読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【片思い】好きだから離れる理由~真剣に考えるからこそ真逆の選択をする、大切な気持ちを持つとどんな心理になるのか

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20161031175631j:plain

好きだから離れる、そんな選択をあなたはしたことがあるだろうか?

又は、好きでいてくれていると思っていた人が自分から離れて行ったことはないだろうか?

 

「好き」という感情と「離れる」という行動は、まったくマッチしないとても不思議な選択だ。恋愛ではなぜこんなことが起こるのだろうか。

 

この記事では片思いをしている時を想定し、「好きだから離れる理由」を解説する。真剣に考えるからこそ真逆の選択をする、大切な気持ちを持つとどんな心理になるのかを紹介してみよう。

適当な友達関係が我慢できなくなったから

好きな人との恋愛が進んでくると、いい雰囲気になることがあったり好き避けや意地を張ってしまったりして微妙な空気になってみたり、お互いが意識しあって普通じゃいられなくなる。出会ってから友達期間が短いと一気に付き合うまで発展しやすいのだが、友達期間が長引くと、最後「付き合おう」となるまでに複雑な気持ち同士が交錯するものだ。

 

しかし、こんな状況になるのは「お互いが近づこうとしたとき」である。一方的な片思いを、相手が「友達としてだけ受け入れる」なら、自分だけが苦しい想いをすることがあり、「適当な友達関係」がときどき我慢できなくなる。

 

男性心理に多いように思うこんな心理は、好きな人へのプライドが関係している。「友達になりたいんじゃない、恋人になりたいんだ」と思うときに、適当な扱いを受けるとムカつくこともあり、その関係から先が逆に見えなくなって、好きだから離れることで自分の気持ちを守ろうとする。「あなたに近づいたのは意味があったんだ」ってことを証明したいと言うか、正面から向き合わない態度に追い続けることへ虚しさみたいのを感じる感覚だ。

 

真剣に考えるからこそ真逆の選択をする恋愛は、それだけ自分に取って大事な気持ちで、大切だから守りたいという心理が関係する。

 

好きな人の夢や目標を応援したくなったから

片思いしている好きな人へは、通常とても自分勝手な気持ちを持つものだ。自分のことを好きになってほしいし、他の誰かを好きになってほしくない。

 

決して周りの誰かにその気持ちを言わないとしても、自分の中には「純粋な愛情」だけがあるわけじゃないだろう。わがままな感情があったり、ひとりよがりな感情も持つと思う。

 

しかし、本当に好きな人のことを想った時、「自分が近くに居ない方が幸せになれる」と考えるべき場面は日常にそう珍しくない。受験や仕事のこと、「大事な時期」って状況に好きな人がいるとき、自分が近くにいて、好きな人の負担になることが正しいかどうかは本当に微妙な問題となる。

 

相手の幸せを純粋に願うためにはいくつかの必要なエピソードがある気もするが、片思いのときに「好きだから離れる理由」に好きな人の夢や目標を応援したいって心理がある。「好きな人の邪魔になるなら自分から身を引く」という意味で離れる場合は、それなりに近づいた後なので、決断の意味は大きい。

 

将来を考えると、付き合う選択肢が選べなかったから

恋愛と結婚を紐づけて考えるような恋愛観、又は年齢的な時期の問題で、時々恋愛では「将来」が強く意識される。

 

ずっと一緒に居られる相手か、このまま一緒に居るべき相手か、恋愛は理屈ではないけれど、将来への価値観が高いなら最後の一線には躊躇してもおかしくない。片思いから両想いになれたとき、好きだから離れるのは、それだけ自分の中に好きな人が入り込んだ時でもある。

 

世の中には付き合うべきではない二人というものが実際に存在していて、好きでも別れるカップルがいる。ここはまた記事を改めて書くけれど、片思いしている人から離れる選択をするときは、近づき過ぎた関係性を見て、「自分がしたいこと」「なりたい自分」をもう一度真剣に考えるからだ。

 

好きだから離れる選択肢を選べるのは、自分の気持ちがそれだけ煮詰まり、適当なところで放置できない気持ちまで育ったか、相手との関係性がそこまで育ったときである。そんな時は具体的になってきた「これから」を具体的に想像し、その結果真逆である「離れる選択」をするときがある。

 

相手に恋人ができたから

好きな人に好きな人ができて、もしその二人で付き合うことになれば、自分の気持ちは行き場を失ってしまう。それでも好きでいるという選択肢が間違っているかはもう少し時間が経たないとはっきりしないが、アプローチをしているのにも関わらず相手に好きな人ができ、付き合うことになるなら、その恋愛を壊そうとするかのような気持ちを自分が持ち続けるかどうかは難しい判断だ。

 

好きな人に話しかける行為、好きな人に連絡する行為が、好きな人に取って迷惑になるのが「好きな人に恋人ができたとき」である。それまではお互いにフリー同士、相手に嫌われずに距離を縮めようとすれば良かったけれど、恋人ができてしまえば異性である自分が相手に近づこうとすると、好きな人の好きな人が悲しむことになって、結局好きな人の迷惑となる可能性が高まる。

 

本当に好きだったからこそ、真剣に想っていたからこそ離れる選択をするのは、自分の気持ちだけを叶えたかったんじゃなくて、好きな人の気持ちがほしかったから。迷惑になるかもしれないなら、離れてあげることがやさしさとなる。そんな心理で自分から離れていく人がいる。付き合う前の、好きな人ができた時点でこんな心理になる人も多いだろう。

 

脈なしだと確信したから

好きな人と接していて、又は連絡している最中に、自分がどう頑張っても脈なしであることが確信できることがある。理由や事情は様々あったとしても、自分が好きな人の目に映っていないと感じたら、そこからどうするかは判断がすごく分かれるところだ。

 

脈なしから脈ありに変わることは実際あることだし、簡単に諦めていては叶う恋も叶わなくなるが、だからと言って脈なしの恋愛に頑張ることはとてもしんどい。どんなエピソードや言葉で脈なしを確信したか、あるいはどこまで恋愛が進んだ時に脈なしを確信したかでも判断は変わってくるだろう。

 

脈なしが分かって好きな人をあきらめるとき、友達としてでもずっと付き合っていきたいという心理になれば、変にこじれて友達関係さえも失うのが嫌な人は、好きだから一度好きな人から離れる。こじれる前なら少し距離を置くことで気持ちがリセットでき、友達として関係を継続させるために方向転換するイメージだ。

 

恋愛経験が無い人などは、付き合うまで行く恋愛が具体的にイメージできないこともあり、せっかく好きな人と仲良くなれたならその関係に満足するようなところがある点もこれに関連しているだろう。

 

付き合うまでアプローチしていくか、仲良くなれるならそれで良いと思ってアプローチするかは、自分が過去にしてきた恋愛のカタチにも左右されているように思う。

 

押し引きの恋愛テクニックとして

好きな人に警戒されないようにアプローチすると、友達になってしまいやすいのがデメリットだ。最初は友達として仲良くなることを目指すから、そうなれた時は対処法として「次の一手」を考える。

 

その方法の一つが「押し引き」であり、「好きだから離れる」というときの理由の一つにもなっている。今回のテーマのコアなところからは外れるけれど、「離れたからと言って好きだと言う気持ちがなくならない例」としては代表的なものだ。

 

押し引きをすることで自分のことを意識させることは実際に可能だ。ただ、現実を見る限り一貫して強いアプローチができる人は少ないから、「今日は話しかけることができなかった」なんてことも往々にしてあることで、結局ナチュラルな押し引きが実際の恋愛では為されている面がある。意識させるために敢えて言動や連絡を調整するのはそう多くもないが、好きな人との関係が意図しない方向へ進めば対処が必要であることも真実である。

 

実際、友達になってしまったと思うときほど、雰囲気を変えるのに押し引きを使う人は多くなる。友達として接しているのが辛くなる心理も関連していると思うのだけど、「どうしたら異性として意識してもらえるか」を思うとき、押し引きは相手を混乱させて自分のことを考えさせる効果があるものだから、時に有効だ。

 

この場合は「一時的に離れる」という選択だから本来の趣旨とは離れてしまうが、真剣に好きな人との先を考えるとき、自分が持つ単純な愛情よりも、二人の関係に注目できる人は恋愛が進められる人かもしれない。

 

まとめ

今回は片思いのときを想定し、「好きだから離れる理由」をまとめた。真剣に考えるからこそ真逆の選択をするのは、どちらかと言うと付き合っている時を想像するのだが、片思いの付き合う前でもあることだ。

 

好きになった人への気持ちが高まると、その気持ちを持っているだけでしんどくなったり、上手く処理できない気持ちがもどかしい。考え込むことや悩むことが恋愛では多いのだが、ずっと考えてきた問題に答えを出すとき、真逆の答えになるのはそれだけ自分の中で考えたことが煮詰まったからだろう。

 

外部のきっかけで答えを出さないといけなくなったり、いずれにしても自分から好きな人の近くを離れる選択は辛い決断だが、恋愛の一つの側面であると思っている。

 

関連記事: