読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

女性が男性を追いかけるとダメな理由5選~女子は好きな人を追いかけちゃダメ?

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20170222184716j:plain

恋愛でよく聞く格言に、「女は男を待て」という趣旨の言葉がある。

女性は好きな人を追いかけないで、好きな人が追ってくるのを待てという事だが、なぜこんなことが言われるのだろう?

 

今回は、「女性が男性を追いかけるのがダメな理由」を解説するので、「なぜ女は好きな人を追っちゃいけないの?」と思う女性は参考にしてみよう。

遊ばれる可能性が高くなる

男性は、恋愛に狩猟性を持っていて、自分が頑張って手に入れたものにより高い価値を感じるのが特徴だ。これはそのまま女性の価値の捉え方を表しており、男性が女性の方から追われると、その女性の価値を低く見やすいという特徴につながっている。

 

より多くの女性と交わりたい男性心理は、女性が何の対処もしないとそのまま浮気される可能性や一定期間が過ぎた後に他の女性へ移られるリスクに繋がってしまうけれど、自分の価値を下げる「好きな人を追いかける恋愛」をした場合は、浮気よりもっとひどい「遊ばれる」とか「セカンドにされる」と言った可能性を上げることになってしまう。

 

恋愛では「惚れたら負け」という言葉がある。これは真面目な恋愛をテーマにしたとき、女性の方がよりリスクが高くなる言葉で、男性を追いかける恋愛をするタイプは、なかなか好きな人の本命になれないという事実がある。

 

特に「モテるタイプの男性」は、如何に追わせるかが大事になる。自分から追ってしまった場合は、振り向いてくれたとしても本気かどうかが非常に曖昧だ。

 

ネガティブになって自己否定をしてしまう

女性は「愛されたい心理」が強いから、もともと無理めな恋愛を進めていくマインドを持っていない人が多い。本当は想われる人の中から一人を選ぶ方が向いており、好きな人を追う恋愛は、自己否定を強めてしまう。

 

この悪循環が恋愛の癖になると、たとえ好きな人と付き合えたとしても不安がそのまま残り、なかなか幸せに満たされないのが辛いところ。

 

女性が憧れるような「モテる女性」は、表現力が高いのが特徴の一つだが、男性を引き付けるような明るさは、実際に男性からの支持が支えている部分もある。要はモテるからモテるオーラを持っているということ。

 

男性を追いかける恋愛をすると、どうしても自分を否定してしまう事柄が増えてしまい、男性が選びたくなるような女性から離れていく。

 

恋愛で自分を否定しまう女性は、「追われる恋愛」を一度体験してみるべきかもしれない。本気で愛される経験は、自分への自信にかなり関わっている部分だ。いつも無理めな恋愛をする人は、恋愛がうまくいった経験が少なくて自信がないパターンも散見される。

 

深読みしてこじらせる

女性の恋愛アプローチは、とにかく深読みしてこじらせてしまうことが多いと感じる。

 

好きな人を追いかける時は、もっと単純に「OKかNGか」を判断して期待し過ぎず距離を縮めていかないといけないが、女性はその過程で妄想をふくらませてしまい、せっかく好きな人と仲良くなっても、ちょっとしたすれ違いでそれまでのストレスを爆発させてしまう。

 

「あの思わせぶりな態度は何だったの?!」

こんな言葉は、時にすごく一方的だ。

 

中にはもちろんあからさまに思わせぶりな態度を取られることもあるにはあるが、追いかける恋愛では冷静さを失いやすいので、痩せ我慢ができる男性の方が向いている恋愛のカタチかもしれない。

 

深読みしてこじらせる癖を持つと、色々知りながら関係を深めていく恋愛においてかなり不利になってしまう。自分から追いかける恋愛ばかりの女性は、気を付けながら恋愛するようにしないといけない。

 

友達関係など、人間関係が悪くなる

女性は女性同士の関係が複雑で、特に恋愛は人間関係を壊す際たるものだから、追う恋愛をした場合は「周りの目」が気になる。男性より、友達関係を壊すことが多いのである。

 

男性なら追えない男性ほど「男らしくない」なんて評価する文化があるから追いやすい環境がある。しかし、女性の場合は逆で、待っている女性が多いからガンガン男に行く女性の評価がすこぶる悪い。

 

そこまでしないとしても、やはり女性から男性を追うなら人間関係をおかしくする可能性があることを知っておくべきだろう。いざ付き合う時も「相手から来られた場合」と「自分から行った場合」とでは何かと変わってくる。

 

尽くし過ぎてむしろ幸せから遠ざかる

女性から男性を追いかける恋愛をする場合、多くの女性が「好きな人に尽くす」という選択をしがちだ。母性本能からそうなることも多くなっている。

 

口説くという感じじゃないのが女性の恋愛なので、男性を追うと言ってもできることは限られているだろう。

 

しかし、そんな恋愛になれば「お母さん的になってしまう」というパターンや、実質的に利用されてしまうケースも目立ち、時々「それって幸せなの?」と聞きたくなるような恋愛をしている女性とも出会う。

 

本当は好きな人からお姫様扱いされたい女性の心理も踏まえると、無理して好きな人を追う恋愛がは果たして幸せかは一度考えるべきかもしれない。

 

個人的な経験では、結局本当の愛が手に入らなくて、一晩かけて「なぜ幸せになれないのか」を説明した女友達がいたけど、恋愛の捉え方を変えた途端に幸せを掴んだというエピソードもあるくらい、「自分が幸せになる方法」に疎い女性というのが世の中にはいる。

 

 

この記事は、「女性が男性を追いかけてはいけない」という記事ではない

ここまで「女性が男性を追いかけてはいけない理由」を解説したが、この記事は「女性は男性を追いかけてはいけない」という主張のためにある記事ではない。あくまでもそう言われる理由を解説した記事である。

 

好きな人ができたときは、女性も何等かのアプローチをするべきだし、ただ待っているだけでは叶わないのが恋愛で、つまりは「好きな人の追い方」が大事だと言うのが、個人的なこの記事の答えである。

 

ただ猪突猛進的に男性を追っても上手く行かないことは理解できたと思うので、追いかける恋愛をする女性はしっかり相手の男性の気持ちを考え、追い方を考えよう。やっていることがもし自分の女っぷりを下げることだったら悲しい。

 

男性は安心しきってしまうと恋愛ではダメな方向へ進む傾向が強いし、「軽い女」とか「彼女にする価値のない女」と思われたらまず本命の彼女にはなれない。

 

「俺に気があるのかな?」とか「何?脈ありなの?」と、好きな人の気を引くような努力をし、「追われる女になるために追う」というようなイメージを持とう。男性に追わせる方が女性は幸せになれるし、幸せに付き合える可能性も高まる。

 

また、追いかけるだけの恋愛ばかりだった女性は、追われる恋愛を排除せずに、もう少し受け入れることも検討したい。異性から想われる経験は自分への自信になる。まだ経験がないなら、経験した後で恋愛観が変わる女性もいるだろう。

 

片思いは視野を狭くするところがあるからきちんと冷静になろうとすることも大事なので、「好きな人だけ!」ってならないようにすることも大切だ。

 

まとめ

今回は「女性が男性を追いかけるとダメな理由」についてまとめた。

 

女性は好きな人を追っちゃいけないの?という問いは、「好きな人の気を引いて追わせる恋愛の仕方をしよう」が個人的な答えである。

 

男性の狩猟的な恋愛観を踏まえると、追いかける恋愛をする女性はなかなか魅力的に見えないところがある。あくまでも好きな人の性格を十分考えて答えを出すべきではあるが、女性は気を引くようなアプローチが向いているだろう。

 

実際押し引きを上手く使って男性を追わせる女性が恋愛に成功しているところもあるので、もし追いかけすぎる恋愛傾向を持っている女性は、一度回りで恋愛がうまくいっている女子の態度も見てみるといいかもしれない。

 

女子力アップに下の記事も参考にしてみよう。

関連記事: