読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

恋愛感情を持った好きな人や恋人と普通の友達に戻ることはできるのか~「友達でいよう」と言われたその後

女性向け恋愛コンテンツ集 カップルあるある 付き合う前の時期 告白

f:id:Brightfuture:20160624181239j:plain

前回記事で「友達でいよう」と振る人の心理を考えた。

告白してフラれた場合や付き合っている彼氏・彼女にフラれた場合は、「友達でいよう」と言われることもあって、相手は何を考えているのかが気になることも多いけど、現実的な問題として「好きだった人と友達に戻ることはできるのか」は切実な問題になることがある。

 

今回は、恋愛感情を持った好きな人と普通の友達に戻ることができるのかを考えてみたい。

前回記事に続いて、「友達でいよう」と言われたその後は、どのように振る舞うべきかについてもまとめていこう。

 

恋愛感情を持った相手と友達に戻れるのか

告白してフラれた人や付き合っている彼女や彼氏にフラれた後に友達に戻る時、想定される問題がいくつかあるので、ポイントを絞りつつ「友達に戻れるのか」を考えていこう。

 

接触を保ちながら恋愛感情をなくしていくことの難しさ

フラれた相手と友達に戻るなら、接触の機会は自ずとやってくる。

「友達でいよう」をそのままの意味で受け取って普通の友達に戻るなら、接触しながら恋愛感情だけをなくしていくことが可能かどうかは一度考えたいことだ。

人によっては嫌いになることで好きだったことを忘れる人もいるけれど、友達に戻るならそれはできないことになる。

 

失恋の傷は相手への想い次第である場合も多いのだが、その人の性質によるところも大きいので、関係を保ったまま気持ちをなくしていくことができない人は、「友達に戻れない」とはっきり伝えるのも必要な措置になるだろう。

失恋から立ち直るという意味では友達に戻ることで難易度が増すことになる。

 

友達に戻りたいのか友達に戻りたくないのか

「友達でいよう」という言葉は、振った人が良く使う言葉であって、フラれた方が使う場合が無いわけではないが、多いとは言えない。

なぜなら一つ上の見出しでも触れているように、失恋の傷を癒すには「接触」を控える方が簡単になるし、諦めるために嫌いになろうと努力するタイプもいるからだ。

 

このような背景を鑑みると、「友達に戻ろう」と提案する立場が振った人になり、それを了解するのがフラれた方の立場とみることもできる。

特に付き合っていない場合などはこの関係がもっとはっきりしているだろう。

友達だと思っていた人に告られて関係が壊れそうになっているのだから「友達でいよう」と言いたくなる気持ちは理解できる。

 

付き合っていた恋人同士の関係でもこのような状態になることが少ないとは言えない。

振る方の立場が楽だとは思わないが、振られるよりもマシな立場であるのは事実だろう。

決断する時間もあって先に希望を伝えるのだから精神的なショックは小さくなる。

 

従って、友達に戻れるかどうかを考える前に友達に戻りたいのか戻りたくないのかは、最優先で考えたいことだ。

恋愛感情を持った相手と普通の友達に戻るためには少なくても時間がかかるし、失恋で離れる場合に比べればどうしたって傷付くことも出てくる。

友達に戻れないと思うのなら、真剣な恋愛だったからこそ「無理」だと伝えるのも重要なことになる。

何事にもモチベーションを抜きに語ることはできない。

 

仕切り直すための期間が必要かも

もし冷めきった恋愛からなら普通の友達に戻れる場合は少なくない。

恋愛感情を一度でも持った相手と普通の友達に戻れないということはないだろう。

 

でも、多くの場合でフラれた直後はまだモヤモヤした気持ちが残っているはずだ。

「好きではない」と告げられることでスッキリすることもあって、引きずらない恋愛もあるけど、どの程度かは置いておくとして「一定の時間」だけでも距離を取るようにするのは、関係の仕切り直しには必要な場合も多い。

普通の友達に戻るための期間が必要だと感じるなら、その提案はしてみても良いと思う。

 

結局気持ちを抑えられなくて変な空気を漂わしてしまうくらいなら、数週間とかの時間でも置いてみると、その間に何を考えたのかは相手が分からないのだから、空気を変えることは可能になる。

ナァナァになっていくのも防げるので、切り替える時間を離れた状態で設けると、良い意味で壁ができるかもしれない。

友達と恋人の関係が明確に分けられているわけではないから大事なことの一つだ。

 

気持ちを前提とした態度に耐えられるか

友達として付き合おうとする時、振られた相手はあなたの気持ちがまだ残っているものとして扱う場合も結構ある。

切り替えようとしている場合でも、まだ想い続けようとする場合でも、このような態度はストレスを感じるから、そんな態度に耐えられるかも検討する必要がある。

 

恋愛感情を持たれていると思った時、相手は最低限の気遣いが求められる場合がある。

気持ちを前提にした態度に耐えられるかどうかは、悪意ではなく善意の気遣いも含んでいる点には注意が必要だ。

例えるなら「好きな人ができたか」などの恋バナとかは避けることが増えたりするし、グループトークでは特にこの気遣いが微妙過ぎて変な空気になることも多い。

友達に戻るためには仕切り直しの時間と共に、友達に戻っていく時間もかかってくると思っておこう。

 

友達に戻れるのか戻れないのか(結論)

これまで説明したことを条件に直してまとめてみよう。

  • 接触しながらでも恋愛感情をなくしていけるのかどうか
  • 友達に戻りたいと思えるのかどうか
  • 関係をリセットする意思を二人で共有できるのかどうか
  • 想いを持っていた事実を前提にした態度にも耐えられるのかどうか

恋愛感情を持った相手でも上記に全てイエスと回答できるなら、二人の努力で友達に戻ることも可能かと思う。

私にもそういう人がいたし、友人カップルでも存在していた。

簡単ではないと繰り返し伝えておくが、可能不可能の話なら可能というのが私の答えだ。

本当に何の問題もない普通の友達に戻るためには時間が必要だけど、二人の意思がしっかりしていればできないことではない。

 

でも、大きな問題にぶち当たることがあるので、説明を続けていこう。

 

都合のいい女・都合のいい男

特に付き合っていた場合に、恋人から友達に戻る時に問題になり易いのが「あやふやな関係」に陥るリスクだ。

都合のいい女・都合のいい男にされてしまうリスクは、友達に戻ろうとすれば増してしまう。

 

振られてもまだ気持ちが残っている場合、友達として付き合いながら元サヤを目指すこともあるけれど、冷却期間を置かずに友達に戻ろうとした時や離れられなくて「友達としてでも」などと思った場合などは、セカンド・キープのような扱いになっていってしまうことがある。

普通の友達ではなかった二人なので、接触しているなら、何かのきっかけでおかしなことになることは通常の友達の場合に比べて格段に確率が上がってしまう。

 

この問題でタチが悪い点は、「時間」があまり効力を持たない点である。

もちろん、時間の経過が進めば過ちの起きる確率は下がっていくと思われるが、「きっかけ」があればそうなり易いと言えるのである。

だからこそ元カノ・元カレとの付き合いは今カノ・今カレが制限するべきかなとよく思う。

 

元サヤに戻ることを期待して友達に戻る際や、気持ちを捨てきらずに友達に戻る際は気を付けよう。

都合のいい女・都合のいい男になってしまったら、本命として元サヤに戻ることと遠ざかる。

 

 

「友達でいよう」と言われたらどのように振る舞うべきか

最後に「友達でいよう」と言われたらそのように振る舞うべきかをまとめていこう。

これまでのまとめみたいな感じになっていくと思うので、おさらいとして読んでほしい。

 

まず最初に検討するべきは「友達に戻りたい」と思えるのかどうか。

これには必要性も含んで考えて良いが、最終的には自分の意思として昇華させておきたい。

 

もし、友達に戻れないとか戻りたくないと思うなら、それはそのまま伝えよう。

男女としてアレコレあったのなら、もう友達に戻れないことは恋愛が始まった時点で覚悟するべきことの一つだし、一方的な片思いであっても自然な恋愛感情に罪はない。

友達として付き合えないと思うのなら、仕方がないのである。

 

「友達に戻りたい」と自分の意思確認できたら、次は冷却期間の必要性を考える。

少し気持ちの整理が必要なことも多いし、それが関係の仕切り直しを早めることがあるから、切り替えがしっかりできると確信できるなら別だけど、時間を置いても構わない。

結局最終的に仲良しでお友達ができるなら、そのために必要な処置と言える。

 

そうして友達としてやり直す時、当初はなるべく二人になるのを避けて、数人で絡むようにする。

切り替えが上手い人でも相手がいる問題でもあるし、振られた後・別れた後に二人になれば、以前の空気が漂わないとも言えないので、ゆっくり友達に戻っていこう。

多少あからさまに二人を避けても数人のグループトークで絡みがあれば気まずさは半減する。

特にお酒に酔った時は、ぶっちゃけトークをしたくなることもあるけど、まだそんなに時間が経っていないなら二人で接触するべきではない。

 

友達に戻ると言っても、関係性は微調整できるものではない。

形のあるものではないから、戻ろうとしている期間に気まずい想いを全くしないということはあまりないだろう。

「時間と共に作り直していく」つもりでいるといい。

 

もし二人になってしまった時は、普通の友達と何を話すのか考えて、話題にする。

要は当たり障りのない会話をして友達っぽく振る舞うことだ。

心の内を話すのはまだもう少し後にしよう。

 

こういった形の絡みを目指すべきかと考えるが、よく問題になるのが「普通にできない」という点だ。

これも仕方の無い問題だから一種の諦めが重要になる。

 

振られた相手と友達に戻ろうとするのだから、慣れていくまでは気まずい言動があって当然だ。

切り替えの早い人でも意識してしまう人ではあるのだから「普通」が分からなくなるし、思ったようにしゃべれなかったり振る舞えないのは当然。

上手くできない自分を責めたくなることもよくあるけど、結局ネガティブな思考ばかりになってしまっては逆効果。

時間がかかるものだと思って、普通に振る舞えるようになるまでは我慢して接触するしかない。

受け入れることができれば「普通」も段々できてくる。

「時は無情なほどに全てを洗い流してくれる」(終わりなき旅より)とミスチルも歌っているので励ましの言葉にしよう。

 

元サヤに戻ることを目指して友達に戻る場合

友達に戻る時は、気持ちを残したまま元サヤに戻ることを考える場合も少ないだろう。

下の記事は女性向けの記事になっているが、参考になる部分があると思うので、合わせて読んでみよう。

まとめ

今回は恋愛感情を持った好きな人と普通の友達に戻れるのかを考えてみた。

前回記事の続きとして書いてたが「友達でいよう」と振られた人に取って何か参考になることがあったなら嬉しい。

 

今回のポイントは「友達の戻ろう」と二人共が思えるかどうかであり、お互いで切り替えができたなら時間をかけて戻っていくことだろう。

気まずさを全く伴わないパターンがあるとすれば、元の恋愛感情を疑う。

 

関係は状態を表す言葉であり、完全な定義付けをできるものではないから、「別れたら友達」と言ってもそのイメージはある程度幅がある。

その摺合せを含めてゆっくりまた関係を作り直していこう。

 

関連記事: