読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

好きな人とのLINEの基本まとめ~LINE交換、NGなLINE,頻度、話題、マナーについてLINEの基本を徹底解説

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 好きな人とのLINE 付き合う前の時期 大学生の恋愛

f:id:Brightfuture:20160522195008j:plain

好きな人ができたときだけじゃなく、気になる人ができたときや意識する人ができたとき、LINEを使って仲良くなるにはどうしたら良いか考えることは多くあると思う。

間接的なコミュニケーションだから、そのほかのアプローチに比べて気軽で簡単なイメージがある。

 

しかし、意識する相手だからこそ、逆に基本的なLINEのやりとりが分からなくなったり、とりあえずはじめにどうしたら良いか分からないという場合があるのではないだろうか。

 

今回は「好きな人とのLINE」の基本をまとめるので、これからLINEを使って好きな女性や好きな男性と仲良くなろうとする人は参考にしてみよう。好きな人との距離を縮めるLINEの方法を紹介したい。

 

 LINEのIDを聞くには(LINE交換)

今回は好きな人とのLINEの基本なのでLINEのIDを知る方法から紹介する。

 

好きな人や気になる人のLINE交換は下の記事が参考になる。

見出しに挙げているのが下の項目。

  • 何人かと交換して流れの中で好きな人とも連絡先交換をしてしまう方法
  • 少し仲がよくなった相手には携帯を取り出して「思い出したように」連絡先を聞く方法を
  • 趣味などが合って「今度」が出たなら連絡先の交換を
  • シェアするために「便宜上」連絡先を交換する
  • 連絡する口実を作ってメアド・LINE交換する

 見出しだけ読んでみて興味を持った人は本文を読んでみてほしい。

 

好きな人とLINEの交換をしたい場合は2つのアプローチに分かれる。

  • 仲良くなってから友達としてLINE交換する
  • 仲良くなるために知り合いとしてLINE交換する

一つ目は、無理に連絡先の交換をせず、まず仲良くなる方向からアプローチする方法。この方法のメリットはLNE交換後にそれをきっかけにして一気に距離を縮めることができる点で、デメリットは距離を縮めるまでに時間がかかる点だ。

二つ目は何か理由を付けてでも先にすぐ連絡先の交換をしてしまうアプローチ方法。おすすめはこっちの方法で、メリットはLINEを使って仲良くなることができる点。デメリットはLINEのIDを聞いても頻繁にやりとりできるかどうかはまた別の話になってしまう点だろう。

 

好きな人のLINE交換は、多少不自然だったり「このタイミングで聞いていいの?」という状態でも先に聞いておこう。ぶっちゃけた話、話しかけながら仲良くなっていく方が何かと勇気がいる。コミュニケーションの頻度もやっぱりLINEの方が高くなるので、上の記事も参考にしながら早い時期にLINEのIDを聞いておこう。

 

好きな人とLINEをするならNGなラインは押さえておこう

好きな人と仲良くLINEがしたいならNGラインを押さえておく必要がある。

 

LINEのやりとりでNGになってしまう可能性が高いこととして、こちらの記事では以下の見出しを挙げて説明している。

  • 返信が欲しいから毎回「?マーク」を付けてしまう
  • 察することができずにしつこく誘う
  • 自分をディスったりネガティブな内容が多い
  • 知り合ったばかりであまり知らないはずなのに好意を伝えてしまう

好きな人とLINEをやるようになったら上のことには気を付けよう。嫌われないようにアプローチするのは恋愛の基本でもあるので「LINEでやってはいけないこと」として、認識しておくと段々仲良くなっていく関係が作れていく。

 

恋愛でNGとなってしまう行動の基本は「しつこさ」と「暗さ」と「マナー(詳しくは後述)」である。

まずは、仲良くなって距離を縮めることだけに集中して、連絡を取り合うことができれば嫌われるところまではいかないので、基本を押さえたらむしろ勇気をもって連絡していくように頑張ろう。

 

何かアクションを起こさないと好きな人との距離を縮めることはできない。LINEを交換してNG行動を知ったところで、実際に好きな人とどうLINEを使って距離を縮めていくのか解説しよう。

 

好きな人にはどんなLINEを送れば仲良くなれる?

好きな人とLINEができるようになったら話題やきっかけに困る場合がとても多い。コミュニケーションを取りたいけれど、いざLINEしようとしてもどうしたら良いか分からないパターン。

基本を説明するので、こういったところからLINEを使って好きな人と仲良くなっていこう。

 

好きな人とLINEをするのに話題がない場合は上の記事が参考になる。

見出しに挙げているのは以下の内容。

  • 確認を使う方法
  • 好きな人との会話を生かした方法
  • 好きな人の好きなことを話題にする方法
  • 面白い写真や珍しい画像を送る方法
  • メールやLINEの間接性を生かす
  • 確認を使う方法

 上の記事ではこのような話題の考え方やきっかけ作りを紹介しているので好きな人とのLINEの基本としても詳細はリンクから記事に行って確認してみてほしい。

 

好きな人と仲良くなる、好きな人と距離を縮める、そのためにはまずコミュニケーションの数を増やす必要がある。その後にコミュニケーションの深さを探って行っていくのだが、いきなりヘビーな会話をしようとしてもできないし、距離感を失って悪い印象を持たれる。LINEは軽いコミュニケーションなのが魅力なので特徴を押さえて接触するようにすれば良い。

まずは仲良くなる。それが好きな人とのLINEの基本では一番のテーマだ。

 

好きな人とのLINE、頻度はどう考えていけば良いか

LINEの話題やきっかけ作りをしてちょくちょくLINEのやりとりができるようになったとき、次に悩みになるのがLINEの頻度。

 

上の記事で好きな人とのLINEの頻度について紹介している。

見出しに挙げているのが次のことだ。

  • LINE(ライン)の返信で頻度を探る
    • メッセージの長さ
      返信までの時間
      グループに誘えると一番分かり易い
      気にし過ぎもダメ
  • 好きな人と友達なら日頃の関係を参考にする
  • LINE(ライン)の頻度と量の関係
  • 時には引いてみることも考えよう

 記事を参考に好きな人とのLINEの頻度をそれぞれの状況に合わせて考えていこう。

 

基本としてこの部分で説明したいことは、仲良くなる基本が「接触の頻度」である点。

好きな人とLINEができるようになったら、とにかく長くやりとりするよりも毎日LINEをするように頑張ってみよう。

 

記事本文から一部再引用する。

基本的に人は、心理学的にも親密に感じるのに接触の頻度は重要な意味を持っている。

「一週間前に、2時間電話したよ」

という関係より、

「30分くらいだけど、今週3回電話したよ」

って方が、仲の良さを感じないだろうか。

要は、身近感を感じるのはどちらかと言うと頻度の多さの方であり、量の概念より感覚的に重視している。

短いLINEに拘ることはないが、丁度いいところで切っておくことを意識しておくと、相手に取って迷惑なLINEになりにくくなるのは間違いない。

 

LINEは切り時が難しいコミュニケーションツールなので、毎回短くしないといけないわけではないが、長く続けるほど時間を取ってしまうことになるので、迷惑になってしまう可能性が上がっていくことは覚えておく。

連絡を取りだすと長くなるタイプが友達にいるならこの感覚がすごくわかると思うので、あまり説明はいらないところだとも思うけれど、相手が好きな人になった途端複雑に考える人がいるので再度意識しておくと変に迷うことが無いと思う。

 

ここまでをまとめるとLINEの頻度のポイントは以下の通り。

  • 毎日、もしくは1日から二日置きにLINEをする仲になっていく
  • 長く続くラインがあっても良い。しかし、なるべく続けようとするよりも身近な人になっていくイメージでLINEをする

 

接触を増やしていくことが好きな人とのLINEの基本ではとても大事にしてほしい感覚だ。

 

好きな人とのLINEはマナーを守って信頼関係を築く

ここまでを読んで好きな人とのLINEの基本は押さえることができたと思う。

マナーの話と、恋愛を考えるときに大事ににしてほしい「信頼関係を築く」という点を押さえることで、好きな人と発展的なコミュニケーションをとれるように説明を加えよう。

 

まず、自分から連絡する上で守るべきLINEの基本的なマナーについて、ポイントになることを5つ挙げておく。

  • 夜遅く、朝早くのLINEは迷惑になる可能性を考える
  • 文字ゆえに感覚を疑われる過激なワードは避ける
  • 意味もなく何度もスタ爆(スタンプ連投)は幼稚
  • 自分から連絡しておいて既読スルーは意味分かんない
  • 丁寧過ぎる、ラフ過ぎるのは人に接する距離感を失っている

LINEは気軽に送れるコミュニケーションツールだが、離れていて相手の状況が分からず、ニュアンスも伝えにくいという特徴がある。ここは好きな人とのやりとりで必ず意識しておこう。

 

絶対にマナーを気にしないといけないのはまだ仲良くなる前の段階だが、気遣いや優しさは愛情表現の一つ。マナーを守って、変に崩れた関係になっていって恋愛感情抜きの友達関係になってしまうことは避けることをおすすめしたい。

 

好きな人と恋仲になっていくためには適度な緊張感がスパイスになる。仲良くなっていくことだけを目的にLINEをするのはやめよう。いい感じの雰囲気になっていくためにも「信頼関係を築く」ことに注力できると良い。

 

恋愛は究極のコミュニケーションだ。関係が進むことはそれだけ信頼関係が深まった証であり、それが恋愛感情に発展していくことも恋のきっかけ。当然、いい雰囲気になったときは相手と付き合った後のことだって少しは考える。気持ちにブレーキをかけさせないためにも信頼関係を築くことを大切にしてほしい。きちんと自分に対応してくれる人に人は好感を覚える。LINEだけで好きな人に好きになってもらうのは難しいけれど、LINEのやり取りが頻繁にできてくればデートに誘えるタイミングやきっかけは必ずあるし、食事に誘う機会ならなおさら多くなるはず。信頼関係を築くという点を重視することでいずれ会話は深くなっていくので、ノリだけにせずきちんと対応し、気持ちも乗せるように発展的なコミュニケーションをとるようにしよう。

 

今回は恋愛を前提にLINEの基本を解説したのでここまでにしておくが、仲良くなっていく方向が「友達として」ではなく、「恋人になるため」に為されるために、「好意を伝えること」は重要になる。下の記事は基本の先にあるものなので読んでおくと恋を進めるヒントがある。時間があれば合わせて読んでおこう。

 

 

まとめ

今回は「好きな人とのLINE」をまとめ、NGなLINEや頻度、話題やマナーについて基本を徹底解説した。これから好きな人と仲良くなりたい人は参考にしてみてほしい。

 

好きな人と仲良くなる、距離を縮めるためには、コミュニケーションの量と質がポイントになる。特に初期段階はより多くの接触の機会を持つために今はLINEが必須ツール。

軽いやりとりからで良いからまずは自分からアクションを起こし、日常的に連絡を取り合う仲になっていこう。最終的には信頼関係を築いていきたいので相手を気遣った対応ができるといい。

 

関連記事: