読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

今から恋愛で幸せになりたいと思う人へ~恋愛で幸せになるにはどんな考え方をしたら良いか

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 私の恋愛観

f:id:Brightfuture:20160520132419j:plain

恋愛は、確かにあなたを幸せにするものだ。

何度傷ついてもまた恋をするのは、人間の本能が関わっていたとしても、恋愛にそれだけの幸せがあるから。

 

しかし、恋愛もそうだしそれ以外もそうなのだが、「幸せとはそこにあるものではなく、自分が幸せを感じること」が全て。

 

今回は「今から恋愛で幸せになりたい人へ」向けて、恋愛で幸せになるにはどんな考え方をしたら良いかについて私の意見をまとめてみたい。

恋愛に関連することとして「結婚」も含めて、あなたが幸せになるにはどう考えるか、幸せになるために、特に後半はじっくり読んでみてほしい。

 

 コミュニケーションでは相手は自分の鏡

あなたが恋愛や結婚を通して「幸せになりたい」と思うなら、相手にばかり期待するようになることへ注意をしよう。

恋愛は相手があってはじめて成立するものであり、コミュニケーションでは相手が自分の鏡だ。

 

あなたが相手に求めているなら、きっと相手は求め返す。お互いに「〇〇してほしい」と思う二人はうまくいかない。「なぜ〇〇してくれないの?」となってしまうから。

 

恋愛で幸せになるためには、相手に幸せを与えられる人になるといい。

その幸せが自分にとっての幸せと感じられるようになるのが理想だ。

 

コミュニケーションが鏡であるなら、自分が彼氏や彼女に与える幸せが、きっとあなたに帰ってくる。お互いに幸せを与えられる関係こそ「愛」である。

 

自分ばかりが相手に幸せを与えるような関係は…

コミュニケーションにおける「相手」が自分の鏡だと言うと、必ずと言っていいほど「自分だけが与える関係になってしまったらどうしたらいいの?」という質問をもらう。

 

答えは「自分が与えた分、相手も返してくれる人と恋愛をしよう」ということだ。

すぐに判断するべき事柄ではないが、お互いに幸せを想い合える関係の中で恋をしよう。結婚をしよう。

 

片思いのころは、こういった「与えて与えられて」という関係が築きにくい。自分だけが想いを一方的に抱いているため、好きな人のやさしさを享受できない相手でいる期間がそれなりに続くだろう。

 

しかし、人としての常識的な態度で返ってこなかったり、自分が与えたやさしさに感謝で返してくれなかったりする機会が多いのであれば「恋愛で幸せになりたいと思う人」は恋愛対象から外すべきなのかもしれない。

 

なるべくある程度の期間の片思いの中で相手の態度が変わらないことを前提条件にしたいが、世の中には「与えられても感謝できない人」がいて、「大切な人なのに、愛情を態度や行動に表したいと思えない人」がいる。

 

二人で成長し合う恋愛もあるから一概に言いたくないのだが、いい雰囲気になっていく恋愛とは、お互いに愛情を注ぎ合う関係になっていくときにそう感じる。

 

裏切らない相手は、あなたが信用して、信頼するから裏切らない

恋愛で幸せになりたいと思う人の中には、過去の恋人に裏切られたという人もいるだろう。彼氏に浮気されたとか、彼女に許せない嘘を付かれたとか、様々な裏切りによって過去の恋愛がトラウマになってしまうことがある。

 

気持ちは分かる。

裏切られたら信用できないのは当然だ。信頼なんてもってのほかで、また裏切られるかもしれない自分を守るために心を閉ざしたくなって当たり前だと思う。

 

しかし、過去の恋愛のトラウマに苦しんでいたって、恋愛で幸せになりたいという気持ちが強ければ、必ずあなたの傷を癒す人が現れる。幸せになりたいなら、その自分に嘘をつかず、恋愛を避けないでほしい。

 

最初は疑う恋愛でもいい。

信用できない、信頼できないのなら。

 

でも、信用できそうな人、信頼できるかもしれない人と出会って、恋をしたなら、忘れないでいてほしいことがある。

 

「人は信用されるから裏切りたくない気持ちを持つ」

「人は信頼されるからそれに応えようとする」

 

上の二つは人の真理だ。あなたの気持ちは相手に伝わって、より良い関係は信頼関係を深める。

 

あなたに信用されていないのに、好きな人は裏切らないようにいつも頑張ることができるだろうか?

何かあって裏切り行為をしそうになるとき、疑うあなたを頭に浮かべてほしい?

それとも信用している自分、信頼している自分を思い浮かべてほしいと思う?

 

恋愛で幸せになりたいなら、信用できる人を見つけよう。

信頼できるように信じる気持ちを持つ勇気を持とう。

 

「もう一度信じてみたい」

そう思える恋は、きっとあなたに取って幸せな恋愛になるに違いない。

相手はその気持ちを支えにあなたを愛してくれるはずだ。

 

幸せはそこにあるものではなく、幸せだと感じることが全て

あなたは今、幸せだろうか?

これから幸せになりたいと思うなら、もしかしたら今は不幸せに思っているのかもしれないけれど、きっとあなたが今手にしている幸せもあるはず。

他の幸せに目が行き過ぎると、一番大事な「幸せを感じること」がとても疎かになる。

 

恋愛で幸せになりたいなら、「幸せを感じられる人」になろう。

今が不幸せだと思う人は、今の不幸せときちんと向き合って、将来訪れる幸せを何倍にも、何十倍にも感じられるようになろう。

 

明日食べるものに困る人は、今おなか一杯に何かを食べるだけで、これ以上ない幸せを感じる。

でも、我々は明日食べるものに困らないから、その幸せにはとても疎くなってしまうだろう。

 

幸せとは、そこにあるものじゃない。それを大事に想って、大切に想って、心の底から感じるものだ。

今回の記事では一番重要なことがこのこと。

 

恋愛で幸せになりたいなら、好きな人と話をするだけで、一緒に居られるだけで、幸せを感じられる人になってほしい。たとえ付き合って半年経っても、1年記念日を迎える日も。もちろん、結婚した後も。

 

片思いのころは、好きな人からLINEが一本入るだけでドキドキする。少しにやついてしまったり、携帯を抱きしめてしまったり。

 

でも、恋愛で幸せを感じられない人は、いつも「ないものねだり」をしていて、彼氏や彼女の不満ばかりを探すように恋をする。

 

「何で連絡しないの?怒」

「最近忙しいばっか!怒」

言いたいことは分かる言葉たちだけど、もし彼氏や彼女が同じことで悩んでいたらどうだろう。

 

「連絡をしたいけどできなかった」

「最近忙しくて会えない」

こんなことを思っているかもしれないと想像して連絡する場合と、上のように不満として相手にストレスをぶつけるようにコミュニケーションを取る人、どちらが幸せな恋愛ができる人だろう?

 

こんなことを考えたことがあっただろうか?

 

好きな人が恋人になってくれることは本当に幸せなことで、自分のことを好きになってくれることは軽いキセキだ。本当は毎日だってその幸せを感じていてもいいはず。

なのに、多くの人は、その幸せがいつか当たり前に感じるようになって、「もっと!もっと!」と幸せを求める。

満足しない。

 

恋愛して、好きな人と付き合って、幸せになりたいと思うなら、「幸せを感じることができるあなた」でいてほしい。

結婚して、あるはずの幸せを手に入れたいと思うなら、「あるはずの幸せ」を見つける気持ちを持ち続けてほしい。

 

私は恋愛で人は幸せになれると思っているけれど、「そこにある幸せ」を当たり前に感じて、感謝も喜びも感じられない人が幸せになることはないと思う。

 

「今日もお話しできてうれしかった」

そう言える関係がずっと続いたら、幸せ以外に表現が浮かばない。

 

まとめ

今回は、今から恋愛で幸せになりたいと思う人へ、恋愛で幸せになるにはどんな考え方をしたら良いかをまとめた。

 

人に幸せにしてもらおうとする恋愛は、きっとあなたを傷つける恋愛になる。求めてばかりな恋人を愛し続けてくれる人はとても少ない。

 

与えるから与えられるのが愛だ。

そこにある幸せに感謝し、喜びを感じ、今を幸せに感じる考え方をできるようになろう。

「今、ないもの」ばかりを見ていたら、、たとえそれを手に入れたとしてもまた「ないもの」を探す。好きな人とおしゃべりするだけで、好きな人と一緒のときを生きるだけでも幸せを感じることができる。そんな気持ちで付き合い続けるなら、きっと恋愛の幸せを十分感じることができると思う。

 

あなたが思う幸せな恋愛をしてほしい。

 

関連記事: