読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

自分の好きなタイプを知る方法~自分が好きになるタイプが分からないなら、7つの質問で診断してみよう

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 私の恋愛観

f:id:Brightfuture:20160520192558j:plain

あなたは、自分の好きなタイプを聞かれたときに、どんな答え方をしているだろう。

 

また、恋愛に興味を持つと自然に「自分自身への興味も強くなる」ところがあり、自分が好きになるタイプがどんな人かにも興味を持ちやすいのではないだろうか。

 

「好きになった人がタイプ」

「好きになるタイプが分からない」

こんな人が自分の好みのタイプを知りたいと思うとき、今回の方法を使って自分自身を分析・診断してみれば「自分の好きなタイプ」が分かるかもしれない。

 

今回は「自分が好きになるタイプが分からない」という人向けに「自分の好きなタイプを知る方法」についてまとめてみたい。

7つの質問であなたの好きなタイプを分析する手助けをしてみる。

ぜひこれからの恋愛に役立てほしい。

 

共通点がない「過去に好きになった人」でも、上手くいった人や長く好きだった人の特徴は何?

一つ一つの恋愛は関連性を感じないものばかりだから、自分が過去に好きになった人を分析しても「自分が好きになるタイプが分からない」となりやすい。

 

しかし、当然ながら自分の恋愛遍歴は自分の好きなタイプを診断するのに欠かせない要素。しっかり分析したい。どのように分析するかが大事だ。

 

なるべく正確に「過去に好きになった人」を分析するために、以下の点に気を付けて自分の恋愛を振り返ってみよう。

 

  • 全ての好きになった人でなくて良いので「3人以上」当てはまる共通項を考えてみる
  • すぐに好きじゃなくなった人、嫌いになってしまった人は除外して長く好きでいた人を分析してみる
  • 外見だけ、内面だけで比較しないで両面を分析してみる
  • 好きになった理由はバラバラでもいい、好きになった後から分かったこともなるべく客観的に分析する
  • 言葉にしにくい空気や雰囲気でも共通項がないか考えてみる

 

5つポイントを挙げたので、今一度自分の過去の恋愛遍歴から自分の好きなタイプを考えてみよう。これからまだ質問を続けるのでここでは「〇〇かな?」という漠然とした状態で構わない。

 

あなたの嫌いなタイプは?

自分の好きなタイプ、好みのタイプは「嫌いなタイプ」からも炙り出せる。

あなたの嫌いなタイプはどんな人だろう?

自分がされたら許せないことは?

 

自分が嫌いなタイプがはっきりしている人は、そこを反転することで自分の好みがはっきりする。

例えば「感情的に怒りっぽい人が嫌いなら、穏やかで優しい人が好みのタイプ」と言うような感じだ。遅刻が絶対に許せない人はきっちりした性格の人が好きなタイプになりやすいし、実際に付き合うことになったとしてもうまく行きやすいのはこの手の診断方法。

 

楽しいと思える瞬間はどんなとき?

あなたが楽しいと思える瞬間はどんな時だろう?

誰かと一緒にいる前提(何かをしていないといけないわけではなく、「安心できる人とぼーっとしてたい」でもOK)で考えてみると、自分が好きなタイプが分かる。

 

例えば、「自分が興味を持った話で盛り上がれる人がいい」とか、「休みの日に家でウダウダしながら癒されたい」とかでもいい。

何かしらで誰かと一緒に居るときに「楽しいと思えること」を想像すると、それに合った人を想像することで「自分が好きなタイプを知る方法」となる。

 

お酒が好きな人が、「お互いに酔ってくだらない話をしている時」が楽しいと思えるなら、それはそれで好みのタイプがそういう人だということだろう。

 

楽しいことがお互いに同じな二人は恋愛が進んだときに「付き合うまで」至りやすい。今回の「自分の好きなタイプを知る方法」は、より具体的になればなるほど「あなたが恋愛対象にすることで上手くいきやすいタイプ」という視点で記事を進めている。

 

彼女・彼氏ができたとき、何をしたい?どんな風に付き合いたい?

「何が楽しいか?」を考えた次は、もっと恋愛に寄せて考えてみることでより自分の好みがはっきりしやすい。あなたが彼女や彼氏ができたときは、何がしたいと浮かぶだろう?どんな風に付き合えたら幸せだと、素敵だなと思うだろうか?

 

たとえば「アクティブに色々なデートをして、二人でどんどん思い出に残る体験がしたい!」という人は、積極的な人で挑戦心を持っていて色々なところに出かけるのが好きな人が好みだろうし、「落ち着けて安心できる幸せな毎日が送りたい」と思うなら思いやりがあって包容力の高い人が好みだろう。

 

こうして考えていくと色々な考えも浮かんできてしまうけれど、一番最初にイメージしたことがあなたに取っての正解である可能性が高い。加えて、より具体的にイメージできたのが自分の好みに近いはずだ。

 

「あれもいいな、これもいいな」と考えるよりも、自分がきちんと主人公として描ける「イメージ」が理想と現実の間。

つまりは、自分が好きなタイプを知る方法としては、架空の恋人でいいからイメージしてみて、どう付き合っているかを想像した時に自然と笑顔になっている状況があれば、自分の好みと認識するべきかなと思う。

 

あなたの友達はあなたの好きなタイプをどう分析している?

自分自身を客観的に見ることができない人は「友達」に分析してもらう方法もおすすめ。特に長く付き合ってきた親友は、あなたが自分自身の好みを知るのに具体的なヒントを与えてくれるだろう。

 

自分の好みが分からない人は、友達からの指摘をつい否定してしまって捉えやすいが、自分の好みを知りたいなら、むしろ肯定する事実を思い浮かべてみよう。

「そうなのかもしれない」と思って話を聞くことが「自分の好きなタイプを知る方法」のコツとなる。

 

人は一言で語り尽くせるほど単純ではないから「好みのタイプが分からない」と複雑に考えることはある意味正解だ。肯定できる内容も浮かべば、ある瞬間に否定する内容が挿入される。

 

しかし、大きく分けてタイプを知るときに、否定と肯定を並べても前に進まない。

だからこそ、親友があなたをイメージしていることには大きなヒントがあり、そうかもしれないと思って聞いてみると「大きく分けて」自分の好みのタイプが浮かび上がることもある。なるべく恋愛経験の多い友達に「あなたに合った人」や「あなたが好きになるタイプ」のイメージを質問してみよう。

 

「私(俺)は、そんなタイプが好きってわけじゃない!」とならず、あくまでも目的はヒントをもらうことなので「この人からはそう思われているのか、自分にはそういう面があるのかもしれない」と考えてみることで受け入れやすくなるのでおすすめだ。

 

自分の話を聞いてほしい?面白い話を聞きたい?

このブログでいつも言っていることなのだけど、「恋愛は究極のコミュニケーション」だから、会話の雰囲気は恋愛で一番大事だ。

あなたは自分の話を聞いてほしいと思うタイプだろうか?

それとも、好きな人の面白い(興味が持てるという意味で)話が聞きたい人だろうか?

 

自分の好みのタイプがわからない人でも、自分が心地よいと感じるコミュニケーションの方法はしっかり分析しておきたい。話好きが自分に合うタイプなのか、聞き上手が合うタイプなのか。

 

コミュニケーションの形は相手との関係性やその時々によって大きく変わるのだが、本質的な「性格」というのは髄所に現れるようにいつも思う。

好きになっても付き合わない二人は、この「心地よいコミュニケーションの形」が根本的に合っていないケースが目立っているので、よく分析しておくと、自分に取って「いい恋愛」ができると思う。

 

今、一番大事にしたい「条件」は?

自分の好きなタイプがわからない人は、恋愛の好みの意味で「過去と現在」が変化していくことに気付いていない人が散見される。それこそ高校生のころや大学生のころの恋愛に遡ってしまって「タイプがわからない」となってしまう。

 

人は経験によって好みのタイプは変わるし、時間の経過でも変わってくる。

つまり、1年後や2年後に「今の自分の好みのタイプ」は違っていてもいいのである。

 

典型的な例を挙げるとすれば「結婚」を意識していなかった人が意識し始めることで自分が好きなタイプが変わることなんてザラにあるだろう。

 

あなたが今、一番大事にしたい恋人の条件は何だろう?

誠実さ?イケメン?お金持ち?自分を好きになってくれること?

 

いろいろな条件を浮かべる人がいると思うが、ここは素直に考えるのがコツ。変わっていくものだから、過去と一貫性が担保されていなくてもいい。

 

最後にこの質問をしたのは、私がこれを一番を重視するべきだと思っているからだ。

あなたの今は、過去・現在・未来のすべてを意識しながら構成されている。今浮かぶ「自分の好きなタイプ」はここで具体的になるならそれで充分あなたの好みを反映しているだろう。

 

好きなタイプを知る方法としてたくさんの説明をしてきたが、最後に大事になることは「受け入れること」だと思う。恋愛に絡む感情は複雑だから例外だらけ。あくまでも「自分の好きなタイプを知りたいなら」という前提条件を踏まえると、7割くらいの納得度で満足するべきかなと思う。たくさんの説明を自分に求めるならそれでもいいが、もし誰かに聞かれたときに答え方に悩むとしたら、簡潔に答えるべき質問だから、10割の納得度を求めないこともコツだろう。

 

まとめ

今回は「自分の好きなタイプを知る方法」をまとめた。自分が好きになるタイプが分からない、自分のタイプがわからない人は、7つした質問をじっくり考えてみて、私の解説も参考にしてみてほしい。

 

自分の好みは考えれば考えるほどよくわからなくなるものだけど、すべてを表す必要はないし、細かなところでは補足情報をたくさん差し込みたくなるもの。大きくどんなタイプかを表現するのに、今回の記事を役立たせてほしい。

 

また、自分自身の恋愛を知りたいという人は下の記事で「本格的な恋愛診断」が受けられる。無料なのでぜひあなたの恋愛に活かしてほしい。

 

 

関連記事: