読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

嫉妬や焼きもちは好きじゃない人にもするの?好きでもない人に嫉妬や焼きもちをやく理由

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 嫉妬

f:id:Brightfuture:20160526174659j:plain

嫉妬や焼きもちは、自分で積極的にそう思おうとして抱く感情ではない。むしろコントロールしようとしてもなかなかできない感情であって、自然発生的に抱く感情だ。時々、「何でこの人に嫉妬するんだろう?」と自分でもわからないことがある。逆に「何でこの人に嫉妬されるの?」と、わけがわからない焼きもちを焼かれる相手になってしまうこともあるだろう。厄介な感情だと思う機会が多い。

 

そんな「嫉妬」や「焼きもち」の感情だけど、好きな人へのみ抱く感情ではないところがまた難しいところ。好きじゃない人にも抱く感情だし、恋愛関係ではない人からも嫉妬されることがある。

今回は「嫉妬や焼きもちは好きじゃない人にもするの?」という問いに答えをだしながら、好きでもない人に嫉妬や焼きもちを焼く理由を紹介するので、自分のパターンに当てはめて理由を解明してみよう。

 

 好きじゃない人にも抱く感情、それが嫉妬や焼きもち

嫉妬や焼きもちは確かに「恋愛感情」が絡みやすい感情であることを否定できないし、男女間に起こるとしたら日常に多いパターンは「好きだから」という理由で説明できることが多い感情だ。しかし、好きじゃない人にも抱く感情であることも間違いはないので、まず「嫉妬」について意味を紹介するところから説明を始めよう。

 

嫉妬

  • 自分よりもすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世をーする」
  • 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気(りんき)。「夫の浮気相手にーする」

しっと【嫉妬】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

 上の説明を読んでもらうと理解できるように、嫉妬する気持ちは、

  • 自分よりも優れた相手に抱く気持ち
  • 好きな人が自分以外のほかに人に愛情を向けた時に抱く気持ち

であることが分かる。言葉の意味を調べても、やはり「好き」という感情以外に嫉妬する理由があり、辞書だけでは説明しきれていないところもある。彼氏や彼女、好きな人以外に嫉妬や焼きもちをやく理由をもう少し説明する。

 

自分のことを好きだと思っている相手への嫉妬

好きじゃない人への嫉妬では、経験上一番多かったのが「自分のことを好きなはずなのに、誰かに愛情を向けている態度を見て嫉妬すること」だった。たとえば、自分にアプローチしている人がいたとして、いつも笑顔で迷惑なくらい話しかけてくるのに、自分を無視して誰かと仲良くしゃべっているような状況。自分は好きじゃないくせに自分への愛情を失いたくない気持ちが嫉妬や焼きもちへ繋がる。これは不特定多数へ向けられることもあり、みんなから愛されたい感情をこじらせた場合にも発生する。

 

特に振った相手などへはこんな理由で嫉妬することが多くて、気持ちを受け取らないくせにその人の態度や行動を見て内心で嫉妬したりすることがある。相手からすれば理不尽な理由であって理解されない感情かもしれないが、いわゆる「自分のもの(愛情を注いでくれるという意味で)」が自分のものではなくなる感覚がやきもちを焼かせるのだろう。時々、嫉妬したことを理由に「好きになったのかな」と思うことがあるが、好きじゃない状況でもこんなことが起こり得る。

 

異性であっても「誰かの幸せ」は許せない感情を抱くことがある

さきほど挙げた「自分よりも優れた人をねたむ気持ち」に関連して、「誰かの幸せ」に対して嫉妬や焼きもちを焼くことが人にはある。

 

人の恋路がうまくいきそうなとき、邪魔をするように割って入る人がいる。その人は恋仲にあるどちらにも恋愛感情を持っていないのに嫉妬するのは「幸せになりそうな二人」へ嫉妬しているのである。同性の友達の幸せが許せなくて、その人の好きな人を誘惑することで邪魔をする人なんかは世の中に結構いるものだ。嫉妬心から友達の幸せを壊すために行動を起こす。

この場合は嫉妬する相手と行動や態度を示す相手が違っているので、自分が相手方となった場合は嫉妬や焼きもちの理由を考えても全く分からないということがある。

 

異性も同じ人間、自分よりも下だとか劣っているはずだと思う気持ちが嫉妬の理由になり得る

男女の関係にも「完全な友情」が成立すると考える人がいるように、同じ人間であることに疑いの余地はない。「自分よりも優れた人をうらやみねたむ気持ち」は自分よりも下だと思っていた相手や劣っていると思っていた相手へほど強くなる傾向があって、嫉妬していることが露わになる状況では「俺(私)よりも下のくせに」と思う気持ちが条件反射的に嫉妬させる。

 

恋愛でこの状況を考えると、上で挙げた「幸せ」を手に入れそうな状況で起こりがち。しかし、それ以外の状況でもこの理由なら嫉妬ややきもちの理由になるため、「何に嫉妬しているのか分からない状態」の時にはこれが理由かもしれない。

 

半分は恋愛感情?気になる人への嫉妬

好きじゃない人が嫌いな人でないとしたら、嫉妬してしまう気持ちは半分くらい恋愛感情が絡んでいる可能性がある。好きじゃないと確信している気持ちを否定しないけれど、今の状態は好きになっていく過程かもしれない。

 

好きじゃない人への嫉妬はあり得ることを説明してきたが、嫉妬をきっかけに好きになったことを自覚する場合がある(参考:片思いに気付く時ってどんな時?好きになったことに気付く瞬間9選 )。「何で嫉妬するのだろう」と、考えを巡らせている内に好きになっていくこともあるだろう。

いずれにしても、やはり嫉妬や焼きもちは恋愛感情が絡みやすい感情であるのは間違いなくて、好きじゃないと言っても明日は分からない。あとから「好きだから嫉妬していたんだ」と理解することだってある。

 

人は喧嘩友達を好きになることすらあって、嫉妬するということは「気になる人」になっているとも言えるから、恋愛感情が絡んでいる可能性は多分にあるわけだ。嫉妬や焼きもちは苦しい感情だから、抱えるとしたら理由に答えを出したくなるけれど、混乱を深めることで余計に苦しくなることもある。「もしかしたら」という気持ちで少し答えを保留することで好きな人へ変わることも無いとは言えない。

 

まとめ

今回は「嫉妬や焼きもちは好きじゃない人にもするの?」という疑問に、いくつかの理由を説明した。好きでもない人に嫉妬や焼きもちをやくことがあるので、自分が嫉妬してしまっている相手がいる人も、嫉妬されて混乱している人も参考にしてみてほしい。

 

今回説明したことを振り返ると、ポジティブな意味とネガティブな意味の両方があった。どちらかと言えば嫉妬心というものは嫌な感情だと思うけど、理由を考えると良い意味で嫉妬されている可能性もある。嫉妬に気づく状況ではあまりそう思えないのが現実だが、嫉妬されない人は何だか寂しい。そう考えることもできるのではないだろうか。

 

関連記事: