読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼女に投資したのに裏切られた…という男性へ~次の恋愛の仕方・考え方を解説する

モテる男になるために

f:id:Brightfuture:20160521154618j:plain

「お金を使って口説いた女性に振られた」

「彼女にたくさんお金を使ったのに裏切られた」

そんな男性の話を度々聞く機会がある。

 

彼女に投資したのに裏切られたという男性は愛情が裏返って恨みにも似た感情を持つことがあるが、もしそんなことを繰り返しているなら、考え方を変えて対処・改善をしたい。

 

今回は「彼女に投資したのに裏切られた」という男性へ向けて、次の恋愛の仕方・考え方をまとめる。女性を落とすのにお金を使う意味とは何なのか。なぜ女性に投資するという考え方で接するのが良くないのか、女性にお金を使ってしまう人は参考にしてみよう。

 

 なぜお金を使ってアプローチするのか

おいしいものを食べに行こうと女性を誘うとき、奢ってくれるなら行くという女性がいるのは当たり前の話だ。

その女性はお金がかからずおいしいものを食べられる。あなたが「嫌いな人」になっていなければおいしいものを食べるだけの意味でその誘いに乗る女性がいてもおかしくない。たとえ男性的魅力をあなたに抱いていないとしても。

 

女性にお金を使う意味は「コミュニケーションを増やすため、又はその機会を得るために、使えるツールを使っているだけ」だ。投資と捉えるならリターンを期待するのは分かるけれど、アプローチをしている以上それが相手に響くかどうかはほかの要素が大きく影響する。

 

女性にお金を使ってアプローチする男性は「投資している」という考え方を改めよう。

そうじゃない。お金を使って一人の女性と同じ時間を共有する、又は興味関心を引き寄せようとしているに過ぎない。

 

恋愛でアプローチするときの目的は「好きになってもらう」ことだ。

お金を使ってアプローチをすることを何ら否定はしないけれど、投資した結果リターンを得られないことに腹を立てるようであれば「お金を使ったアプローチ」をやめた方が恋愛の本質に近づく。

 

お金を使った男性が受容する女性に「受け取った責任」を考えてはいけない

何度もデートを重ねて、その全ての費用を自分が賄った「投資した女性」がいたとしても、相手の「責任」を考えるのはお角違いだ。

見返りは「それによって発生したコミュニケーションの時間」であり、お金ができることはそこまで。「心を買う」なんて意識まではしていなかったと思うけれど、一つの恋が散ったときに自分がそんな考え方に近い思いをもつとしたら、恐らくその女性とのコミュニケーションでもそれが出ていたのではないかと思ってしまう。

恨みに変わるとしたらお金を使ってアプローチする器ではなかったのかもしれない。あるいは自分のキャパを超えてしまっていたのかもしれない。

 

女性に投資して、その女性に「受け取った責任」を考えるのはいけない。

だって、「おごるから食事に行った」という女性がいたとしても、お金を使わなければその時間さえできなかった可能性があり、もしあなたが好意で投資したなら、立派にその対価を受け取っているから。

 

つまり、好きになった女性や気になる女性と、一緒にいる時間を得るために一つのツールである「お金」を使ったということだ。純粋にそう思えればお金を使うこと自体が悪いことではないから今後もおごりで食事に行ったりデートしたりしても良い。

 

経済力は男性の魅力ともなる

女性にお金を使うことは全てが否定されるわけではない。投資できるお金があるなら、それはその男性の魅力に違いない。間接的ではあるが魅力として女性に通じるものはあると思っている。

 

だから、考え方がおかしい人がいるなら「投資したリターン」をどう捉えるかという点。

 

食事したくても普通には誘えないから「奢り」を使う人や、デートのきっかけに「おごるからさ」と言ってしまう男性は、お金を使うことに必要性を感じているので今後もそういったアプローチをしていい。高額なプレゼントなどで投資する人も同じ。

 

「投資する」理由の一つが「経済力をアピールする」ということだったら特に悪手とはならないはず。

好きになってもらえば…、自分の気持ちが伝われば…

そう思う人は特に大きな問題を感じない。最終的に「裏切られた」と思ってしまうような結末を迎えるのはとても悲しいことだが、好きになってもらうためのアピールが相手に届かないことは恋愛の世界で珍しくない。

 

「裏切られた」と大きなショックを受けるならお金を使ったアプローチをやめる

お金を使ったアプローチをしている男性が結局片思いが叶わなかったり、たくさんお金を使った彼女と別れて、「裏切られた」と思うなら、お金を使ったアプローチをやめるべきだ。こじらせて女性不振になってしまうと次の恋愛に悪影響が大きい。

 

投資したという女性と別れて「裏切られた」としか思えないお金の使い方は良くない。一部お金でつなぎ留めることができる人はいないこともないが、それはつなぎ留めているだけだからお金の切れ目が縁の切れ目になってしまう。

 

しかし、お金を使ったアプローチをやめるとしたらどうアプローチするだろう。

もし、具体的にほかの方法を実践している自分がイメージできないのなら、やはり「投資に見合うリターンを得ていた」と言うことになるのだと思う。考え方の角度を変えると恨みは恨みでなくなるかもしれない。

 

ワリカンする勇気はきっかけ一つ

今の大学生くらいの年の人は多数派が「ワリカン」になっている。

これを読んでいる人の中には「恋愛すると投資してしまう」と言う人もいるかもしれない。裏切られる経験を重ねながらも自信がなかったり、つい女性に言えなかったりしてワリカンができない。

 

しかし、ワリカンして投資せずにアプローチする、又はワリカンで付き合っていくことは現在多数派のカップルの支出割合になっており、理屈上は何ら問題にならない。

「ワリカン」にしても良いのである。

 

そういった環境があるのについ自分で出してしまうなら「お金を使うことで安心している」ということになるだろう。色々なメリットがあってあなたは投資してしまうのかもしれない。自覚を改めることで「投資したのに裏切られた」と感じる自分を変えることもできるのではないかと思うところ。

 

投資したのに裏切られたという男性の次の恋愛の仕方

この記事の結論を述べていこう。

 

女性に投資する男性、彼女に投資する男性は、まずその目的が何だったのかをもう一度考えてみる。おごることで彼女との時間を作っていた面もあっただろうし、「自分はおごりでしか食事に誘えない」という男性もいる。また、お金を出してあげていることで精神的に優越感を感じたり、安心感を得ているケースもある。裏切られたと思っても、もともと求めていたメリットはほかにあったのを気付ける場合は考え方を改めることでストレートに次の恋愛に移れる。

 

もしお金を使うことで「彼女の心を買いたい」と思っているかのような考え方をしている人はなるべく少ない失敗で学んでほしい。世の中にはしたたかな女性も少なくない。お金を投資すれば寄ってくる女性もいるが、利用されて終わるだけだ。当然ながら相手の女性の分まで自分が持つようなお金を使い方をしなくても彼女は作れる。現在の恋愛の仕方はお金の面でもむしろ男女平等が急速に進んでいる。

 

男性に取って「経済力」は一つの魅力であるため、アピールするのにお金を使うことは何ら問題ない。お金を手に入れるのに能力が必要で努力も必要なことは常識であり、余裕があるならあなたの包容力とも取ることができる。「おごってやってる」とか「投資してやってる」という態度は言語道断ではあるが、一つのアプローチ方法として否定するものではないから考え方やあなたの魅力次第で方法論を否定しなくてもいいだろう。

 

「投資したから見返りがほしい」と思ってしまうことまで否定しないものの、もし本気でそればっかり考えるなら次の恋愛もうまくいかない。

あなたが投資した女性は自らそれを望んだだろうか?

もし望んで投資するように促した女性だったら自分の女性趣味をあたらめることで対処した方がいいかもしれない。もし望まないのに自ら進んで投資したのなら「裏切り」とは何かをもっと考えるべきだろう。

一つの恋愛が終わったときに下世話な「お金」のことを考えないといけない恋は悲しい。考え方を変えるか、もう投資しないか、いずれにしても次の恋愛の仕方はこの二択と向き合った後にするべきだろう。

 

補足:裏切った女性を擁護するつもりはない

私の考え方は「相手のせいにしない」という立場が明確だから、今回は「投資したあなたが悪い」とか「そんななら投資しなければよかった」という主張になってしまっている。

 

しかし、投資された女性が一人の男性を弄ぶように裏切ったのなら、その女性を擁護するつもりはない。結果として裏切られた男性が恨みの感情になるのも無理はないし、はっきり言って男性が恨みを持つような投資のされ方を女性も受容するべきではない。これは極めて常識的な話の範疇である。

 

裏切られたと思ってしまうのが良くないのではなく、当然相手の女性も悪いけれど、自分の中でしっかり問題を処理できていれば「うまくいかないことも多い恋愛の世界」では「処理できない感情」に苦しむ時間が減るのではないかと思ってこれを書いた。

加えて、女性にアプローチするとはどんなことか、お金を使う意味についても考えを深めるきっかけになればと思う。

 

投資して裏切られるという恋愛の形は様々事情が絡むケースも存在するため、女性側の責任についても言及したところで今回の記事を閉じよう。

 

まとめ

今回は「彼女に投資したのに裏切られた」という男性へ向けて、次の恋愛の仕方や考え方を明確にするために解説をした。

 

「お金で女性を釣る」行為はある一部のカテゴリーにいる女性に有効な手段でもある。

また、お金を使うと恋愛のきっかけを得ることもできるので、アプローチの段階では使う使わないを各場面で選べばいい。お金の使い方は自分が良ければそれでいいだろう。

 

ただ、ある女性にお金を使ったときに「相手の受け取る責任」を自分が考えてしまうとしたら、やめておく方がいい。投資してほしいなどとその女性は言っていないのだから。

振り向いてほしい。惚れてほしい。

そんな気持ちでアプローチしている時に見返りを求めていては相手の女性から素敵な人だと思ってもらえることもないだろうと私は思う。好意とは何なのか、もう少し考えるべきときが「彼女に投資したのに裏切られた」ときなのかもしれない。

私は器の大きな男性でいたい。

 

 関連記事: