のおかげだって、気づいているかな。

いつもありがとう。なかなか言えなくてごめんな。

 

昨日も、今日も、明日も、あなたを愛してます。

ずっと変わらずにこれからも。

そんな気持ちを大切にしたいと思える俺は、今幸せを感じてます。 

 

 今日、ずっと目標にしてたことが達成できたんだ。

こんな節目に振り返ると、〇〇の顔がどんどん浮かんできて、なぜか涙が出た。いつも支えてくれてありがとうって、それはやっぱり俺の方だよ。

 

 ありがとう。

出会ってくれて、好きになってくれて。

一人じゃないって初めて本当にそう思えた。

 

ずっと黙ってきたけど、〇〇が好きです。

恥ずかしくていつもはぐらかす自分が嫌だった。

ほんとはずっと「好きだ」って言いたくて仕方なかったんだ。

 

何度人生を繰り返しても、絶対に俺たちは出会うと思う。

安心してていいんだよ。何度でも君を見つけるから。

どんなことがあっても絶対に離さないから。

 

三行ラブレターは設定まで説明するには文章量がないので、これを読んでいるあなたに響くかは分からないけれど、いくつか私が考えた三行ラブレターを書いてみた。

ラブレターを書く際は、文章を膨らませて書いてみたりすることで応用もできると思うので、参考にしてみよう。

 

まとめ

今回はラブレターの書き方と例文(私の三行ラブレター」を紹介した。

普段言えないことを手紙やメール、LINEで伝えるのは素敵なこと。

伝えたい気持ち、伝えないといけない気持ちは、是非相手に伝えよう。

愛を込めて花束を、今あなたに…。

 

やっぱりラブレターは書けない!と思うあなたは、女心を理解するために下の記事で紹介する恋愛本を読んでみよう。気持ちを伝えるのは大事なことだ。

関連記事: