読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

いい感じなのにちゃんと告白してくれない!相手男性の心理や理由は?

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期 告白

f:id:Brightfuture:20160529182957j:plain

「いい人と出会って何だか雰囲気もいい感じ。なのにちゃんと告白してくれない…」

相手の気持ちは何となく予想できても、ちゃんとした言葉がないと不安になってしまうもの。はっきりしてほしいと思う女性の気持ちとは裏腹に、微妙な関係が続いてしまうことがある。

 

いい感じなのにちゃんと告白してくれない男性の心理や理由は様々状況ごとに違っているだろうが、なぜこんな態度に出てしまうのだろうか。

今回はちゃんと告白するのを避ける男性の心理や理由を紹介しよう。

 

このままの関係が心地よい

告白して正式に付き合うことになれば、正直煩わしいことも少なくない。

約束事が増えたり、束縛関連のことや周りとのこと、時間的な制約が出てきたり彼氏としての日常的な連絡などなど、付き合う上でリスクになるようなことは意外と多くて、きちんと告白して付き合うという形に拘らずに付き合っているような状態をキープする男性がいる。

 

いい雰囲気やいい感じの時は、気持ちをお互いで隠しながら付き合っているような状態になることがある。それはそれで心地よい雰囲気だ。特別彼女がほしいと思っていなかったり忙しかったり、理由となりそうなことは色々あるのだが、関係を確認しなくてもいい雰囲気で一緒にいられるならそれでいいと思うことがある。

 

本当に大好きになってから告白したい

いい雰囲気になっているのに告白してくれない男性は、まだ自分の気持ちが100%に達していないからもう少し時間をかけて自分の気持ちを確かめたいのかもしれない。彼女側が告白されないことに焦りを感じているパターンも実は少なくない。

 

真面目な男性の理由になっているところだけど、告白を重い事実と捉え、付き合うということも重く考える男性は「本当に大好きになってから告白しよう」と思うことがある。それだけ大事に思っている理由なので真面目さがカレのいいところなら、もう少し気持ちを温めてから付き合うという形に移っていってもいいのではないだろうか。彼の人となりでこの理由や心理を考えてみよう。

特に、過去の彼女とのことで色々あり「付き合う」ということを重く考えないといけない境遇にあったり、あなたが恋愛に真面目なタイプの女性だから「ちゃんと気持ちが固まってから告白したい」という心理になるパターンもある。

 

恋愛に不慣れでタイミングが分からない

付き合ったことがない男性や恋愛経験の浅い男性は、たとえ好きな女性といい感じになっても告白のタイミングに自信が持てない。ちゃんと告白したいと思いつつ時間が経過してしまって、いまいちタイミングが分からないという理由もあり得るだろう。

相手男性が不器用だったり奥手なら、もう少し好きアピールをしてみても良いかもしれない。

 

恋愛は相手の気持ちをよく考えるものだけど、言葉にされず行動や態度で表現されるものがすごく多いから、経験を基に推測することも多い。雰囲気に対する認識もそうだ。

どこまで行ってもそれは予測とか推測でしかないが、異性に慣れている人ほどスマートに恋愛できる側面は否定できないところ。恋愛に不慣れな男性との恋愛は女性側から遠回しにリードできると成就する可能性を高めることができる。言いたいけれど言えないというような態度が見え隠れするようになったら、少し促してみるくらいで丁度いいこともあるから、雰囲気作りだけでなくもう一歩進んでみよう。

 

もう付き合っているから告白はいらないと思っている

男性は「好き」だという気持ちを言葉にするのが苦手だし、あんまり好きではない人も多い。カッコ悪いと思ったり「もうわかってるだろ」と思ったり、何かと理由を付けて告白は必要のないものと思うことがある。いい感じの雰囲気が既に恋人同士の関係と変わらいと感じるまでになっていたら「もう付き合っているから告白はいらない」という心理でちゃんと告白しないのかもしれない。

ちゃんとした言葉で告白してほしいと思うのなら、こういう人にはそういった気持ちを伝えてきちんと告白してもらおう。何となく告白を避ける人は案外少なくないし、女性側の気持ちを理解せずに都合よく考えてしまう人がいるから、あなたの気持ち次第できちんとした彼氏彼女の関係を確定させるために告白を促してみてもいいと思う。

 

あやふやな関係にしておきたい

ちゃんと告白してくれない男性はブラックな理由で告白しない人もやっぱりいるものだ。ここで言う「あやふやな関係」にしておきたい理由は、多くの場合で相手女性から見ると悪い意味で言っている。

 

以下、関係をはっきりさせない理由を挙げよう。

  • キープだから
  • 遊びだから
  • セカンドや複数人同じような関係にあるから
  • 体目的だから
  • 特定の彼女は作る気がないから

きちんとした告白があってもいいと思う関係になったのにはっきりとしたことを言わない男性は悪い意味で告白しないのではないかと疑う必要がある。キープやセカンド、遊びや体目的でもいいと思う人なら関係をはっきりさせないことが長続きするコツになるけれど、本気の恋愛ならそういった関係を続けることの方が辛いし幸福と遠ざかる面があるのでよく考えて答えを出すべきだ。

 

不安を煽るつもりはないのだけど、告白するべき関係・恋人同士の確認をするべき関係も現実にはあるので、彼との付き合い方や関係を今一度振り返ってみよう。あなたがはっきりさせたい意志を明確にしているのに相手男性がそれを避けるように関係が続いている場合は、ブラックな心理でちゃんと告白してくれないのかもしれない。

 

キープかもしれないと思った女性は下の記事も参考にしてみよう。

 

ナチュラルに思わせぶりな態度を取っている

いい感じの雰囲気は明確にその要件があるわけではないから片方の勘違いであることも少ないとは言えない。特に「ナチュラルに思わせぶりな態度を取る男性」との恋愛は実際の気持ちの上での関係と表面的な関係との間にギャップが起きやすい面があるだろう。この理由でいい感じなのにちゃんと告白してくれない状態になっている場合は、相手の気持ちはまだこれから盛り上がってくる時期かもしれないし、告白の時期がまだ読みにくい。

 

いい雰囲気の概念については一度下の記事でまとめているので読んでみよう。

色々な理由や心理で思わせぶりな態度を取る男性だが、女性が雰囲気を勘違いする時の理由にもなっている。

異性に慣れていたりただの性格的なものだったり、結果的に相手の女性から思わせぶりだと思われる態度になってしまっている男性もいる。雰囲気の認識に答えを出すには言葉で気持ちを聞くしかないのだけど、それには適切なタイミングで確認するのが大事になることも多いので難しい。

焦らずに関係を育てていく時期もあると思うので、デートを重ねながら相手の気持ちを確かめてみよう。大事にされている感覚が伴って一緒にいる時間が増えて行くようだとちゃんとした告白も近いはず。

 

確信が持てないから振られるのが怖い

良い雰囲気なのを女性が感じていても、男性も同じように思っているかは微妙な問題。告白は、振られた場合それまでの関係が壊れて気まずくなってしまう可能性のあるものなので、本気の恋愛ほど臆病になる。女性の気持ちに確信が持てず振られるのが怖くて告白できない男性もいる。

 

いい感じの時でもからっとした友達っぽい雰囲気の二人なら、好きじゃないとこんな感じにならないと思いつつも、雰囲気に確信が持てず友達期間が長くなる二人がいる。気持ちが伝わるように色々と工夫していてもこんなことが起こることもあるので鈍い男性との恋愛はヤキモキするかもしれない。最後の一言がない=ちゃんと告白してくれない男性にはあなたからの気持ちを「確信」させることも大事だ。相手の男性のタイプごとに対応が変わってくるので、相手男性の態度から自分への気持ちに確信を持てたら、あなたの方も態度や行動にわかり易く表してあげよう。

 

まとめ

今回は「いい感じなのにちゃんと告白してくれない男性の心理や理由」を紹介した。

 

せっかく好きな人とうまくいきそうなのに、告白してくれない場合は不安になるものだけど、相手の男性は色々な理由で告白を躊躇っている。相手がどんなタイプの男性かや関係性で対処が変わってくるので、きちんとした告白の言葉が欲しいなら下の記事も参考にしてみよう。

関連記事:

告白の前兆~告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインとは 

男性が告白したくなる時~どんな時に男は告白したいと思うの?