読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

嘘告とは~イタ告って何でするの?好きな人が嘘告してきたらどう見分ける?

女性向け恋愛コンテンツ集 好きな人とのLINE 告白

f:id:Brightfuture:20160618195813j:plain

嘘告って意味の告白は昔からあったのだが、LINEが全盛になってから少し流行り出しているような気がする。

LINEのタイムラインで「嘘告してください」とか、コンテスト的な意味でコメントを集っていたり、指名をしていたりするのを時々見る。

 

また、チャット感のあるLINEでは嘘告に向いた環境があるとも言えるのかもしれない。

メールよりもLINEの個チャでイタ告する方がシステム的にやりやすいような印象がある。

流行っているかは分からないけど、経験している人は最近になって増えてきているように感じたため、今回少しまとめてみたいと思った。

 

嘘告とはどんな告白なのか、イタ告って何でするのか、好きな人が相手の嘘告をどう見分けるかなどについて今回は紹介してみよう。

 

嘘告とは

嘘告は、嘘の告白のこと。

イタ告はいたずらでする告白で、どちらも告白自体は真剣さを装い、相手のリアクション後に嘘だったことを告げる形で告白することを言う。

 

告白するまでのアプローチみたいなことをする大がかりな嘘告やイタ告はほぼなく、突然友達からLINEや電話などで告白される。

嘘告をする人は相手に信じ込ませるように言葉を考える人もいるが、多くの場合で長文ではなく、LINEらしく短文で送るのが特徴と言えるだろうか。

スクロールが必要なほど長文で嘘告をする人が珍しいとは思う。

 

告白された経験のある人は分かると思うが、大事な言葉ってものはその瞬間に信じられないところがある。

急に好きだと告げられると一瞬思考停止になって、ただただビックリしてしまうことも多い。

しかし、大事な言葉だからこそ信じてあげないといけないと思うし、もし本気だったら失礼過ぎる態度を取るのも人ととしてどうかという思考も働くため、嘘告をマジでやられてしまうと戸惑ってしまうこともあるはずだ。

もし真剣に考えてリアクションしたのにイタ告だったことを告げられたなら、その真剣さの分ムカつくだろうし、嘘を信じた自分が恥ずかしかったり、面白がって言ってきたことに人間性を否定したりと、やり方によっては想像以上に相手を傷つけてしまうものだ。

 

ただ、アプローチみたいなものまではしない点を考えると、いきなり信じない場合も多い。

「本当はずっと前から好きだった」とか、好意を隠していたことを付け加えたりすることが多いと思うけど、嘘告の可能性を感じれば「は?冗談で何言ってんの?ww」くらいの返信はあるあるで、嘘告・イタ告に対し存在を知っていれば本当のリアクションをしないケースも目立つ。

見分け方については後述するが、何でいきなり告白するの?って思うときは理由をよく知ろうとするスタンスで問題ないだろう。

本気な告白だったら食い下がるだろうし、嘘なら長時間嘘を駆使して信じ込ませるためにどこまで相手に取ってひどいことに対し努力をするかという問題があるので、嘘告の対応方法の基本にはなりそう。

 

また、冒頭説明しているように「LINEのタイムラインを使った嘘告」も存在する。

コンテストのようにみんなで嘘告の言葉を出し合うと時々盛り上がっている光景を目にする場合があるし、指名を受けたから罰ゲーム的に流す場合もある。

これは一応、嘘告となっているけど、相手を特定していないからであり、イタ告とは違っている。

そう考えると悪意を含んでいるのはイタ告で、悪意のない場合もあるのが「嘘告」ということになるだろうか。

 

嘘告には「実は本気だった」のを「振られたから嘘告ということにした」パターンもあり、「振られそうな雰囲気」を感じた時点で嘘告だった方向にもっていく場合も存在する。

いずれにしれもオチは「告白が嘘だった」ことを告げることだ。

 

イタ告って何でするの?

多くの場合でイタ告をする理由ってものは「悪ノリ」が絡んでいるだろう。

その意味でグループ内の罰ゲームとしても採用されやすい面もある。

 

非常にタチの悪い罰ゲームであるが、悪ノリが過ぎると学生なら「好きな人に告白」なんて言い出す人もあるあるだったりするので、イタ告に形を変えて実行されるケースも。

嘘告もイタ告も結局は「いたずら」をする心理を考えれば理由は限られるかなと思う。

 

一人で特にきっかけもなく嘘告をする人もいるのだろうが、からかっている範疇なのだろう。

誰かに認められたくて手当たり次第に嘘告をする人も聞いたことがあるけど、かなりの少数派で、相手の気持ちをあまり考えずにからかうつもりでイタ告をする人の方が多そうだ。

 

また、先ほど触れたように、本当は本気だったのを嘘告やイタ告にしてしまう場合もある。

つい言ってしまった瞬間に後悔して嘘告であるように装ったり、悪乗りが一部混ざりながらリアクションを確かめたくてなされる場合など、本当は本気だったなら複雑な心理もあるため、理由を全て説明しきるのは難しいけれど、言い切れなくて嘘にしてしまうことはままある話だと思う。

 

ただの冗談にしては相手次第でかなりタチの悪い行為だと思うが、最後に「好きな人から嘘告された時の見分け方」について考えてみよう。

 

好きな人に本気か嘘か分からない告白をされたら

言っても本人を目の前に「好きです」というのはどんな人が相手だったとしても勇気のいることだから、嘘告・イタ告はLINEが主になるだろうし、メールなどでなくてもせめて電話がチョイスされると思う。

 

もし気になる人や好きな人から本気か嘘か分からない告白をされたら、笑って流すこともリスクに感じるだろうからリアクションが難しいだろう。

脈なしと思われるのも嫌だし、かといって嘘告だったら本気にするのが恥ずかしい。

 

そんな時は、二つの方法をお勧めする。

 

一つは、次の日以降(近い日)に会って告白をするように促すこと。

そうすればもし嘘告だったとしても大概その前に嘘告だったことを告げるだろう。

無難なリアクションだけしておいて、会って話を聞けば本気か嘘かを見分けることは可能かと思う。

 

もう一つは、LINEなどでは本気にしない感じの会話を続けて、相手の出方を見る方法。

嘘告やイタ告にどこまで本気に取り組むかと言う問題は残るものの、もし真剣に本気で言っているなら言葉を尽くすはず。

逆に嘘告やイタ告だったなら早々にそれを告げると思う。

 

いたずら目的だったなら、嘘告した瞬間のリアクションに注目をするので、なんやかんやと会話を続けられると普通は冷めていく。

また、言葉を尽くしてでもだまそうとする姿勢は同じいたずらでもまた更にひどいことなので、自粛する方が普通だ。

一つ目の方法同様、最後は会ってちゃんと話をするように持って行ってもよいだろう。

 

まとめ

今回は「嘘告とは」と言うことで、嘘で告白することについて理由や心理・見分け方なども一緒にまとめてみた。

若い読者向けの記事だったが、昔経験したことのある人などもいたかもしれない。

 

嘘告は相手次第でさばき方は変わってくる。

どうでもいい人の告白は、結局アプローチらしいアプローチがなかった時点でなかなか告白された瞬間に信じられないのがある意味普通だから、ファーストリアクションからド真面目に対応することもないのかなと思う。

真剣な想いには真剣に向き合うべきだけど、いきなり何でも信じろというのは無茶だ。

「え?何言ってるの?」くらいは、相手だって覚悟するべきリアクションのようにも思う。

話を聞けばそれがいたずらなのか、本気なのかは見分けることができるだろう。

 

嘘告にまつわることで問題になるのは、告白された相手が好きな人や気になる人だった場合。

変なリアクションをして脈なしサインを送ってしまえば、相手が本気の告白だったときに後悔する。

それまでの関係や雰囲気など総合的に判断するべきだが、このような時は会話を長引かせるように対処すると、本音は見分けられそう。

相手の気持ちを完全に見分ける方法と言うのはないと思うけど、参考にしてみよう。

 

関連記事:

LINEに見る好きサイン~好きな人とのこんなLINEは脈ありサインかも

嫌われるきっかけになるNGメール・NGラインの特徴