読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

片思いの気持ちがバレてる!好きバレしている時の相手の男性の心理

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期 大学生の恋愛

f:id:Brightfuture:20160527193148j:plain

好きな人に積極的な女性は、片思いの気持ちが好きな人にバレてる人も多いかもしれない。片思いの進め方は性格的なものが結構表れるものだ。好きバレが一つの恋愛のテーマになるケースは決して珍しくない。

 

そこで今回は「片思いがバレてる!」という女性向けに「好きバレしてるときの男性の心理」についてまとめてみよう。相手の男性はあなたの片思いを知ってどう思っているだろう?一般的な男性心理についていくつかの角度から触れていく。

 

 モテるのがうれしい男性心理

当ブログで何度か伝えているように、恋愛は人の本能が絡むとても原始的なものでもあるため、男性の心理を考える上で「より多くの女性からモテたい」という本能は無視できない。女性からの好意は無条件に「嬉しい」という気持ちを抱きやすい。

女性は好きな人から強く想われることに本能的な価値観が高い。

 

しかしながら、「恋愛」を意識した時は、その好意が「誰から」向けられたものかによって大きく価値が変わるため、あなたが好きな人から見てどんな女性かによって「嬉しさ」は変わってくるだろう。ただ、本能的に男性は女性から「モテる」こと自体に価値を感じるため「嬉しい」という気持ちは根底にあるものだと理解するべき。特に「迷惑にならないアプローチ」で好きバレしてるケースは、基本的に「嬉しい」と思ってもらっているものと考えられる。

 

恋愛に単純な思考をする男性心理

男性は「目的」とか「結果」を重視する傾向が高く、恋愛そのものを純愛的に楽しむ傾向は低い。ロマンティックなのはむしろ男性の方だと言われているが、それはそういった行動をしている自分に酔っている面も強く作用しているのが現実だ。女性ならそんな男性を目の前にしたことがあるんじゃないだろうか。

 

恋愛に単純な思考をする男性心理を紐解くと、あなたの方想いが好きバレしている状況では、単純に「とても気になる」という気持ちになっていることが予想される。普段の付き合いがある関係の友達関係なら、そう見えない態度や行動を取っていたとしても内心では気になっているはず。

「この子は俺のことが好きなんだ」という事実は、それをどこまで信じるか信じないかを問わず「気になる」という心理に影響している。意識してもらってからがスタートの恋愛においてこの効果は大きく、好きバレの状態でもアプローチできる人は男性・女性限らずに恋愛がうまくいく傾向が高い。

 

自分の恋愛傾向について知りたい人は、私が受けてみた本格的な恋愛傾向診断を受けてみよう。好きバレした後はアプローチの仕方が大事。自分を知っていることは大切なことになる。

 

シャイな男性心理

男性は「恰好の付かない状態」を嫌う。その顕著な例は「恥ずかしいとき」だ。

ある女性から好意を向けられることは、慣れている男性でも何だか恥ずかしいことで、照れてしまう場合も多い。好きバレをきっかけに無視されるようになったり、冷たくなってしまう男性もいるが、シャイな男性心理が影響している可能性がある。片思いに気づいても何をどうしたらいいか分からないし、意識してしまっている自分も「恰好が付かない」ので、態度が変わる場合が多い。

恋愛感情は「特別な感情」なのでm処理に困るのは気持ちを受け取るほうも同じで、恋愛経験の少ない人同士の恋愛では「好きバレ後」がよく問題になる。二人きりで話す機会に恵まれているとどうにかできるケースの方が多いけれど、みんなとの絡みの中では、シャイな男子との恋愛に苦労する。

 

女性から好かれるのが誇らしい男性の心理

片思いするとよく好きバレしてる女性は、好きな人から「調子に乗られる」という経験をしていないだろうか。

女性から好かれるのが誇らしいと感じるのが男性の心理だから、時に男性は「惚れられた女性」に対して「調子に乗る」とか「上から目線」になる人がいる。モテる男性はシャイな面よりもこちらの方に態度が偏るかもしれない。アプローチして好きバレしたというよりは友達経由で好きバレした時などの「そこまで積極的でもない女性」は、好きバレをきっかけに主導権を握られることも。

 

好きバレしても思い切ったアプローチをできないと、「微妙な関係」になる男女の関係も、迷惑になっていないとすれば「誇らしさ」という男性の心理が「調子に乗る」という態度を誘発させる。これはあなたと二人きりの時にも起こることであり、あなたと二人きりではないみんなと居る時でも起こることだ。

 

男性は女性に好かれることで心理的に「自信を深める」面がある。男性としての価値を自覚すると言ったところだろうか。恋愛だけで見れば、モテることでさらにモテるようになる好循環にも作用している。逆を考えれば言いたいことが分かるはず。

それだけ「女性に好かれること」の価値が高く、正直言って「不特定多数の女性」に向けられている価値観でもある。女性よりは多少なりとも「誰からでも」好かれることに誇らしさを感じるのが男性心理だ。迷惑になっていない前提はあるものの、「何人から告られたことがあるか」とか「何人と関係を持ったか」などを話す男性の一面である。

 

好かない女性からの強いアプローチなら「迷惑」を感じることも

ここまで読んでもらうと、男性はどちらかと言えば「女性からの好意を好意的に受け取る」と理解したと思うが、やはり「迷惑に思う」ことも少ないとまでは言えない。その代表は「強いアプローチ」や「強いアピール」を受けながら好きバレした時だろう。好まない女性からでも好意自体を「迷惑」とは思わない人が多いが、「何か弊害がある状態」なら迷惑に感じる。

 

恋愛感情は男女問わず「誰から受け取るか」が大事で、自分が好かない人から好かれるのは手放しに喜べることでもない。アプローチされていると感じている中で相手からの恋愛感情に確信が持てた場合は「冷たくする」態度を取ることもあり、それが好き避けに近いのか、迷惑だから避けているのかつかみにくい。下の記事で嫌い避けと好き避けの違いをまとめているので、好きバレして避けられるようになった女性は参考にしてみよう。

 

女友達からの好意は「関係が壊れる」寂しさも

学校や職場などコミュニティー内の恋愛では「友達関係」を壊す行為になっている点が難しいところだ。一方が恋愛感情を持っても、もう一方が友達だと思っている場合は好きバレが「関係を壊す」きっかけになるケースが目立つ。女友達から恋愛感情を向けれた時、男性が好意を「友情」の形で抱いていると、どうしたらいいか分からない状況に陥る。

 

誰からから好かれていることに気づいたとき、自分に気持ちがない場合は「普通にする」という選択肢と「好意が無いことをそれとなく伝える=冷たくしたり、避けたりする」という選択肢のうち、どちらを選ぶべきか難しい。

ただ、いずれにしても片思いに気づいた時点で「ただの女友達」ではなくなってしまうので、期間は別としても、関係が変わる寂しさを覚える。仲がいい女友達で、かと言って好きな人ではない女友達を相手に好きバレを経験すると、複雑な心理になる原因がここにあるだろう。

好きバレにはメリットとデメリットがあり、それまでの関係やその人の性格、あなたのアプローチやアピールの仕方などで、男性の心理はいくつかパターンに分かれる。

 

まとめ

今回は、「片思いがばれてる!」という女性向けに、「好きバレしてる時の相手の男性の心理」についてまとめた。

 

単純な思考では女性からの好意に対して、「嬉しい」とか「誇らしい」という気持ちがあり、男性の性格や恋愛経験から「恥ずかしさ」が勝る。そこからその女性との関係やアプローチ・アピールに対する感じ方で「迷惑」とか「寂しさ」を抱えるので、どんな状態で好きバレしたのかが重要になる。

 

しかしながら、好きバレがきっかけであっても「意識する」という心理は恋愛に良い影響があるので、好きバレ自体が恋愛を進めていくことに対し悪いことではない。時期にもよるのだけど、あるタイミングから先はむしろ意識させることが大事なので、好きバレを前向きに捉えて、相手のリアクションからアプローチの方法を考えよう。

 

関連記事: