読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

振った彼女と復縁するには~一度自分から振った元カノとやり直す方法

モテる男になるために 元カノとの恋愛

f:id:Brightfuture:20160521154746j:plain

「自分から振った彼女とやり直したい」

失ってから気づく幸せは悲しい結末を迎えることも多く、「一時の気の迷い」や「勢いでした別れ話」をきっかけに本来大事にしないといけない人を失うときがある。

 

自分から振った彼女と復縁するには「自分勝手」を反省し、本気でやり直したい気持ちを相手に伝えきらないといけない。

 

今回は「振った彼女と復縁するには」をテーマに、一度振った元カノとやり直す方法をまとめてみよう。

 

「一度振った元カノとやり直すこと」は、できないこともない。

もちろん全ての場合ではないし、どうやって復縁するかの方法にも依存するが、一度壊れた関係を修復する方法について参考にしてみてほしい。

 

 振られたショックは消えない

色々な恋愛をしてきた私も、一度振った彼女と復縁した経験が何度かある。

その中で特に感じることが多かったことに「彼女は振られたショックが消えない」という点がある。これは友人の相談でも何度も聞いたことだ。

残念ながら一度振った彼女との信頼関係は「一度壊れた」と言わざるを得ない。

 

従って、自分から振った「元カノ」を「自分の彼女」として復縁を迫るのはやめよう。

一度振ったのにまた付き合いたいなんて自分勝手であり、あなたが何を考えているのか彼女は気持ちを見失う。

 

「一時の気の迷いだった」

「喧嘩して勢いで別れ話をしてしまった」

あなたにも色々な事情があると思うけれど、その結果「振られる」という結果を招いた責任は重い。

 

まずは反省。

その工程で彼女の気持ちを動かす言葉も出るようになるし、彼女の気持ちに寄り添える。「彼女は自分のことをあれだけ好きだったんだからまたやり直せる」という考えは自分が自信を持つために持っても良いが、彼女が傲慢さとしてそれを感じたなら復縁はできないだろう。相手の気持ちをまずは考えること、自分が何をしてしまったのかを考えてみることが「振った彼女と復縁する」ために必要だ。

 

「なぜ別れたのか」と「なぜ復縁したいのか」

「彼女を振る」という行為をしてしまったのなら、やはり冗談だったでは流せない。「あれは全部嘘だった」なんて復縁の仕方では彼女も納得しないだろう。

 

彼女は確実に傷ついただろうし、あなたのことを少しは恨んだかもしれない。「俺にはこれだけやり直したい気持ちがある!」では動かせない気持ちがあることを知ろう。

 

振った元カノと復縁するために「なぜ別れたのか」という質問を自分で考えてみる。

女性は自分を見てくれる、自分のことをずっと気に留めていてくれる男性に「安心感」を持ちやすい。投げやりな態度を取ってしまったなら「真剣に考えてあげること」が愛情を示す部分もあるため、彼女に聞かれてしどろもどろする前に、ちゃんと向き合って考えよう。その上で出る言葉には元カノの気持ちを動かす力が加わるはずだ。

 

別れた理由を明確にしたら「なぜ復縁したいのか」を考える。

「好きだから」

これだけではダメだ。考えた挙句にこの答えに行きつくならいい。考えずに「好きだからやり直したい」では振ったあなたを否定しきれない。考えるべき事柄として以下に5つ挙げるので参考にしながら「なぜ復縁したいのか」を考えよう。

  • 彼女はどんな存在だったのか
  • 別れてから何を考えていたのか
  • 復縁したら自分はどうしようと思うのか
  • もう一度「好きだ」と目を見て言えるのか
  • 彼女を傷つけることをした自覚や反省はどの程度のものなのか

 

復縁は告白と違って話し合いになることも多い。

彼女には彼女の言いたいこともある。聞く態度も重要だし、その言葉を聞いて何を返すかも重要。考えていた時間がそのやりとりを復縁へと導くだろう。

 

別れた直後ならすぐに連絡を

あなたが何をきっかけにして別れ話を切り出したのかは分からない。

でも、別れた直後に「復縁したい」と思うなら早い連絡を入れる方が「話し合い」を持てる可能性が高いため、すぐに連絡することをおすすめする。「話し合い」をする場が持てるかどうかが復縁では大事なので、連絡を取ってみて会う約束ができるといい。

 

ちなみに、これまで説明してきたことは時間を凝縮してやっておくこと。

早く連絡しないと!って何も考えずに復縁をお願いしても厳しい。彼女のためにしっかりと考えて、やり直すことになったときに「幸せに付き合える」よう、会うまでにちゃんと考えてから会うようにしよう。

 

振られたことでまだショック状態にある元カノは考えがまとまり切っていないだろう。

割り切るにしても、忘れるにしても、まだ時間が経っていない状況では定まらない。

話がこじれて別れ話に発展した際などは「もう一回冷静に話がしたい」など、別れ方によってアプローチを考えると「とりあえず会う」という返答が期待できる。

 

時間が経つと「嫌いになって忘れる」とか「忘れるための具体的方法を取る」という人も多くなるため、悲しみの連鎖が起きないように対処することが重要だ。

 

できればLINEやメールで深い話をするより、会うことに重きを置こう。信頼関係は一度壊れてしまっているので文字で伝えるよりも、より伝わることが多い「会った状態」で話をする方がいい。

 

別れてしばらく経った元カノとやり直したいなら

別れてからしばらく経った元カノと復縁したい人は、復縁話をするために「どうやって会うか」を考えないといけない。

元カレとはもう会わないと決める女性も少なくないし、あなたが一度振った相手なのだから彼女もプライドを優先するかもしれない。

 

「今更なに?」

こんなことを思うのは決して珍しくない。さらっとした別れ方だったらストレートに誘ってみるでもいいし、何か適当な理由を付けて会えるように約束するでもいい。

しかし、もしこじれて別れた関係なら慎重にアプローチすることをおすすめしたい。

真剣に話したい意思をちゃんと伝えることで会える可能性が高くなる別れ方もあれば、他の理由を作らないといけない場合もある。

別れ話の時の彼女の発言や態度で調整したい。

 

上の記事は「女性向け」に復縁の方法を紹介しているが、男性でも共通する部分がある。

特に別れてからしばらく経った場合の復縁なら参考になるだろう。

 

元カノと会うために

元カノと復縁するには「会うこと」が大事。

長く時間が空いていればもう一度二人で会うための関係作りから始めるべき関係もあるにはあるが「前に付き合っていた人」はよほどのことがない限り「二人で会うこと」に不安はない。会うための理由を考えることで「ちょっとの時間」なら会える可能性は高い。それをきっかけにするか、その場で勝負をするかは会った時の雰囲気次第だが、まずは「元カノと会うにはどうしたらいいか」を考えよう。

 

以下元カノと会うための理由として例を示す。

  • 借りていたものを返す、又は逆パターン
  • 付き合っていたころの夢や目標が達成できた報告をきっかけにする
  • みんなの集まり(友達に協力してもらうパターンを含む)で再開する
  • 噂話などを聞いて「心配」や「お祝い」で連絡を取る

簡単に浮かぶことを4つ挙げた。ここはそれぞれの事情で考えないといけないが、「偶然を作る」という視点も持ってみると機会があるかなと思う。

 

メールやLINEで復縁ができるパターンもないわけではないが、私の経験ではイイ感じになってから普通の「告白」をするよりも、どうしても雰囲気を持っていくまでのコミュニケーションがとり辛い「復縁」の方が難易度は高いかなと思う部分がある。時間が経つとなおさらだ。

もう一度友達から始めることができるなら、何度か二人で会えるなら、付き合い始めたころを思い出して時間をかけてもいいと思う。

 

私が元カノと再会したときのエピソード

とても個人的なコラムを上の記事で書いている。

復縁が目的ではなかったけれど、しばらく時間が経って元カノと会ったときにどんな感じになるのか「復縁したいけど、元カノに会うのが怖い」という人は読んでみてほしい。この記事では3人の元カノと再会したときのことを総合的に書いている。

 

復縁話のポイント

元カノと会えることになったら、復縁話をどう切り出すかが問題になる。

方法は大きく分けると二通りだろう。

 

一つは「楽しくおしゃべりした流れ」で切り出す方法。

要は「もう一回恋に落ちる」イメージに近い。

 

私の体験でも、ある日の再会をきっかけに何度かデートを重ねる関係になった元カノがいる。別れて時間が経っているのなら「もう一度関係を作り直す」方が逆に近道になるだろう。

付き合っていたころを意識するけど、だからと言って自分の女扱いなんてせずに、良い思い出を要所要所で挟みながら真摯に対応していく。片思いから始める復縁の方法も「再会がうまくいったとき」に有効だ。

特に別れた後にも「もう一度魅かれた」という点は元カノも再度信頼する理由になるだろう。別れた原因を排除し、もう一度良い雰囲気を作れるなら、彼女の好みはある程度分かっているわけだし、どんどん押していきたい。

 

もう一つの方法は再会をきっかけに告白する方法。

復縁するために再会するとき「彼女の態度がおかしい」と感じる場合がある。

それが冷たい感じであっても、心を閉ざしている場合であっても、「あなたを意識しているなら」復縁の可能性がないわけではない。あっけらかんとしている方が確立が低くなるので覚えておこう。恋愛では「好き」の反対が「嫌い」ではなく、「無関心」であることを意識するべき。

おかしな態度は意識しているからかもしれないし、自分の気持ちを隠そうしている裏返しかもしれない。何となく再会しただけで終わってしまいそうなときはそのまま告白する方が「その後」に繋がる。

 

復縁話をするときのポイントは、一つ目に紹介した「関係を作りなおす方法」なら反省を主にするより未来を見る告白がいい。彼女が「でも…」みたいに答えるなら反省した内容と今の気持ちを語ることで明るい未来が一緒に見られるだろう。「やり直したい」とか「やっぱり○○のことが好きだ」みたいに付き合っていたころを意識する言葉を入れてもいいので、過去を見るなという意味ではない。

 

二つ目に紹介した方法で復縁しようとする場合は、思い切り「付き合っていたころ」を意識した告白がいい。「ずっと後悔していた」とか「忘れられない」みたいな言葉を盛り込むのが強い気持ちが分かりやすくて効果的。もともと付き合っていたのだし情熱的に気持ちを語ろう。

自分から振ったわけだから自分勝手なのだが、再会のみをきっかけに復縁をするなら「前の二人」にかけてみるしかない。

別れた直後ならこちらでも可能性が低いわけではないから、二人の状態次第である。

 

まとめ

今回は「振った彼女と復縁するには」ということで一度自分から振った元カノとやり直すことができるかを考え、復縁の方法までまとめた。

 

自分から振った彼女であっても、時間が経てば経つほど「相手の気持ちは分からない」と思うべきで、変に「彼氏ぶった態度」で接するとあなたの嫌な部分を思い出すだろう。

一度別れたなら、しかも自分が振ったのなら「一人の女性」として真摯に向き合い、付き合っていた時の良い思い出は味方に付けるようなイメージで復縁を目指そう。

 

あなたが持っているアドバンテージは「一度好きになってもらったこと」だ。

彼女の好みや、あなたに求めていたこと、別れの原因やあなたの弱点。

恋愛を進めるのに十分な情報を持っているところを生かすように元カノとの復縁を目指してもらいたい。

 

なお、「一度惚れた男を女は忘れない」と思うなら誤解がある。

落としやすいと思って元カノとの復縁を望むならそれは失敗に終わるばかりか、良い思い出すら汚してしまう。中には「新しい恋」に進むべき男性もいると思う。

 

関連記事: