読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

「とりあえずデート」に行く女性は66%!脈ありじゃない状態でデートをする方法のヒント

モテる男になるために 付き合う前の時期 デート

f:id:Brightfuture:20160622192533j:plain

前回取りあげた「とりあえずデート」について、今回は男性へ向けて「女性を誘う勇気の重要性」に触れてみたい。

 

当ブログ内で何度か「初デート」の壁はそう高くないことを説明してきたが、今回はある調査結果を参考に、女性の「とりあえずデート」に関する考え方を紹介しよう。

 

男性にはとにかく「誘う勇気」を持ってほしい。

脈ありじゃない状態でもデートをする方法のヒントになればと思う。

 

暇で断る理由がない時「とりあえずデートする女性」は66%

エムスタイルという会社が「健康美人」というポータルサイトで行ったアンケート調査によれば、暇で断る理由がない時、とりあえずデートに行く女性は66%だった。

(アンケート詳細:vol.265★気のない男性とのデート/健康美人

 

この調査は女性552名を対象に行っており、中心の年齢は20代。

分母と年齢層から参考にできる当ブログ読者は多いと思い、今回参考にすることにした。

 

このアンケートは「気のない男性」を対象にしていることから、脈なしの恋愛でも考え方をそうネガティブにする必要がないことを示しているだろう。

 

脈ありサインを確認してからデートに誘う男性が多いと思うが、その確認ができずに長い時間を過ごすことが関係を曖昧にしてしまう部分も大きく、アプローチべたな男性は「友達」として見られてしまうリスクにさらされてしまっているのが現状ではないだろうか。

 

今回取り上げているアンケートには脈ありじゃない状態でデートをする方法について興味深い質問がいくつかあるので紹介していこう。

 

「友達として楽しいと思う男性」ととりあえずデートにいく女性は93%

脈ありじゃない状態でもデートをする方法で最も参考になりそうだと思ったアンケート結果が「友達として楽しそうだと思ったらデートする」女性が93%と圧倒的に多かった点。

 

つまり、あなたと好きな女の子が一緒にいる時、楽しそうな雰囲気をしっかり作れていれば、明確な脈ありサインを確認できなくても9割以上の確率でデートが成立するということだ。

 

もちろん、これは少し大げさに主張しているわけだけど、実際に「誘えない男性」の確認したい脈ありサインは「どう考えてもそれって好きでしょ」ってサインばかりを追うようなところがあり、距離が縮まったとか、楽しく二人で会話できるようになったという程度では誘えない男性は誘えないところがあるように思う。

 

脈ありサインをいくつも確認しないとデートに誘えないのは、とんでもなく機会損失している。

 

細かな仕草や表現の中で察知できる男性ならまだしも、あまり女性を知らない男性からすれば、脈ありサインの確認なんて現実的にはなかなか納得のいくものではない。

好きな子ならどうしても複雑に考えてしまって、期待と不安が入り混じり、自分の恋愛になった途端に相手の心理を分析するのが難しいからだ。

 

次の質問結果に移っていこう。

 

「今後好きになる可能性がある」ならとりあえずデートに行く女性は90%

今回の記事で主張したい私の思いは「男性はとにかく誘う勇気を持て!」ということだ。

その点で、見出しにあげたアンケート結果は興味深い。

 

アンケート結果を参考にすれば、デートに誘う現段階において、気持ちの面でのハードルは相手の女性の「好きになる可能性」の有無だ。

 

今、あなたを相手が好きである必要はないし、気になる男性になっていなくても良い。

 

とにかくどこかいいところがあって、これから「もしかしたら」好きになるかもしれないというイメージを持ってさえくれれば、とりあえず初デートは高確率で成立すると言えるだろう。何度も言っていることだけど、初デートの壁はそう高くはないのだ。

 

では、「もしかしたら好きになるかもしれない相手」とはどんな男性だろうか。

それは先ほどあげた「一緒にいて楽しい人」である点と「清潔感」にあると思っている。所謂「生理的にダメな男性」にならないこと。

 

従って、距離が縮まってくる段階においては、このハードルを越えている可能性は高い。逆に、友達として関係が落ち着いた時に、むしろ可能性を下げてしまうだろう。

 

それは、友達から好きな人に変わることがある人と、そうではない人に分けられるからであり、コミュニティー内恋愛なら人間関係なども考慮されるようになっていくからだ。

 

では、どうやって脈ありとは言えない女性をデートに誘ったら良いだろう。

 

「行きたい場所に連れていってくれる」ならデートする女性は73%

「あなた」以外でデートに及ぼす影響が高いのが「デートの場所」である。

この点についても何度か当ブログ内で言及していきている。

 

今回のアンケートでもこの点については質問されており、女性が「行きたいと思う場所」に誘えば高確率でデートがOKされることを示している。脈ありじゃない状態でデートに誘うなら、「どこに何をしに」を重視しよう。

 

「あなた」という存在に相手が価値を見出せば、「どこに何をしに出かけるか」はあまり重要ではなくなっていくけど、まだそこまでいけていない現状においては重要な要素になる。

 

では「相手の女性の行きたい場所」を把握するにはどうしたら良いか。

それは、「会話」を深堀していくことだ。

 

 

「どこか行きたい場所ない?」

って質問では、なかなかデートに誘う流れにはもっていき辛い。

言う男性の立場を考えても、唐突に誘っている感を感じて「行きたい場所」の把握が難しく感じるのはではないだろうか。

 

もしそうだとしたら、会話の流れを考えてみよう。

夏だったら「花火デート」につなげる会話でもいいし、相手の興味関心を探る会話をしていく。

 

同じ趣味とかだと話は進みやすいけれど、相手に合わせたり、自分の趣味を紹介するとかしてとにかく話題を振っていこう。興味のある話題が分かってきた時いきなり誘う必要はないけど、流れができれば誘えるタイミングも訪れる。

 

最後は「誘う勇気」にはなってくるけど、自然な流れの中ではさりげなく誘えるような気分になるだろう。

 

また、この点は「楽しい」会話とも関連深いので、雰囲気全体も誘いやすい空気になるのではないかなと思うところ。脈ありでない関係でも、こういった流れなら「楽しい相手」「行きたい場所」の二つの条件を超えやすくなるだろう。

 

好きな人との会話については下の記事も参考に。

 

好きな人と会話する時のコツ~会話が続かない人の対処法

 

好きな人と盛り上がらない人へ~盛り上がる話題や盛り上げ方

 

まとめ

今回は、アンケート結果から「とりあえずデート」に行く女性について、いくつかの質問から「脈ありじゃない状態でもデートをする方法のヒント」を紹介した。

 

今回のポイントは大きく2つ。

  • 自分が相手に取って「一緒にいて楽しい人」になること
  • 相手の「行きたい場所」にデートに誘うこと

二つとも「ベスト」を意識する必要はないのでより「ベター」なところを目指してみよう。

 

暇で断る理由がなければ66%の女性が「とりあえずデート」にいくと答えているのも事実である。

 

男性はとにかく「誘う勇気」を持つべきだ。

待っているだけでは恋愛はうまくいかない。

 

この部分については下の記事でも同じ趣旨の話をしているので合わせて読んでみよう。

【調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!】20代の草食男子は出会いを求めて告白する勇気を持て