読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

好きな人にアプローチする方法は3つの要素で考える~恋愛してもアプローチの仕方が分からない人へ

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 社内恋愛 付き合う前の時期 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160521182710j:plain

恋愛してもアプローチの仕方が分からないという人が多い。

一体何をしたらいいか、そもそも恋愛のアプローチって何なんだろうと、好きな子ができた時は悩みになることが多くの人にあるのではないだろうか。

 

好きな人にアプローチするという一連の行動は3つの要素で考えるとかなり単純化できる。恋愛のアプローチの方法が分からない人は今回の記事で基本を学んでみてほしい。

 

今回は、好きな子にどうアプローチしていったらいいか分からない人に向けて、「好きな人にアプローチする方法」を3つの要素で紐解く。

 

 好きな人に自分の魅力をアピールするアプローチ

恋愛のアプローチと言うと、一番イメージされるのが「好きな人に自分の魅力をアピールするアプローチ」だ。

今回は「恋愛のアプローチとは」というテーマで綴るので具体的な方法は控えめにしてしまうが、所謂「自分アピール」をイメージするとここは分かりやすい。

 

多くの人が通る道である「高校生の球技大会」を例にしてみようか。

運動神経に自信のある男の子が好きな女の子に自分の魅力をアピールする場面を想定する。

 

男「これから決勝があるから見に来てよ」

女「え?決勝まで行ったんだ!すごいね!女子は負けちゃったからみんなで行くよ!」

ー球技大会終了後ー

女「すごかったね!カッコ良かった♡」

男「見てくれた?優勝したから打ち上げやろうかって話だから○○も来ない?」

女「友達も一緒でいい?」

男「みんなで盛り上がろうって感じの会だからOKだよ!」

 

会話を例にしてしまうとアレだけど(笑)、イメージはこんな感じで、自分の魅力を好きな人に伝えて、好きになってもらうきっかけを作ったり距離を縮めるきっかけにするのが基本的なアプローチの方法。

男は男らしさを女は女らしさを魅力的に見せる。こういうのはなんでもいいのだけど自分が魅力的に見える場面を自分で作っていくのが「恋愛のアプローチ」で基本になる。

 

社会人以降はなかなか実際に見せることが難しい魅力もあると思うんだけど、そうなった場合は実績を話したり、身近な場面でどう見せるかを考えるといくつか方法が浮かぶと思う。

 

ここは「興味を持ってもらうきっかけ」として考えても良いところで、「何か素敵かも」って思ってもらうきっかけを作る。

 

見せ方が問題だと感じるなら本質に近づいている。

どう見せるかは確かに大事なことで、これはリアクションから発展させたり軌道修正したり「経験」がある程度影響するところかなと思う。試すと言えば恋愛工学的で嫌なんだが異性に自分の魅力をどう伝えるかについて差があるのは事実。自分から動いていけばステップアップできてくるので行動していくことを大切にしよう。

 

好きな人の好みである自分をアピールするアプローチ

実際の恋愛で一番知りたいのが「どうしたら好きになってもらえるか」という点だ。

だからこそ、この部分「好きな人の好みやタイプ」を知りたいニーズはこのブログでも多い。

 

一般的なアプローチとしては、初期段階で好きな人の好みを一般化して考えて、男性は一般的な女性が好きな男性をイメージし、好きな子の好みである自分をアピールして好きになってもらうきっかけや興味をもってもらうきっかけを探す。

女性の場合は逆転して、自分が好みの女性であることを好きな男性にアピールするアプローチとなる。

 

初期段階を抜けてくると、より相手の個人的な好みがはっきりしてくるので個別具体的なアプローチに変えていく。逆に言えば、好きな人とのコミュニケーションの中で「恋バナ」をして好みを知っていくことも大切になる。今付き合うならどんな人がいいかを知っていくことが恋愛のアプローチでは大切なことの一つであることが理解できるだろう。

 

最終的な段階では、上に挙げた自分の魅力と、今挙げた相手の好みの合致点を主にアピールすることで現実的に「より効果のあるアプローチ」を目指していくことになる。

 

ここまでを読んできて「恋愛のアプローチは難しい」と思う人が多くなったかもしれない。言葉にすると複雑になってしまうのが人の行動で、実際にはもっと単純なことが起こっているのだけど、恋愛のアプローチが分からない人に説明するためには致し方ないことだと判断して説明した。

 

もし、ここまでを読んで逆に自信を失った人がいたとしたら、次の部分を大事にしてみると自然にこれまで挙げてきたことが「好きな人とのコミュニケーション」で起こってくると思うので次をじっくり読んでみよう。

 

好きな人との関係性に働きかけるアプローチ

恋愛が苦手な人はここに頑張ってみることから始めよう。アクションを起こせないなら相手がいてはじめて成立する恋愛では不利が大きすぎるが、これだけでもできるなら関係を作っていくという一番基本的なことはできることになる。

 

一般的に「好きな人にアプローチする方法」であまり言語化されてイメージされないのがこの「好きな人との関係性に働きかけるアプローチ」だ。

 

関係性にアプローチするとは、最も単純に言えば「とにかく仲良くなる」ってことで、好きな人と距離を縮めるためにアプローチしていくこと。簡単な方法は「笑顔で毎日挨拶する」などをイメージしてもらっても誤解のないところで、話しかけたり、LINEでやり取りしたり等、全ての関りが関係性にアプローチしていることになる。

 

例えば当ブログ「3歩下がって歩く彼女の作り方」で人気記事の一つである下の記事で説明しているような内容。

 

もう少し具体的に関係性へアプローチするなら下の記事が分かりやすくなるだろうか。

例はあくまで例であり、好きな人との距離を縮めるアプローチができるかできないかで大きく恋愛環境が変わるので、ここが弱い男子や女子は「アプローチってなんでもいいんだ!」って感覚からでもアクションを起こそう。関係性にアプローチすることも恋愛ではちゃんと効果がある。

 

関りを自分から作れるようになれば縁がある人と素敵な恋愛ができるはずだ。恋愛に大切な「良いタイミング」も関りを作っていれば時間の問題で確保できると思う。数を当たれ!というのは少し乱暴な考え方で、私ならこのように表現する。参考になればと思う。

 

恋愛してもアプローチできないと悩む人は「自分には異性に主張できる魅力がない」とか「好きな人の好みではない自分に自信がない」となってしまうケースが多いので初歩のアプローチとして「関係性へのアプローチ」を考えていこう。

コミュニケーション能力は量をこなすことで確実に伸びる能力だし、好きな人とは男と女だ。相性のいい人とは消そうと思っても男女の雰囲気になる人が出てくる。

前のめりになった恋愛は自分のアピールも段々自然にやっていくことになるし、好きな人の好みも分かってくる。

 

自分を客観的に知らないとアプローチができないので、ここまでを総合的に考えて下の記事で自分を知るのも大切だろう。

自分を知ると相性の良い相手が分かるメリットもある。

今回紹介した3つの要素で恋愛のアプローチを考えると、大きな括りである「恋愛の仕方」にヒントとなるはず。

自分にできることは何かを考えてみて、実際に動いて行って素敵な恋をしてもらいたい。

 

まとめ

今回は好きな人にアプローチする方法は3つの要素で考えるということで、アプローチの仕方が分からない人へ、アプローチの基本的な考え方を紹介した。

読者それぞれで今の恋愛の仕方を考えてみよう。好きな人にどう接するかという点では当ブログの「付き合う前の時期 カテゴリーの記事一覧 」も役に立つと思うので自分のケースに合わせて記事をチョイスしてみてみてほしい。

 

男性は下の記事も参考に。

【彼女がほしい男性の悩み】かわいい女性に話しかけられない理由や原因と、対処方法や対策の方法まとめ