読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

あっけない別れ、その恋愛の価値と原因~別れる時はあっけないものなのか

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160609131933j:plain

世の中には本当にあっけない別れというものが存在する。

 

「別れよう」

「そうだね…」

涙もなく、言い訳や追及もなく、あっけなく別れるカップル。そんな経験を自分がしてしまうと「私の恋愛はその程度の価値しかなかったの?」と疑わずにはいられない。

 

そこで今回は「あっけない別れ方」をテーマに、「別れるときはあっけないものなのか」を考えていきたい。

なぜ、あっけなく別れてしまうのか、その恋愛の価値と原因について角度を変えながら考えていき、疑問をはっきりさせたい。

 

 あっけなく別れたカップルはその程度の「気持ち」だったのか

付き合っている恋人とあっけない別れ方をしたら、誰でもまず思うのが「自分の恋愛はその程度の価値しかなかったのか」ということであり、「彼氏(彼女)は、その程度の気持ちしかなかったんだ」という疑いとショックの入り混じった複雑な感情を抱く。

 

しかし、あっけなく別れるカップルのお互いの気持ちは、「別れ」だけを取って分かったつもりになるのはよくないだろう。

 

色々なことを考えても、言葉にしたことが「別れよう」というたった4文字に凝縮されていたかもしれないし、相手はあなたからの言葉をきっかけに深い話をするつもりだったかもしれない。

 

私の経験では、あっけない別れもあったにはあったが、「その程度の関係だった」と言えるものから「素直になれなかった」ことが原因で、深い関係性を築いた恋人とあっけなく別れたこともった。

 

恋愛は気持ちとは裏腹な言葉が出ることもあるし、嘘もつく。

「優しい嘘」には否定的な立場の人も多いけれど、彼女や彼氏を思いやるからこそ言えないこともあり、現実の恋愛では全く嘘のない恋愛はむしろ少ないかなとさえ思う。誤解を期待するかのような表現をしてしまうことくらいは、誰でもあるのではないだろうか?

 

あっけない別れの主な原因は「素直になれなかったから」であることが多い。

 

しかも、「二人とも素直になれなかった」。

 

確かに、別れ方で一つの恋愛の価値が決まることもあると思う。何年も付き合った後に迎える「別れ」は、泥沼の修羅場になることも多く、私も経験したときはここに書きにくいエピソードができたくらいだ。

 

では、あっけない別れともつれる別れの違いとはどんなところにあるだろう。

視点を変えて考えていこう。

 

なぜ「別れがもつれる」のか、「あっけない別れ」との違い

ここで一つの問題を解決しておこう。

「なぜ、別れがもつれるのか」を知ることであなたが体験した「あっけない別れ」の価値と原因がよりはっきりする。

 

別れがもつれる条件は以下の5つが主である。なお、多く当てはまるともつれやすいが、一つの条件に合致するだけで別れがもつれる原因となる。

  • 別れの原因が複雑であること
  • どちらか一方、又は両方が「別れを望んでいない」こと(気持ちを試す「別れよう」の存在も)
  • 攻撃的、和解的、どちらでも「会話が発展する言葉を相手に発する」こと
  • 明らかに「原因が片方に寄っている」こと
  • 自分の「気持ちに素直になる」こと

上に挙げた5つの内、もつれる別れとあっけない別れの決定的な違いは「別れ話が発展していく言葉を発すること」である。

 

あっけない別れを何度か私も経験しているけれど、相手を想う気持ちの有無は「違い」として弱かった。自分が相手を好きであっても、相手が自分を好きであっても、あっけない別れは確実に存在する。

 

違いが顕著なのは、冒頭挙げた会話で「別れ話が終わること」だ。

 

「もう別れそう。これ以上付き合っていても意味ないよ」

「…うん。そうだね。私(俺)もそう思う」

 

あっけない別れを簡単に表現してみたが、彼氏と彼女の一言ずつで別れが決まる場合、お互いに会話を発展させていないのが特徴だ。上に挙げた言葉はツッコミどころも、会話を発展させることもできる要素を含んでいる。

 

もつれる別れにもなり得る上に挙げたような別れ話が、もつれずにあっけなく別れる原因になるのは「言葉がないから」だ。カップルがお別れをするということは、最後の最後になるかもしれない会話が別れ話である。あっけない場合はショックもあるけれど、恋愛関係だからこそ言葉がでないこともあるし、別れがもつれるのを嫌う人は相手の気持ちを尊重して一言で返す場合がある。

 

下にその言葉がない原因を挙げるので「あっけない別れ方をした恋愛の価値」を考える際のヒントにしよう。

  • お互いに別れたい、別れるべきだと思っていた場合(そもそも両想いではなくなっていた、別れる覚悟を既に決めていた)
  • ショックで言葉がでなかった場合
  • 素直になれず言葉が出てこなかった場合
  • 別れたいという相手の意思を尊重する場合(積極的、受容的の両面がある)
  • 好きじゃなくなったなら別れたいと、一瞬で別れ話に納得した場合(恋愛観)

あっけない別れの原因の主たるところは「その程度の気持ちしかなかった」という答えで良いのだと思う一方で、それほど単純に恋愛が進むかと言えばそうではないというのが経験則だ。

 

特に付き合いはじめの気まずさみたいなのを乗り越えずに友達に戻ろうとする場合、まるで付き合っていたのがウソだったかのような別れ方をすることもあり、「なぜ何の言葉もなかったのか」という問題は時に複雑だ。

 

「本当に好きだったらあっけない別れ方をしないはず」との考え方について

あっけない別れを経験すると「本当に好きだったか」を疑う。これは自分勝手かもしれないけれど「振った場合」でもそうだ。振られた時も当然こんなことを思う。

 

私はいくつかの別れを経験し、この答えを次のように結論付けている。

 

「確かに、本当に好きだったら別れはもつれやすい。でも、発想が逆で、思いがけずすがるように別れを拒む場合や、言葉は悪くても本当は好きなんだろうなと思うリアクションがあるなら、その行動や言葉を持って恋愛感情の深さに気付く。好きだったらあっけない別れをしないのではなく、もつれる別れが愛情と関係を証明する部分がある。」

 

複雑な感情を言葉にしたから少し分かりにくいけれど、本気で想い合う中であっけない別れも体験した身で話をするなら、あっけない別れが関係を象徴したのではなく、もつれるなら簡単に別れられないだけの気持ちがあったことを証明したのだと私は認識する。別れ方で一つの恋愛を評価する気持ちは分かるが、自分も素直になれなかったとしたら、相手にだけ言葉や行動を求めるのはどう考えてもおかしい。

 

恋愛は、絶対に「相手にばかり求める人」がうまくいかない。

あっけなく別れた表面的な原因は、本質的に「二人」に責任がある。これは振った・振られたの立場に差は無い。

 

上の記事のように、別れ話で相手の気持ちを試す人もいて、カップルでする会話はどんな内容であっても一方的なものにするかどうかを現実的に「二人が決める」ことになる。別れ話を切り出しつつ、それでももつれるように会話に持っていくタイプの人もいるくらいだ。

 

結論を言ってしまうと、

「あっけない別れは、どちらのせいとも言い切れないでそんな別れ方をしたのだから、恋愛の価値を計る一つの材料にしかならない。すがられたかったとしたら、そういう別れ話の切り出し方をすることであっけなくわかれなかったのかもしれないし、心の中が分からない別れ方をしたのだから、たらればがある以上は価値を計り切ることができない」といこと。素直になれないなら、想い合うカップルも簡単に別れてしまうことを、あなたも知っているのではないだろうか。

 

あっけない別れをしたなら、「自分は素直に恋人と接することができていたか」を考えよう

もし、一つの別れを経験として次に生かすなら、「恋人と素直になんでも話せる関係性を作れたか」を考えよう。「自分は素直に恋人と接することができていたのか」を。

 

あっけない別れは冷めきった二人なら「お互いが傷つくことなくすんなり別れられる」という点で効率的な別れ方だ。恋愛に効率を持ち出すのは違うけれど、生産的な考え方だとも言えるだろう。

 

しかし、想い合う中でもあっけなく別れる場合、関係性がとても希薄になっていた可能性はあろうかと思う。深く信頼関係ができていると、多くの場合で別れ話はもつれる傾向が高いことも理由だ。

 

信頼していた恋人に別れを切り出されたなら、やはりショックが大きくて何か言いたくなるし、好きだったら信頼している分何とか関係を壊さない方法を模索する。

 

「別れはカップルを象徴する」

これはある意味で正解であり、「こんな別れ方をしたならその程度だった」というのは本当である場合も多い。

 

しかし、「別れる時はあっけないものなのか」という問いの答えは、「修羅場のような別れ方もある」なのだから、あなたの中で「その程度の恋愛ではない」という気持ちがあるなら、相手との関係性において「その程度の恋愛」となってしまうような結末を迎える関係しか作れなかったということを象徴しているように思う。もちろん相手のいる恋愛では、予想だにしないことも多いけれど。

 

好きな人の前で自分らしく素直に振舞うことができない人は少なくないから、あっけない別ればかりになってしまう恋愛の形にしないように、恋人との付き合い方を少し考えてみるきっかけにしてもいいだろう。

 

彼氏や彼女としっかり向き合って、お互いを尊重しつつ思いやりを持って接すれば、あっけない別れ方をすることも珍しいというのも私の経験則である。一度本気で好きになったら、いつも相手を想う感情は複雑になる。

 

まとめ

今回は、「あっけない別れ」をテーマに、その恋愛の価値やあっけない別れの原因、別れるときはあっけないものなのかをはっきりさせるために「恋人同士の別れ方」について角度を変えながらまとめた。

 

あっけなく別れるカップルは、友達同士のような軽い関係だった場合もあるし、想い合う中ですれ違うように、気持ちとは裏腹なあっさりとした別れ方をする場合もある。

 

別れた後に傷つき方が少し軽くなるメリットがあるように思うが、空虚感を感じるなら「関係性の作り方」に問題があったかもしれない。

 

壁を作るように付き合う人は彼氏や彼女と深い関係性を作れないだろう。素直にしっかり向き合って、「あの恋愛は何だったのか」なんてことを考えない恋愛の仕方をしよう。

 

もし、前の恋人との別れから立ち直ろうとするなら、下の記事も合わせて読んでみよう。まだ好きだけど、諦めたいという人におすすめの記事だ。

関連記事: