読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼女がいる男性と付き合うためにはどうしたらいいか~彼女持ち男性の落とし方とは

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20170305131746j:plain

彼女がいる男性を好きになった場合、恋愛の進め方に悩む女性はきっと多いだろう。「好き」という感情にさえ罪悪感を持つことがあり、アプローチが中途半端になりがちだ。

 

「どうしたらいいんだろ?」と、漠然とした疑問や不安を抱えながら、それでも恋愛感情を捨てきれないことで辛い恋愛になっている人が決して少なくない。

 

そこで今回は「彼女がいる男性と付き合うにはどうしたらいいか」について、私の経験から「彼女持ち男性の落とし方」を解説する。

いま、好きな人に彼女がいるなら参考にしてみてほしい。

そもそも、好きな人に彼女がいる場合付き合うことはできるの?

今回のテーマの具体策を解説する前に、「彼女がいる男性を好きになってもいいのか」という問題について触れておこう。罪悪感がすごいとあなたが辛い恋愛になってしまうけど、結局「付き合えるかどうか」に可能性がないなら、気持ちを消す方が正解となるため、ここははっきりさせておく必要がある。

 

私の経験では、彼女がいる状態で女性から想いを寄せられ、最終的に付き合うに至ったことが過去にあった。友達でも数人がそんな経験をしており、多いとは決して言わないけれど、そこまで珍しいことでもない印象を持っている。

 

見出しの答えは「彼女持ちの男性でも、付き合える可能性はきちんとある」というのが私の経験則。無理めな恋愛であることは否定しないが、絶対に無理と決まった恋愛でもないはずだ。

 

そもそも、現実的な話、相対比較の中で「素敵な人」というのは限られた存在である。そうであるなら好きな人が「既に誰かと付き合っている」という状態であるのも不自然じゃなく、倫理観は別にして、彼女持ちの男性を好きになるのがおかしいことではない。

 

しかし、世の中には注意しないといけないことがあるから、ポイントを挙げておこう。

  • 略奪愛になった場合、自分の基盤となる生活環境が著しく悪化する場合がある
  • セカンド・キープになる可能性も高い
  • 時間のかかる恋愛になりやすい

 

以上、3つの危険性がある恋愛なので、彼女持ちの男性を好きになった場合は覚悟するか、諦めるかの指標にしよう。

 

ここから先は「彼女がいる男性と付き合うにはどうしたらいいか」を具体的に解説していくので、上記の状況を「受け入れた」と思って話をしていく。恋愛は進むほどしんどくなるから、あなたのスタートラインをしっかり確認しておこう。

 

最も付き合える可能性があるのは「彼女と上手く行っていない男性」

恋愛は、恋人がいればハッピー!というほど単純じゃない。メリットとデメリットがしっかりあって、彼女とうまくいっていない男性は彼女との恋愛が負担になっているはずだ。彼女がいる男性と一番付き合える可能性が高いのは「彼女と上手く行っていない」という場合。

 

これは現在そうであれば最も望ましいのだけど、「タイミング」でも構わない。通常の片思い同様、好きな人とコミュニケーションを取って距離を縮め、彼女と喧嘩するタイミングや倦怠期に入るタイミングを待つと、それまで努力ができていれば「付き合う相手」として彼の天秤に乗ることができるだろう。

 

彼女が大好きで、上手く行っている男性を好きになった場合は最低でも「すごく時間のかかる恋愛」となるだろうが、既に上手く行っていない、喧嘩が増えてきているという状況になっているなら、付き合える可能性はむしろ高いと言える。

 

なぜなら、あなたの好きな人は癒しを求めるからだ。

 

彼女がいる男性の接し方

ここで「彼女がいる男性の接し方」をまとめておく。彼女持ちの男性を好きになった場合、どんな風に接したらいいか迷う女性はいるから、上の見出しを補完しながら解説しよう。

 

癒しを与える存在になる

男性が誰かと付き合い、長く続くことで彼女に持つ不満は「慣れ」の副作用だ。付き合い始めは気遣いタップリに接してくれた彼女も、長く時間が経つと新鮮さを失って態度がきつくなったり、言い方がぶっきらぼうになったり、それなりに好きな人の彼女は「悪い方向」へ変化している。

 

その点を踏まると、あなたの魅力にするべきポイントは「癒し」である。

 

前述しているように、あなたが好きな人と付き合うには彼女と上手く行っていないタイミングで彼女候補になることが一番可能性が高いわけだが、彼女とケンカしたり上手く行かなくなった時に連絡する相手は「自分に癒しを与えてくれる人」ということになるため、そこを目指すべき。はっきりそう言わなくても、現実的にそのポジションに、なれるなら、時間の問題でお付き合いに発展するだろう。

 

まだ付き合う前のあなたなら、良い意味の気遣いができて心地良い距離感もつくれる。男性は女性そのものに癒しを感じるから、「どうしたら癒せるんだろ?」と考えて変に裏目るよりも、やっちゃいけないことを押さえていれば大丈夫。下の5つのポイントを押さえよう。

 

  • 気になっても彼女の話はしない
  • 基本ポジティブに接するようにし、彼のネガティブな話を聞いてあげる
  • 笑顔で接するようにし、楽観的に彼と接する
  • 彼女持ちの好きな人に寄せる想いを拗らせて、不安を彼にぶつけない
  • 構ってほしくても、変な絡み方でコミュニケーションを取ろうとしない

 

好きな人に対して自分との時間に癒しを感じてほしい場合、あなたはちょっと大人にならないといけない。好きな人に頼るなとまでは言わないけれど、負担になるなら癒しは提供できないだろう。

 

加えて、彼女持ちの男性を好きになったことで持つことになる不安や疑問を原因にこじらせてしまうことも防ごう。

 

外部要因にも左右される恋愛を進めていこうとするなら辛い恋愛になってしまうけれど、それでもそれを感じさせないようにすれば彼を癒すこともできる。繰り返しになるが「特別なことをしないといけない」のではなく、感じの良い女性だと思ってもらえるように一貫して「優しい女性」になれば、男性はきちんとあなたに癒しを感じてくれるので、上記のポイントを押さえた上で接触の時間を持つようにしよう。

 

彼女がいる男性との連絡頻度

もしあなたが好きな人と普段会える関係なら、LINEやメールなどの連絡は少ない方がいい。いつ彼女と会っているか分からないし、彼女との連絡が面倒になっていることも多いので、負担になってしまうと切られてしまう。

 

会った時になるべくコミュニケーションを取るようにして連絡は控えるようにすると、好きな人に取ってあなたが「仲良くなっても良い相手」となる。彼女持ちである以上、普段から頻繁に連絡を入れられると、浮気を疑われるのが当然だから離れたくなるのが好きな人の心理だろう。

 

LINEが使いにくいとなると恋愛を進めていくのが難しいけれど、これは「仲良くなる前」の話だからそこまで心配しなくて良い。仲良くなってくると連絡が取れるタイミングも分かってくるし、何となく探りを入れることもできる。

 

最初からLINEをバンバン入れずに、まず仲良くなってから連絡を取り合う間合いを掴もう。

 

彼女がいない場では積極的に話しかけていく

LINEやメールは我慢するとなると、「会った時」のコミュニケーションは本当に大事で、彼女がいない場では積極性を大事にするべき。彼女がいる男性だったら上手く会話をリードしてくれると思うので、きっかけ作りに頑張ろうとすると少しハードルが下がると思う。

 

恋愛を進めていく基本は「コミュニケーション」である。恋愛が苦手だと「どんなコミュニケーションが恋愛を進めるのか」と疑問に思いがちだが、彼女がいる男性だと頭の中で自然に彼女と比較して捉えているところがあるから、「とにかくたくさん会話をしよう」とする気持ちできっかけ作りをして行けば良い。

 

あなたと好きな人との間に縁があれば、接触している中で色々なエピソードができてくる。好きだという気持ちで接するのだから伝わるものがあるし、そういったことは雰囲気に出てくるので、まだ仲良くなる前なら距離を縮めていくことだけ考えよう。

 

しかし、それだけでは「彼女持ちの男性の落とし方」としては弱いので、もう少しテクニック的なところも解説する。

 

彼女持ちの男性を落とす5つのポイント

ここからはもう少し具体的に「好きな人と落とすアプローチ」を解説する。これから上げる5つのポイントをしっかり実践すれば、きっと好きな人を振り向かせることができるはずだ。

 

好意を伝えよう

彼女持ちの男性を落とすためには好意を伝えながら接するようにしよう。あるアンケートでは男性の75%が「もっと好きな人がいるのに別の女性と付き合った経験がある」と答えている。

 

特に付き合い始めの男性が相手なら、あなたの好意に気付くだけで振り向いてくれる可能性がある。

 

片思いを叶える好きサインの送り方は下の記事でまとめているので、イメージできない女性はヒントを得よう。

 

恋愛の醍醐味はドキドキ!好きな人をキュンとさせよう

恋愛は非日常感・非現実感が大事。やはり恋愛の醍醐味はドキドキ・キュンキュンである。それは男性も変わらない。

 

下の記事では男性を胸キュンさせる行動と仕草について10個紹介しているので実践してみてほしい。知識があれば状況に応じて使える恋愛テクニックがあるはずだ。

 

 

色気のある女性になろう

正直、男性は下心と純粋な恋心がリンクしやすい。女性の魅力で「色気」が重要なカギを握っているのは間違いないところなので、「寝取る」とは言わないまでも、好きな人に色気アピールすることは「彼女持ちの男性を落とす」のに有効だ。

 

 下の記事では女性が勘違いしやすい「女性の色気」を男性目線でまとめている。女の色気って何だろう?と思うなら、読んでおこう。

 

ほめ上手になろう

好きな人が付き合っている彼女はきっと安心していつもグチを聞いてもらっているはず。そうなれば褒めることは減っているはずだ。片思いの時より両想いになった方が恥ずかしくて褒められないと感じる女性も珍しくない。

 

男性は女性に褒められることですごく単純に気分がアガる。多くの女性からモテたい心理は本能から来るものだから、あなたが褒め上手になれば恋愛へ直接効果があるだろう。

 

下の記事では医師は推奨した「男性の褒め方」を心理学的に紹介している。2つのポイントだけで覚えやすいと思うので、こちらの記事も読んでみよう。

 

 

都合のいい女からの昇格を目指さず、付き合う確約を得てから

色々なアプローチから好きな人といい感じになった時、まだ彼女と別れる前なら迫られると戸惑ってしまうタイミングになるが、そのまま成り行きに任せるのはセカンドやキープになる可能性が高まる。断れないと感じる女性も少なくないが、一線を超えるときは「付き合う確約」を得てからにしよう。

 

彼女持ちの男性にアプローチすると、付き合う前に関係が進みやすい。単純な片思いと違っているため、変な話「手続きの順番」が曖昧になりがちだ。

 

しかし、その曖昧さをさらに曖昧に受け入れてしまうと、好きな人に取って「あなたと付き合うメリット」が著しく低下してしまう。関係を発展させてはいけないのではなく、適当に進んでしまって捨てられることは防ぐのが基本ということ。

 

長く付き合ったなら「別れよう」の一言で済まない場合もあるから決断は遅れがち。アプローチをしてくれた女性との「関係」だけ進む場合、それは遊びだからと決まったわけじゃない。本気の場合でも順番がある意味複雑になることがある。

 

先に関係を持ってから彼女と別れさせる作戦も世の中にはあるくらいだから、テクニックであるのは認めるが、慣れていない女性はそんなことをせずに選ばれるのを待つのが基本。でも、進んでしまうなら進み方をきちんと意識するべきで、そんな雰囲気になった段階からその時の状況に合った判断をしよう。

 

嫌われることを恐れていては好きな人の本命になれない。気持ちにはプライドを持って、一人の女性としてきちんと扱ってもらえるように振舞うのはむしろ「彼女持ちの男性を落とす方法」と言える。

 

自分を下げて扱えば好きな人からも大切にされない女性となるから気を付けよう。好きな人があなたに迫るなら、「付き合うこと」をきちんと約束すれば本気か遊びかは一発で分かる。

 

まとめ

今回は彼女がいる男性と付き合うためにはどうしたらいいかについてまとめた。彼女持ちの男性の落とし方は詳しく書いた記事も紹介しているのでぜひ参考にしてみよう。

 

好きな人に彼氏がいる場合は恋愛の進め方が少し特殊になるが、連絡を頻繁に取り合うよりまず仲良くなるために会う時間を大切にするべき。めんどくさい女と親しくするのは彼女が居る以上しんどいため、仲良くなった後に連絡を取り合う仲へ発展させよう。

 

付き合うタイミングはやはり今カノと上手く行かなくなったタイミングか、あなたの存在が彼女を上回った時なので、しっかり癒しを感じてもらえるように楽しい時間を提供しよう。

 

好きな人の彼女も、慣れてきた彼氏に負担となっている部分はあるはずだから、好きな人に与えられる人になれるとベスト。続けていれば、少しずつ道が拓けてくるはずだ。

 

関連記事: