読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

手を繋がなくなった彼氏の理由や心理~急に手を繋がなくなる男性は何を考えている?

女性向け恋愛コンテンツ集 カップルあるある デート

f:id:Brightfuture:20160521172937j:plain

あなたの彼氏はデート中に手を繋ぐ彼氏だろうか。それともなかなか手を繋がない彼氏だろうか。

 

なかなか手を繋がない彼氏ならそうでもないものの、手をつなぐ彼氏だったのに変わってしまうと不安になる。どんな彼氏でも「態度の変化」というのは厄介で、彼女としては「理由や心理」が気になるはず。手をつながなくなった彼氏に何となく悩む場合もあるだろう。

 

そこで今回は「手を繋がなくなった彼氏の理由や心理」を紹介してみたい。

急に手を繋がなくなる男性は何を考えているのか、参考にしてみよう。

 

 手を繋ぐのがめんどくさいという気持ちを優先するようになった

付き合い始めに頑張って手を繋いでいた彼氏は付き合いが落ち着いてくると「めんどくさい」という気持ちを優先しだす場合がある。自由を重んじる男性心理を踏まえると「手を繋いで歩くこと」が「めんどくさい」と感じやすく、一通りのことを済ませて軌道に乗った恋愛では手をつなぐことをサボリがち。いわゆる「釣った魚に餌をやらないタイプ」の発想。彼女のために無理して頑張っていた場合にこのようなことが起きる。

 

手を繋いで歩きたいと思うのは、女性の場合と男性の場合では心理に違いがあり、男性の場合は下心も大いに関係する行為の範疇。「触りたい」という気持ちが「手を繋ぐ」という行為に発展している面もあり、付き合いが落ち着いてくると四六時中触れていたい気持ちが落ち着いて「歩きやすいスタイル」の方を好むようになる男性がいる。

 

愛情が減ったわけではないのが伝えにくいところなのだが、こういった「慣れ」が彼女に取って多少の不満に繋がる発想もお互いに出てくるのがお付き合いかもしれない。

 

恥ずかしいから

付き合いはじめの恋愛は男性も女性もやっぱり気持ち的に盛り上がるから「恥ずかしい」という気持ちが心理的にクローズアップされにくい。歯が浮くようなキザなセリフも付き合う寸前くらいだと言えてしまうものだ。

手を繋ぐのが内心で恥ずかしい行為だと思っている男性も、気持ちの盛り上がりがそれを忘れさせることがよくある。

 

それが少しずつ彼女との理解が深まって、落ち着いていく過程に入ると「手を繋ぐのが恥ずかしい」という気持ちの方にフォーカスする男性がいる。感覚的なものだけど、もともとの価値観だから、周りが目が気になり出すと手を繋いでデートするのを実質的にやめてしまう。特に地元を歩くときに手を繋がない彼氏の場合はこれが理由かもしれない。

 

自分からしか手を繋ごうとしないから

お付き合いは男性がリードするべきだって考え方はよく言われることだけど「自分からしか」という状態はどんな人でも「相手の心理」が分からないという状態に陥りやすい。もしこれまで彼氏からしか手を繋ごうとしないで、彼女は受け身の姿勢だけだったら心理的にミスマッチしてしまって急に手を繋がなくなったのかもしれない。

 

男性心理も案外繊細だ。表に出して声に出さないだけで内心で不安に思うことがあったり、恋愛で悩むことも少なくない。経験のある人なら分かると思うが、恋愛で「自分からのみ」という状態は相手の気持ちを見失いやすく自信を持てないことがある。

 

表面上の態度や言葉ではなかなか分からない部分なので「いつも彼氏からしか手を繋がないカップル」は彼女の方からも手を繋ごうとしてみると案外変わるかもしれない。彼氏任せにしていた場合はこんな理由や心理で「手をつながなくなる」ということが起こりうる。

 

季節要因

寒い季節は身を寄せ合って暖かく過ごしたいと思う。手繋ぎデートも「春や夏になると嫌だ」って男性は多く、手に汗をかきながらそれでも手を繋いで歩くカップルが理解できない心理で手を繋がなくなる彼氏がいる。もし季節が変わってから急に手を繋がなくなったなら季節要因で変化が起きたのかも。

 

手を繋ぐカップルは確かに愛情表現であって、気持ちを確認し合っている面もあるが、気温の高い日に「歩く」という運動をしながら肌と肌を合わせている行為なので、汗が気になりだすとちょっと繋ぎにくい。

 

また、これは自分のことだけを考えているのではなく「彼女を想って」という心理で手を繋ぐのをやめてしまうことがあるので「愛情が減った」と考えるべきではないパターンも。暑くなった日は夜デートで手を繋ぐようにしてみると案外ラブラブにデートできたりして「やさしさ」として受け取れるかもしれない。

 

腕を組んでほしいから

男性は腕組デートも大好き。手を繋いでしまうと腕を組めないから「手を繋がないことで彼女の方から腕を組んでくるのを待っている」のかも。愛情を感じるのに急に手を繋がなくなった彼氏は「たまには腕組デートがしたい」と思っている可能性はあるだろう。言いにくいので分かりにくい態度で示す。

 

より繋がっている感の強い手つなぎデートは女性の支持が高く、下心のこともあって男性は腕組デートも支持が高い。愛情があるからこそ逆に手を繋がなくなったということもあり得るので、彼女からもアクションを起こしてみるといい。「アレ?」って感じの変化の場合は気持ちがなくなったのではなく、他のことを考えている場合も多いだろう。

 

急に手を繋がなくなった彼氏の心理は「冷めたから?」への答え

ここまでを読んでみて、男性は男性で考えていることがあり、手を繋がなくなった彼氏を無条件に「冷めたから」という理由で心配しなくてもいいことを理解してもらえたと思う。あえてこのような構成にした。

 

しかし、確かに手をつながなくなった彼氏が「彼女に冷めたから」とか「彼女に飽きたから」という理由や心理で態度を変えた可能性がないわけではない。

 

もし愛情面を疑う場合は「手をつなぐ」という行為以外で、愛情を感じるのかどうかを考えてみよう。何でも一つのアクションで相手の心理を推し量るには限界があり、勘違いや誤解の可能性を引き上げてしまう。

 

男性には男性特有の心理があり、成り立ちの違う女性との間にギャップもある。急に態度が変わった彼氏に慌ててしまうこともあろうかと思うが、ここまで紹介した理由や心理のように、彼女のことを想って手をつながなくなることがあったり、腕組のように他のデートの仕方もやってみたくて行動が変わる場合もあったりするので、冷静に柔軟に考えてみたい。

 

冷めたからという理由があり得ないわけではないので、彼氏の愛情に変化が起きているのかどうかという視点で「手をつなぐ」以外のことも総合的に考えてると「なにを考えているかわからない」という状態から一歩進むだろう。

愛情に変化を感じない場合は自分から手をつなごうとしてみたり、解決できる可能性は高い。バランス感覚も持とう。

 

まとめ

今回は「手を繋がなくなった彼氏の理由や心理」を紹介した。急に手をつながなくなった彼氏の考えていることが少しでもわかっただろうか。

 

男性の性格や普段のカレの傾向をヒントにすれば、どこに当てはまるかがもう少しはっきりすると思う。愛情の有無は手を繋がなくなるという行為以外も含めて総合的に考える。

 

いずれにしても女性の感性と男性の感性にギャップがあって、それがお付き合いを複雑にしている面があるから、自分の感覚だけで不安や不満をこじらせないようにすることも大切なことだ。

 

女性として魅力的な唇に興味があれば、下の記事も読んでみよう。

関連記事: