読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

断られにくい誘い方がしたいなら相手のために理由を考えてあげよう~誘う言い訳や口実5選

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期 彼女を作る デート

f:id:Brightfuture:20160627183408j:plain

気になる人や好きな人を誘う時、断られないか心配でなかなか声が掛けられないことは多いだろう。「ちゃんと関係を作ってから」と思っても、普段のメールやLINEでは進展がなく、どう誘ったらいいか分からなくなる。

そんな時はどんな口実や言い訳を作って誘っているだろうか。

 

断られにくい誘い方をしたいなら、誘われた人のために理由を考えてあげることは重要なことだ。

「どうしようかな」と迷った時は、断るべき理由を少なくして背中を押してくれるものはあった方が良い。

誘う本人にしたら、無理に言い訳を考えると「わざとらしい」って思うかもしれないが、まだ友達や知り合いの関係なら建前も大事なもの。使い方を誤らなければ良い潤滑油になる。

今回は誘う言い訳や口実を紹介するので参考にしてみよう。

 

相手のメリットを言い訳や口実にする

最も一般的なものだと思われるが、好きな人や気になる人をデートや食事に誘う際の方法として「相手にメリット」を与える方法がある。

 

会話の中で出てきた「好きなもの」を利用して、単純に相手が「誰と」をあまり考えずに「行きたい」と思ってもらえそうな場所に誘う。好きなものとは、例えば食事のジャンルやお酒のジャンルでもいいし、趣味に関するものや話題になっているもの・場所など、何でもいい。その専門店に誘ってみる。

 

断れない誘い方を考える時、二人で出かけるデートや食事は、「あなた」が判断の根拠になってしまうと、そもそも脈ありの状態でしか成立しない面がある。二人で時間を過ごすのに抵抗があったり、不安がある場合は、何となく避ける人が増えてしまうもの。

 

「どうしようかな」と一瞬でも迷うなら、「何を」「どこで」するのかは大事な要素になる場合があるから、とにかく一度長い時間を二人で過ごしてみたいと思うなら、わざとらしいとか思わずにしっかり理由や口実を付けてあげよう。相手だって理由がないとOKし辛いと感じる場合がある。

 

誘う理由や口実を考え出すと、何もかもがわざとらしく取ってつけたような言い訳のように感じることもあると思うけど、二人で出かける関係じゃない以上、理由がないといきたくないと考える場合があることをよく理解しておこう。

 

盛り上がった話題を誘う口実にする

二人で話している時、盛り上がった話題の勢いと内容を利用して誘う方法も断られにくい誘い方だ。

 

二人で出かけるなら、何を話すのかイメージできないとしり込みする人は多くなる。つまらない時間を過ごすかもしれないと思われたなら一緒に時間を過ごしたいとは思ってもらえない。

 

一つの話題で長く話せた時は、それを敢えて途中で切り上げてしまって、その内容と勢いを利用して食事やデートに誘ってみよう。

 

「ゆっくり話したいから、ご飯でも食べながらどう?」

誘い文句は何でもいいけど、「じっくり」「ゆっくり」話したい内容があるなら誘う理由や口実になる。相手も同じように思ってくれたらOKしてもらえる可能性は高くなるだろう。

 

普段の生活で絡みがあるものの、長い時間話せない関係の時などは有効だし、長電話になった時にもお勧めの方法だ。

 

一人では行き辛いことを誘う理由や口実にする

これは所謂「〇〇に付き合ってよ」ってパターン。仲が良くなったのなら相手の優しさに甘えるのも一つだ。

 

〇〇に当てはまるものとしては

  • 買い物
  • 同性とはあまりいかない場所
  • 学校の課題や仕事関係の用事

などなど。

 

あなたの目的は二人で時間を過ごすことだけど、それを前面に出してしまった場合は「あなたと時間を過ごす理由」が相手に必要になる。付き合う前にとにかくコミュニケーションを取る時間が欲しいなら、自分との時間をあまりアピールしない方が相手はOKの判断がし易くなる。

 

恋愛的なアピールをされていると感じた時は、デートの承諾をするなら好意を返すことだと思う人もいるので「あなたと」でかけたい気持ちを隠すのも一考の価値あり。

 

「お祝い」を誘う口実や言い訳にする

あなたのことでもいいし、相手のことでもいいので、「お祝い」は断られない誘い方として有効だ。断ると何だかいいことに水を差すような気分になるから、短い時間を指定したり、誕生日なら敢えて当日を避けたりすると相手の負担も減って断られない誘い方になる。

 

「お祝い」の具体例としては誕生日以外に色々あると思うので、自分のことではなくても相手に取って嬉しいことがあった場合も誘う口実や理由にしてみよう。当日は、ポジティブな会話も楽しめると思うし、盛り上がると思う。

 

「相談」を誘う口実にする

これからアプローチをしていこうと思っているなら、「相談」から仲良くなることを考えるのも一つ。

女性は男性に「話を聞いてほしい」と甘える形で最初はいいと思うし、男性が女性に相談するなら、女性ならではの視点で話を聞きたいことを伝えれば相手が悪い気をしない。

 

相談を持ちかける時は相手への尊敬を付け加えよう。

誰だって友達や仲間だと思っている人から信頼されるのは嬉しいと思うはずなので、「なぜあなたに」を相談の場合は具体化しておくと、相手は誘いをOKし易くなる。

他の場合と違って「相談」の場合は「なぜあなたに」を強調した方が断られない誘い方になるだろう。

 

まとめ

今回は断られにくい誘い方を紹介した。

誘われた相手のために口実や言い訳を考えてあげると、デートそのものが成立し易くなるので、わざとらしいと思わずに最初は理由をしっかり考えたい。そうやって何度かデートみたいなものをしていく中で理由を必要としなくなるはずだ。

それまでの関係作りを二人で過ごす時間の中で達成しよう。

 

最初はデートっぽくないデートから始めても、コミュニケーションが増えれば伝わるものもでてくるから、その時間を確保することが大事。

好きな人や気になる人を断られにくい誘い方で誘ってみよう。

 

関連記事: