読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

元カレとよりを戻したい!復縁のきっかけとは?

女性向け恋愛コンテンツ集 カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160909111206j:plain

「元カレとよりを戻したいけど、きっかけがない…」

「元カレと復縁するきっかけなんてあるのかな…」

 

忘れられない元彼がいる女性は、仲良く幸せに付き合えていたあの頃を思い出しては落ち込む瞬間を定期的に経験している。元カレとよりを戻したいと言う想いは、きっかけが分からないと漠然とした憧れに似た想いになってしまうだろう。

 

今回は、そんな女性向けに「元カレと復縁するきっかけ」についてまとめるので、元カレとよりを戻したいと思うなら参考にしてみよう。過去を振り返るだけで何もできないなら、自分からきっかけを作るように頑張ってみてほしい。

同窓会など、「久しぶりの集まり」は復縁のきっかけに

別れてから時間が経つと、自分から元彼に連絡が取りづらい。よりを戻したいと思うなら自然な再会のきっかけを探す人も多いと思うが、「同窓会」に代表される「久しぶりの集まり」は復縁のきっかけとしても代表的だ。

 

私の経験談は上の記事でまとめているが、「昔、付き合っていた人」は特に男性にとってはいつまでも特別な存在であるため、久しぶりに再会するきっかけがあるならよりを戻すきっかけになり得る。

 

そっけない態度を取られることもあるとは思うものの、それが本心で避けているのか、それとも照れ隠しやむしろ意識してのことなのかは曖昧だ。せっかくの機会が自然に発生したのなら、ぜひあなたらしい笑顔で話しかけて、昔話であったとしても会話を盛り上げてふたりきりを目指してみよう。

 

元カレとよりを戻したいと本気で思うなら、自分から友達を誘って「久しぶりの集まり」を企画して、復縁のきっかけを作ることも考えてみてみると、何かが起きるきっかけが作れるかもしれない。

 

久しぶりの連絡のきっかけは「元カレの誕生日」

「元カレとよりを戻したいけど、久しぶりの連絡は何をきっかけにすればいいんだろう…?」

こんなことを思う女子は、元カレの誕生日がおすすめだ。

 

彼氏の誕生日にお祝いLINEを送ったり、メールするのは文面もポジティブになりやすく、節目の日なので久しぶりの連絡に意味を与えることができ、「何で?」みたいな変な違和感が小さい。

 

もし、元カレも「復縁したい」と漠然ながら思っていた場合は、別れてから初めての誕生日にきっとあなたからの連絡を待っている。付き合っている彼女がいるなら全く話は別になってしまうが、別れたことを後悔しているなら「誕生日」のような特別な日は、元カノからの連絡を待ってしまうことが実際あるだろう。

 

特に前の誕生日を一緒に過ごしていた元カノのことは、現在彼女がいない限り、いい感じになっている好きな人がいない限り、やっぱり思い出してしまうもの。それが「復縁したい!」という気持ちにまで昇華されるかは分からないが、連絡が来るならもう少し具体的になるかもしれない。

 

少し時間を置いてから連絡すれば、お互いに素直になれるかもしれない。「元気してる?」みたいに、言い切りのメッセージではなく質問形式で会話できるようなLINE・メールを送ると、復縁のきっかけにできるかもしれない。

 

元カレの「ピンチ」はあなたの「チャンス」かも

誰でもそうだと思うが、自分がピンチを迎えたときは誰かを頼りたくなったり、話を聞いてほしくなるものだ。男性はプライドの問題で、誰でも相手を選ばず頼ることが苦手な人も多いけれど、親密にお付き合いしていた元カノなら、ピンチの時ほど素直になれたりする。

 

元カレと、ツイッターやフェイスブックなどで繋がっているなら、カレの状況が見えるツイートや投稿があるだろう。何気ない日常のことに反応するのは元カノとしてちょっと嫌われてしまいそうだが、元カレに何かあったときや落ち込んでいるときなどは、優しさを表現するタイミングかもしれない。

 

「大丈夫?ちょっと心配になっちゃった」みたいなメッセージを復縁のきっかけにするなら、元彼のピンチがあなたのチャンスになる時がある。悪い意味に考えず、好きな人の支えになりたい気持ちに素直になれば、きっかけに変わるだろう。

 

恋愛は、自分が相手のために「やさしさ」だと思うことへ積極的になるべきだ。確かに「ありがた迷惑」という言葉もあるのだけど、あなたからの好意を相手が好意として受け取るところに上手く行く恋愛関係が築かれる。

 

もし、元カレが辛そうにしていることを知ったなら、あなたが支えることで復縁のきっかけにすることもアリなんじゃないかと思うところ。実際に私にこんな経験があるので、微妙な別れ方をした人ほど実践してみてほしいと思う。

 

ベタだけど「偶然の再会」は、きっかけ待ちの二人に取って復縁のきっかけになる

よりを戻したいと思う時、それはあなただけが望む願いかどうかは、正直難しい問題だと思う。恋愛経験が少ないカップルだったら、何かがはじけたときにパッと別れてしまうこともあって、うまく問題が解決できなかったから、二人が付き合うことから逃げた可能性もあろうかと思うところだ。すれ違いが原因だった可能性も低いとは言い切れない。

 

世の中には「復縁と別れを繰り返すカップル」もいて、別れてから時間が経っていない場合は、二人が実はよりを戻すきっかけ待ちの状態になっていることもないわけじゃない。

 

「偶然の再会」は便宜上例に出しているが、復縁のきっかけ待ちになっている二人はどんな機会も「素直になれるかどうか」が問われ、ただ偶然再会することでも復縁のきっかけにすることがある。

 

元彼と生活圏が近い場合や同じコミュニティに所属している場合など、あなたの環境によっては偶然の再会ができる場合もあるし、自分からそんな機会を作ることもできる人がいるだろう。友達繋がりで再開を果たすカップルもいる。

 

「もし、再会できたら何を話そう?」

一度付き合って別れた元カップルは、たとえ再会できたとしても微妙な空気のままろくな話もできずに離れてしまうこともあるから、会えたら何を話すのかは会える可能性が高い人ほど具体的に考えておくべきことだろう。

 

「どうしたら素直になれるのか」も大事なテーマとなる。

 

元カレの存在の大きさに気付いた時

一つのカップルが別れを迎えるとき、そこには様々なドラマがあるもの。だけど、突然の別れ話に混乱すると、時に「あっけない別れ」もあなたの本当の気持ちとは裏腹にやってくることがある。

 

たとえあっけないと言えない別れ方だったとしても、別れる瞬間に彼氏の存在の大きさに気づけないことはあるものだ。別れた直後に後悔するなら、彼氏がそう思っていないと言い切ることもできないだろう。

 

長く付き合ったカップルは別れ話も深くなりがちだが、付き合いが短いカップルがケンカ別れした時などは、お互いが素直になれなかっただけかもしれない。

 

復縁のきっかけと言うと特別な何かを探す人が多いが、「存在の大きさに気付いたとき」「彼氏の大切さに気付いたとき」は、よりを戻すきっかけになっているのは間違いない。いずれにしても別れた後は気持ちの整理をするのが基本となるため、連絡をするきっかけに拘って無駄に時間を消費すると、それが末期的結末を冗長するかもしれない。

 

彼の「努力が実った時」のお祝いメッセージも復縁のきっかけ

元彼と付き合っている時に「カレの目標や夢」などを聞いた人も多いと思うが、それが叶って彼の「努力が実った時」は復縁のきっかけにできる場合がある。誕生日のところと似たきっかけだが、このタイミングのメリットは元カレが「今なら言える」と、素直に気持ちを伝えてくれる可能性が高まる点だ。

 

男性は過程(プロセス)よりも結果を求める。ここは女性心理よりも男性心理の方がこだわりの大きなところで、狩猟本能ともかかわる部分だ。程度は置いておくとして、良い結果を得ない限り努力は意味を為さないと考えるのが男性脳だ。

 

あなたと元カレが復縁できるかどうかは、お互いの愛情が前提となり、素直にそれを伝えられるかどうかのきっかけに依存している。気持ちがあって、それをお互いで確認できるかどうかが大事なのである。

 

その点を踏まえた場合、復縁のきっかけは素直になりやすい状況で得ることが戦略的に考えた場合の復縁の方法と言えるだろう。説明のために恋愛とは離れる表現となったが、連絡を取り合うきっかけ次第で復縁が遠ざかることも実際にあることへは目をつぶれない。

 

頑張ったことに良い結果が返ってきた場合、男性に限らず「全能感(なんでもできそうだという感覚)」を持つ。仕事や学校などで上手く行ったことがあったときは、素直に気持ちを伝える力が湧き、たとえダメだった場合でも支え(良い結果)があるので後一歩を進めやすくなるのである。

 

「頑張ってたもんね、おめでと!」

元彼が勇気を出してくれるかもしれない時に期待することも悪くない。

「ごはん食べにいこ。お祝いにおごるし!」

明るい感じで再会の口実にしてしまっても良いかもしれない。

 

まとめ

今回は「元カレとよりを戻したい!」という女性向けに「復縁のきっかけ」をまとめた。

 

「復縁できたらいいな」と思うくらいの場合は自分から動くほどのモチベーションを持ち辛いと思うけれど、やはり偶然のきっかけを探しているなら、別れた後だけによほどの縁が必要になる。

 

後悔しないためには「自分からきっかけを作る」ことが大事なので、お互いに気持ちの整理が終わる前に、あなたらしい決断をしよう。

当ブログでは「元カレ」関連の記事がいくつか書いてきているので、他の記事もぜひ合わせて読んでみてほしい。

 

 ☆別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方については下の記事がおすすめ:

別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻る可能性があるカップルってどんなカップル? 

 

☆復縁したいと思わせる彼女になりたいなら下の記事を読んでみよう:

復縁したいと思わせる彼女の特徴~彼氏と別れた後の態度