読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

恋愛でポジティブになる方法のヒント~ポジティブ思考とネガティブ思考の違いを知って辛い片思いから卒業しよう

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160902194421j:plain

恋愛は、上手く行かないことばかりで、ついネガティブ思考になりがちだ。片思いが辛いのなら、「恋愛はめんどくさいからしない」という意見も当然のように感じる。

 

しかし、世の中にはポジティブ思考で恋愛する人もいて、辛い片思いから幸せな両想いにステップアップできているのが現状だ。人を本気で好きになれば神経が過敏になって辛いことも出てくるが、ポジティブとネガティブのどちらに偏っているかの違いは大きい。

 

そこで今回は「恋愛でポジティブになる方法」のヒントとして、「ポジティブ思考とネガティブ思考の違い」に注目し、辛い片思いから卒業するための考え方を紹介したい。

「恋愛したいけどネガティブになっちゃうのが嫌だ」なんて考える人はポジティブに恋愛する考え方を知ろう。

 外見よりも中身で好きになる

まず紹介する違いは「好きになるきっかけ」から。

 

ポジティブに恋愛する人は、異性の外見よりも中身で好きになるのが特徴だ。話したことが無い人を好きになったり、見た目だけで好きになると、好きな人との関係がとても遠いところからスタートするので辛い恋愛になりがち。ネガティブに恋愛するのも当然となってしまう。

 

また、性格で好きになる人は「自分と合う人との恋愛」も増える傾向があり、好きになるきっかけも仲良くなってきた段階で迎えるため、ポジティブに恋愛できる可能性を高めている。

 

外見で好きになる人は、好きな人と仲良くなる前に意識してしまって片思い期の関係作りを難しくしている面があろうかと思う。好きになることは自然発生する感情が相手だから自分で制御できる類のものではないかもしれないけれど、「自分に合う人との恋愛」はネガティブ思考で恋愛する人が一度は考えたいテーマである。

 

自分をアリかナシかで考えず、好きになってもらうために頑張る

恋愛はセルフイメージ(簡単に言えば自信)が大事なのだけど、恋愛でポジティブになるには「自分をアリカナシかで考えず、好きになってもらうために頑張る」ことが重要だ。

 

ポジティブ思考で恋愛する人は、イケメンや美人ではない人でも「これから好きになってもらうんだ」という気持ちを持って片思いをしている。対して、ネガティブ思考で恋愛する人は「好きな人に取って自分がアリかナシか」ばかり考えて、アプローチする前から実質的に自分が好かれていることを期待し、そうじゃない現実をみて落ち込む。

 

恋愛すると、自分が好かれることに期待する気持ちを持つのが当然だが、片思いの初期は「これから好かれるんだ」という意識がとても大切だ。好きになった瞬間から両想いに近い状態じゃないと「好かれてない」なんて考えるなら、恋愛は本当に辛いものとなる。

 

自分がアリかナシかを考えるのは、見た目に自信がない人が抱きがちなのだが、セルフイメージが低いとどうしても自分のことを受けてくれるかどうかを気にするし、片思い初期にそんな感覚で好きな人と接すればどうしたって凹む瞬間が多くなる。

 

恋愛でポジティブになる方法を実践したいなら下の3つを意識してみよう。

  • まず仲良くなるために頑張ってみる
  • まだ好きになってもらっていないのが当たり前という意識を持ち、これから好きになってもらうのだと考える
  • 好きな人には敏感になってしまうのだから、細かなところが気になることを受け入れられるように頑張る

 

自分の気持ちよりも相手の立場になって考える

恋愛が苦手な人は「自分」という尺度に拘って「相手の立場」になれていない。究極的には、恋愛がうまくいくかどうかがポジティブかネガティブかに影響を与えているはずなので、「恋愛したら自分がどう考える傾向があるのか」は大事な視点だ。

 

自分の気持ちを優先して恋愛する人は、好きな人に好きになってもらうためのアプローチができない。自分を客観的に顧みて表現方法を考えず、独りよがりに恋愛するからだ。

 

対して相手の立場になって恋愛できる人は、好きな人から自分がどう見えるかを客観的に知ろうとし、自分の魅力の伝え方を考える。

 

「今日は話せたから幸せ!」って思うことは決して悪くないのだが、話せて満足できるのは話したいと思っていた自分の気持ちであり、その会話の結果好きな人から見た自分がどう映ったのかを考えないと恋愛が進んでいかない。

 

盛り上がる会話ができないと落ち込んでしまうネガティブ恋愛はさらによくない恋愛の仕方に違いないが、自分の気持ちばかりを優先する恋愛の仕方も考え物だ。恋愛でポジティブになるには、相手の気持ちを考えて、自分の魅力を伝えようと前向きになる方法もおすすめである。

 

「できなかったこと」よりも「できたこと」を意識する

恋愛は、特に片思いのときは「できなかった」と思うことの方が実際多い。「こうしたかったけど、できなかった」という視点に拘る人は、ただでさえそんなことが多い中、自分の恋愛をどんどんネガティブなものにしてしまう。

 

恋愛でポジティブになるには、「できたこと」を意識しよう。

 

「笑顔であいさつする」とか「二人で話をする」とか、小さなことでも自分で自分を励ます考え方は恋愛するときに重要となる。上手く行かないことの方が多いから、なおさらポジティブに考えようとするスタンスに意味ができてくるのである。

 

どんなに上手く恋愛する人でも、ネガティブに考える事象は必ず起きている。片思いの時の恋愛では本当にこれがどうしようもない問題で、恋が楽しいものだと私はなかなか言えない。

 

それでも幸せになりたいなら、相手に取って心地よい好意の伝え方を考え、自分をよく知ってもらって色々な魅力に気付いてもらう必要がある。自分から動ける「恋愛に積極的な人」は恋愛で幸せを掴めるとされているが、ネガティブなエピソードよりも少しでもポジティブなエピソードを意識し、自分を励ましながら恋愛しているからだろう。

 

「あいつはいいよね…」

確かに「あいつ」はあなたよりも羨ましい感覚で恋愛しているのかもしれないけれど、恋愛は頑張ろうとするほど傷つくものだ。好きだから頑張りたいと思う最初のモチベーションを失わないよう、好きな人との間に起こる色々な出来事に対し、どう捉えようとするのかの基本スタンスはやっぱり大事だ。

 

「今、楽な道」よりも「将来の幸せ」のために努力する

傷つくことが多い恋愛にポジティブになるには、将来的な視点を持っていることが大事だ。恋愛にポジティブな人は将来の幸せを意識するから今楽な道へ逃げずに好きな人へアプローチする。

 

片思いの頃は、たとえ本当は想い合う関係であったとしても傷つく経験の方が多い。楽な道は、好きだと言う気持ちにそっとふたをすることだろう。

 

しかし、恋愛に逃げ続けているなら恋愛にしかない幸せはつかめないし、恋をするたびに逃げ続ける人生となってしまう。ネガティブに恋愛する人は、何だかんだと言いつつ、傷つきたくないから人を好きになってもむしろ好きな人から逃げるように自分の気持ちが治まるのを待つ。又は、積極的に関わらず妄想の中で恋をする。

 

前向きに恋愛するには「未来に希望を持つ」ことがやっぱり大事だ。今はまだ好きになってもらってない現実は恋愛に頑張っているときほどつらいものだけど、先々にもし付き合えるならきっと頑張った分だけの幸せも手にするはず。

 

これはあなたの過去に素晴らしい恋愛経験があったかなかったかの問題が大きく影響するものと予測する。未来に経験できるかもしれない「恋愛の幸せ」を一度でも経験できているなら、「辛い今」を頑張る価値が実感できる。でも、もし一度も恋愛の幸せを経験できていないなら、辛い今に負けてしまうのも納得できるところだ。

 

ただ、前を向くには「希望が持てるかどうか」の影響が大きいため、恋愛経験が無い人でも軸足は「未来」に置くべきで、これから好きになってもらう中で感じることができるかもしれない「幸せ」には具体的に憧れたい。

 

何かを手にするためには、努力が前提だ。幸せになりたい!って気持ちはほとんどの人に共通しているはずなので、辛い今よりも将来の幸せを目指して頑張ろう。

 

まとめ

今回は「恋愛でポジティブになる方法のヒント」として、ポジティブ思考とネガティブ思考の違いをまとめた。辛い片思いから卒業するために参考にしてもらえたらと思う。

 

恋愛は傷つくことが多く、片思いの時は特に気持ちを確認できないから、たとえ両想いであったとしても辛いものと感じやすい。

 

恋愛が上手く行くからポジティブになれる面も多分にあると思いながらではあるが、ネガティブに恋愛する人は自分の魅力すら霞ませて、余計に恋愛が上手く行かない原因を作ってしまうのが本当に勿体ない。

 

誰だって傷つきながら恋をする。明るく爽やかな自分を好きな人に見せられるよう、前向きに恋愛しよう。

 

関連記事: