読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼女に「重い」と言ったらダメ!想いは重いから、それを言われると彼女は「どうしたらいいか」が分からないんだ

カップルあるある モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20170127130118j:plain

どんな事情があれ、男性は彼女に「重い」と言ったらダメだ。好きだという気持ちは重いものに決まっている。それを受け入れあうのが「付き合う」ということであり恋愛。

 

彼氏に重いと言われた彼女は「どうしたらいいか」がわからなくて、問題を解決できてもずっと不安を抱くことになる。

 

今回は「彼女に重いと言ったらダメ」という話についてまとめる。

 彼氏に重いと言われた女性の気持ち

上の記事でも説明しているけれど、カップルをカップルにしている要件は「両想い」であること。カップルは二人が好き同士だから付き合う。そうじゃなければ「都合のいい関係」や「セフレ・ソフレ」なんて関係であって、彼氏彼女の関係とは違ってくる。

 

そうなれば、彼女からなり彼氏からなり、「好きだよ」って言葉や態度を伝え合うのは当然で、むしろ無くなるなら別れの危機である。「最近、彼女の気持ちが離れたかもしれない…」なんて状況は気持ちが見えなくなったときだから、愛情を伝え合わないカップルは、お互いの気持ちがすれ違い始める。

 

その前提に立てば、彼氏に重いと言われた彼女の気持ちは「複雑」なんてレベルの話じゃない。もうどうしたらいいかわからなくなるのである。

 

なぜなら、彼氏の気持ちは彼女から目で見えるものじゃなく、好きならいつだって不安もあって、自分から愛情表現をしないと彼氏は愛情表現をなかなかしてくれないから。

 

重いと言っちゃダメなんだ、恋愛するなら。お互いの気持ちを受け入れあうのが「付き合う」ということであって、二人で付き合い方を模索するのが「付き合う」ってことだから。

 

男性は、彼女の気持ちが重いと思うこと自体が間違っているのか

見出しの答えは「NO」だ。現実的に男女の恋愛を語るなら、実際「重い彼女」は存在するし、ある瞬間、ある時期、そう思うことは私だってある。

 

好きだという恋愛感情はコントロールしようとしてもなかなかできないもので、複雑な気持ちは時にわけのわからない発想すら生む。友達の話を聞いて急に不安になった彼女が彼氏の前で暴走することだってあるし、それは逆の立場の彼氏から見たら理不尽極まりないことだと思う。

 

想いは重いのが当たり前で、受け入れることを前提にしたカップルでも重いと感じることがあり、それは彼女彼氏を逆転してもそうだから、男性が「彼女が重い」と感じるのは間違いじゃない。無理して付き合うのは彼女も望まないだろう。

 

だったら、どうしたらいいか。

 

その答えは「伝え方を考えよう」ということだ。

 

重いと漠然とした気持ちは具体的な行動や態度に落とし込んで伝える

要は「伝え方が9割」という話を今回している。彼氏が彼女を重いと感じることがあるのは恋愛のあるあるだから、発想がおかしいのではない。伝え方を考えようということだ。

 

彼女が重いと思う理由は何だろう?

 

LINEや連絡のし過ぎ?

彼女の嫉妬?

束縛?

勝手にネガティブになって、すぐ不安になるところ?

 

彼女が重いと思う理由はそれぞれ色々あると思う。漠然としているなら具体化しよう。「重い」と彼氏に言われても、彼女は「気持ちを受け入れてくれない」と感じて「どうしたらいいかわからない」と感じる。愛情そのものが否定されたように感じるのだ。

 

彼女が重いことに悩んだら、具体的に原因を解決しようとして彼女への伝え方を考えるのが正しい付き合い方となる。もちろん、重いと感じる原因が解決するならまだ気持ちが冷めていないことは条件になるだろう。

 

好きなんだけど辛い。こんなときは、間違っても「ちょっと重いかもしれない」とか漠然と彼女の愛情を否定してはいけない。本当に言いたいことはそこじゃないはずだ。

 

「分かれよ!」って気持ちは分かる。「俺は男なんだから察してくれ!」も分かる。

 

でも、気持ちが重いと感じる原因を具体的に彼女が理解しない限り、彼氏と距離を取って付き合うしか解決の方法は浮かばないだろう。そうなればたぶん好きだという気持ちを抑え込むことに似ていて、二人の気持ちが離れて別れるしか道はない。

 

たとえ、彼女から「何で重いの?」と質問されることで解決を模索することになったとしても、「重い」という言葉は恋人から聞くと本当に重い。中にはトラウマのようになる女子もいるし、ずっと引きずるようなエピソードになる可能性があるから、もっと想像力を持って彼女に思いやりを持ってあげてほしい。

 

男女でする恋愛はお互いの感じ方や普段の生活が違っていて、性別の違いも色濃くお付き合いに影響を与えるから、どっちにしても二人で良い付き合い方を模索する必要がある。

 

何か問題があって重いと感じる状況になっているはずだから、そこを伝わるように伝え、二人でバランスを取るように付き合おう。二人で付き合うのだから彼女も彼氏も我慢するべきポイントは出てくるかもしれない。理想の付き合い方ができるとしたら、それは一方的な努力を相手がしているときだ。そんな付き合い方をしたいなら、相手を厳選しないと幸せな付き合い方にならないだろう。

 

もっと現実的に理想の付き合い方をしたい人は「二人で付き合い方を考える」という視点を持とう。長い期間付き合ったカップルがしっくりくるのは、それだけケンカをしたり話し合ったり、色々なエピソードの結果合ってきただけで、最初から絶妙に合う関係じゃなかったはず。少なくても、そんなカップルの方が多い。

 

本当の意味で彼女をリードする器の大きい彼氏になってほしいと思う。

 

女性は、自分を「重い女なんじゃないか」と気にしている人が多い

f:id:Brightfuture:20170127130221j:plain

今回このテーマで記事をまとめようと思ったのは、女性が「自分は重い女なんじゃないか」とよく考えているからだ。私の付き合った女性でも、読者の恋愛相談でも、1回も「重いですか?」と聞かなかった女性はいないのではないかと思うくらいである。

 

男性が思う以上に女性は「恋愛すると重くなる」と感じていて、そのものズバリの言葉は破壊力が高すぎる。

 

好きになれば丁度いい距離感が難しくて近づきすぎたり遠慮しすぎたりするのが恋愛だから、みんなウザイ女になりたくない、彼氏や好きな人に重い女だと思われたくないって心理がある。それが好きだという感情なのだろう。

 

前述しているように、恋愛の基本は「愛情を表現すること」だから、表現方法が間違っていると感じるなら伝え方を考えて原因が排除できるように解決すればいい。二人で話した結果、二人の妥協点みたいなところで落ち着く話もあるだろう。両想いで付き合うなら、どちらかの意見が通るかどうかは問題じゃない。二人の幸せの総量を増やす答えが出せれば良いはずだ。

 

女性が気にし易い「重い」ってことをストレートに言ってしまう彼氏はデリカシーがない。彼女が好きなら、「もっと良い付き合い方をしよう」と発想するようにしてみよう。

 

まとめ

今回は「彼女に重いと言ったらダメ」というテーマで私が大事だと思う考え方をまとめた。気持ちは重く、恋愛感情になると余計特別な気持ちだから実際重いと感じることがあるけれど、好きで付き合う彼女に思ったなら、伝え方を考えて解決するようにしよう。

 

 自分に依存している彼女が重いという彼氏は下の記事を参考にしてみよう。恋愛依存症の解決策を紹介している。

恋愛依存症の女性の特徴と、「自立」とは何なのか問題を解決!

 

短期間で別れを考えている人は下の記事がおすすめだ。

付き合って1ヶ月以内で別れるのはちょっと待った!合わない彼氏・合わない彼女と別れたいなら2ヶ月目から

 

彼女を振ってしまったあとでこの記事を読んだ男性は下の記事も参考にしてみよう。

振った彼女と復縁するには~一度自分から振った元カノとやり直す方法