読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

デートで好きな人とイチャイチャしたい!デート中にイチャイチャする方法や場所とは

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期 カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160520195220p:plain

男性はもちろん、女性も含めて、好きな人とのデートではイチャイチャしたいと思うのが恋愛している時。恋人同士でも付き合う前のいい感じのときも、スキンシップは恋愛に重要なものでもある。

 

そこで今回は、「デートで好きな人とイチャイチャしたい!」という人向けに、デート中にイチャイチャする方法や場所をまとめる。

 

特にカップルになったばかりの人はスキンシップから関係を深めていくことが付き合いをうまく行かせることに大切なものでもあるから、是非参考にして彼女や彼氏と良い関係を築いてほしい。

 

片思い・付き合う前の人も参考にできるようにまとめるので、あなたの状況を意識しつつ読んでみよう。

 

好きな人なら「くっつきたい」「イチャイチャしたい」気持ちは誰もが持つ自然なもの

好きな人のことになると、途端に「普通」が分からなくなるものなので基本の話から始めよう。

 

あなたが好きな人に「くっつきたい」「イチャイチャしてみたい」と思うのはとても自然な気持ちで、想い合うカップルなら誰もがやっていることだ。恋愛にウブな人は「恥ずかしい」とか「プラトニックな関係でいたい」という気持ちで、体の接触を嫌う人がいるにはいるが、好きな人に触れたいという気持ちは、人が持つ本能的なものであり、誰もが持つ気持ち。

今回の記事を素直になるきっかけにして、好きな人とイチャついてみよう。

 

今回この話から入ったのは、「普通だよ」と安心してもらう意味もあってのことだが、それ以上に伝えたいのは「スキンシップのないカップル」に対して「恋人の気持ち」を考えてほしかったからだ。多くの人が好きな人と触れ合いたいと思っているのだから、恋愛では広義の意味で「手を出さない」ことが全ての場合で「正解」となるわけじゃない。

 

恋人を大事にしているつもりが、「自分に興味がないのかな」とか「触れたくないのかな」と思われると予想外のすれ違いが悲しい誤解を生むので注意したい。

カップルならイチャイチャしたい。付き合ってから時間の経過とともに関係が深まってきたらスキンシップも大切にしよう。

 

それでは好きな人とイチャイチャする方法に移っていく。

 

デートで好きな人とイチャつく方法

デートで好きな人とイチャつくにはいくつかのポイントがある。一つ一つ解説していくので要点を押さえよう。

 

イチャイチャできる条件

デート中に好きな人とイチャイチャするには次の条件をなるべく満たす必要がある。

  • 暗くてクローズドな場所にいる
  • 相手と隣同士、横にいる
  • 人がいない、若しくは他にイチャついてるカップルがいる
  • 触れること・触れられることにお互いの嫌悪感がない

好きな人とイチャイチャするには、そういう雰囲気を作ることと、イチャつける条件が揃っているのが前提だ。

 

無理にイチャつこうとして気まずい雰囲気になると、次の行動がなかなか難しくなってしまう人がいるので、「雰囲気だけ」「条件だけ」でいちゃつこうとしないことが失敗しないポイントになる。

 

イチャイチャできる場所

デートでイチャイチャするために、条件面に挙げたことをなるべく網羅している場所を紹介しよう。一例に過ぎないが、デート中にチャンスを伺うならこんな場所をおすすめする。

  • 公園のベンチ
  • 横に座る居酒屋
  • バーのソファ席・ボックス席
  • 映画館
  • 夜の海辺・海岸
  • 夜景が綺麗なスポット
  • エレベーター
  • 観覧車
  • プリクラ
  • 車の中

挙げていけばキリがない気もしてきたので「イチャイチャできる場所」を10個紹介した。全部私が経験している場所なので、手つなぎデートや腕組デートでラブラブできたら、もう一歩進んでみてもいいだろう。

 

それぞれでポイントは違っているけれど、カップルがイチャイチャしている場所と言うのは「イチャイチャしているのをよく見るところ」と「実はイチャついているところ」に分けられるので、雰囲気重視か条件重視かで選ぶべき場所が変わる。

 

時々既に付き合っているカップルなど、好きな人とのスキンシップがある人は「条件重視」で、スキンシップがあまりない人は「雰囲気重視」で選んでみると、うまくいきやすくなる。

 

デートでイチャイチャするには

さきほど説明しら「イチャイチャする条件」では、お互いに「触れること」と「触れられること」に嫌悪感がないことを挙げた。仲良くなってくるとジャレ合うことも出てくると思うけれど、スキンシップを取りたくない相手にそういう雰囲気を作られると「気持ち悪い」と思うものなので、特に片思いの人がステップアップを狙ってイチャイチャしたいと思うときは「手を繋いでデートできること」を条件にしてみるといい。最低限「何度か手を繋いだことがある」程度の関係は必要かなと思う。言葉で伝えるのが難しいところだけど、そういう感じの雰囲気があるといい。

 

もし手を繋いでデートするところから始める場合は、下の記事を読んでみよう。

 ⇒デートで自然に手を繋ぐ方法~きっかけを知って自分から動こう

 

現実的に恋愛はお酒の席で進む場合も多いので、お互いに素直になるためだったら下の記事で紹介しているカクテルを参考に。デートで好きな人とイチャイチャしたいならバーデートもおすすめだ。

彼女を酔わせたい時~女性に勧めるレディーキラーカクテル8選

 

 

 

デートで好きな人とイチャイチャするには、大きく2つの方法がある。

  • 「じゃれ合う」など、スキンシップから…
  • くっついて話している内にそういう雰囲気になって…

上に挙げた「スキンシップからの発展形」でイチャイチャするのは、付き合う前の二人でも起こる時には起こっているものだ。くすぐったりじゃれ合って、キャッキャわちゃわちゃできるなら、イチャイチャすることもできるはず。

 

その他にも、以下の方法で好きな人とスキンシップができる。

  • マッサージ
  • ぷにぷに、つんつん
  • 耳打ち
  • 体の一部(腕や髪やほっぺなどなど)を話題にしながら
  • (よりかかってみたり)甘える

好きな人とイチャイチャするには明るい雰囲気から始めるので問題ない。イメージとしては「明から暗」へと言った感じだろうか。段々ウエッティになることもあるし、じゃれ合っているだけの時もある感じ。好き同士の二人ならスキンシップが多くなっていく。

 

こういうことも関係性もそうだが、やりすぎは何でも注意が必要なので、焦らずちょっとずつイチャつけるようになれれば良いかなと思う。相手の気持ちも考えてあげると勇み足が防げるだろう。

 

イチャイチャできない!もし拒否られたら…

自分からリードしてイチャイチャしようとする場合、もし拒否られたら冗談にできるくらいの余裕がないと一気に気まずくなることもあるから注意を。カップルなら冗談半分に拒否られても絶対に慌てることなく適切に対処しよう。片思いのいい感じのときは予想外に拒否られてそこから気まずくなることもあるので、探り探り慎重になることも大切なことだ。

 

デートでいちゃいちゃできない原因は以下のことが予想されるので押さえておこう。

  • 恥ずかしいだけで、拒否っているというより受け入れる前の段階
  • いきなりイチャイチャしだしたからその先を考えてしまって…
  • そもそもイチャイチャできる場所じゃない
  • 心の準備ができていなくて、突然の事態に条件反射で拒否
  • 彼氏・彼女じゃない(たとえ好きでも)人とはイチャイチャしない主義
  • じゃれ合うくらないならまだいいが、あなたとはイチャイチャしたくない

これも多くのパターンがあるので例を挙げればきりがなくなってしまうので代表的なものを紹介した。

 

ポイントは「いいなと思っている人でもイチャイチャできない場合があるよ」ということだ。「あー、ごめんごめん、嫌だった?」みたいに冗談で相手をフォローできない人は慎重にならざるを得ないだろう。

 

イチャつこうとして拒否られた場合は、まぁまぁ気まずい雰囲気になってしまう。相手が上手くあしらってくれることも多いのでそこまで気にする必要はないけど、上記に挙げた拒否る理由は、たとえ好き同士でもあり得るものを中心に紹介しているから覚えておくといい。

 

と、言うのも、拒否する方が当然気持ち的にしんどいから、アクションした方がフォローしないといけないからだ。イケるかな?と思いつつも、「拒否るかもしれないからそうなったらちゃんとフォローして気まずい空気にしないようにしないと」って心意気はほしい。

 

覚悟してしまえばショックで何も言えないみたいになることが減るので、大げさだけど、対処を考えておくべき。好きな人が相手なら誰でもイチャつきたいって思うものだと説明しておきながらこんなことも説明しないといけないのが恋愛の複雑さである。

 

「こんなところでダメでしょ…」その先は

イチャイチャするのに、お互いの部屋だったり、ホテルだったりを使えるなら、この記事をここまで読んでいないと思う。付き合う前、付き合い始めにイチャイチャするのに一番問題になるのは「いつ、どこでイチャイチャするのか」という問題。実際ファーストキスの場所で一番選ばれるのが「家」である。(参考:ファーストキスの場所ランキングとその考察~高校生や10代は必見!何で1位は「家」になるのか、理由を紐解く

 

常識的に、とても紳士的に考えるなら、何の問題も心配もなくイチャイチャできる場所というのは外にはない。

 

「ここじゃヤダ」「こんなトコでダメでしょ」

 

今回紹介したイチャつける場所でも上に挙げたことを思う人がいるのは事実だから、カップルで仲良く付き合っているのに拒否られてしまう場合もないことはない。

 

そんなときは「じゃ、部屋いこうか」って、「そろそろ」と思うカップルは誘ってみてもいい。イチャイチャしようとするあなたに「条件」を理由に拒否するなら、相手の望む条件をクリアすればいい。社交辞令の意味ではなく本音でそう言う彼女には「移動しようか」って誘ってみてもいいかなと思う。

 

時期はあなた次第だが、手を出さない彼氏に悩むこともある(参考:付き合っているのに手を出さない彼氏の心理~私に魅力がないから手を出してこないの?)のが恋愛のナイーブなところで、社会人のカップルなら2ヶ月~3ヶ月程度で何もないのはちょっと悩みになる。お互いが望んでプラトニックな関係でいるならそれで全然問題ないが、色々な方向から考えてみると、リスクは他の面であるかもしれない。

 

強く拒否しないけど、その場を断る場合は「条件」を見直し、もう一歩進める恋愛もある。

 

まとめ

今回は「デートで好きな人とイチャイチャしたい」と思う人に向けて「デート中にイチャイチャする方法や場所」をまとめた。好きな人との関係が進んできたときは参考にしてみよう。

 

イチャイチャしたいときは、まずイチャつける関係を作っておくことが大切。

ただ、それは目で見えるものではないので探り探りになってしまう面もある。

 

スキンシップを取れるようになることから始まり、お酒の力を借りたり雰囲気を見てみたり、ちょっかいを出すイメージからじゃれ合ってみよう。

楽しい雰囲気からイチャイチャする方が相手も受け入れやすく「勢い」的な感じになる。また、冗談にもしやすいので拒否られてもどうにかしやすい。

 

スキンシップや、イチャイチャすることも含めて、人によって今回のテーマは大きく考え方や価値観が違っている。片思いの人は順序を考えることも時に大切だし、両想いの人はいつまでも「できない」ではうまくいかなくなる原因にもなってしまうので、チャンスをうかがってみよう。

 

好きな人とイチャイチャしたいという女性向けに、雑誌でもTVや紹介されて話題になっているコスメの記事を張っておくのでこちらも参考に。

関連記事: